突然ですが、あなたは「悠然(ゆうぜん)」と聞いてどのような性格を思い浮かべますか?

「悠然」とは色々意味がありますが、悠然とした人のイメージは以下が該当するのではないでしょうか。

  • 心が広い
  • ゆとりのある
  • 落ち着きがある
  • 慌てる様子がない
  • うろたえない
  • 余裕がある
  • 温厚な様子

要約すると、毅然で落ち着きのある人を指す言葉のようですね。

職場に1人はいるであろう「悠然な人」。

特徴を見ていくと、あなたもそんな「悠然な人」の一人に入るかもしれません。

今回はそんな「悠然とした人」の特徴と、合った仕事をご紹介します。

悠然とは?

上でも少し述べましたが、改めて考えてみましょう。

「悠然」とは、どのような状態を指すのでしょうか?

悠然な人の特徴としては、「クール」「物事に動じない」というようなイメージがあります。

「悠然」の使い方としては、「悠然な立ち姿」や「歩き方」がありますよね。

両方とも何事にも動じずに落ち着いた立ち姿や歩き方を指す言葉です。

「悠然」という言葉は、基本的には人に対して使います。

「悠然なもの」というように、人以外のものにはほとんど使われることがありません。

「悠然な人」に共通する項目としては、ポーカーフェイスであったり冷静な対応・落ち着きはらっているというものが挙げられます。

では、より深く「悠然」さを見ていきましょう。

悠然とした人の特徴10個

さて、「悠然」のイメージや共通する項目に触れたところで、実際に「悠然な人」の特徴を詳しく見ていきましょう。

あなたは「悠然な人」に入りますか?

何事にも動じない

まず「悠然とした人」の特徴としてはじめにあがるのが、何事にも動じないではないでしょうか?

何があっても何を言われても基本的には自分を強く持っているため、その場で怒り出すことも興奮することもほとんどありません。

自分の頭の中で整理してそれを話すので、理路整然としています。

イレギュラーな状況に陥っても、常に冷静に物事を見極めることができるので、周りがあたふたしていても一人だけ落ち着いてその状況を把握することができます。

また、どうすれば問題が解決するかも瞬時に判断することができるので、何も動いていないと思われてしまいますが、頭は常にフル回転しているのです。

それを表にださないのも「悠然な人」の特徴でもあります。

「悠然さ」を持っていないと、どうしても自分中心に物事を考えてしまい、周りへの対応は後先になってしまいます。

冷静に対応できるからこそ、「悠然な人」と思ってもらえるのです。

話し方や対応が落ち着いている

「この人落ち着いてるな~」という人に共通しているのが、話し方や対応が落ち着いているので全体的に落ち着いているように見えることです。

反対に、どれだけ物事に応じなかったとしても、話し方や対応が雑だったり適当だと「落ち着いている」とは思われにくいです。

自分の話し方や対応は、自分自身では分からないもの。

一度自分が話したり動いたりしているところを動画に撮ってみるのもオススメします。

これは、後々就職や転職をする際にも役に立ちますよ。

普段自分がどんなふるまいをしているのか?

知っておくことも大切です。

基本的に興奮したり怒ったりしない

「悠然とした人」の特徴としてこちらも定番の特徴です。

「悠然とした人」は基本的に落ち着いていて毅然としているので、興奮したり怒る姿を人に見せることはありません。

「自分を人に見せる」ことが苦手だと感じているのか、普段とは違う姿を周りに見せないという特徴を持っています。

それだけ自分をコントロールできている証拠です。

人前で興奮したり怒ったりすることは、自分の恥ずかしい一面をさらしているのと同じこと。

社会人にもなってそんな恥ずかしい大人になりたくないですよね。

もしも「人前で興奮してしまうことが多い」「怒るのは日常茶飯事」と感じた方は、普段のふるまいを改めた方がいいかもしれません。

リアクションが少ない

「悠然とした人」をイメージすると、大抵真顔なことが多いのではないでしょうか?

