皆さん、仕事を決める際に重視することは何ですか?

もちろん、それは人それぞれだと思います。

給料や勤務時間や日数、週休、福利厚生など。

しかし、私が重視するのはその仕事に就いた時にその仕事を楽しめるか、楽しみながら仕事ができるかどうかです。

仕事は楽しみながらするものじゃないと考える人も多いかと思いますが、最近では日本でも仕事や働き方に対する考え方に少しずつ変化が出てきています。

私が重視するならば断然、楽しんで仕事をできるかどうかというところだと思っています。

何をするのにも自分の興味があるものや好きなもの、楽しいことだと長続きしますよね!

仕事や働き方に対する意見も人それぞれだと思うのですが、私は楽しい仕事だと多少辛いことがあっても楽しく続けられると思うのです。

いろいろな意見があると思いますが、今回は皆さんが楽しいと思える仕事について、楽しい仕事のおすすめ選抜!

おすすめの仕事とそれぞれどんなやりがいがあるのかについて紹介していきたいと思います。

皆さんもこれを機に仕事や働き方へ対する考え方を変えてみてはいかがでしょうか?

楽しい仕事にはどんなもの?

まず初めに、楽しい仕事とはいったいどんなものがあるのかと思う方もいるかと思います。

しかし、それは人により異なります。

人によっては楽しいと感じることやしんどいと感じることは違いますよね?

例えば居酒屋の仕事で常に忙しく動き回っている方が楽しい、仕事にやりがいを感じるという人もいれば、内職のように1人で黙々と集中して働く方が楽しい、やりがいを感じるという人もいます。

少し大まかな言い方ですが、楽しいと感じることは人それぞれなので自分が何に対して楽しい、と感じるかについてがポイントだと思います。

自分が楽しいと思える仕事なら楽しく働くことも可能になると思うのです。

そして、働くのなら自分がしんどいと思うよりも、楽しいと思える仕事をする方がいいですよね?

これから、皆さんが楽しいと思えるような仕事を紹介していきますので、是非自分が楽しいと思えるような仕事を見つけてみてください。

楽しい仕事おすすめ15選

楽しいと思えるような仕事をまとめてみました。

美容師

美容師の仕事は、お客さんの要望に合わせて髪の毛をカット、パーマ、カラーやシャンプー、ブロー、セットなどを行う仕事です。

その仕事内容とは?

美容師の仕事内容は、来店されたお客さんのカウンセリングを始め、お客さんの要望に合わせて髪の毛をカット、パーマ、カラーやシャンプー、ブロー、セットなどを行うといった仕事内容です。

カウンセリングではお客さんの要望を聞きお客さん1人1人に合った仕上がりになるように髪の毛の質などをチェックします。

その後にカットやパーマ、カラーリングなどを行っていきシャンプーやブローをし、仕上げに髪の毛をセットします。

そのやりがいとは?

美容師のやりがいは、自分の手でお客さんを綺麗にしてあげることができることだと思います。

美容師になったからといって最初からお客さんの髪の毛に触れられるわけではありません。

見習いアシスタントから始め、スタイリストになるまで時間がかかる人も多くいます。

シャンプーの練習ばかりが続くこともあります。

しかし、それらの大変な時期を乗り越えると、ようやく自分の手でお客さん髪に触れることができ、自分自身でお客さんを綺麗にしてあげることができます。

お客さんと一緒にどういったヘアスタイルにするかなど話し合ったり、要望に合わせてお客さんの髪を綺麗に仕上げることでたくさんの人を綺麗にしてあげることができます。

自分が担当したお客さんが仕上がった自分の髪を鏡で見た時の驚いた顔や笑顔を見ると自分まで幸せになりますよね。

そういったお客さんの姿を目にするたびに美容師のやりがいを感じるはずです。

ネイリスト

ネイリストの仕事は、お客さんの要望に合わせて爪にカラーリングやネイルアートを施したりネイルケアを行う仕事です。

その仕事内容とは?

