ルーチンワークと言われるとどんなことを想像しますか?

決められた仕事だけをすることですか?

それとも繰り返しの仕事だと思いますか?

決まった答えはないのでどちらもルーチンワークといえばルーチンワークになります。

ルーチンワークのイメージは、工場での流れ作業、例えば、自動車部品の組み立てだったり、弁当製造工場の弁当の中身を詰めたりする作業などがあるかと思います。

流れ作業とか何も考えずにできる仕事とマイナスにとる人も少なくないですが、ルーチンワークは言い換えてしまえば、効率化を実現した仕事習慣です。

繰り返しやるのもルーチンワークですが、自分のペースで仕事ができるように効率化し、同じペースで同じ順序で仕事をしていくのもルーチンワークといえます。

今回は、ルーチンワークが得意な人の特徴やルーチンワークの仕事はどんなものがあるかについて紹介します。

ルーチンワークが活かせる仕事をしたいと考えている人はぜひ参考にしてみて下さい。

ルーチンワークが得意な人の4個の特徴とは?

ルーチンワークは繰り返しの仕事とか簡単な流れ作業と思われていますが、同じことを繰り返し集中してやるのはなかなか大変なことです。

ルーチンワークが得意な人、集中力高くルーチンワークをこなせる人にはどんな特徴があるのか調べてみましたので紹介します。

繰り返しの作業が苦ではない

ルーチンワークは、自分がやる仕事を習慣化したものでルーチンワークで仕事をしないとなんだかウズウズしたりソワソワしてしまうという人もいます。

基本的に人は、行動を自然と習慣化していくことが多いです。

そのため、自分にあったルーチンワークが仕事に当てはまると仕事は苦ではなく楽しいものになります。

ただ、ルーチンワークは同じことを同じようにして繰り返していくため、苦手とする人も多く、ルーチンワークがなかなか板につかない人もいます。

ルーチンワークが好きな人は、この繰り返し作業が苦ではなく、集中力高く仕事ができます。

効率よく作業をこなしたい

効率よく作業をこなして時間や労力を短縮したいのならルーチンワークを活用することで解決します。

何か仕事をしたり、作業をするときに効率よく仕事や作業をすることは大切ですし、無駄な作業や行動をして非効率にしてしまいたくないと誰もが考えいてることだと思います。

ルーチンワークを当てはめて効率よく仕事や作業ができることでルーチンワークをすれば間違いない、効率よく仕事や作業ができると確信し、自信につながります。

逆に違う作業を取り入れたり、ルーチンワークにないようなことをしてしまったがゆえに無駄な作業が増えた、効率が悪くなったとなると不安で仕事や作業がうまくできなくなってしまいます。

ペースを乱されたくない

ルーチンワークが得意な人や好きな人は、自分のペースで仕事や作業をこなしたいと考えている人が多いです。

そのため、ルーチンワークには独自のルールが存在し、他人にペースを乱されたり、邪魔されたりすることを激しく嫌います。

例えば、工場で部品の組み立てをする際、これをやってからこれと決めて仕事をこなしているところに横やりを入れられたり、間違っていないのにこうしたほうがいいとアドバイスされるとペースを乱された感じがしてしまいます。

ルーチンワークが得意な人、好きな人は、こうしてペースが乱されることは好ましく思わず、誰にもペースを乱されずにルーチンワークをこなすことを望んでいます。

考えずに黙々と仕事をこなしたい

ルーチンワークが好きな人に共通しているのは、黙々とひたすら仕事をこなすのが好きな人が多いということです。

何かを予測して先を考えるのではなく、目の前の仕事を黙々と集中してこなすことができます。

中には自分で考えて行動するより黙々と作業や仕事をこなしたいからルーチンワークがいいという人もいます。

毎日同じ作業や仕事をルーチンワークとしてこなしていけば、何かを考えたり、行動を起こしたりせず、ひたすら終わりまで効率よし作業をするだけなので決められたことを決められただけするのが好ましい人もいます。