ポーカーフェイスの人が多い「悠然とした人」。

何があっても動じないため、ちょっとのことで大声を出して笑ったり、反対にものすごく怒鳴ったりしないという特徴があります。

業務中とプライベートはまた違う一面があると思いますが、けじめのある対応を常にしているのが「悠然とした人」です。

社会人でも、口を大きくあけて手をたたきながら笑う人がいますよね。

プライベートならまだしも、業務中や接待中にそれをやられると、みっともないと思いませんか?

そんな人を横目で見て静かに学習しているのも「悠然な人」なのです。

周りを反面教師として見、自分はああならない、自分はこうしようと行動を改めてみましょう。

自分をコントロールできる

何度も述べているように、「悠然とした人」は自分をコントロールできるため怒ったりオーバーリアクションを取ったりしません。

自分をコントロールできるということは、常に周りを意識して自分が今、どのような立ち振る舞いをすればいいのかをしっかりと把握しているということです。

自分をコントロールする、と言っても中々簡単には実行できません。

それができるということが「悠然としている」ということでしょう。

感情だけでなく、考えや行動もコントロールできます。

「このようにふるまったら今後どうなるか?」常に前を見据えて考え、行動しているため、ハメを外したり、馬鹿な行動をすることはありません。

接待や社内の飲み会の席でも、飲みすぎて上司に絡んで説教されている、という人いませんか?

「悠然さ」を持っていれば、そのような状況にはまずなりません。

そういう行動をすれば今後どうなるのか?

を常に考えているためです。

芯が強い

「悠然な人」の特徴として、芯が強いこともあげられます。

たくさんの人がいる中で、自分の芯を曲げない人周りにいませんか?

「頑固」とはまた違って、芯が通っている人は周りを見つつ自分の意見も伝えるという的確なポジションに立つことができます。

ここで勘違いしてほしくないのが、「自分を貫き通すことが大切」であることと「芯が通っている」「芯が強い」を間違ってとらえてしまうこと。

「自分を貫く」のももちろん大切ですが、社会人としては「芯が通っている」「芯が強い」ことの方が重要視されるでしょう。

自分の意見を言いつつ周りの意見も取り入れ、最終的に両者が納得するような結果に持っていくことが「悠然な人」の役割なのです。

自分の意見を大切にする

周りの意見に流されず、自分の意見を大切にするのも「悠然とした人」の特徴です。

自分の意見を大切にするだけでなく、悠然とした人はきちんと周りも見ることができるため、「自分自分!」と意見を押し通さずに、でも自分の意見も大切にすることができるのです。

自分の意見を押し通すようなことは絶対にしません。

その部分を勘違いしてはいけません。

「あの人って絶対に自分の意見を押し通すよね」「頑固だもんね」と言われてしまう人は、まだまだ「悠然さ」を持っていない証拠です。

「あの人がいれば意見が割れなくていいよね」と言われて初めて、「悠然さ」を持っていることになります。

知識が豊富

「悠然な人」のイメージとして、物知り!頭がいい!というものが挙げられませんか?

「悠然とした人」は、自らを高めるために様々なことに好奇心を抱きます。

ですので、おのずと知識も豊富になってくるのです。

何か分からないことがあればとりあえずその人に聞いてみる、という頼りになる人が周りにいませんか?

その人はきっと「悠然とした人」でしょう。

自分の好きなことだけでなく、知っておいたら今後役に立ちそうだなと思うことを自分の頭にインプットし、いつアウトプットしてもいいように準備しておくことも大切なのです。

