今までアルバイトをしたことがなくてよくわからないけれど、できれば「稼げる」仕事をしたい。

過去に経験してきたバイトがどれも金銭的に割に合わない仕事だったので、今度こそは「稼げる」バイトを見つけたい。

今回はそんな方々が新たなバイト先を探すにあたって、少しでも役に立つであろう情報を提供していきます。

最近は多くの業界で人手不足が深刻なためバイト時給が上昇傾向にありますが、それでも仕事によってその時給水準はまちまちです。

もしアルバイトに求めることが「稼ぐ」ことだけであり、そのためにはどんな苦労を伴っても構わないのであれば選択肢は広がりますが、そうは言っても「楽しさ」や「やりがい」などを感じられたり、自分に合った職場を求めるのが一般的な考え方ではないでしょうか。

その点を考慮して、ここではなるべく広く人気がある職種の中から、とくに稼ぎやすいものをピックアップし、その特徴や注意点などを抜粋して紹介していきます。

それらの中に自分に合うと感じた職場や興味を持った仕事があれば、ぜひ求人に応募してみてください。

稼げるバイト仕事には理由がある

以下で具体的な内容を紹介しているように、「稼げるバイト」には理由があります。

なぜなら高時給の根拠となるものは、その業種の特性や働き方に深く関係しているからです。

すなわち、ただ漠然と時給が高いバイト先を検索するよりも、稼げるバイトの根拠である「稼げる理由」を理解して求人探索をした方が、効率的に希望職種を見つけられるということです。

ここでは代表的な「稼げる理由」をいくつかあげておきますので、順に確認していきましょう。

知識が必要なもの

一般常識的な知識に加えて、その業種・職種に特有な知識を必要とするアルバイトは、基本的に時給が高くなる傾向にあります。

その理由としては、他の職種と異なり「知識」というプラスアルファの要素がなければその仕事に慣れるのに時間がかかること、またそれらの知識を有している人でなければそもそも仕事ができない職場であることなどが考えられます。

具体的には、家庭教師や塾講師などの文字通り「知識」を売りにする仕事があげられます。

重要なのは、知識が必要だからといってその仕事に従事できる人が「決まっているわけではない」ということを理解することです。

これらの職場で必要とされる知識の多くは、その習得にかかる時間や労力に個人差はあるものの、どなたでも遅かれ早かれ獲得できる類のものです。

高時給を狙って「知識型」の職種にチャレンジする意欲があればぜひ求人に応募してみてください。

経験が必要なもの

基本的にはどのような職場でも「未経験」よりも「経験者」の方が優遇されることが多く、スタート時給に差がある職種もたくさんあります。

経験者が優遇されるのは、職場教育の手間・コストが省ける点や即戦力として期待できる点が理由と考えられます。

経験者を優遇するのはほぼすべての職場で共通しますが、「未経験者歓迎」という触れ込みをあまり目にしない業界にアプローチすることで、高時給の仕事を効率的に探索することができるでしょう。

この観点から考えると、ファストフード店やコンビニ、カラオケといった業種は「未経験者歓迎」を持ち味にしていることも多いため、効率的にたくさん稼ぎたい人にとっては物足りない職場である可能性も否定できません。

資格が必要なもの

アルバイトとして従事する仕事において、特定の資格が求められることはまずありません。

アルバイトは、雇用する会社にとっては最も手っ取り早く確保できる労働力ともいえ、「資格の有無」を採用要件にしてしまうと人材の確保自体が難しくなるからです。

しかし中には資格要件が定められたアルバイト職種もあります。

具体的には、その職種に従事する人間が正社員かアルバイトなどの非正規社員かに関わらず、法律で資格の取得が義務づけられているものや、資格保有が必須ではないものの、有資格者に対しては高時給などの優遇措置がアルバイトにもとられている職場が考えられます。