上手なルーチンワークを活かせる仕事14選

ルーチンワークが好きな人や得意な人は、どういう仕事が上手にルーチンワークの習慣や集中した仕事ができるのか気になるところです。

ルーチンワークが得意な人の特徴を理解したと思うのでここでは、ルーチンワークを活かせる仕事、ルーチンワークな仕事を紹介します。

ルートセールス

ルートセールスの仕事は、ルーチンワークが当てはまる仕事の一つです。

特別な資格や経験を必要としている訳ではありませんので未経験者でも始めることができます。

基本的には車で移動して取引先へ定期訪問をしたり、商品を納品したりします。

代表的なルートセールスは、オフィスグリコやオフィスコンビニなどがあります。

オフィスに専用ボックスを置かせてもらいお菓子などを入れて販売する方法ですが、決まった曜日で商品を補充したり、商品の入れ替えを提案したりするのが仕事です。

他にも自動販売機の補充などの仕事もあります。

もちろんセールスとついているので人と会いますし、仕事の話もするため、ビジネスマナーやコミュニケーションは大切です。

その仕事内容とは?

ルートセールスの仕事は、決められた取引先に定期的に訪問して商品やサービスの販売、アフターケアなどをすることです。

薬の家庭販売や自動販売機の飲み物補充などがあります。

そのため、ルートセールスは、営業ですが、通常の営業と違うのは新規開拓をすることがないということです。

ルートセールスなのであくまでも決められたお客様のみを対象にして活動します。

通常の営業は、既存のお客様もサポートしますが、新規顧客も取り込まないとノルマを達成し続けられません。

そのため、新規顧客開拓も定期的にしていくため、ここがルートセールスと違うところになります。

ただ、新規開拓はない分、既存顧客との信頼関係構築であったり、定期的な訪問、競合他社に取られないようにしっかりとメインテナンスしないといけません。

そのため、しっかりと既存顧客のニーズを汲み取ってそれに見合う商品やサービスの提案、場合によっては、アドバイスをしたりすることが重要になります。

得意なルーチンワークを活かせる点はどんなところ?

ルーチンワークが得意な人、好きな人がルートセールスに活かせるのは、決まった顧客、つまり同じ顧客のところへ定期的に出向き、商品やサービスの提案、アフターケア、ニーズの聞き取りなどをするため、同じ仕事を根気強く取り組めることです。

決まった曜日に決まった会社へ行くとか決まった担当者と打ち合わせをするなどルーチンワークが好きな人、得意な人にはやりやすい仕事かと思います。

経理

経理の仕事は専門性が高く、知識も簿記や会計に対して深いものがないといけないイメージですが、企業の経理の場合は、簿記があれば歓迎されますが簿記を持っていなかったとしても入社できないわけではありません。

会社によっては学歴なども問わず働くことができます。

経理の仕事は、経費の処理や会計上の数字を整理したり、処理することになりますが、同じ作業の繰り返しになるため、ルーチンワークとして仕事をすることができます。

その仕事内容とは?

経理の仕事内容は、毎月の給与計算、経費の処理、買掛け金の支払いなどの支払い関係、売掛金の回収、月次決算書の作成などがあります。

四半期に一回、半年に一回または1年に一回は決算を行いますので決算書の作成なども担います。

基本的には計算が業務と思われがちですが、会社の金銭的な数字を管理することで経営上の問題点であったり、課題を見つけ、経費を削減する提案を役員へ進言したりもします。

企業の数字管理という大切なポストのため、経営者に近い経営に直結した仕事です。

得意なルーチンワークを活かせる点はどんなところ?

基本的には数字の管理をしますので決まった仕事を定期的にこなしていくため、デスクワークが多い仕事です。

デスクで数字とにらめっこして数字のデータを繰り返し繰り返し入力してチェックしてのため、ルーチンワークが好きな人や得意な人にとっては自分のペースで仕事をすることができるため、集中力が活かせる仕事です。

公認会計士

公認会計士になるためには難しい国家試験である公認会計士試験に合格しなければ始まりません。

難易度は非常に高く、司法試験と並んで評されるくらいです。

幅広い会計の知識が問われる筆記試験と合格したとに2年以上の現場経験を積んで終了考査もパスしないといけませんのでなるまでの道のりが大変な仕事ではあります。

全ての試験をパスして初めて公認会計士としての業務をすることができます。

その仕事内容とは?