ネイリストの仕事内容は、来店されたお客さんのカウンセリングを始め、お客さんの要望に合わせて爪にカラーリングやネイルアートを施したりネイルケアを行うといった仕事内容です。

カウンセリングでお客さんの要望を聞き、爪にカラーリングやネイルアートを施したりネイルケアを行っていきます。

最近では1年を通してネイルをしたり、爪や手のお手入れをしたいと考える方が増えてきました。

お客さんも女性の方だけでなく、男性のお客さんも年々増えています。

そして、ネイルにも流行りのデザインなどがあり、最近ではジェルネイルが流行っていました。

そのため、常に最近の流行りやデザインを学ばないといけません。

また、ここ数年でネイルサロンで勤務するだけでなく、自分でネイルサロンを営業したり、自宅でネイルサロンを営業する人も増えてきています。

小さな子供がいても自宅で仕事をするネイリストなどが増えてきていて、若い女性の方に人気のある仕事です。

そのやりがいとは?

ネイリストのやりがいは、自分の手でお客さんの爪や手を綺麗にしてあげることができることだと思います。

ネイリストは常に流行りを追い、学ばないといけませんが、爪や手を常に綺麗に保ちたいというお客さんも多くいます。

そのため、ネイリストはカラーリングやネイルアートだけでなく、ネイルケアやハンドマッサージなども行いお客さんの爪だけでなく手も綺麗にすることができます。

ネイリストは手から手へ気持ちが伝わる仕事です。

お客さん1人1人の要望に合わせ、時間をかけてお客さんのネイルを仕上げることで仕上がりを喜んでくれるお客さんを目にするとネイリストのやりがいを感じるはずです。

メイクアップアーティスト

メイクアップアーティストの仕事は、ブライダルやサロン、百貨店などの化粧品売り場で一般の方から、ファッションショーやイベント、雑誌やテレビ、映画などでモデルやタレントの方までヘアメイクを行う仕事です。

その仕事内容とは?

メイクアップアーティストの仕事内容は、一般的なものはブライダルやサロン、百貨店などの化粧品売り場でお客さんのヘアメイクを行ったり、プロになるとファッションショーやイベント、雑誌やテレビ、映画などでモデルやタレントの方にヘアメイクを行うといった仕事内容です。

ファッションショーなどでは自身のセンスも注目されます。

メイクは芸術でもあるのです。

そして、メイクアップアーティストはフェイスメイクだけではなく、ヘアメイクも行わなければなりません。

フェイスメイクをすることだけが仕事ではなく、同時にヘアメイクも行わないといけないのです。

また、特殊メイクもメイクアップアーティストの仕事の一種です。

そのやりがいとは?

メイクアップアーティストのやりがいを感じるのは、お客さんの一生の思い出に残るようなヘアメイクができた時だと思います。

ブライダルのように一生に一度の思い出を華やかなものにするためにヘアメイクなどにも気合が入ります。

新郎にも新婦にも素敵な思い出に残るように、一生に一度の思い出を作るのにメイクアップアーティストとして携われることは大きなやりがいを感じるはずです。

また、このように一生の思い出作りのお手伝いをさせてもらえるということも素敵な経験になると思います。

ファッションデザイナー

ファッションデザイナーの仕事は、洋服や靴、バッグなどの服飾品をデザインする仕事です。

その仕事内容とは?

ファッションデザイナーの仕事内容は、洋服や靴、バッグなどのデザインを考え、色や素材などを決めてからバターンの作成、裁断、縫製を行い1つの商品として仕上げていくといった仕事内容になります。

ファッションデザイナーはデザインだけを提案する人もいれば、デザインから縫製までを1人で行う方もいます。

ファッションデザイナーの才能がある方は自分のブランドを立ち上げる方もいますがそれはとても稀なことです。

有名なファッションデザイナーになるには多くの人の目を止めるような才能がなければなりません。

実際に現実は厳しく、ファッションデザイナーになれば誰でも自分のをブランドを持てるわけではないのです。

それでもファッションが好きな方は憧れてしまうとても魅力のある仕事です。

そのやりがいとは?