たとえば、いろいろな場所で目にすることの多い「警備員」の仕事は無資格で始めることができますが、業界特有の一定の資格を持っているとより幅広い職種に就くことができるため、時給額も上昇することが期待できます。

事業所によっては資格取得を奨励してその取得費用を補助しているようなところもありますので、「稼げる」バイトを探す際には資格取得に対して前向きな会社を選ぶことも大切でしょう。

体力が必要なもの

「稼げるバイト」としてのイメージが湧きやすいものが、引っ越し作業員や警備員などの「体力仕事」とよばれる職種でしょう。

これらの仕事が高時給な理由は、単純に他の職種に比べて体力的にハードな職場であるからと考えられます。

体力仕事というと重いものをたくさん運んだり、一日中走り回ったりするようなきつくて大変な職場がイメージされますが、実際には「効率性」というメリットを感じる方も多いようです。

たとえば引っ越し作業員の仕事の場合、現場次第で運ぶ荷物の量や実働時間は異なりますので、きちんと日当はもらいつつも半日で仕事が終わるというケースも少なくありません。

体を動かすことが好きではない方や体力に自信がない方には少々酷な現場ではありますが、イメージしているほどはハードでない現場もあります。

少しでも興味を抱いている場合は応募する価値があるでしょう。

早朝・深夜等に時間が限定されているもの

早朝・深夜時間帯の勤務に対しては、通常の賃金額に割増賃金率をかけた「割増賃金」を支払わなければならないことが法律で定められています。

そのため、早朝や深夜時間帯に絞った募集をかけている求人は、日中時間帯で募集をかけている同業者よりも高時給を提示していると考えられます。

コンビニやファストフード店など比較的「低時給」とされる職種でも時間帯によっては他職種と同程度か、場合によってはそれ以上の「稼ぎ」を得られる可能性もあります。

これらの職種の特徴として「求人数が多い」ということがありますが、時給が低いというデメリットを時間帯を絞り込むことによって克服すれば、元々絶対数が多く応募しやすい職種であることから、魅力的な応募候補先となることでしょう。

夏休み等、期間が限定されているもの

時間帯を限定した求人同様に、夏休み期間やある一定の期間(1カ月や3カ月など)に限定した求人は比較的高時給で募集をかけていることが多いようです。

代表例は毎年夏休み期間中に、とくに学生の間で人気のバイト先となる「プール監視員」の仕事でしょう。

プール監視員の仕事は、プール施設の運営期間中のみの募集ですので、屋内プールなど年中営業している施設を除けば、ほぼ学生にとっての夏休み期間と一致します。

大人数でわいわいと働けることや、にぎやかで開放感のある施設で働くことができるというメリットもありますが、他職種に比べて高時給な現場が多いことも人気がある理由の一つといえます。

上述の「時間帯」とあわせて、「募集期間」に関しても「限定」されている求人に絞って探索してみることも、効率的に稼げるバイト先を探す有効な手段といえるでしょう。

成功報酬(ボーナス)が付くもの

通常の時給や日当などの賃金にプラスして「歩合」のような成功報酬(ボーナス)が加算される職場であれば、より効率的に稼ぎを増やすことができます。

本来、歩合やボーナスといった制度は正社員を中心に設定されていることが多く、アルバイトなどの非正規社員までその対象範囲を広げている職場はあまり見かけません。

それでも、毎月定期的な歩合制度ではなく、「キャンペーン」などと銘打って一定の期間に限ってボーナスを設定したり、各種インセンティブを用意している職場はさまざまな業種に存在します。

たとえば、家電量販店やアパレルショップなどで働く「販売員」の仕事は、月の総売り上げやキャンペーン商品の成約数などによってボーナスがもらえることがよくあります。

これらの職種はアルバイトよりも、正社員や派遣社員・契約社員などの雇用形態で募集をかけていることが多いようですが、アルバイトで働いている方もたくさんいますので、興味がある方にはおすすめできる職場です。