公認会計士とは、会計処理に関するスペシャリストです。

大企業や上場企業などの組織が作成する決算書類を法律に従って監査したり、間違いやごまかしなどがないかをチェックし、証明することが仕事になります。

これを監査証明業務といいます。

公認会計士の仕事は、他にも人にっては企業の経営や会計に対してコンサルティングを行ったり、税理士と同じく税務関連業務をする人もいます。

専門知識を活かして企業などを陰から支える重要なポストを担っています。

得意なルーチンワークを活かせる点はどんなところ?

ルーチンワークが好きな人や得意な人は、公認会計士の仕事に集中力であったり、根気を活かすことができます。

決算書や会計などに関する書類は数字がたくさんあり、一つ一つチェックするのは大変です。

ましてやルーチンワークなのでどの担当会社へ伺ってもチェックすることは同じです。

そのため、集中力や根気は必要になります。

警備員

警備員は、特別な資格や試験はなく、警備会社に勤めることで警備員として働くことができます。

入社時に研修を通じて実践的な技術であったり、必要な知識を身に付けることができます。

学歴というよりは、やる気であったり、体力があることが歓迎されやすいです。

企業や工場の入り口で駐在している警備員は今まで会社を引退した人がやるイメージがあり、若手のイメージがありませんでしたが、最近はALSOKなどの警備会社が積極的に新卒採用を行っているため、若い警備員も増えてきました。

その仕事内容とは?

警備員の仕事内容は、企業、工場、施設や人の警備などをするのが仕事になります。

例えば、人気店の駐車場の警備であったり、企業や工場の入り口に駐在して警備をしたり、有名人などの警護、俗にいうボディーガードをすることがあります。

他にも銀行のATMであったり、店舗の売上金回収のなどは現金輸送車に警備員が乗って現金を警備しながら依頼先まで運びます。

得意なルーチンワークを活かせる点はどんなところ?

警備員の仕事も意外かもしれませんが、ルーチンワークになります。

ルートで決められた店舗などに現金回収をしたり、決められた会社の警備をしたりするため、自分のペースで仕事をすることも可能です。

そのため、考えずに黙々と仕事をこなすことのできるルーチンワークが得意な人にはおすすめの仕事です。

バス運転手

バス運転手は、営業所を出ると路線バスであれ、観光バスであれ基本的には一人でバスを運転していきます。

他には都道府県や市町村の市や行政が運営する公営バスの運転手としてコミュニティバスを運転したりします。

また、意外かもしれませんが、バス運転手には2種類あり、民間企業に勤務し、観光バスや高速バス、路線バスを運転するバスの運転手と行政が運営する公営バスの運転手を公務員として勤務するタイプに分かれます。

バス運転手になるには大型第二種自動車運転免許の取得が必須になりますが、一部の会社では入社後に大型第二種自動車運転免許の取得をサポートしてくれるところまります。

その仕事内容とは?

バス運転手の仕事は、バスの乗客を目的地へと安全に運ぶことです。

全国の路線バスはご存知の通り、決められたルートと停留所へ乗客を安全に運び、観光バスは決まった観光場所などに乗客を運びます。

公営バスは、地域住民の足として地域を定期的に決まった時間で決まったルートを周回します。

得意なルーチンワークを活かせる点はどんなところ?

決められたルートを安全に決まったスケジュールに則って運転する路線バスや地域住民の足として住民を決まった場所へ運ぶ公営バスの運転手などバスは決まった場所へ安全に乗客を運ぶことが鉄則のため、ルーチンワークが好きな人、得意な人には決まったルールに則っての仕事になるため、向いている仕事といえます。

パイロット

パイロットは、航空機を操縦するために航空機用のライセンスを取得する必要があります。

旅客機のパイロットになるためには大学から航空会社に就職してパイロットの養成訓練を受けるか短大や高等専門学校などの卒業後に航空大学校へ入学し、在学中にライセンスを取得した後に航空会社へ就職するパターンがあります。

最近は、海外の航空学校へ留学してから航空会社へ就職する人もいるようです。

その仕事内容とは?

