世の中には様々な仕事があります。

職種によって収入は大きく変わり、生活にも格差が出てきます。

幸せの尺度は人それぞれ違うものですが、お金があればそれだけできることも増えるのは確かです。

旅行や美味しい食事、ショッピングなど、娯楽の部分に余裕が出てくるはずです。

また収入が増えることによってさらに仕事へのモチベーションが上がる人も多いでしょう。

仕事は人生の大半の時間をかける部分ですから、なるべく妥協なく選びたいですよね。

最近は同じ会社に長く勤めるよりもキャリアアップしていきたいと考える人も多く、30代40代になってからの転職も増えてきています。

転職するなら前職よりも高収入を狙う人がほとんどでしょう。

そこで今回は儲かる仕事に焦点を当てて、必要な資格や経験についてまとめてみました。

どうせ働くならいいお給料をもらいたい!

そんな人はぜひチェックしたみてくださいね!

儲かる仕事とは? 

儲かる仕事にはいろいろな種類があります。

毎月のお給料が高額な仕事もあれば、インセンティブや契約成立で収入がアップする仕事、ボーナスの回数が多い仕事など実に様々です。

どんな稼ぎ方がモチベーションアップに繋がるのかは人それぞれですよね!

そして儲かる仕事にはもちろん精神的なプレッシャーやリスクもついて回ります。

金額に見合った仕事をするためにも、自分の能力を磨いたり、健康面に気を使ったりするのも重要と言えるでしょう。

今回は様々な種類の儲かる仕事を満遍なくご紹介していき、メリットやデメリット、おすすめのポイントなどもご説明していきたいと思います。

高収入を得ることができたらこんな生活がしてみたい!

こんなことに取り組んでみたい!

と前向きなイメージを持ちながら探してみると楽しいかもしれませんね!

儲かる仕事をするメリット 

儲かる仕事で多くのお金を手に入れれば、生活レベルの向上や将来への蓄えなど理想とする人生に近づくことができます。

ここでは儲かる仕事に就くことで得られる具体的なメリットをご紹介していきたいと思います。

望んでいる生活ができる

幸せの価値観は人それぞれですから、お金を持っていることだけが幸せとは限りません。

けれどお金を持っていればできることが増えるのは確かです。

例えば年に一度海外旅行に行く、両親に親孝行するなど、自分はもちろん周りの人を幸せにすることもできます。

子供に良い教育を受けさせたい、美味しくて体に良いものを食べたいなど、あらゆる望みの大抵はお金があれば叶えることができるのです。

自分が望む生活ができるようになれば、自ずとモチベーションは上がり仕事に対してより前向きに取り組めるようになるでしょう。

自信を持つことができる

自分は大金を稼いでいるという自負があれば、誰でも自信を持つことができるようになるでしょう。

例えば外見や育った環境にコンプレックスがあったとしても、それに負けないあるいは緩和してくれるプラスの感情を与えてくれるはずです。

お金で物事を判断するのはあまり良くないとは思いますが、やはり年収が高い人の方が一目置かれますし魅力を感じる人は多いでしょう。

自信を持つという点でもお金は大きく影響してくるはずです。

将来への不安を軽減できる

たくさん稼いでいればもちろん貯金だってできます。

若いうちにしっかりと蓄えておけば将来への不安を軽減することができますね!

子供や家族にまとまったお金を残してあげたいと思うのは当たり前のこと。

若いうちはあればあるだけ使ってしまいがちですが、堅実に貯蓄したり資産運用をすることも大切です。

余裕のある時に保険などもしっかり見直しておきたいですね!

行動力が増す

お金を持っていれば車を購入してドライブに出かけたり、旅行に行ったり美味しい食事を食べに行ったりと行動力が増します。

そこで新しい経験をしたり交友関係が広がることで、人生がさらに豊かになっていくのを感じることができるでしょう。

儲かる仕事には精神的なプレッシャーなどハードワークがつきものです。

気晴らしをすることでバランスを保ち、働く意欲を持ち続けることができるでしょう。

儲かる仕事にはどんなものがある?