自分を客観的に見ることができる

自分の意見だけを押し通さず、周りの意見も取り入れることができるということは、自分自身だけでなく今の状況を客観的に見ているということです。

自分を客観的に見ることは到底難しいもの。

しかし「悠然としている人」にはそれができるのです。

常に落ち着き払っていて周りを見ているので、この状況でどのように立ち振る舞えばいいのかを客観的に見るのも容易なのです。

会議や話し合いがヒートアップした時など、この「悠然とした人」の力を借りてその状況を客観的に見つめてみてはいかがでしょうか。

興奮すると、人は自分を客観的に見ることが難しくなります。

そのような時に「悠然さ」を持っている人に頼ってみましょう。

きっとスムーズに問題が解決しますよ。

いい意味で影響力がある

自分を持っていて、周りにも目を配れるので、「悠然とした人」は人に多大なる影響を与えます。

「あの人のようになりたい」「あの人がいるから安心できる」「君になら任せられる」と言われる機会も多いはずです。

芯をきちんと持っていて、場を客観的に処理することができるため、常にリーダー的なポジションにつくのも特徴。

そのような人が職場に1人でもいると頼りがいがありますよね。

また、周りに指示をしても嫌味にとられないため、自ずと後輩がついてくるようになります。

だれしも、後輩には「あの人の下で働きたい」と思われたいですよね。

それを実現するためには、「悠然さ」を持つことが重要なのです。

悠然とした性格が活かせる仕事7選 

さて、ここまで「悠然とした人」の特徴を見てきましたが、続いてはそんな「悠然」さを活かせる職業を7つご紹介します。

「悠然さ」を活かした様々な職種。

「悠然な人」だからこそできる職種もたくさんあります。

あなたが興味を持った職種はありますか?

カウンセラー

まずは、冷静さが必要なカウンセラーです。

カウンセラーは悩める人の話を聞いてそれを整理し、解決するためにはどうすればよいかの問題定義を行います。

客観的にその人の悩みを見ること、問題はどこにあるのか、原因はなんなのかを1つひとつ整理して、解決していくという長い道のりであり、難しい対応になってきます。

相談する側も、相談する相手があわあわと対応していたら信頼しようにもできないですよね。

その点、「悠然」としていれば「この人に対応してほしい」「この人なら安心して相談できる」と信頼を得ることもできます。

また、その人に感情移入してしまうと問題解決にもならないので、ある程度自分の感情をコントロールできる「悠然さ」も必要になってきます。

カウンセラーの仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

医師

続いては、医師です。

医師は常に冷静に患者さんやその家族に対応しなければならないので、「悠然さ」が大切になってきます。

また、病状を告げられたご家族の対応は冷静さが重要になってきます。

重い病気の場合、その場で泣き崩れたり取り乱したりするご家族の対応は、「悠然さ」が必要です。

感情移入しすぎても他の患者さんと対応が違ってきて「ひいきしている」と思われてしまうこともあるので、自分の感情をコントロールしつつ淡々と対応することが求められます。

手術をするような科の医師なら、なおさら「悠然さ」が必要になってきますよね。

いちいち血に驚いたり、すぐに手術を中断してしまうようであれば医師として失格ですよね。

そんな時に何事にも動じず、落ち着いて対応できる能力を持っていれば「悠然」と対応できるので、周りの看護師や助師も安心して任せられます。

不動産

不動産屋は、物件一つひとつをしっかりと把握し、その人に合った物件をピックアップし、契約にまで至らせる必要があります。

そのためには、頭の中に物件の特徴を入れ込むことはもちろん、お客さんの特徴や要望をしっかりと把握し、その人にあった物件を選んであげることが大切です。

「自分が売りたいから」という欲求だけでなく、その人が何を求めているのか?という根本的な要因を知り、それに向かっていく必要があるため、何にも流されずに契約までもっていける「悠然さ」が必要となってくるのです。

また、お客様からの信頼も必要とされている不動産業。

「この人がすすめるから契約しようかな?」と考える人も多いのではないでしょうか?

あたふたと次々に物件を紹介してくる人よりも、バン!とひとつの物件を差し出された方が潔いし、「この人できるな」と信頼が生まれます。

そういった信頼を勝ち取ることができるのも、「悠然な人」の特徴なのです。

販売員

販売員には、「悠然さ」が不可欠ではないでしょうか?