パイロットの仕事は、航空機を操縦することがメインの仕事です。

ただ、パイロットは飛行機を操縦するだけが仕事というわけではありません。

パイロット自身で自ら気象データや燃料を確認したり、コックピット内の点検や航空機の整備状況のチェックなども行います。

フライト前には毎回ミーティングやブリーフィングを行い、細かな情報をチェックしたり、今日の業務内容などをしっかりと確認します。

航空管制官と連携して、フライト中は乗客にとって快適でかつ安全なフライトをすることがパイロットの使命です。

得意なルーチンワークを活かせる点はどんなところ?

パイロットの仕事もバスの運転手同様、決まったルートで決まった目的地まで乗客を安全に運ぶことのため、高い集中力と根気が必要になります。

ルーチンワークが得意な人や好きな人には高い集中力と根気を活かすのに最適の仕事といえます。

トラック運転手

トラックの運転手は、物流会社や運送会社に勤務することがほとんどです。

学歴重視というよりは、大型免許を有していることや体力や集中力が必要となる仕事です。

運送会社や物流会社も学歴よりは体力とやる気で採用するケースが多いです。

また、未経験者で入社しても会社によっては大型免許の取得サポートであったり、トラックを運転するにあたりの研修をサポートしてくれたりします。

その仕事内容とは?

トラック運転手の仕事は、トラックを運転することですが、トラックにも色々と種類があります。

長距離移動で食材や部材などを運ぶ長距離トラック、宅配などの地域内を移動する小型トラックや中型トラックなどがあります。

トラックの種類に応じて運ぶものであったり、移動距離は異なります。

メインの業務は安全運転を心がけ、目的地まで時間通りに荷物を配達することですが、場合によっては運転手が荷物をトラックから降ろすのを手伝ったり、トラックへ荷物を積み込むのを手伝ったりします。

得意なルーチンワークを活かせる点はどんなところ?

トラックの運転手もルーチンワークが活かせます。

決まった場所へ決められた時間通りに荷物などを配達しないといけませんが移動中は、安全運転をしていればあとは自分のペースになりますのでルーチンワークが得意な人には自分のペースで仕事できるトラックの運転手は向いています。

農家

農家をするには学歴であったり、資格などは一切必要ありません。

必要なのは農業をやりたいという決意と熱意だけです。

そのため、誰でも農家になることはできます。

ただし、野菜や果物などの農作物はとてもデリケートのため、土、肥料、水やりなどの世話に関して知識や技術が必要になります。

素人でもチャレンジできるとはいえ、立派な農作物を育てるのには時間を要します。

農業に従事するには個人事業主として自らの農作物を作るかどこかの法人に勤める方法があります。

その仕事内容とは?

農家の仕事は、知っての通り、米や野菜、果物などの農作物を育てて市場に流通させ収入を得ます。

農作物の田植えからではなく、作る農作物に合わせた土作りや肥料まきなどの一連の作業が仕事としてあります。

また、その土地の気候や土の性質に応じて作れる農作物も変わりますのでその土地その土地でその農作物にあった方法で作業をしていかなければなりません。

得意なルーチンワークを活かせる点はどんなところ?

農家こそルーチンワークが得意な人や好きな人にメリットのある仕事といえます。

自らのペースで自らが作りたい農作物をじっくりと育て上げていき収入を得れる。

また、個人事業主として農家をするのであれば自分で作業を管理しないといけないのでまさにルーチンワークを気づかないといけません。

税務署職員

税務署職員になるためには税務署職員の採用試験を受けて合格しないといけません。

受験資格も決まっていて高校卒業見込みまたは高校を卒業して3年未満の人だけになります。

試験は一次試験、二次試験を踏まえて採用面接を得て合否が決まります。

税務職員に採用されると税務大学校で1年間の研修があり、研修後はれて税務署職員として働くことがでます。

その仕事内容とは?