儲かる仕事にはある程度の共通点があります。

このポイントをしっかり押さえて、前もって準備できる部分はぜひ取り組んでもらいたいと思います。

専門の知識や経験を必要とする仕事

高いお給料をもらうためにはそれ相応の知識や経験が必要とされます。

例えば留学経験があって英語を流暢に話すことができる、保険や車を扱う企業でトップセールスを記録したことがあるなど、普通の人には持っていない何か特別なスキルや特技を求められます。

貴重な人材だからこそ高いお給料がもらえるのです。

自分の得意なことやアピールポイントをしっかりと把握して、より条件の良い職を目指しましょう。

資格を必要とする仕事

高収入の仕事に就くために必要な資格は独学では難しいものが多く、学校に通ったり通信教材を利用したりするものがほとんどです。

医師や弁護士などは資格がなければ仕事に就くことができませんから、必ず必要になってきます。

これらの資格は誰でも取得できるような簡単なものではありません。

資格の取得には時間とお金、そして何よりかなりの労力が必要となります。

それを乗り越えたからこそ儲かる仕事にたどり着けるのです。

資格は自分のスキルを明確に示してくれるため、持っているに越したことはありません。

なるべく早めに対策を立て、取得するようにしましょう。

インセンティブがつく仕事

営業関係の仕事は、成績に応じてインセンティブが発生します。

基本給はそれほど高くなくても、このインセンティブが増えれば増えるほど収入はどんどんアップしていくのです。

負けず嫌いな性格の人はこのインセンティブの制度によってモチベーションが引き上げられ、力を発揮することも!

もちろん成績が良ければ立場も上がっていくでしょう。

ただし営業の仕事は肉体的にも精神的にもかなりハードなので、プレッシャーを感じすぎないよう適度に息抜きをするよう心がけることが重要です。

成績にとらわれすぎると精神衛生上よくありませんし、長く続けることが難しくなってきます。

自分なりにトーク力やコミュニケーション能力を磨けば自ずと結果はついてくるはずなので、成績が悪い時でもあまり落ち込みすぎないようにしてください。

ボーナスが多い仕事

業種によってはボーナスの金額がかなり高額なところもあります。

車や証券等その年の売り上げに伴い金額が大幅にアップするところもあるので、そういったところにも目をつけておきたいですね。

転職エージェントのホームページなどを見れば、各業種の平均ボーナス金額を見ることもできます。

気になる場合は調べてみてくださいね!

儲かる仕事おすすめ9選

それではここで儲かる仕事の具体的な職種について見ていきましょう。

資格を必要とするものが多数ですが、中には資格を必要としないものもあるので諦めずにチェックしてみてくださいね!

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは顧客の資産情報を分析し、それをどのように運用していくかを相談しながら計画していくのが主な仕事になります。

ファイナンシャルプランナーになるために必要な資格は国家資格のファイナンシャル・プラニング技能検定(FP技能士)と民間資格のAFP・CFPです。

私たちにとっては、マイホームの購入や相続など、人生の節々で訪れるお金の問題を相談できる頼れる存在です。

ファイナンシャルプランナーはお金に関する深い知識と、顧客のニーズをきちんと聞き出すためのコミュニケーションスキルが必要となります。

公認会計士

公認会計士の主な仕事は、企業や組織が作成する決算書類などを法律に基づいて監査し、間違いがないかどうか証明する仕事です。

会計のプロとして収入支出などを記録した書類に誤りがないかどうかを徹底的にチェックします。

公認会計士になるには、国家資格である公認会計士試験に合格する必要があります。

資格取得後、大半の人は監査法人に就職します。

個人の会計事務所に就職した場合は財務書類の作成とともにコンサルティング業務を行い、企業のサポートにあたることもあります。

医師

一言に医師といっても専門分野が細かく分かれており、内科医・外科医・産婦人科医など診察は細かく分かれています。

医師になるためには国家資格を取得したあと、2〜3年の研修を終えてから希望の病院に勤めることができるようになります。

実際私たちがいつも診察してもらっているのは、臨床医という種類の医師です。

臨床医の役割は、症状を判断して適切な処置を行うことです。

医療スタッフに的確な指示を出して採血などは看護師に任せることもあります。

もう一つあまり知られていないのが研究医という仕事です。

研究医は薬の開発などの研究を行うのが主な仕事になります。

研修医になると実際に患者さんを処置するのではなく、日々実験を繰り返し、論文を作成したり新薬の研究に励むことになります。

MR

MRとは医薬情報担当者(Medical Representativeの略)のことで、病院に勤める医師や薬剤師に薬に関する情報を提供するのが主な仕事です。

簡単に説明すると薬に関するスペシャリストということですね!