ファッションデザイナーのやりがいを感じるのは、自分がデザインした洋服や靴、バッグや衣装などを手に取り、着てくれている人を目にした時だと思います。

ファッションデザイナーも現実的には厳しい仕事だと思います。

専門学校を卒業してもファッションデザイナーになれずアパレルショップで働いている人も多くいます。

しかし、だからこそ自分がデザインした洋服や靴、バッグなどが店舗のショーウィンドウに並べられたり、ファッションショーの衣装として使われたとき、またそれらを身に着けたお客さんの姿を見た時にはファッションデザイナーのやりがいを身をもって感じるはずです。

バイヤー

バイヤーの仕事は、日本国内からだけでなく、世界中の生産元から洋服や靴、宝飾品、家具、家電、雑貨、食品などといった商品を買い付ける仕事です。

その仕事内容とは?

バイヤーの仕事内容は、バイヤー自ら日本国内だけでなく、世界中に出向き世界中の生産元から洋服や靴、宝飾品、家具、家電、雑貨、食品などといった商品を買い付けるといった仕事内容です。

バイヤーが商品を買い付ける際には常にどういった商品が売れるか、どういった商品がこれから人気が出るかなどを考えなければいけません。

世界中の最先端にある商品を見極め、これからの流行りとなる商品を買い付ける必要があります。

また、バイヤーの仕事はどのバイヤーも洋服や靴、宝飾品、家具、家電、雑貨、食品などといった全ての商品を買い付けるわけではありません。

アパレルで勤めるバイヤーには洋服や靴だけを買い付けるバイヤーもいます。

その他のバイヤーもジャンルに分けて買い付ける商品を決めているバイヤーがほとんどです。

そしてもちろん、バイヤーには世界の流行になるような商品を見極めるセンスも必要となってきます。

世界中を飛び回り商品を買い付ける仕事なので、英語の得意な方や、旅行が好きな方にはとっておきの仕事だと思います。

そのやりがいとは?

バイヤーのやりがいは、自分が世界で流行る商品を見つけ、その商品をたくさんのお客さんに届けることができることです。

自分が買い付けてきた商品がお客さんの目に留まり、その商品を手にしたり、購入してもらえたり、その商品に対していい評価などを受けるとバイヤーのやりがいを感じるはずです。

やはり、自分が買い付けてきた商品が流行ったり、お客さんが手にしてくれたり、購入してくれたり、その商品を身に着けてくれているのを目にすると嬉しく感じますよね。

自分が買い付けた商品が流行る喜びと、自分のセンスが認めてもらえた気がしてまた仕事にも気合が入ります。

テーマパークスタッフ

テーマパークスタッフの仕事は、全国にあるテーマパークで、園内にあるアトラクションの受付、誘導、案内、機械の運転、チケット販売、店舗での販売、飲食の提供、清掃などの各種さまざまな業務を行う仕事です。

その仕事内容とは?

テーマパークスタッフの仕事内容は、全国にあるテーマパークで、園内にあるアトラクションの受付、誘導、案内、機械の運転、チケット販売、店舗での販売、飲食の提供、清掃などの各種さまざまな業務を行うといった仕事内容です。

大きなテーマパークではパレードなどのショーも行われ、ダンサーやパフォーマーとしても働けます。

パレードやショーなどでは日本人のスタッフだけでなく、外国人のスタッフもダンサーやパフォーマーとして多くの方が活躍しています。

その他にも、イベントやアトラクションを企画する仕事や、装置や設備の点検や保守管理、企画や運営、事務などといった裏方の仕事もあります。

子供から大人まで幅広い年齢の方が利用するテーマパークで、多くの人に夢を与える素敵な仕事です。

そのやりがいとは?

テーマパークスタッフのやりがいは、子供から大人まで幅広い年齢の方に夢のひと時を与えられることです。

テーマパークで働くスタッフと一緒に、そのテーマパークの世界観を演出し、子供から大人まで幅広い年齢の方に夢を与え、楽しいひと時を過ごし、満足して帰ってもらうのがテーマパークで働くタッフの幸せにもなります。

たくさんのお客さんの笑顔や楽しんでいる姿を目にすることはテーマパークスタッフにやりがいを感じさせるはずです。

そのため、人を笑顔にするのが好きな方にはとてもおすすめの仕事です。

パティシエ

パティシエの仕事は、洋菓子の職人のことをいい洋菓子を作る仕事です。

その仕事内容とは?