税務署職員は、税金の賦課や徴収をすることがメインの仕事になります。

全国それぞれに税務署という施設が設置されていて、税務署職員は各施設で勤務し、適正な課税を維持するために個人事業主や会社などを訪問し、帳簿や決算書などをチェックし、申告が適切であるかどうかを調査や検査します。

他にも納期限までに納付されない税金があれば催促したり、滞納整理をしたりします。

得意なルーチンワークを活かせる点はどんなところ?

税務署職員の仕事は、帳簿チェックや決算書チェック、滞納者のリスト化と催促などルーチンワークが得意な人なら効率よく仕事ができる、ルーチンワークが得意な人には最適の仕事です。

タクシー運転手

タクシーの運転手は、学歴より普通自動車第二種運転免許が必要になるのですが、普通自動車第二種運転免許を取得するためには普通自動車第一種運転免許を取得してから3年以上が経過していないと受験できないため、タクシー会社に入社する前に求められることはありませんが、入社後、取得は必須のため、入社前に少なくとも普通自動車第一種運転免許を取得していて3年以上経過していることが条件になります。

あとは健康状態がよくなければ運転手としては働かせてもらえませんし、都市部は、タクシーセンターで行われる地理試験もパスしておかないといけません。

その仕事内容とは?

タクシー運転手の仕事はバスの運転手同様、乗客を目的地まで安全に運ぶことです。

タクシーはドライバーのプロフェッショナルなので安全運転は絶対です。

タクシーとひとえにいってもタクシーには2種類あります。

会社員としてタクシー会社に勤務する法人タクシーと個人事業主としてタクシーを運転する個人タクシーがあります。

勤務時間中は、駅やホテルなどのタクシー乗り場で待機したり、駅で待機したりしてお客様を待つか、公道を流してお客様を探したり、会社から無線で迎えの依頼が入ったお客様のところへ向かうかになります。

得意なルーチンワークを活かせる点はどんなところ?

タクシー運転手はバス運転手のような明確なルートやスケジュールがあるわけではありませんが、基本的にはお客様を乗せて安全に目的地まで運ぶため、安全運転でタクシーを運転するだけですのでルーチンワークが得意な人の中にある特徴の一つ、黙々と仕事をこなすことができます。

実際にタクシー運転手の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

一般事務

事務職や一般事務と呼ばれる仕事は、民間企業や団体で事務の仕事を生業として働くことです。

会社の募集要項で事務職であったり、一般職の名称で記載があります。

企業や団体がそれぞれ実施している試験を受験し、パスすることで事務職として働くことができます。

また、事務職は民間企業だけでなく、都道府県庁や市役所などにもポジションがあり、公務員採用試験を受けてパスすることで公務員の事務職員として働くことができます。

雇用形態も様々で民間企業や団体であれば、派遣社員、契約社員、パートやアルバイトなどがあります。

その仕事内容とは?

事務の仕事は、民間企業、官公庁や団体などの組織で事務作業を担当することです。

一般的には、資料作成、契約書の作成であったり、ファイリング、メールやFAX、コピー、データ収集、電話や来客の応対などがあります。

専門的な知識やスキルを必要とはしていませんが、データをまとめるにあたりエクセルの知識があったり、書類作成に際して正しい日本語やワードの知識があれば活躍できること間違いなしです。

事務作業全般となると定義が広く、会社によっては経理と兼務することもあります。

得意なルーチンワークを活かせる点はどんなところ?

事務仕事は、まさにルーチンワークの強みが活かせる仕事です。

黙々と自分のペースで仕事をこなすことができます。

プログラマー

プログラマーの仕事はこれからも需要が高まる可能性があります。

ロボットであったり、AIやIoTにはプログラミングが必要なため、プログラム言語などの知識や技術を持ったプログラマーは必要な人材となります。

プログラマーになるには特別な資格や学歴はありません。

大学や短大、専門学校などを卒業してIT関連会社でプログラマーとして経験を積むことでプログラマーになれます。

中には独学などでプログラミング言語を学び、フリーランスとして働く人もいます。

その仕事内容とは?

