社会人になると今まで生きてきた中で出会わなかったタイプの人たちと一緒に仕事を行うことになります。

それが当たり前と言われてきましたが、現代では様々な仕事あるので、1日の中で人と一度も会わずにできる仕事もあります。

人付き合いが苦手だったり、一つのことに集中して仕事をするのが得意な方もいらっしゃいます。

ここでは人と会わない仕事、もしくは会う頻度が少ない仕事について紹介していきます。

人と会わない仕事ってどんなもの?

人と会わない仕事には様々な種類があって、人それぞれその解釈が異なるかと思います。

「一人で仕事をする時間が長い」「ある空間の中で一人で仕事をする」「人以外と接する仕事」を人と会わない仕事として選んでみました。

人と会わない仕事おすすめ9選

現在ではフリーランスなどであれば、自宅にいてパソコンを使用してネット上で完結する仕事も多くあります。

しかし、ここでは全く人と会わない仕事ではなく、人と会う機会が普通の仕事比べて、少ない仕事を紹介しています。

身近な仕事から、専門的な仕事を選んでみました。

プログラマー

IT業界の裾野はますます広がっています。

その中の中核を担うプログラマーという仕事は、プログラム言語を用いてシステム開発を行うお仕事です。

プログラマーの仕事にも様々な種類があります。

関わる仕事によって使用するプログラミング言語が異なるため、希望する業界が使用している言語を学ぶ必要があります。

その仕事内容とは?

システムエンジニアが設計した仕様書の通りに、システムが稼働するようにプログラムを記述するのがメインの仕事になります。

ただ指示通りに黙々とプログラムを書いているように思えますが、処理速度が遅くならないようにプログラムを記述することが求められます。

バグやエラーが見つかった際にはその原因を探り、仕様通りにシステムが稼働するように訂正を行います。

システム開発と聞いてもあまりピンとこない方もいるかもしれません。

私たちに身近なところでは、普段当たり前のように利用している、インターネットショッピングサイトやSNSなどが快適に利用できる裏には、Webプログラマーの活躍があります。

時代に沿った形でシステムを更新したり、システム上で問題が起こった際などには、速やかに解決へと導きます。

その他には、ゲームの開発を行うゲームプログラマーであったり、主にスマートフォンを中心としたアプリの開発を行うアプリケーションプログラマーなどがあります。

そのおすすめ理由とは?

人と会うのは、社内のスタッフとクライアントとの打ち合わせなどに限られます。

近年ではミーティングに関してもオンラインで行ったりチャットツールによってコミュニケーションをとることができるようになりました。

直接人と会う機会が最低限で済む仕事と言えそうです。

トラック運転手(大型・トレーラー)

近年では、運転手の担い手が減少しているこの業界。

一見力を必要とする仕事に思えますが、慣れてしまうと自然大変とは感じなくなるそうです。

様々な地域に訪れることができることも魅力があります。

その仕事内容とは?

指定された、依頼の荷物をトラックに積み込み、荷揚げ場所から、荷卸しの目的地まで配送する仕事です。

トレーラーではコンテナやタンクローリーなど特別なものを牽引して運びます。

場合によっては社内で寝泊りをすることもあります。

そのおすすめ理由とは?

トラックには様々な車両のタイプがありますが、その中でも大型トラック、コンテナなどを運ぶトレーラーの運転手がオススメです。

長距離運転が多くなることから、荷受をした後には、目的地までの運転している間は一人の時間になります。

人によっては運転しながらオーディオを利用して、勉強をする方もいらっしゃいます。

工夫次第で運転中を自由な時間にすることができるでしょう。

実際にトラック運転手の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

動物飼育員

動物飼育員と聞いて、パッと思い浮かんだイメージは皆同じかもしれません。

一番身近なところでは動物園で働いている方々の姿ではないでしょうか。

その仕事内容とは?

主な仕事は、担当している動物の餌やりと健康状態のチェック、園舎の清掃がメインの仕事となります。

動物によって、餌やりの回数、餌の量などが異なります。

ただ餌を与えるだけではなく、食欲があるかどうかみる、決まった量をしっかりと食べているかをしっかりを観察します。

食事の様子を観察するだけでも体調の良し悪しがわかるため、とても大切な業務です。

毎日の清掃についても、ただのルーチンワークではありません。

糞の状態、量、頻度からも動物の体調を知ることができるからです。

園舎の清潔を保つことは、動物の病気を予防し健康を守ることにつながります。

また、清潔な空間は動物にとっても来園されるお客様にとっても気持ち良く過ごすことができるでしょう。

動物園の規模によりますが、数種類の動物を一人で担当することもあります。

餌やりと清掃をこなすだけだけで1日の業務時間の大半を費やすことになります。

そのおすすめ理由とは?