パティシエの仕事内容は、洋菓子店やホテルやレストランなどで洋菓子を作るといった仕事内容です。

洋菓子といっても様々で、大きな洋菓子店では1つのお菓子を何人ものパティシエで作業を分担して作ることもあります。

逆に小さな洋菓子店では1人でたくさんの洋菓子を作ったりします。

材料を混ぜ合わせたり、生地をこねたり、クリームを泡立てたりとパティシエの仕事は意外と力のいる仕事が多かったりします。

また、パティシエの仕事は朝早くから夜遅くまでかかるため、体調管理などもしっかりと行わないといけません。

そのやりがいとは?

パティシエのやりがいは、自分の考えた商品を商品化し、商品がショーウィンドウに並べてもらえることです。

パティシエの仕事はお菓子を作ることだけではありません。

時には自分のアイデアなどを提出し、採用されれば商品化し、商品としてショーウィンドウに並べてもらえることがあります。

自分のアイデアが採用され、商品としてショーウィンドウに並べられ、その商品をお客さんが目にして購入されていくのを見るだけでもうれしく感じるはずです。

また、その商品がたくさんの人においしいと思われているのならそれはとても大きなやりがいに感じるはずです。

パティシエの仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

ソムリエ

ソムリエの仕事は、ホテルやレストラン、バーなどでお客さんの要望などに合わせ、料理に合ったワインやお客さんの要望に見合ったワインを提案する仕事です。

その仕事内容とは?

ソムリエの仕事内容は、ホテルやレストラン、バーなどでお客さんの要望などに合わせ、料理に合ったワインやお客さんの要望に見合ったワインを提供するといった仕事内容です。

ソムリエはワインに対する専門知識を頭に入れておかなくてはなりません。

それは、使用されているぶどうの種類や産地だったり、何年に生産されたワインなのかなど、またワインだけでなく他の飲料や料理に対しての専門知識も必要になります。

そして、お客さんとの会話からこのお客さんはどういったワインを好むのかなども常にイメージしなければなりません。

一見難しそうに聞こえる仕事ですが、ワイン好きの方にはピッタリの仕事だと思います。

そのやりがいとは?

ソムリエのやりがいは、ソムリエとしてのプロフェッショナルを楽しむことです。

一流レストランやホテルなどで働くソムリエのワインの専門知識はプロフェッショナルも同然です。

その知識を活かしてたくさんのお客さんの食事などを素晴らしいものにすることができます。

自分が提供したワインをお客さんが気に入ってくれた時はソムリエのやりがいを感じるはずです。

また、ワインを通じてたくさんの方とワインの話ができるので、お客さんおすすめのワインなんかも聞いておくのも勉強になりいいかもしれません。

バーテンダー

バーテンダーの仕事は、バーなどでカクテルなどのお酒を作りお客さんに提供する仕事です。

その仕事内容とは?

バーテンダーの仕事内容は、バーなどでシェイカーを使いカクテルなどのお酒を作ったり、お客さんの好みに合ったカクテルなどを作り提供するといった仕事内容です。

バーテンダーはバーカウンターでシェイカーを振りただお酒を作るだけの仕事ではありません。

たくさんあるお酒のレシピを頭に入れ、またお客さんの好みに合ったお酒をブレンドしオリジナルカクテルを作ることもあります。

お酒の種類や知識を覚える必要もあります。

また、お酒が飲めない方にノンアルコールのカクテルを提供したり、時にはバーカウンターに座ったお客さんと楽しくおしゃべりをすることもあります。

フレンドリーな方に向いている仕事だと思います。

そのやりがいとは?