お店に行って、店員さんが弱気な接客をしていたら「この店大丈夫か?」と感じてしまいますよね。

自分のお店の商品をいかに良く見せるか、いかに売っていくかが求められる販売員。

来店したお客様に合った商品を見極めることはもちろん、そのお客様にどうアプローチすれば購入までいたるかを冷静に、そして素早く行動に移すことが重要です。

たんに「自分のノルマを達成したい」という気持ちだけではやっていけません。

常にお客様目線に立って、「今どうしてほしいのか?」「どうすればお客様が満足できるのか?」後のことを考えながら接客を行うことが大切です。

そうすることによって、不思議と売り上げにも繋がっていきます。

コンサルタント

コンサルタントも、「悠然さ」が必要不可欠です。

毎日何十人と悩める人の相手をするわけですから、いちいちその人に感情移入したりその人の特徴を掴んで悩みを解決して…という長い時間をかけてられません。

コンサルタントに必要なのは、「いかに短時間で原因を追究し問題を解決するか」。

「悠然な人」は、物事を客観的に見てなにが原因かを素早く判断することができます。

ですので、一日にたくさんの人の対応をしても毅然と構えることができますし、スムーズに問題解決ができるのです。

単に「あなたはこうだからこう」「こうした方がいい」と言われて納得する人は少ないですよね。

しっかりと原因を追究して、「こういう原因があるから、今後こうした方がいい」と説明してくれた方が信頼できるし、今後も頼ろうという気分になりますよね。

信頼を勝ち取ることが重要なコンサルタント。

だからこそ落ち着いていて、なおかつ核心をついたアドバイスができる「悠然さ」が求められるのです。

弁護士

弁護士こそ、「悠然な人」の特徴を活かせる職業ではないでしょうか。

弁護士は、法律に従ってその人を擁護する仕事です。

いちいち感情移入していたら、勝てる裁判も負けてしまいます。

理路整然と物事を見極め、依頼人の依頼にいかにうまく対応するかが重要です。

「悠然」と構えることによってその依頼のみを見ることができ、問題解決にも繋がります。

依頼人だけの考えを聞くだけでは解決にはなりません。

ここで、「周りの意見もしっかり聞く」という客観的な見方ができる「悠然さ」が重要になってくるのです。

どんな状況でも、依頼人の依頼に最大限応えなければならない弁護士。

だからこそ、相手の意見もしっかり取り入れることによってどのような状況で、この場合どのように訴えれば裁判官にささるのかをしっかりと見極める力が必要になってきます。

客観的にその依頼を見ることで、自分が今依頼人に対して何をすれば最善なのかを考えることができるのです。

レジ係

意外と思うかもしれませんが、レジ係にも「悠然さ」が必要とされています。

レジ係は一瞬でカゴに入れる順番を考え、次はどのバーコードを読み取ればいいのかと瞬時に判断する能力が不可欠です。

「悠然さ」を持っている人なら、その場で瞬時にカゴへの配置やバーコードを読み取る順番などを判断し、行動に移すことができます。

一番身近な「レジ係」にも、「悠然さ」は必要なのですね。

悠然とした人が気を付けるべき誤解

さて、「悠然な人」に向いている職業をご紹介してきましたが、納得するものはありましたか?

「悠然さ」を持っていれば、どんな職業にも活かせます。

続いては、そんな「悠然さ」を持ってるが故に誤解されてしまうこともあるという点をご紹介します。

「悠然な人」は特に気を付けましょう。

何事にも興味がないと思われてしまう

「悠然な人」は自分をコントロールできてしまうため、感情を表に出すことはほとんどありません。

どんな状況においても毅然とふるまっているため、「あれ、この人今おもしろくないのかな?」「あまり楽しそうじゃないな」と思われてしまうのです。

誤解をされないために

そんな誤解をされてないためには、自分の感情を表に出すのも時には大切だということを覚えておきましょう。

常にポーカーフェイスを貫いていても、辛くないですか?

