自分らしさを活かした仕事はあったらいいなと思いませんか?

自分の良さや長所を活かして仕事が出来たら楽しいもしくは充実すると思います。

ただ、自分らしい仕事ってどういうものがあるのかはわからないかと思います。

自分らしい仕事を見つけたくて探している人も簡単に見つかれば苦労はしないかもしれません。

今回は、自分らしい仕事はどういうものか、自分らしい仕事のおすすめを選んで紹介します。

ここで紹介する以外にも自分にあった仕事はあると思います。

自分らしい仕事ってどんなもの?

自分らしい仕事はどういうものを想像しますか?

自分らしい仕事、つまり自分の個性が出せる仕事、自分の特徴が活かせる仕事と言えるのではないでしょうか?

自分の個性を出せる仕事といえば、クリエイター系やファッション系の仕事になるかと思いますし、自分の特徴を活かすなら医療、教育など様々な分野があります。

自分らしい仕事おすすめ6選

自分らしい仕事、自分の個性が出せる仕事、自分の特徴が活かせる仕事についていくつかピックアップして紹介します。

仕事や仕事内容について紹介するのとお勧めの理由も記載します。

ぜひ参考にしてみて下さい。

映像クリエイター

映像クリエイターは、映像制作のエキスパートです。

映像制作の知識や技術、経験や実績が学歴よりもものを言う世界です。

そのため、これといった資格や試験はなく、美術関係の大学や映像系の専門学校を卒業してから映像制作専門会社、テレビ局や広告代理店などに勤務し、映像クリエイターとしての知識や技術、経験を積んでいきます。

最近は映像制作専門会社やテレビ局が主催する映像コンテストがあり、クリエイターとして出展し、特別賞などの賞を受賞して評価を得ると仕事をもらえたりします。

そのため、必ずこうしないと映像クリエイターになれないというわけではなく、誰にでもチャンスはある仕事といえます。

また、作品には自分の個性や色を演出することも可能です。

その仕事内容とは?

映像クリエイターの仕事は、テレビコマーシャル、映画のCM、CGを駆使したアニメーションやテレビゲーム、アーティストなどのプロモーションビデオの制作が主になります。

クライアントと打ち合わせをし、相手の要望を聞いたうえで絵コンテを使ってアイデアをシェアしたり、映像のアイデア提案をしたり、詳細をクライアントや現場スタッフ、映像の制作に携わるメンバーと話し合い協力し合って映像作品をしあげていきます。

クライアントとしっかりとしたコミュニケーションで相手の要望を把握し、最新の機器や技術も取り入れながら、自らの音楽やアートに対してのセンスや知識を活かして作り上げていきます。

そのおすすめ理由とは?

映像クリエイターは映像を作り出すアーティストであるため、自分の個性が反映される仕事の一つといえます。

もちろん作品のベースになるのはクライアントの依頼になりますが、その要望に沿って自分なりのイメージを具体化していく中で自分の色や個性は確実に出てくるかと思います。

自分の個性を活かした仕事をするなら映像クリエイターの仕事は選択肢に入れてもいいかと思います。

イラストレーター

イラストレーターにはなるために必要な資格や学歴はありませんが、イラストを描く仕事なのでイラスト作成力や想像力、イラストを作成する上での基本的なスキルが必要なため、多くは美術系の大学や専門学校を卒業して、広告代理店や広告製作会社、デザイン事務所やゲーム製作会社などに勤めてイラストレーターやグラフィックデザイナーとしての知識や経験、実績を養い、最終的に独立したり、自分のアトリエを構えたりします。

その仕事内容とは?