バーテンダーのやりがいは、たくさんの人に自分の作ったカクテルを楽しんでもらえることです。

時にはお客さんの要望に見合った、お客さんの好みに合ったオリジナルカクテルを作ることもあります。

自分が提供したカクテルを飲んで楽しいひと時を過ごしてくれたら、それはバーテンダーの大きなやりがいになるはずです。

バーカウンターに立ち、自分の作ったカクテルを楽しむお客さんを目にするのもいいかもしれません。

トリマー

トリマーの仕事は、主に犬や猫などの動物のトリミングを行う仕事です。

ペットの美容師です。

その仕事内容とは?

トリマーの仕事内容は、主に犬や猫などの動物のトリミングを行うといった仕事内容です。

通常トリマーは、ペットショップや動物病院などで勤務します。

美容師のように犬や猫などの動物の毛を刈ったり、カットをしたり、カラーリングをしたり、シャンプーをしたり、ブラッシングをしたりします。

美容師と違うところは人間ではなく犬や猫などの動物の毛をトリミングするというところです。

その他にも爪を切ってあげたり、耳掃除をしてあげたり、可愛く飾り付けをしてあげたりもします。

犬や猫などの動物が好きな人にはぴったりの仕事かもしれません。

そのやりがいとは?

トリマーのやりがいは、犬や猫などの動物を自分の手で綺麗に、可愛くしてあげるというところです。

犬や猫などの動物も毛が伸びます。

そういった時に飼い主さんはトリマーの元へ自分のペットを連れて行きます。

ペットのためにも、ペットを綺麗にしてあげたいと思う飼い主しさんの為にも自分の手でお客さんの大切なペットを綺麗にしてあげることができます。

トリミング後のサッパリしたペットや、綺麗になったペットの姿を見て喜ぶ飼い主さんを見ると、嬉しく感じ、トリマーのやりがいを感じるはず。

保育士

保育士の仕事は、保育園で0~6歳までの子供を預かり、子供のお世話をする仕事です。

その仕事内容とは?

保育士の仕事内容は、保育園で朝から夕方まで子供のお迎えが来るまでの間0~6歳までの子供を預かり、仕事などで忙しいお母さんの代わりに子供のお世話をするといった仕事内容です。

子供のおむつを替えたり、ミルクを飲ませたり、寝かしつけたり、一緒に遊んだり、トイレの練習を行ったりします。

他所の家族の子供を預かるとても責任のある仕事です。

また、0~6歳までの子供は育ち盛りの元気な子供が多いため、とても体力の使う仕事でもあります。

そのやりがいとは?

保育士のやりがいは、子供たちの成長を見届けられることです。

保育園に入園した頃は1人でトイレもできなかった子供が、気がつけば1人でトイレができるようになっていたなど、子供の成長を間近で日々感じることができます。

自分がお世話してきた子供たちの成長を目にすることは保育士のやりがいなのではないでしょうか?

ライター

ライターの仕事は、雑誌や書籍、webなどに搭載される記事を書く仕事です。

その仕事内容とは?

ライターの仕事内容は、編集者から依頼を受け、収集した資料などを使い雑誌や書籍、webなどに搭載される記事を書くといった仕事内容です。

記事の内容は様々です。

最近ではインターネットに搭載される記事を書く仕事などが増えてきています。

また、ライターにも種類があり、webサイト上で記事を書くwebライターやキャッチコピーを作るコピーライターなどもあります。

そのやりがいとは?

ライターよやりがいは、自分の記事が評価されたときに感じるのではないでしょうか?

ライターは簡単な仕事ではありません。

依頼される記事の内容も様々です。

時には修正をたくさんしないといけないことだってあります。

しかし、編集者から思いがけないありがとうの一言やいい記事だったなどといった一言はとても価値のあるもので、次の仕事にも繋がります。

こういった小さな喜びがやりがいにも繋がるのではないでしょうか?

プログラマー

プログラマーの仕事は、コンピュータプログラムを組み、ソフトウェアを作る仕事です。

その仕事内容とは?

プログラマーの仕事内容は、コンピュータプログラムを組み、ソフトウェアを作るといった仕事内容です。

電子機器など実際に普段から私たちが使用しているスマートフォンにもコンピュータプログラムは使われています。

2020年には日本の小学校の必須科目にプログラミングの授業が加わるなどとして今、日本でもとても注目を浴びている仕事です。

そのやりがいとは?