プログラマーの仕事内容は、プログラム言語と言われるプログラムを構成する上で必要となる専門言語を使ってシステムであったり、ソフトウェアやゲームなどを作ることです。

システムは会計システム、物流システムなど企業で使われている様々なシステムのことをさします。

システムエンジニアと混同されることがありますが、システムの仕様書を作成するのがシステムエンジニアに対して、プログラマーはプログラムを作っていくことになります。

得意なルーチンワークを活かせる点はどんなところ?

プログラマーの仕事もルーチンワークが好きな人、得意な人にはうってつけの仕事です。

基本的には一人一人のペースで周りに邪魔されず仕事に集中することができます。

ただし、会社にいても基本的には一人で仕事なので高い集中力と何かバグなどがあると最初からプログラムをくみ直したりしないといけないため、忍耐と根気が必要になります。

図書館司書

司書と言われる図書館司書は、図書館司書の資格を取得しないといけませんが、司書としてではなく図書館スタッフとして働くにはこの資格が必ず必要というわけではありません。

図書館司書になるには、大学や短大で司書養成科目の単位を取得したり、大学や短大、専門学校などを卒業した後に司書講習を受けたり、高校を卒業した後で司書補講習を受けて司書ではなく司書補として3年以上の実務経験を積んで司書講習を受講して司書になる3つの方法があります。

その仕事内容とは?

図書館司書は、一般的に公立図書館や大学の図書館などで本の管理、利用者対応などのスペシャリストとして働きます。

図書館スタッフはパートで働くことができますが、図書館司書として働くには資格が必要となります。

本屋や図書館に関しての専門的な知識を身につけて資格を取得した人が司書になります。

利用者にとって使いやすい、快適に過ごせる図書館にするため、書籍の整理、広報活動、イベント企画・運営、図書館資料のリファレンスサービスなどが主な仕事内容です。

得意なルーチンワークを活かせる点はどんなところ?

図書館司書の仕事は、書籍の整理があるため、黙々と仕事をこなさないといけません。

ルーチンワークが得意な人は黙々と仕事をこなすことも得意なので苦もなく仕事をこなすことができます。

また、自分のペースでの仕事になるため、ルーチンワークが得意な人・好きな人にとって図書館司書の仕事は最適です。

大学職員

大学職員は、国立、公立や私立大学それぞれに勤務しています。

採用方法は、国立や公立、私立大学によって異なり、国立大学は、国立大学法人が独自に試験を実施していて、その試験に合格することで大学職員になることができます。

私立大学の場合は、私立大学を運営する学校法人が各自独自の試験を実施していて、この試験に合格することで大学職員として勤務することができます。

大学によっては人気が高く、競争倍率が高いものや試験に年齢制限があるところもあります。

その仕事内容とは?

大学職員の仕事は、国公立であっても私立であってもほぼ同じで大学の職員として総務部や進路指導部などで学生をサポートしたり、教授や准教授などのサポートをします。

メインとしては学校の運営をサポートすることになります。

例えば、学生の進路相談、大学の宣伝やオープンキャンパスなどのイベント、大学の制度を作ることなどがあります。

大学というと職員よりは教授が目立つ仕事ですが、大学職員は縁の下力持ちとして陰ながら学校運営を支えることが仕事になります。

得意なルーチンワークを活かせる点はどんなところ?

大学職員の仕事も書類整理やオープンキャンパスなど決まった仕事が多く、シーズンよっては忙しかったり、そうでなかったりしますが、年間を通じてこなす仕事は同じのため、ルーチンワークが得意な人には要領を得たら効率的に仕事をこなすことができます。

まとめ

今回はルーチンワークについて得意な人、好きな人の特徴であったり、ルーチンワークが活かせる仕事について紹介しました。

ルーチンワークが好きで仕事もルーチンワークでやっていきたい人や自分のペースで黙々と仕事をしていきたい人などにはぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです。

もちろん、今回紹介した仕事以外にも色々とルーチンワークを活かせる仕事がありますので気になった方は自身でも調べてみて下さい。


関連キーワード

仕事