イラストレーターの仕事はクライアントの依頼に応じてイラストを描いたり、自ら発案したイラストを売り込んで本などにしたり、自分の作品で個展を開いたりすることです。

イラストレーターのイラストは様々なところで掲載されます。

例えば、ポスターやパンフレット、ネット広告、雑誌やホームページなどがあります。

イラストの依頼を受けた場合は依頼主である広告代理店や編集者、営業などの希望にあったイラストを描き上げる必要があります。

そのため、希望に応じたイラストを描くイラスト作成力や想像力が豊かであることが必要です。

ただ、自らが発案、企画した作品は自分の好みに仕上げることができます。

そのおすすめ理由とは?

イラストレーターは自分の個性をイラストで表現できる仕事です。

仕事はクライアントの依頼だけでなく自ら企画したイラストを出版社などに売り込むかもできますし、自分の作品で個展を開くこともできます。

またフリーランスとして活動すると仕事のリズムや生活習慣も自分のペースにできるため、より自分の個性を出しやすくなります。

スポーツインストラクター

スポーツインストラクターとして活動するなら自分自身が何かスポーツをしていたり、トレーニングをしていた方が生徒に的確なアドバイスを与えれたり、悩みを共感できるため有利に働きますが、スポーツインストラクターになるための資格や学歴は特に必要ないため、スポーツに関する知識、スポーツ医学、トレーニング方法についての知識やスポーツ経験があれば、誰でもスポーツインストラクターにチャレンジできます。

他にも食生活、食事方法についての知識があれば、より生徒に対して細かなアドバイスが可能になります。

その仕事内容とは?

スポーツインストラクターの仕事はクラブチーム、トレーニングジムやパーソナルジムなどで生徒のトレーニング方法やトレーニングのやり方についてのアドバイスや指導、トレーニングのチェックだけでなく、ダイエットをしたい人や筋肉をつけたい人には食事のアドバイスやサプリメントについてなどのアドバイスもします。

また、トレーニングを生徒が楽しくもしくは充実してできるようにモチベーションをあげたり、保てるように寄り添ってサポートしたり、問題点や相談を聞いたりするのもスポーツインストラクターの仕事です。

そのおすすめ理由とは?

スポーツインストラクターは自分の個性を出すことができる仕事といえます。

トレーニング方法などは生徒と一緒に考えますが、トレーニングの進め方や生徒のモチベーションを上げるための方法などは自分の個性を発揮するところです。

また独立してジムを運営するならジムの運営方針なども自分の個性を出すことができます。

イベントプランナー

イベントプランナーという資格やイベントプランナーになるためにどうして取得しないといけない資格はないため、大学や短大を卒業して広告代理店やイベント企画会社やイベント運営会社に入社して活動することがほとんどです。

基本的にはイベントプランナーのセンスや個性にもよりますが、分野に特化している、例えば音楽系の機材などの知識が豊富であれば音楽イベントに携われますし、旅行系や旅行界の知識が豊富なら旅行会社や航空会社などのイベントやプロモーションに携われたりするため、得意な分野や特化している分野があれば活動しやすくなります。

その仕事内容とは?

イベントプランナーの仕事は、企業や団体の展示会、キャンペーン、学校関連のフェスティバルや音楽コンサートなど様々な分野のイベントをプランして準備、運営することです。

仕事の内容はイベントによって違ってきますが、雑誌やネット、現地視察をして情報収集したり、イベントのパンフレットや広告の製作、イベント会場の音響や機材チェックに宣伝活動など、クライアントの予算や要望に応じてイベントが成功するように協力して準備、運営していきます。

そのおすすめ理由とは?

イベントプランナーの仕事はクライアントの要望に応じてイベントを作り上げることがベースとなる仕事ですが細かな装飾やディスプレイなどは自分の個性を出した提案をすることも可能ですし、信頼関係を築いたクライアントの中にはすべておまかせしてくれることあるため自分らしく会場を演出できます。

Webデザイナー

Webデザイナーは、基礎的な知識とスキルがあれば、いきなりフリーランスやノマドワーカーとして場所や時間を選ばず働くことができる仕事の一つです。

中にはWebデザイナーとしてWeb製作会社やIT関連企業で正社員や派遣社員として働く人もいますし、最近は、正社員などでも企業に寄りますが、在宅で仕事をすることが認められてきています。

そのため、今まではWebデザイナーとしてフリーランスやノマドワーカーとして特定企業に所属せずに働くスタイルを選んで経験と実力で仕事を受注してきましたが、企業に所属したまま安定的に会社から仕事をもらえる正社員の選択肢もできました。

その仕事内容とは?