プログラマーのやりがいは、自分がプログラムをしたものが自分の思い通りに動いた時にプログラマーのやりがいを感じます。

プログラマーはロボットや花火などあらゆるものをプログラムし自分の思い通りに動かすことができます。

実際に自分がプログラムしたものが自分の思い通りに動いているのを目にした時にやりがいを感じるのではないでしょうか?

ゲームクリエイター

ゲームクリエイターの仕事は、ゲームを制作する仕事です。

また、ゲームを制作する仕事です。

また、ゲームを制作する人のことをゲームクリエイターといいます。

その仕事内容とは?

ゲームクリエイターの仕事内容は、ゲームを制作するといった仕事内容です。

しかし、ゲームクリエイターは1人ではなく、何人かで作業を分担し制作します。

プロデューサー、ディレクター、プランナー、グラフィックデザイナー、プログラマー、シナリオライター、サウンドクリエイターなど細かく作業が分担されます。

ゲームを制作するのにはたくさんの人が関わっているのです。

そのやりがいとは?

ゲームクリエイターのやりがいは、自分が制作に関わったゲームが店頭に並べられているのを見たとき。

先ほどもお話ししましたが、ゲームは1人ではなくたくさんの人たちと作り上げるものです。

時間もたくさんかけて制作します。

たくさんの人たちとたくさん時間をかけて制作したゲームが実際に店頭に並べられているのを目にしたときにゲームクリエイターのやりがいを感じるのではないでしょうか?

YouTuber

YouTuberの仕事は、動画を撮影を行い、撮影した動画をYouTubeに投稿する仕事です。

ユーチューバーやユーチューブクリエイターなどと呼ばれています。

その仕事内容とは?

YouTuberの仕事内容は、動画撮影や撮影した動画を編集したものをYouTubeに投稿するといった仕事内容です。

実際には、投稿した動画をYouTubeを通して再生された回数が広告費として利益につながるといった仕組みです。

YouTuberは自分で撮影した動画を編集し、YouTubeに投稿します。

投稿する動画はこれといって決まりはなく、誰でも簡単に投稿することができます。

また、最近では子供のなりたい職業のトップ5に入るほどの人気が出てきています。

そのやりがいとは?

YouTuberのやりがいは、動画を通して自分の好きなものを共有できることだと思います。

YouTuberが投稿する動画は人によりさまざまですが、自分の好きなものを動画を通して共有できたり、自分の投稿した動画がたくさんの方に見てもらえ、気に入ってもらえるとやりがいを感じるのではないでしょうか?

また、YouTubeは世界で見られているので日本国内だけでなく海外の方とも共有することができるというところもいいのではないかと思います。

他にも楽しい仕事を見つけたい人は?

以下の記事も合わせて参考にしてみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は皆さんが楽しいと思えるような仕事について、楽しい仕事のおすすめ選抜!

おすすめの仕事とそれぞれどんなやりがいがあるかについて紹介してきました。

何か気になる仕事はありましたか?

せっかく働くのなら、楽しみながら働ける仕事がいいと私は思います。

仕事を始めるのなら自分の好きなものや、自分が楽しめる仕事を皆さんにも見つけてもらいたいと思います。

もし、自分がすでに楽しめる仕事に就いているという方はとてもラッキーだと思いますし、自分が楽しめる仕事にまだ出会えていないという方は是非、自分が楽しめる仕事を見つけてみてください。

自分が楽しめる仕事に就くときっと働き方や仕事に対する思いが変わるはずです。

日本でも仕事に対していろいろな問題が日々ニュースなどで挙げられています。

実際に仕事が原因で命を落とす方も多くいるのがここ最近の日本の現状でもあります。

生きていく限り仕事とは長く付き合うことになります。

そのため皆さんにも是非、自分の楽しめる仕事を見つけて仕事も楽しみながら頑張ってもらいたいと思います。

自分が楽しいと思える仕事を見つけてみてください。


関連キーワード

仕事