笑いたい時には笑う、表情を崩したい時には崩すことで、表情を豊かにする努力をしましょう。

「感情を表に出す」ことは、悪いことではなくむしろ気さくな人と思われるためには大切なことです。

「あの人は悠然としているけど親しみやすいよね」と言われる存在になりましょう。

恐い人と勘違いされてしまう

感情を表に出さないと、「あの人恐い」「いつも仏頂面」と思われてしまいます。

業務中は歯を見せたくない、と思っている「悠然さ」を持つ人もいるかとおもいますが、感情を表に出すのと「悠然さ」はまったく別物。

いつも笑顔の人でも落ち着いている人はいます。

誤解をされないために

「恐い人」と思われないためにも、場面によって笑顔を見せることを心がけましょう。

どんな人でも笑顔を見せれば警戒心はなくなります。

感情を表に出したからと言って「悠然さ」はなくなったりしません。

自分を客観的に見れる「悠然さ」を持っているからこそ、自分が周りにどう見られているかを意識してみましょう。

お高くふるまっていると思われてしまう

「悠然な人」あるあるに、「プライドが高そう」「お高くふるまっている」と思われてしまうことが挙げられるのではないでしょうか?

もちろん常に落ち着いていて仕事ができて、その上あまり感情を表に出さないとなると、そう思われてしまうのも無理はありません。

そういう人、周りにいませんか?

誤解をされないために

「プライドが高いのに高いと思われてしまう…」そんな悩みを持っている人は、話すときはノって、そうでないときは真面目にするというけじめのある人を目指しましょう。

話にノッてくる人を嫌う人間は基本的にはいません。

「悠然としている人」は、人一倍「恐い人」「プライドが高そう」というイメージがあるので、常に親しみやすさや笑顔を意識することで、それらのイメージを覆すことができます。

悠然とした人になりたい場合はどうしたらいい?

さて、ここまで「悠然とした人」の特徴や見合った仕事、反対に誤解されてしまう項目をお伝えしてきました。

ひとつでも当てはまるものがありましたか?

そんな「悠然とした人」。

特徴を見る限り、大人な対応で憧れる存在ですよね。

そんな「悠然な人」になりたい、と思ったそこのあなた。

ここでは、「悠然な人」になるための行動指針をご紹介。

参考にしてみてくださいね。

「悠然な人」になりたい。感情的にならないためには?

まず、感情的にならないことが重要です。

「悠然な人」は、基本的に自分の感情を表に出しません。

自分の感情を見られたくない、という気持ちもあるでしょうが、一番は自分をコントロールできるため、感情の表れもコントロールできるという点が大きいのではないでしょうか?

自分の感情を表に出すことは、表裏一体。

例えば会議の途中に「帰りたいな」「長いな」という感情を表に出したらどうでしょう?

上司だけでなく、同僚からも「この人やる気ないな」と思われてしまうでしょう。

その点、自分の感情を表に出さないようにコントロールできる人は、常に仕事に前向きで「あ、この人仕事できる」と思われる可能性が高いのです。

社会人にもなって自分の感情を表に出す人はいないでしょうが、臨機応変に対応できるのが「悠然な人」の凄いところです。

「悠然な人」になりたい。落ち着いてイレギュラー対応するには?

続いては、落ち着いた対応ができるようにするにはどうしたらいいのかをご紹介します。

「悠然な人」は、話し方も人への対応も常に落ち着いています。

それは、頭の中で今の状況を整理し、常に前を向いているからです。

また、今の状況を客観的に見ることができるため、どのような対応をすればいいのかをしっかり把握しています。

さらに、思いがけない状況に陥ったときの対応もスムーズです。

基本的に落ち着いて物事を考えることができる「悠然さ」を持っているため、思いがけない物事に直面しても臨機応変に対応できるのです。

今の状況を頭の中ですばやく整理し、何をすればいいのかも瞬時に判断し行動に移すことができます。

常にこれからのことを考え、落ち着いて行動ができるのです。

「悠然な人」になりたい。焦ってミスを増やさないためには?