知識系、稼げるバイト仕事2選

ここからは上述した「稼げる理由」を実感できる仕事を、その理由ごとにカテゴリー分けしていくつか簡潔に紹介していきます。

まずは知識を売りにして効率的に稼げるアルバイト先として、教育関連職種の代表格である「家庭教師」と「塾講師」の仕事を取り上げます。

家庭教師

家庭教師の仕事は、特徴としてまず最初に「高時給」があげられるほど、効率的に稼げる職種として知られています。

この仕事が高時給である理由は、その「責任」の大きさが考えられます。

家庭教師は、一般にイメージされるように、学校の授業のフォローもしくは試験・受験対策を中心に勉強を教える「教師」としての役割を担いますが、実際の仕事はそれだけにとどまらず、主に小学生~高校生である生徒さんに、社会人としての当然のマナーや身だしなみを教えることも含まれます。

つまり、文字通り依頼先のご家庭における「教師」としての自覚をもって取り組まなければならない仕事といえるのです。

プラスポイント

家庭教師として働くことの最大のメリットは「効率的に稼げる」ということでしょう。

時給は未経験者や初回指導の方でも1,500円以上を提示している事業所も多く、経験を積んでいくと一回の授業で3,000円~5,000円ほど得ているプロ教師も存在します。

高時給だけではなく、ご家庭までの交通費を全額支給してもらったり、教材として使用する資料を無料で貸してもらったりというようなサポートを受けられることも少なくありません。

教師志望の方や人にものを教えることが好き・得意な方にとっては、これ以上ない職場といえます。

注意点

この仕事に従事する際に注意しなければならないのは、働き方によっては「効率性」が享受できない可能性があることです。

とくに働き始めの頃は毎回の授業のための準備に時間がかかったりしますが、家庭教師として給料が発生するのは原則として「授業時間」に対してのみであり、その準備にどれだけの時間がかかろうとも「残業代」のようなものは生じません。

逆に言えば、「段取り」次第で効率的にも非効率的にもなる仕事なので、時間の管理の仕方などを学ぶいい機会になるとも考えられます。

塾講師

塾講師の仕事はおおまかに「集団授業」を行う講師と「個別指導塾」の講師に大別することができます。

集団授業を行う一般的な「進学塾」で講師として働く場合は、比較的たくさんの生徒に一度に授業を行いますので、学力レベルや得意・不得意の違いなどを考慮して、すべての生徒が満足する授業を組み立てなければなりません。

一方、個別指導塾の講師は主にマンツーマンもしくは1対2という形式で授業を行いますので、それぞれの生徒に最も適したかたちに授業をカスタマイズする能力が求められます。

プラスポイント

この仕事の特徴は家庭教師の仕事同様、時給単価が高いことがあげられますが、それに加えて授業を行う場所が「教室」ですので、一日に複数の授業を行うことが可能になるということもあります。

そのため、働き方によっては家庭教師の仕事よりも稼ぐことができます。

また、家庭教師に比べると緊張感が少なくよりリラックスした環境で授業を行いやすいのもメリットといえるでしょう。

注意点

家庭教師などの他の教育関連の仕事にも共通していることですが、これらの職種は時給単価が高く効率的に稼げる一方、担当する生徒数が少なかったり授業にあまり入ることができなければ、実質的な収入額は取るに足らないものになってしまいます。

実際、大学生などでスポット案件などたまにしか授業に入っていない方は、月1万円~2万円程度の収入にしかならないので「稼げない仕事」と感じていることも少なくありません。

もしこの仕事でがっつり稼ぎたいのであれば、会社側から案件を紹介してもらうのを待つだけではなく、自分の空いている曜日や時間帯を事前にしっかり伝えておいて、定期的に新規案件がないかを会社側に問い合わせる姿勢も大切になります。