新しい薬が開発されれば病院に売り込みに行き、薬の内容や正しい使い方を伝えます。

世の中の人の健康を守る大切な仕事です。

MRは国家資格の取得など、絶対に必要とされている条件はありません。

専門分野を扱う儲かる仕事の中で、資格を必要としない仕事は大変珍しいと言えるでしょう。

しかし現場で活躍しているMRのほとんどは「MR認定試験」という試験に合格して「MR認定証」を取得しています。

必要条件がないため、中途採用で転職することも十分に可能な職業ですね!

弁護士

弁護士は法律の専門家として、法律に基づき様々なトラブルを解決していくのが主な仕事です。

私たち一般人にとっては法律は難しくてなかなか理解しにくいものですよね?

そこで法律の専門家である弁護士がトラブルに対しての対処法をアドバイスしたり、法に基づいた手続きを行って問題解決のサポートをします。

扱う問題には大きく分けて2種類あり、人同士、または会社などの法人によるトラブルを対象とするのが「民事事件」犯罪を取り締まるのが「刑事事件」になります。

弁護士になるためには司法試験に合格しなければなりません。

まず司法試験を受けるまでには法科大学院を修了するか、予備試験に合格する必要があります。

とにかく司法試験にたどり着くまでにも多くの労力と時間がかかりますし、言うまでもなく合格は狭き門です。

しかし司法試験に合格し晴れて弁護士になれれば、将来は安定し独立も夢ではありません。

システムエンジニア

SEと呼ばれているシステムエンジニアの仕事は主にソフトウェアの開発と運用です。

クライアントがどのようなシステムを開発したいのかをヒアリングし、その要望に応えるシステムを作っていきます。

働く企業によって仕事は様々で、自社の情報・業務システムの構築・運用を担当することもあれば、システムの企画や保守、管理などを総合的に行う場合もあるようです。

ある程度の実績を積んだ後は独立してフリーランスになる人や在宅で仕事をする人も多く、働き方の選択肢が多い仕事と言えるでしょう。

システムエンジニアとして働くために絶対必要な資格はありません。

しかし技術力の証明として自主的に資格を取得する人が多く、初歩的な基本情報技術者の資格は取得している人が多いでしょう。

その後自分のキャリアアップのため、徐々に専門的な資格を取得していく人が多いようです。

システムエンジニアになるには、こちらの記事を参考に!

商社

商社と言うのは食品や自動車、建築資材など、世の中のありとあらゆるものを世界中と取引し、取り扱う会社のことを指します。

私たちが日頃消費する商品は海外から輸入されているものが多く、その商品がお店に届くまでのパイプ役を担っているのが商社なのです。

商社で働く上で1番大事になってくるのが交渉力です。

販売元との値段交渉は難航することが多く、なるべく安価に抑えられるように交渉するのが商社に勤める者の役目になります。

貿易会社に勤めた経験や営業の経験があれば大いに役立てることができるでしょう。

商社で働くのに絶対必要な資格はありません。

しかし取引先は海外ですから英語のスキルは必須です。

TOEICで言うと600点程度、800点以上あればアピールポイントになるでしょう。

コンサルティング

コンサルタントは、企業から依頼を受けて経営状態をより良くするためのアドバイスしたり、現在の企業状況を分析した上で指導をしたりするのが主な仕事です。

簡単に説明すると、企業の相談役ということになります。

商品開発や海外進出など、様々な分野で必要とされるため、アグレッシブで経営センスのある人が重宝される傾向にあります。

コンサルタントには、特別な資格は必要とされていません。

知識さえあれば誰でも飛び込める業界です。

しかし中にはMBA(Master of Business Administration)を取得している人たちもいます。

日本では経営学修士号と呼ばれていて、経営に関するビジネススクールを卒業することで取得することができます。

経営におけるマーケティングや戦略、会計などの知識を持っていることを表すため、持っていると採用率は格段にアップするでしょう。

フードトラック

ここまで紹介してきた色中にはどれも特別な経験やスキル、資格が必要なものばかりです。

しかし飲食業界のような誰でも飛び込める職種でも、儲かる仕事はあります。

最近話題のフードトラックは、SNSの利用など戦略次第で高収入を得ることができる可能性があるのです。

実際に成功して年収1000万円なんて人もいるわけですから、夢がありますよね!