「悠然な人」は、自分の業務をそつなくこなします。

それは、常に落ち着いて業務に取り組んでいるからです。

自分のことだけでなく、周りを見ながら仕事ができるため、サポートもできます。

チェックも怠らないため、凡ミスはありえません。

自分の業務を完璧にこなし、プラス周りの人のサポートもできるなんてすばらしいですよね。

常に客観的に自分を見、同時に周りも目に入れている「悠然さ」を持っているからこそできる技です。

「悠然な人」になりたい。周囲に惑わされずに悠然と構えるには?

「悠然な人」は、頑固とはまた違った芯の通った人です。

ですので、自分を常に持っています。

話し合いや会議でも、他の意見を取り入れつつ、自分の意見も参考程度に差し出す。

そんなポジションをこなすことができるのです。

他人の意見に流されやすい人、周りにいませんか?

そういう人は、まだまだ「悠然さ」がたりないのです。

「悠然な人」を目指すなら、自分の芯をしっかりと持って周りに流されない強い意志を持ちましょう。

自分がどんなタイプか知るための3つの方法

さて、みなさんが憧れる「悠然な人」になる方法をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

一見簡単に見えても、実際に自分で行動するとなると難しいでしょう。

自分をコントロールするのはとても大変なので、実際に自分がどのようなタイプの人間であるか知る必要があります。

ここでは、そんな自分がどんなタイプであるかを知る方法をご紹介。

自分分析をするために、参考にしてみてくださいね。

自己分析

まず、一番手っ取り早いのが「自己分析」です。

思い立ったらすぐに行うことができるため、自分を知る簡単な方法と言えるでしょう。

紙とペンがなくても、今はスマホがあるので、通勤時間やスキマ時間に自分はこうだろう、と自己分析をしてみましょう。

どんな性格?

人にはどう言われることが多い?

飲み会での立ち位置は?

友達と話すときのポジションは?

どんな小さなことでもいいので、自分に関することを書き留めましょう。

そうすることで、今まで見えてこなかった自分を見つめなおすことができます。

転職サイトなどの適性診断

次に定番なのが、転職サイトなどでの適性診断です。

みなさんも就活をする際などに利用したことがあるのではないでしょうか?

転職サイトなどのサイトに行き、数個の質問に答えるだけであなたの性格を分析してくれる便利なツールです。

もちろん詳細までは分析できませんが、大まかな自分の性格を知ることができるので活用していきましょう。

これらのツールは無料のところがほとんど。

使わない手はないですね。

エージェントに相談

自己分析をしても、適性診断をしてもどうも納得いかない…自分が分からないという人は思い切ってエージェントに相談してみましょう。

転職エージェントのコンサルタントは、何十何百という悩める人たちを見てきています。

「将来が不安」「自分にあった職業が分からない」そんな人たちをたくさん見て、実際にアドバイスをしてきているわけですから、あなたの性格や適性もしっかりと診断してくれることでしょう。

「エージェントに行くのが面倒くさい」という方でも、今はチャットやメールでコンサルタントとやり取りできるところもあるため、そんな理由でエージェントを利用するのを諦めないでください!

こちらも相談だけなら無料というエージェントがほとんど。

是非活用してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

「悠然な人」の特徴から向いている職業まで、様々にご紹介してきました。

常に落ち着きはらっていて、毅然とした態度の大人って憧れますよね。

そんな「悠然」とした大人になるために行動すべき指針もお伝えしてきました。

自分がなりたい像があるなら、その像に向かう前にまずは今の自分を知ることが大切です。

今の自分からどのような行動をすればなりたい人になれるのか、その道筋をしっかりと考えて「悠然とした人」になりましょう。


関連キーワード

仕事