Webデザイナーは、クライアントの依頼するWebサイトをWebディレクターやプログラマーなどと一緒にチームを組んで作品を作り上げて行きます。

Webデザイナーは、WebサイトをデザインすることなのでWebサイトのコンセプトにそった見栄えのサイトをデザインしたり、訴求ポイントやターゲット顧客・年齢層など作成依頼者のリクエストに応じたサイト作りをしていきます。

ただ、WebデザイナーはあくまでもWebサイトのデザインのみの為、サイトの構成などは別の業務担当が対応します。

そのおすすめ理由とは?

Webデザイナーの仕事もWebデザインですが、自分の個性を活かすことができます。

もちろん仕事はクライアントの要望などに応じたものを作らないといけませんが、クライアントの要望内であれば自分なりのアレンジであったり、個性を取り入れることができるため、自分の作品を表現することができます。

クリエイター系は、Webデザイナーも含めて自分の色や個性がはっきりしている方がクライアントの好みと合致して仕事の依頼が舞い込むこともあるため、作品に個性を出すことは大切です。

実際にwebデザインの仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

消防士

消防士になるためには、消防士採用試験をパスしなければなりません。

採用試験は各自治体が行っているため、地域ごとに試験内容が異なってきます。

場所によっては倍率が高い人気のところもあり、消防士になるには狭き門をまず突破しなければなりません。

また、採用試験をパスしたらすぐに消防士ではなく、その後、消防士としての必要な知識や技術を学ぶべく消防学校を経てようやく各消防署へ配属となり、初めて消防士として活動することができます。

その仕事内容とは?

消防士の仕事は、地域の火災現場で消火活動や救急活動をし、住民の安全を守ることです。

消防署に勤務し、火災が発生したら出動し、出火を食い止めて人命救助をしなければなりません。

他にも火災だけでなく、山で遭難、川や海で流された等の場合も消防士が出動して救助活動を行います。

大雨で土砂崩れしそうな場所の見回りも地域によっては消防士が行います。

普段は訓練や体を鍛えている消防士ですが、現場は常に危険と隣り合わせの場所でかつ人の命がかかっている仕事なので責任感と強い正義感が必要です。

また、地域によっては消防士が学校などに出向き、防火活動の一環で子供たちに火事の原因や火事防止のための方法、火事を見つけたり火事になったりしたらどうすべきかなどをレクチャーすることもあります。

そのおすすめ理由とは?

消防士の仕事は、チームを組んで地域の救急活動や火災の消火活動がメインなので自分の色を出すのは難しいかもしれませんが、人の個性に中に責任感が強い、正義感が強い、面倒見がいいなどの個性を持っている人にとって消防士は自分の個性を活かすことができる場所と言えます。

そのため、誰かのために使命を持って仕事をしてみたいと思うなら消防士の仕事は自分の個性を活かす仕事かもしれません。

まとめ

自分らしい仕事を探すことは実際に簡単ではないと思います。

自分らしさが活かせる仕事が見つかれば、転職である可能性も高いです。

今回の記事が参考になって自分らしさを活かせる仕事を探したいと思って頂いた場合、まずは自分の特徴や個性、長所を一度整理してみることをおすすめします。

その上で自分に合っている仕事を探してみてはいかがでしょうか?

きっと自分らしさが活かせる仕事が見つかるのではないかと思います。

今回紹介するおすすめの仕事は、自分の興味をひかなかったけど、今回紹介した仕事のおすすめ内容が参考になったり、ヒントになったりしたら嬉しく思います。


関連キーワード

仕事