フードトラックを開業するのに最低限必要なものは、トラックと調理営業許可と販売業許可です。

これらの許可証は保健所で取れるため、さほど難しい作業ではありません。

開業するまでに売れるメニューの開発やSNSでの宣伝戦略などを地道に頑張る必要がありますが、当たれば一攫千金のチャンスです。

固い仕事は無理!という人はフードトラックの開業に挑戦してみるのもいいかもしれませんね!

儲かる仕事に就くために活かせるスキルや資格

自分のスキルを正確に証明してくれるのが資格です。

職探しの際にも大いに役立つため、自分の得意ジャンルや目指す業界に関係するものは積極的に取得することをおすすめします。

語学

外資系や貿易関係の仕事につきたいのであれば語学力は必須です。

トーク力ももちろん必要ですが、面接等で解りやすいようにTOEICを受けて明確な点数を出しておくと良いでしょう。

募集条件にもTOEIC何点以上と記載されていることが多く、その他にも必要に応じてTOEFLや国連英検なども視野に入れておくことをおすすめします。

トーク力

営業系の仕事につくのであればトーク力、コミニケーション能力は必須です。

これは過去の経験によって大きく左右されるものであり、面接の時の質疑応答などで実力を試されるでしょう。

人を惹きつける話し方ができるかどうか、話を簡潔に伝えることができるかなどが非常に重要になります。

営業の仕事は会社の売上に大きく関わる職種ですから、魅力的なトークができる人から選んでいくはずです。

仕事を探す前に自分のトーク力を改めて客観視してみてください。

法律

弁護士や検事を目指すのであれば欠かせないのが法律の知識です。

弁護士になるためには法科大学院(ロースクール)を卒業し司法試験に合格する必要があります。

司法試験はかなりの難問で、合格率はかなり低いと言えるでしょう。

しかしここをパスすれば安定した収入を得ることができ、将来独立することも夢ではありません。

その他にも法律に詳しいと独立して会社を立ち上げる時にも役に立つため、勉強しておいて損はないでしょう。

不動産

不動産取引の仕事をするなら経験と知識が必須です。

不動産業界でも売買、賃貸、管理、開発など様々なジャンルがあるため、どれに携わるのかによって必要となる知識は変わってきます。

自分の頭で理解するだけでなく、それをお客様に分かりやすく伝える技術も成績を伸ばすうえで欠かせないポイントになるでしょう。

不動産業界はとにかくリサーチが大切なので、情報収集力も必要になるでしょう。

PCスキル

今やどの業界でも使いこなせるに越したことないのがパソコンです。

リサーチや資料作成など仕事には欠かせないアイテムですよね!

PCスキルを求められる職業は多く、プログラマーやSE、WEBデザイナーなど専門知識を活かせれば条件の良い職に就くことができるでしょう。

これらの職業を目指すなら資格取得が必須です。

シスアドやセキュアド、基本情報技術者試験やソフトウェア開発技術者などの資格を複数持っていると採用に有利になるでしょう。

儲かる仕事に就くために活かせる経験

仕事には過去の経験が大いに役立つ場合があります。

学生時代の留学経験や、営業職で磨いたトーク力は大きな武器になると言って良いでしょう。

留学経験

外資系の会社や貿易関係、翻訳などの仕事に就く際は、留学経験が大いに活かすことができるでしょう。

英語の読み書きはもちろん、トークでのコミュニケーション能力があれば高い評価を得ることができます。

文化の違いや考え方の違いなども理解していると、仕事が進めやすいというメリットもありますね!