経験が売り、稼げるバイト仕事

これまでの自身の経験を生かして、スタート時給からまわりより高めの時給を得ている人もたくさんいます。

重要なのは、自分の経験がどの職場で生かされるのかをしっかりと見極めて求人探索することです。

一見直接的なつながりを感じないような職場でも、自身の経験とそこから培ったスキル・能力を面接時にしっかりアピールすることができれば、さらにそれらが応募している職種でどのように生かされるかを具体的に伝えることもできれば、高時給で仕事を始めることも可能です。

ここでは「営業職」の仕事にアルバイトとして従事する場合を例にとって紹介しておきます。

営業

「営業」の仕事は、取り扱う商品・サービスの違いや顧客へのアプローチの仕方などによってさまざまに分類されます。

個人客相手の営業であれば「飛び込み営業」などの直接的な営業方法を駆使することが多いですし、法人営業であれば「ルート営業」などに代表される「長期的な関係を築く」ことに重点を置いた営業を行います。

また、販売職やドライバー職などの他職種が担う業務を兼任する営業職もいますし、比較的大規模な会社などでは営業活動一本に絞って仕事を任されている営業職もいます。

このように実に多様な働き方がある「営業職」は、その役割の大きさやそれに比例した責任の大きさもあって、主に正社員での募集がされています。

アルバイトとして営業職に従事するチャンスはあまり多くありませんが、もしその機会があるのであれば、「稼げる」仕事の代表格としておすすめできます。

プラスポイント

営業職のメリットは、「歩合」や「インセンティブ」と呼ばれるボーナスが通常賃金の他に支給されることです。

営業職といえば「ノルマ」や「目標」に追い掛け回されているイメージが強い方もいるのではないかと思います。

確かに営業職はまず間違いなくノルマ・目標というものを課されていて、それを達成することが至上命題とされています。

これは精神的にも体力的にもハードなことですが、その見返りとして用意されている歩合やインセンティブの大きさに魅力を感じる方が、たくさんいることも確かです。

営業職は良くも悪くも「自分次第」という側面が大きく、ノルマや目標を達成することができれば他職種よりも稼げることができる反面、その達成のためには並大抵の努力では足りない場面も多々あります。

注意点

営業職の仕事に応募する際には、「ノルマ」や「目標」に縛られる働き方をある程度覚悟しておかなければならないことはもちろん、注意点としてはその見返りである「インセンティブ」などと呼ばれる報酬がしっかり割に合っているかを確認しておく、ということがあげられます。

たとえば、「裁量労働制」や「みなし労働制」などの形態を採用して、営業職の実働時間に関わらず一律の固定月給を設定し、ノルマ・目標達成者には歩合給を支給する、というかたちをとる会社も少なくありません。

この場合、どれだけの時間働いたかは考慮されませんので、自分自身で効率的に成績を上げていく働き方を習得していかなければなりません。

そのため、最初のうちは長時間働いている割に実入りが少ないということにもなりかねず、「稼げる仕事」としてのメリットを実感できない状況もありえるのです。

この職種に応募する際には給与形態をしっかり確認しておくことが必須といえるでしょう。

資格を活かす、稼げるバイト仕事

ご自身が保有する資格を生かして「稼げる」バイトを探す方法もあります。

その資格が特殊であればあるほど、保有している人も少ないので希少価値がありますが、同時にその資格が生かされている仕事を確認しておくことも大切です。

資格保有者が少ないということは、その資格を保有するメリットがないことを表している、とも考えられるからです。

特殊な資格は一人ひとりの興味ややりたいことなどが多分に影響してきますので、ここでは一般に広く保有されていてポピュラーな資格である「運転免許」が必要になる仕事として、ドライバー職を取り上げておきます。