直接人と会うのは、出勤した際に社内でのミーティングなどをする程度となります。

同じ施設で働く人との接点はありますが各自担当の動物がいるので働いている間では人と会う頻度はとても少ない仕事と言えます。

働く場所によって、フェンスやガラス越しに人から見られることがあります。

また企画されたイベントや、ツアーなどの案内をする仕事があります。

ドックトレーナー・訓練士

日本でも徐々に認知度広がり、介助犬と共に歩く方を普段の生活の中でも見かける事が多くなってきました。

今後需要が増えてくることが予想される職業といえます。

その仕事内容とは?

ドックトレーナーの仕事は、家庭犬にしつけをつけることです。

まずは、飼い主さんから飼い犬について聞き取りを行います。

問題行動がある場合には、問題としている行動、どういったときにその行動を起こしてしまうのか、どのくらいの頻度で起こすのか。

また飼い主と飼い犬との関係など様々な視点からカウンセリングを行います。

カウンセリング後にどの程度までのしつけを望んでいるのか要望を聞き、集めた情報からトレーニング、しつけのプランを練ります。

その後プランについて飼い主さんに了承を経て、実際にトレーニングを施します。

トレーニングを行った後には、飼い主さんへのアドバイスなどをお伝えして、お預かりした飼い犬をお返しして仕事が完了となります。

訓練士の仕事は、それぞれの分野で活躍する試役犬を訓練することです。

試役犬にはいくつかの役割があり、警察の仕事を補助する役割を担う警察犬や麻薬探知犬。

身体的に不自由な方を補助する、介助犬、盲導犬、聴導犬などがあります。

ドックトレーナーがしつけを行う事とは違い、各分野で役割を果たせるように調教することとなります。

ですので目的に沿った仕事を覚えさせるためにときには厳しく犬と接する機会が多いとも言えます。

そのおすすめ理由とは?

ドッグトレーナーは飼い主さんとの接点があります。

その他ではスタッフと接する程度となり、そのほかはお預かりした犬と接する時間になるため。

犬や動物と接することが好きな人にはとても魅力的なお仕事ではないでしょうか。

訓練士の場合には、朝から夜まで常に犬と共に生活する事となり体力が必要です。

同じ施設の訓練士と接する機会がありますが、人と会う機会はドックトレーナーよりもさらに少なくなります。

大変な事もありますが、多くの時間を犬と過ごす事ができるので、訓練を通じて犬の成長を見守りながら、訓練士自身も成長することが期待できます。

自然保護官(レンジャー)

近年、日本では自然遺産などに認定される地域が増えてきており、今までにも増して自然環境の保護や維持に関心が集まっています。

日本でのレンジャーの役割は、日本国内にある自然環境、野生動物を保護することです。

人に会うことは少ないながら、自然の中で仕事を行うことができることが最大の魅力かもしれません。

その仕事内容とは?

主な仕事のひとつに、国立公園内の管理があります。

公園の管理するための計画の策定から、実際に計画に沿って建設物が設置されているか、自然が保護されているかを定期的にチェックします。

国立公園内での開発については法律によって規制されているため、申請があった際には許認可について申請者と打ち合わせを重ね、認可の可否を判断します。

認可が下りた開発についても、実際に申請通りに開発が進められているかを定期的に確認します。

私たちにもっとも身近な仕事では、公園に訪れる人々が安全で気持ち良く過ごせるように、歩道やトイレなどの環境整備も行なっています。

近年大きな問題になっている、外来生物による生態系への影響を調べたり、里山の再生についても関わることがあります。

そのおすすめ理由とは?

国内では世界自然遺産に指定される地域が増加しています。

それによって自然環境についての関心が高まってきています。

より多くの人々に自然の保護について意識を高めてもらうための啓蒙活動などを通じて、仕事に関わりながら日本の新たな魅力についても発見できることでしょう。

ビルメンテナンス

名前の通り、不特定多数の方が利用しているビルを中心に管理する業務です。

一見地味に見える仕事も、人と会わない仕事となると大変魅力的な仕事となるでしょう。

その仕事内容とは?

メインの仕事となるのは、ビルの保全に関わる業務。

建物の巡回に始まり、エレベーターやエスカレーターの点検、冷暖房設備などの空機の点検、建物内の電気、水道、ガスなどの指針のチェックを定期的に行います。

ビル管理法などの法律に定められた基準に沿って、空機、水、衛生について定期的に計測しなければならないとされています。

そのほかには、入居しているテナントさんへの対応があります。

テナントさんへ訪問する業者さん対応や立会いのようなものから、エレベーターや清掃を行う際にテナントさんへの注意喚起の看板を設置したり、アナウンス行ったりします。

細かい仕事では、利用している設備である冷房や暖房の不調に対しての対応や、電気備品などの交換を行ったりします。

そのおすすめ理由とは?

管理する施設によって、仕事内容は異なりますが決められた作業項目を行ったあとは、管理室での待機となることが多い仕事です。

1日の中で半分以上が待機という場合もあります。

ですので、人と会う頻度はテナントの事務職の方や、訪れる業者さん程度であり、最低限のやりとりだけになるので、人と接することが苦手な人でも卒なくこなすことができるでしょう。

倉庫管理・入出荷

企業と企業、企業と人を結ぶ大切な物流を支えている仕事です。

日本では益々需要が増えており、どの地域でも必要とされている仕事であるために就きやすい仕事といえます。

その仕事内容とは?

自社の倉庫を持つ企業であれば、自社の倉庫での荷物の管理を行います。

自社のピッキング(出荷)であれば、集めた荷物に対してチェックをした後、荷物ごとに適切に梱包を施し、出荷を行います。

レンタル倉庫などで勤める場合には、様々な企業の荷物を預かる仕事となり、依頼を受けた荷物の入出荷を行います。

どちらの入出庫の場合にも、データや書面で指示を受けて、指示通りに仕事を行います。

そのおすすめ理由とは?

直接的にお客様と接する事も少なく、出勤後の打ち合わせやミーティングを除けば倉庫での作業となるために人と接する機会は少ないと言えます。

黙々と指示に従って作業をするため、人と接する煩わしさがないためお勧めできます。

特に資格は必要ありませんが、フォークリフトなどを免許を取得しているだけで仕事につきやすい事もおすすめポイントです。

翻訳業

翻訳の仕事と言えば、映画の字幕をつける映像翻訳、吹き替え翻訳や、日本以外で出版された本を日本語訳して出版することが目的である出版翻訳者の仕事が身近かもしれません。

そのほかにも翻訳の仕事には企業の社内翻訳者や、契約書など取り交わしの際に活躍する産業翻訳者などと様々です。

その仕事内容とは?

通常では、翻訳の仕事を受けたのちに、提供された原文を読み、意味を理解するところからスタートします。

その後はひたすら日本語に翻訳していく仕事です。

産業翻訳者の場合には、専門用語などが多数あるため、専門書やネットを駆使しながら意味を調べながら翻訳していきます。

映画や出版に関しては翻訳者の力の見せ所です。

文化によってない表現などがあるため、伝えたい内容を損なわないように、なおかつわかるように翻訳する必要あるためセンスが必要とされます。

そのおすすめ理由とは?

何と言っても人に会うことが少ない仕事です。

場合によっては打ち合わせなどもメールや電話のやりとりだけで完結してしまいます。

翻訳業は場所を選ばない仕事ですので、家で作業スペースを設ければ自分の好きな環境で仕事をすることができます。

翻訳業は忙しくなるほとにデスクやパソコンに向かう時間が増える仕事です。

大きなプロジェクトに関わる場合には、一ヶ月の間黙々と作業をすることがあるそうです。

歯科技工士・義肢装具士 

なかなか聞きなれない仕事かもしれません。

病気や怪我で失ってしまった機能を、補う装具を患者さんごとにオーダーを受けて制作する仕事です。

技術の進歩によって、より人間に近い機能を再現することが可能になってきています。

その仕事内容とは?

歯科技工士、義肢装具士、共に専門医の指示を受けたのちにそれぞれの患者さんにあったものを制作する仕事です。

歯科技工士では、入れ歯や歯への被せ物、詰め物、矯正装置などを制作、加工、修理などを行います。

義肢装具士では医師の指示を受けたのちに、実際に患者さんの採寸を行い義肢や装具を制作、調整、修理を行います。

一度制作したら最後ではなく、製作したものを装着して生活する中で、不具合や不便に感じることが徐々に出てきます。

よりその人にあったものに加工、調整を行いより良いものに仕上げていきます。

そのおすすめ理由とは?

患者さんたちが、普通の日常生活を行えるようにするお手伝いができるのでとてもやりがいのある仕事ではないでしょうか。

基本的には、医師を通じて業務を行うために、直接人と接する機会が少ない仕事であると言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

人と会わない仕事とはいっても最低限の関わりがある仕事がほとんどです。

どの仕事であれば許容できるかの基準で仕事を選ぶのも良いですし、人に会わないながらも役に立つ仕事をしたいという方もいるでしょう。

ご紹介した仕事の中から、自分に適した仕事が見つかることを祈っています。


関連キーワード

仕事