営業経験

営業職で磨いたスキルは、どんな職業にも生かせる部分が多いでしょう。

人を納得させるトークスキルや、話を潤滑に進めるコミニケーション能力はどの業界に行っても必要とされることです。

特にコンサルティング業界や保険や車のセールスの世界では重宝されるでしょう。

専門分野での実務経験

例えば歯科医を目指している場合、学生時代に歯科助手のアルバイトをしていたらその経験は大いに役に立つはずです。

現場を知っているというのはとにかく大きな強みになります。

多忙な業界ほど即戦力になる人を探しているので、専門分野での実務経験がある場合は採用の確率もアップするでしょう。

儲かる仕事を探すには?  

儲かる仕事を探すためには、自分から積極的に情報収集をすることが大切です。

金額を含めた条件面はもちろん、自分が何を優先したいかも明確にして徐々に的を絞っていくことをお勧めします。

希望金額を設定する

まずは自分がいくら稼ぎたいかを明確にしましょう。

希望金額を設定することにより、いろいろな募集条件が分かってきます。

エージェントを通さない場合は条件のチェックがかなり重要になってきますので、金額のみでなく賞与や福利厚生、有給システムなどもしっかり確認しておきましょう。

必要なスキルや資格を身に付ける

儲かる仕事にはそれ相応の技術と経験が必要です。

例えば医者になるなら医学部を出て医師免許を取得する必要がありますし、公認会計士を目指すなら公認会計士の資格を取得しなければなりません。

もちろんそれなりのお金と時間はかかりますが、安定した職に就くことができれば将来は安定した収入が期待できます。

希望の職種に特化したエージェントに相談する

プロの力を借りる事は非常に有効です。

一般の人が閲覧できる求人情報サイトに載っていないような情報もたくさん持っているからです。

面接でのアピールポイントなどためになるアドバイスもしてくれるので、プロの意見を参考にして存分に活かしていきましょう。

エージェントは複数利用することをおすすめします。

なるべく希望条件を細かく伝えて、理想的な仕事を紹介してもらいましょう。

求人情報をこまめにチェックする

一般の人が閲覧できる求人情報サイトにも、エリート求人は多数掲載されています。

まずは希望する職種や希望額に的を絞って検索し、情報を探ってみましょう。

職種や経験年数等によりどんな違いが出てくるのかなどが分かってくるはずです。

求人情報は更新回数が多いため、好条件の仕事を逃さないためにもこまめにチェックするようにしましょう。

候補を絞り道筋を立てる

希望金額やその他の条件、自分が何を優先したいかなどがまとまってきたらある程度候補を絞って、その職に就くために道筋を立てていきましょう。

儲かる仕事の求人にはそれなりのスキルと経験値を持ったライバルがたくさん集まってきます。

漠然と応募して面接を受けるだけでは落ちてしまう可能性も高いため、しっかりとリサーチしてアピールポイントなどもあらかじめまとめておきましょう。

儲かる仕事をする上で気を付けたいことは? 

健康面

儲かる仕事にはハードワークがつきものです朝早くから夜遅くまで仕事続きの日が多くなるため、体調を崩しやすくなってしまいます。

せっかくお金を稼いでも体を壊してしまっては意味がありませんよね。

もちろん毎日と言うわけにはいかないでしょうが、できる限り規則正しい生活を心がけましょう。

睡眠不足になると朝食を取らなくなったり、日中集中力が続かなかったり、睡眠の質が悪くなったりと悪循環に陥ってしまいます。

食事と睡眠は健康の基本ですから、日頃から気をつけたいですね。

栄養が偏りがちな場合はサプリメントなどを利用するのも良いでしょう。

短時間で質の良い睡眠を取りたければ、枕やマットレスを自分の体に合ったものに買い換えてみるのもおすすめです!

交友関係

仕事が忙しくなると、必然的に友達と過ごす時間が少なくなっていきます。

飲み会や旅行などの誘いを断り続けるうちにだんだんと疎遠になってしまうこともあるでしょう。

そうならないためにも、時には仕事を置いて友達との時間を優先するのも大切です。

交友関係が広がると仕事面でもメリットに繋がることもありますので、誘いは断らずに積極的に参加すると良いでしょう。

新しい出会いは視野を広げる良い機会と捉えてみてください。

家族関係

仕事が生活のメインになると家族とのすれ違いも生まれがちになります。

合わない時間が増えると関係に溝ができたり、会話が減ったりして家族関係が崩れてしまうことも…。

忙しい時でも積極的に時間を作って家で過ごしたり家族と食事をする機会を作りましょう。

食卓を囲んで会話したり悩みを打ち明けることで、自分自身のストレス軽減にも繋がるはずです。

家庭に仕事を持ち込まないのも大切なことかもしれません。

自宅に資料をたくさん持ち帰ったらリラックスできませんよね!