ドライバー

ドライバーの仕事は「何を運ぶか」や「どんな車両を運転するか」ということで分類することが可能です。

よく見かける求人は、宅配便ドライバーやトラックドライバーなどであり、タクシー運転手やバス運転手などもドライバーの仕事の一種です。

これらは、運ぶ対象が商品などの「物」なのかお客様などの「人」なのかという分類ができ、それにより必要となる資格も異なります(タクシー運転手には二種免許が必要等)。

また、小口配送やタクシードライバーの仕事であれば普通車もしくは軽自動車の運転になりますが、大型バスや長距離輸送の大型トラックの場合は「大型免許」を取得する必要があります。

新たに免許取得を考える場合には、ご自身が興味をもっているドライバー職に必要な運転免許の種類を前もって確認しておきましょう。

プラスポイント

多種多様な働き方があるドライバーの仕事ですが、「自分のペースで仕事がしやすい」という点は共通しているといえます。

ドライバー職は、基本的には運転中を含めた実働時間のほとんどを一人きりで過ごします。

そのため、「早く仕事を終わらせてゆっくり休憩をとる」のも、「適度に休憩をはさんで焦らず仕事をこなす」ことも自分次第になります。

人それぞれ仕事の進め方やペース配分は異なるものですが、ドライバーの仕事は自分のやりたいように仕事をこなすことができる範囲、つまり裁量の範囲が広いということがメリットとして考えられます。

それに加え、運んだ荷物の数などによって歩合がつくような職場もありますので、「稼げる」アルバイトとして検討に値する仕事といえるでしょう。

注意点

当たり前ですが、ドライバーの仕事は就業時間の大半を車の運転に費やしますので、運転が好きではなかったり自信がない方にはあまりおすすめできる職種ではありません。

プライベートな時間に自家用車でリラックスしてドライブするのとは異なり、会社の看板を背負っている意識をもちながら運転することは、想像以上にストレスがたまるものです。

また、車を運転している時間が長ければ長いほど、事故に遭ったり起こしてしまったりする確率は高くなる傾向にあります。

ひとたび事故が発生すると自身や会社に負担がかかるだけでなく、巻き込まれた関係者にも迷惑をかけてしまうことになります。

この仕事に就くにあたっては、高い「プロ意識」をもって従事する姿勢が大切になります。

体力勝負、稼げるバイト仕事

体力を使う仕事は、見た目からきつそうなイメージがあり、体力面だけでなく精神的にもハードな現場であることから、他職種よりも時給が高い傾向にあることが知られています。

ここではその中で「警備員」の仕事を取り上げておきます。

警備員

日常生活の中で、警備員の仕事に従事している人たちとはたくさん遭遇する機会があります。

工事現場で交通誘導をしている警備員もいれば、商業施設やオフィスビル等の警備員として巡回警備を担っている人たちもいます。

警備員の仕事はこのように職種によって勤務場所や求められる役割が異なりますが、どの現場でも立ちっぱなしであったり歩き回ったりすることが通常業務に含まれるので、「体力仕事」ということに違いはありません。

プラスポイント

警備員の仕事に従事するメリットの一つに「効率性」があります。

たとえば工事現場での交通誘導警備に従事する場合、その勤務時間や休憩の取り方等はすべて工事の進捗状況によります。

そのため、万が一工事が予定よりも早く終了した場合などは、その時点で警備員の仕事も終了することになります。

ここで重要なのが、警備員の現場では時給制だけでなく「日当制」を採用している事業所も多いということです。

日当制の場合は、仕事が何時に終わろうが支払われる給料は一律なので、仕事が早く終わればその分時給換算の給料は高くなります。

警備員の仕事では、その職種にもよりますが、このようなケースが起こることも少なくなく「効率的に稼げる」仕事として人気があります。

注意点

警備員の仕事を選ぶ際の注意点としては、上述したように体力的にきつい現場であることに加え、交通費などの支給が必ずしも保障されているわけではないということがあげられます。

とくにこの仕事の特徴である「日当制」で働く場合、その給与額に交通費が含まれているケースもありますので、実際に勤務する前に疑問点は事業所へ問い合わせることをおすすめします。

また、工事現場などではスペースの問題などから自家用車による出勤が禁じられていたり、ミニバイクで通勤することができる人が優遇されたりといった特殊なパターンもありますので、面接時になるべく詳細までイメージできるよう質問をしておくことが大切です。

実際に警備員バイトを探す時は、こちらの記事を参考に!

時間がポイント、早朝・深夜に稼げるバイト仕事

現場で働くアルバイトの平均時給はそれほど高くなくても、深夜や早朝といった「割増賃金」が支払われる時間帯に働くことで高時給を期待できる仕事もあります。

代表例が居酒屋などの飲食店やコンビニエンスストアなどの、24時間営業または夜遅くまで営業している店舗になります。

とくに深夜に働くことは体が慣れるまでは体力的にハードですが、その見返りとして割増賃金が支給されることが法律で定められていますので、ガッツリ稼ぎたい方にはおすすめできます。

居酒屋

居酒屋での仕事は、キッチンもしくはホール担当のスタッフとして働くことがメインになります。

一般的にはキッチン業務の方が時給が高い傾向にありますが、ホール担当であってもキッチン業務を兼務したり、もしくはバイトリーダーのようにある程度の経験を積んだことを認められる地位を得ると、時給額は上昇していくでしょう。

しかしこの職場で最も手っ取り早く稼ぐ方法は、「深夜帯」つまり割増賃金が発生する時間帯に働くというものです。

同じ仕事内容でも働く時間帯が違うことによって給与額が大きく変わってきますので、もし可能であれば、深夜帯のシフトにたくさん入る方が効率的に稼ぐことができるでしょう。

プラスポイント

居酒屋での仕事は、職場の雰囲気が明るく和気あいあいとした環境で働くことができる、ということが人気の理由の一つです。

学生の方であれば同年代の人がアルバイトとして働いていることも多く、職場での出会いを通じて交友関係が広がったり、職場外での飲み会などが開かれることもたくさんあります。

上述のように居酒屋の仕事は勤務時間帯等を工夫することで効率的に「稼ぐ」ことができる上に、このような「出会い」のきっかけになる職場でもあります。

これらの魅力がたくさんのアルバイト希望者を引き付ける理由といえるでしょう。

注意点

深夜時間帯にシフトに入ることで高時給を得ることができる居酒屋の仕事ですが、深夜に働くということは体力的に辛い職場であることも意味します。

人間の体は本質的に、日中働いて深夜帯は体を休める仕組みになっていますので、その人間本来の生活のリズムをあえて崩すような働き方は、多かれ少なかれ体に負担をかけます。

居酒屋の仕事など深夜に働く職場で長期間の経験を積んでいる方ならまだしも、初めて居酒屋の仕事を経験する方や深夜帯の仕事に慣れていない方は、最初のうちは生活リズムを組み立てることに苦労するかもしれません。

高時給を獲得するためにはある程度の覚悟をしておく必要があるといえるでしょう。

まとめ

いかがでしたか。

今回は稼げるバイト仕事を「稼げる理由」を基準に分類し、さらに各々のカテゴリーごとに代表的なアルバイトの仕事をいくつか紹介していきました。

すべての稼げるバイトに共通する絶対的な特徴というのはなかなか見つけにくいかもしれませんが、多くのものに共通しているのは、一般的なアルバイトとは異なる「特殊」な特徴をもった方には高時給待遇が用意されている、ということかもしれません。

「特殊な特徴」とは資格や経験、もしくは知識などになりますが、それ以外にも早朝・深夜時間帯に働いたり、体力をたくさん使う仕事など、一般的に「人気のない」働き方は稼ぎを多くできる可能性が高いといえます。

アルバイトに求める最重要事項が「稼ぎ」であるならば、今回紹介したような事柄も参考にしながら、求人探索をすすめてみてください。