家族にも仕事があるのかな?と気を使わせてしまうでしょう。

仕事をしない日を決めて、家族団欒の時間を持つことが大切です。

金銭トラブル

悲しいことにお金を持っている人のところには悪い人間が集まって来やすいのが現実です。

保証人になってほしいという相談やお金を貸してほしいなどの相談も相次ぐことでしょう。

そういった厄介なトラブルに巻き込まれないためにも、意思を強く正しい感覚を持ち続けることが大切です。

お金があるからといって簡単に貸したりせず、きちんと判断して管理しておきましょう。

プライベートの充実

趣味を持っている人には仕事ができる人が多いと言われています。

仕事とプライベートのオンオフがしっかりできるからこそ、効率良くストレス無く働くことができるのです。

普段デスクワークが多い人は健康のためにもスポーツがおすすめです。

高所得者や企業の上層部の人たちはゴルフをやる人が多いので、接待などに備えて始めてみるのもいいでしょう。

体を動かすのが苦手なら散歩がてらウォーキングしたり、ゆったりリラックスしながら本を読んだりするのもいいですね!

まとめ

ここまで見てきたように、儲かる仕事のほとんどはあらかじめ準備する期間が長く、専門知識を得るために多くの時間と労力を費やすことになります。

現在学生であれば将来就きたい仕事をするために何を学び、どこに進学するのが良いのかしっかり考えておきましょう。

社会人であればキャリアアップしていくために、働きながら資格を取得すると言う道を選ぶこともできます。

これはかなり大変になりますが、自分自身を高めるためには良い機会かもしれませんね。

儲かる仕事は収入も増える分、肉体的・精神的にも負担が増えてくる場合があります。

金額に見合った仕事をすることは大切ですが、ハードワークになりすぎないよう、くれぐれも健康面には気をつけていただきたいと思います。

多くのお金を得ることで人生の選択肢が増え、生活が豊かになる事は確かです。

お金を稼ぎながらも楽しみを感じ、多くの人がやりがいのある仕事に出会えることを願っています。


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているんです。出資している会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新規加入や更新の手続きなどの保険募集を行ったりします。企業に出

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品開発の仕


仕事に関するコラム

真面目な人におすすめの仕事5選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「○○さんで真面目だよね」といったような話は、どこででも聞くでしょう。それは仕事に対しても、人間に対しても言われるでしょう。このどこにでも居る真面目な人は、今現在に至るまでなるべくしてなった人達です。彼らは「自分は真面目すぎる」と自覚しています。そんな彼らが仕事を始めたり転職したりすると、どんな傾向が出るのでしょうか。また真面目な性格ならではの、性格を活かせるような転職方法などないでしょうか。今回は真面目な性格ということに観点を絞り、彼らの特徴や働き方を見ていきましょう。真面目な性格故のデメリットやその付き合い方も併せてご紹介します。真面目な人ってどんな人?単純に真面目といっても、ただ「メガネ

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

ゆるい仕事おすすめ9選。仕事内容とそのおすすめポイントを紹介します

人それぞれ仕事に対する思いや事情は違いますが、生活していくためにお金は必要、でもキツイ仕事はしたくない・・・と思う人は多くいます。そういう人はガツガツ働くのではなく、「ゆるい仕事」を求めているでしょう。しかし、何にゆるさを求めるか、どのくらいのゆるさがいいのかには個人差があります。それでは、ゆるい仕事にはどのようなものがあり、どういった仕事をするのか、また、その仕事をする際の注意点などをご紹介していきます。ゆるい仕事とは? ゆるい仕事とは、精神的・肉体的なストレスが少ないこと、作業がルーティーンワークであるということが条件でしょう。精神的なストレスが少ない仕事には、ノルマがない、人と関わらなく

料理の資格を活かせる仕事おすすめ11選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。料理に関する資格にはどんなものがある?料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご