冷静な人はどんな印象がありますか?

どんな状況でも慌てない人、落ち着いている人、周りの状況をよく見ている人など色々なイメージがあるかと思います。

冷静な人と一緒に仕事をすると安心感があったり、逆に冷静すぎて素っ気なく感じることもあるかもしれません。

今回は冷静な人の特徴と冷静な人におすすめの仕事を紹介していきます。

冷静な人の7個の特徴とは?

職場で冷静だと言われる人、冷たく思われている人や落ち着いている人は必ずと言っていいほど一人はどこにでもいます。

ここでは冷静な人の共通の特徴をいくつか紹介したいと思います。

もしかしたら職場で冷たい人だなと思ってた人が実は冷静な人だったとなるかもしれませんし、これから冷静な人になりたいと思ってる人の参考になれば嬉しいです。

他人の意見に流されない

冷静な人は他人の意見だけで全てを判断したり、他人の意見に従って何かをすることはありません。

ただし、頑固とは違い、相手の意見を取り入れますが鵜呑みにするのではなく、根拠や因果関係などを考えた中でしっかりと判断します。

そのため人に言われたからとか人がやっていたからなどでは行動せず、自分の意志や信念に基づいて判断します。

主観的ではなく常に客観的に物事を判別できる

冷静な人は物事の判断を主観的には判断せず様々な要素などを調べたり、考慮したりして客観的に判断を下します。

それは決して判断が遅いや慎重すぎるというわけではなく、何がメリットになり、何がデメリットになるのか、会社などにとっての利益や損失があるのかどうかなど様々な観点と情報収集をして判断します。

単独でも行動ができる

冷静な人は、集団だけでなく単独でも行動することができます。

客観的に物事を見たり、他人の意見に流されず自分の意見をしっかりと持っているため、単独での行動もできます。

また、あえて単独で行動することで一人の時間が大切なことや他の人と一緒に過ごさないことでチームの大切さであったり、集団行動のメリットなどを再認識したりします。

加えて自分の意見をしっかり持っていることで冷静な人は、単独でもしっかりと判断し、行動することができるのも単独で行動できる理由です。

結論を急がない

冷静な人は物事をしっかり吟味できるため結論を急ぎません。

それは時間をかけすぎて結論が遅いというわけではなく、しっかりとした情報や根拠がないと判断しないということです。

すぐに結論を出したり、判断したりするときもありますが、全ては確かな情報や根拠に基づいて判断するため、確かな情報などがあればすぐに判断しますが確かな情報がない、根拠がわからない、事実関係がつかめないなど判断材料が少ない、判断していいかどうか、結論づけていいかどうか悩んだときは結論を急がないことを選ぶのが冷静な人の特徴になります。

判断力がある

確かな情報や根拠、証拠などが揃っていても優柔不断では冷静な人とは言えません。

しっかりした情報があって、根拠も証拠も揃っているなら冷静な人はすぐに判断を下します。

難しいのは前例がない、過去に失敗している案件などはしっかりとした情報がないと判断しかねることがほとんどです。

冷静な人は、もしかしたらうまくいかないかもしれないことに関しても将来につながる、失敗するかしれないけどやってみる価値はあるかもしれないようなことは判断を下すこともあります。

そういった判断をする際、判断できないではなく何かしらの結論をしっかりと判断できる力は冷静な人に備わっていると言えます。

物事の判断はしっかり見極めてからする

他人の意見に流されたり、物事を主観的でなく客観的に捉えることのできる冷静な人は焦って判断を下しません。

時間をかけてじっくり考えるだけではなく、素早い判断を下すこともありますが、しっかり見極めるために何が必要か、これをすることで得られるメリットやデメリットなどについて考えてから判断します。

そのため、その判断が早い時もあれば時間をかける時もあります。

物事の判断をしっかり見極めてからしますが、決して慎重派な人や判断に時間がかかる人が冷静な人というわけではありません。

場合によっては開き直ったり、諦めることができる

冷静な人は状況によっては諦めたり開き直ることができます。

無理をしてできないことをできるように装ったり、できないことを引き受けたりはしません。

ダメなら仕方ないと諦めたり、できませんと開き直ることができます。

ただし、ただ単に諦めたり開き直るのではなく、最善を尽くしたけどダメだったとか最善を尽くすけど無理だろうとチャレンジしてダメなら諦める、開き直ることもあるため、投げやりな人とは異なります。

冷静な点を活かせる仕事10選

先程は冷静な人の特徴を紹介しました。

冷静な人になりたい人、冷静な人に憧れる人の参考になってたら嬉しいです。

ここからは冷静な人の特徴が活かせる仕事について紹介していきます。

冷静な人の特徴が活きる仕事はどういう仕事があるか、ぜひ参考にして下さい。

医師

医師になるにはかなりの勉強量が必要となります。

大学だけで通常の経済学部や法学部などと比べて2年長い、6年間通うことになります。

大学の医学部や医科大学などで6年間の課程が終了したら次は難関といわれている医師国家試験を受けてパスしなければなりません。

ここまででかなりの時間と費用がかかるのですが医師国家試験に合格したら終わりではなくさらに2年間の臨床研修が必要になります。

この課程が終了して初めて医師としての第一歩を踏み出すことができます。

また、もっと専門的な分野に特化した医者になりたい場合は、最低5年間の実施研修を行い、専門医試験にパスすることで専門医として活動することもできます。

医師はなるまでも大変ですが、医師になってからも業務は決して楽なものではありません。

人の命を預かる立場になるので仕事は仕事で大変です。

その仕事内容とは?

医師の仕事は、臨床医と研修医に分かれて業務が変わります。

臨床医は、病院や診療所などに勤めて患者さんの治療やリハビリのサポートや指導などを行ったり、手術をしたり、直接患者をケアすることがメインの仕事になります。

大きな病院や大学病院だと専門医として持ち場を決めて仕事ができますが、開業医となるといくつかの分野を掛け持ちで患者の検診をしなければなりません。

もう一つの研修医というのは、研究機関や大学などに勤務し、患者のケアを直接するのではなく、病気の原因や細菌について研究し、世に広めていくことが仕事になります。

冷静な点を活かせるのはどんなところ?

医師の仕事は他人の意見に流されてはいけませんし、患者がどういう状況なのかをしっかり見極める必要があります。

そのため、安易な判断や不確かな情報だけで全てを決めることができず、かといって現場の指揮は医師がとるので慌てた様子を看護師や技師などのチームにみせるわけにはいきません。

まさに冷静な判断が必要となる仕事です。

また、命に関わるため間違った判断は患者を悪化させたり、最悪の状況を招きかねません。

客観的かつしっかりと他人に流されず、自分できちんとした判断をする必要があるため、まさに冷静な人に向いていて、冷静な人の特徴が活かせます。

弁護士

弁護士は、難関国家試験として有名な司法試験にパスしなければスタート地点に立てません。

以前は学歴や基準を満たしていたらすぐに司法試験を受験することができましたが、現在は大学卒業後にロースクールと言われる法科大学院に進学し、法科大学院の課程を修了するか、司法試験準備試験をパスするかで司法試験の受験資格を得ることができます。

受験資格を得て、司法試験を受験し、合格した後、1年間くらいの司法修習を受け、司法修習考試にパスして初めて弁護士として活動することができます。

医師ほどの期間ではないにせよ、弁護士になるためには相当な勉強と時間が必要になります。

その仕事内容とは?

弁護士の仕事は法のエキスパートとして様々なトラブル解決をサポートすることです。

テレビやドラマでよくみる法廷で弁護する仕事、例えば、刑事裁判であったり、民事裁判であったり、他にも企業の合併に際して法に関する部分のサポートや顧問をしたり、国に対して公害や公害病などの訴訟や運動があれば間に立ってサポートしたり、講演会をしたり、することが仕事です。

弁護士というと裁判所での活動のイメージが強いですが実は色々なところで活動の場があります。

最近はコンプライアンスを遵守しようと務める企業が増えてきたのでコンプライアンスの顧問なども担当したりするケースも増えてきました。

冷静な点を活かせるのはどんなところ?

弁護士の仕事は、きちんとした判断を元に弁護人の弁護や裁判官や陪審員に対して供述などをしなければなりません。

他人の意見だけや不確かな情報、証拠があるからという証拠だけでの判断や弁護人の人柄だけで全てを判断できません。

全ては物事や情報をしっかり精査し、証拠や証拠にまつわる情報の真偽などを確かめてから判断を下さなければなりません。

そのため、物事を客観的にみたり考えること、周りの情報だけに流されないことが必要な弁護士の仕事は冷静な人に向いてます。

高校教師

高校教師は、高校教諭の免許を取ることが条件ですが、高校教諭の場合は、小学校教諭のように色々な科目を担当するのではなく、一つの科目に特化するため、どの教科を教えたいのか大学や大学院の教職課程を始める前に決める必要があります。

例えば、英語が教えたいと考えているなら英語教師になるための教職課程を修了し、高校教諭の教員免許を取得することができます。

これで教師として活動はできますが、実際に学校に勤務するためにはさらに国公立の場合は、都道府県や行政機関が実施している教員採用選考試験、私立の場合は、その学校が実施している採用選考試験を合格しなければ教師として教壇に立つことはできません。

その仕事内容とは?

高校教師は、各教科を教えることが仕事ですが、それだけが高校教師の仕事というわけではありません。

ホームルームや進路指導、クラブ活動の指導や顧問、学校行事の運営や運営サポートなど色々な活動、色々な場面での指導役が教師としての仕事です。

つまり、指導役として生徒の学校生活をサポートすることが教師のメインの仕事です。

他にも意外と知られていませんが、長期休暇中、例えば夏休みや春休みの当直であったり、修学旅行の引率役だったりも教師の仕事になります。

冷静な点を活かせるのはどんなところ?

高校教師は、イメージがないかもしれませんが冷静な人の特徴が活かせる仕事です。

なぜなら教科を教えるだけでは冷静な人でなくても、むしろ情熱的な人や面白い人がいいかもしれませんが、生徒の大切な進路を指導したり、生徒の成績をしっかりと採点するためには、冷静に周りの意見に流されたり、ゴシップや間違った情報を確かめずに判断することはできません。

そのため冷静な人の特徴を活かすことができる仕事といえます。

看護師

看護師は、国家試験の看護師試験をパスすることで看護師免許を取得できます。

看護師免許を取得すると看護師として活動することができます。

ただ、看護師試験を受験するためには看護学校、看護短大や看護専門学校などの看護師養成課程のある学校で3〜4年間の課程を修了しなければなりません。

ただ、看護師は、看護師試験をパスした後、医師のように2年間の研修があるわけでなく、現場で実際の業務を習得していくOJTになります。

免許を取得したら病院、介護施設や学校施設などで看護師として活動することが可能です。

その仕事内容とは?

看護師は、医師の補佐や患者とその家族の対応がメインの仕事になります。

具体的には医師の診療中や手術中の器具やカルテの準備などの補佐業務や患者の注射、検温、点滴、食事や入浴などのサポートや入院患者の家族の応対などがあります。

医師よりも患者に寄り添って献身的にサポートする役割を看護師は担っています。

看護師と聞くと職場は病院のイメージが強いですが、最近は病院以外にも介護施設であったり、学校施設であったり、看護学校の教師であったりと活動の場が様々なところにあります。

冷静な点を活かせるのはどんなところ?

看護師の仕事は命に関わる仕事のため、常に冷静な判断や冷静に患者や家族に対して対応することが求められます。

ニュースで見たから、人から聞いたから、こう言われたからと不確かな情報やなんでもかんでもそのままただ作業するわけにはいきません。

気になる情報などがあれば真偽を確かめたり、精査したりしなくてはなりません。

そのため、看護師の仕事はら冷静な人の特徴がしっかり活かせる仕事といえます。

パイロット

パイロットは、大学や大学院を卒業後、航空会社にパイロットとして就職し、パイロットに必要なライセンスを取得するためのパイロット養成訓練を受けるか、海外留学によってパイロット養成学校などを卒業し、ライセンスを取得した後に航空会社に勤務するか、短大や高等専門学校や専門学校などを卒業してから航空大学校を経て来船取得するかのいずれかの方法によりパイロットになることができます。

さらに大型の飛行機を操縦する場合は、さらに国土交通省が管轄する国家試験をパスすることが必要ですし、パイロットのライセンスといっても実は定期運用操縦士、准定期運用操縦士、事業用操縦士、自家用操縦士の4種類あり、副操縦士は、事業用操縦士、機長は、定期運用操縦士のライセンスを最低でも取得していなければなりません。

加えて機長は、場合によって国土交通大臣から機長認定を受けなければ操縦できないことがあります。

その仕事内容とは?

パイロットのメインの仕事は、乗客を乗せた旅客機を目的地まで安全に操縦し、乗客を目的地まで送り届けることです。

メインの仕事以外には、フライト前のブリーフィングであったり、ミーティングであったり、操縦室の点検、航空機の整備状況のチェック、気象データのチェックや燃料チェックなどもパイロットがチェックしなければなりません。

また、航空管制官としっかりとコミュニケーションを取り、安全に離発着できるように努めなければなりません。

安全に航空機を操縦することがもちろん一番大切ですが、安全に操縦するための下準備もしっかりとしなければなりません。

冷静な点を活かせるのはどんなところ?

最近の飛行機は自動操縦化が進んでいて、パイロットがかつてのように終始マニュアルで操縦することが減りつつあります。

それでもまだ離発着時や緊急時などパイロットの技術が必要な場面は沢山あります。

そのため、搭乗前の気象情報などのチェックや飛行中の気象や状況チェック、管制塔とのやりとりの情報などしっかり精査して判断していかないと大きな事故につながりかねません。

そのためパイロットの仕事は冷静な判断や確実な行動が必要になります。

冷静な人にはマッチする仕事の一つといえます。

経理

経理の仕事は、簿記や会計の知識に疎通していないといけない、最低でも簿記2級を取得しておかなければならないイメージがあります。

しかし、もちろん、そういった資格があれば採用試験時に有利に働きますが、必ずしも取得していなければいけないという企業ばかりではありません。

そのため、企業の経理によっては簿記があればいいけど、なくても採用試験には影響しないところもあります。

また、企業によっては学歴を問わないケースもあります。

雇用形態も様々で正社員、パート、アルバイト、派遣や契約社員などがあります。

その仕事内容とは?

経理の仕事は、会社の数字に関わることがメインです。

例えば、経費の処理、売掛金の回収、毎月の給与計算、決算書の作成や買掛金などの支払い処理があります。

会社の経営上で大切な数字を扱う経理の仕事は、実は、経営者に近い存在で、会社の決算の数字などから課題や問題点を見つけ、経営者に報告、進言し、会社の軌道修正をする役割を担っていたりもします。

大手企業の場合は、1経理担当が社長や会長に進言する機会はないですが、中小企業の場合は、かなり経営者と近い立ち位置で話をすることができるので数字の管理だけが仕事というわけではありません。

冷静な点を活かせるのはどんなところ?

経理の仕事と聞くと冷静な判断より正確な情報処理能力であったり、簿記や税金に対しての知識が必要に思えるかもしれません。

もちろん、正確な情報処理能力や簿記、税金などに対しての知識も必要ですが、会社の財布を担う経理としては必要経費かどうか必要な投資かどうか、何か削減しないといけないかなどコストや投資、経費について時には進言することもあります。

その際にしっかりとした根拠を元に説明をしないといけないため、主観的でなく客観的に情報や根拠、データを精査することのできる冷静な人は特徴を活かすことができるといえます。

経理の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

警察官

ひとえに警察官といっても実は色々なタイプの警察官があります。

例えば、刑事ドラマに出てくる警察官は、警視庁であったり、公安であったりします。

これらの仕事は、国家公務員になり、キャリアとかエリートと呼ばれる狭き門を潜り抜けた人だけなれる警察で、県警と呼ばれる都道府県警本部に所属する警察は、国家公務員とは異なり、各都道府県警本部が実施する警察官の採用試験を受けている警察官で、交番勤務の巡査や巡査長は、こちらに該当します。

キャリアと呼ばれる警視庁や公安の国家公務員を目指す場合は、大学を卒ようして国家公務員の採用試験にパスしないといけませんが、都道府県警本部が実施する警察官の採用試験は、高卒でも受験可能です。

その仕事内容とは?

警察官の仕事は、国民の安全を守ることです。

以前までは国民の安全を守るというと犯罪から国民を守ることでした。

例えば殺人事件であったり、テロであったり、詐欺であったりでしたが、最近はサイバーテロであったり、サイバーアタックであったり、オンラインの世界でも犯罪に立ち向かわないといけなくなりました。

他にも外国人の増加に伴い、外国人による犯罪も増えたため、語学力や国際感覚も警察官に必要性が出てきました。

今までの仕事とは違う分野の仕事も警察官は柔軟に対応しなくてはなりません。

冷静な点を活かせるのはどんなところ?

犯罪と向き合う警察官はまさに冷静な判断を常に求められています。

警視庁や公安に勤めてテロ組織であったり、大きな犯罪組織と戦う場合も都道府県の警察としてグループ犯罪と戦う時も交番勤務で地域の犯罪などに立ち向かうにしても常に状況や情報をきちんと精査して対応していかなければなりません。

ゴシップや主観的な意見、情報などで判断はできず、事実に基づいた確かな情報だけしか判断基準にできません。

そのため、結論を急いだり、一方的な判断や偏った情報処理では警察官は務まりません。

そのため冷静な人の特徴を活かして活躍できる警察官はおすすめの仕事の一つです。

探偵

探偵になるためには、探偵事務所に入って場数を踏むことが一番の近道と言われています。

なぜなら探偵になるための資格であったり、学歴であったりは問われず、探偵学校で学んでいたら探偵事務所に入るにあたり有利にはなりますが、必ずしも探偵学校に入る必要はありません。

業務を遂行するにあたり、張り込みなどで使用するため運転免許が必要であったり、長丁場の張り込みだったり追跡だったりがあるため、体力やコミュニケーション能力、柔軟性が必要だったりします。

その仕事内容とは?

探偵の仕事は、依頼を受けて調査を行い、調査事実を依頼人に報告することです。

警察官とは違い、その場で逮捕や確保なんてことはできず、あくまでも違法にならない程度の範囲で依頼人の調査を遂行するだけになります。

よくあるのはテレビでもお馴染みですが浮気調査であったり、人探し、ストーカー対策などです。

探偵の仕事には、時間と労力を要するため、体力、忍耐力、コミュニケーション能力などが必要となります。

冷静な点を活かせるのはどんなところ?

探偵の仕事は警察官同様、しっかりとした情報や根拠が必要とされる仕事です。

クライアントの依頼で何かを探したり、人の行動監視をしたり、色々な仕事がありますが、最終的にはクライアントに報告するために確かな情報やしっかりとした根拠を元に説明しなけれなりません。

不確かな情報や不明確な根拠ではクライアントの信頼をなくすことになります。

冷静な人の特徴である他人の意見に流されず、物事を客観的に見ることができるため、探偵の仕事は冷静な人に向いている仕事といえます。

税務署職員

税務署職員は、税務署職員の採用試験をパスすることで税務署職員になることができます。

ただし、受験資格が決まっており、高校卒業見込みもしくは高校を卒業して3年未満であることのどちらかになります。

試験をパスすると税務署職員になりますが、研修として採用後すぐに税務大学校で1年間の研修があります。

税務署職員の採用試験も一次試験と二次試験、採用面接があるため、税務署職員になるまでにもいくつかの関門を潜り抜けないといけません。

その仕事内容とは?

税務署職員は、税金にまつわる仕事がメインになります。

例えば、税金の税金の賦課や徴収などです。

税務署は、全国各地に設置されているため、税務署職員は、各地の各施設にそれぞれ勤務しています。

各地に所在する企業や個人事業主などを訪問して、帳簿や決算書などのチェックをして申告が適正か税金がきちんと納税されているかなどをこまめにチェックしたり、納期限までに税金が納付されていない場合は、催促をするのも税務署職員の仕事になります。

冷静な点を活かせるのはどんなところ?

税務署職員の仕事も実は冷静な人の特徴を活かすことのできる仕事といえます。

税務署職員の仕事は、税金に対しての知識や簿記、会計関係の知識を必要としているのはもちろんですが、税金に対して主観的な感情や情報で仕事をすることはできず、客観的に情報を精査することや他人の意見に流されず確かな情報に基づいて仕事をすることが大切です。

そのため、税務署職員の仕事は冷静な人の特徴をいかんなく発揮できる仕事といえます。

裁判官

裁判官になるには、意外かもしれませんが、弁護士になるのとプロセスは同じです。

ロースクールといわれる法科大学院へ進み、2〜3年の課程を修了し、司法試験をパスするか、司法試験準備試験を受けて合格することえ司法試験に挑戦できるのでそこで司法試験に挑戦しパスするかになります。

弁護士になるためのプロセスもここまで同じですが、裁判官になるためには、この後、研修を受け、試験にパスし、裁判官、弁護士、検察官のいずれかに道がここで分かれます。

その仕事内容とは?

裁判官の仕事は、テレビでもお馴染みですが、刑事や民事訴訟などの裁判において判決を下すことです。

テレビなどで有名なのは最高裁判所の裁判ですが、裁判には種類が色々とあり、裁判官は最高裁判所以外にも地方の裁判所であったり、高等裁判所だったりにも配置されています。

また、裁判官にも各職位があり、最高裁判所で判決を下すのは、最高裁判所長官です。

裁判官と呼ばれるのは他にもあり、高等裁判所長や判事なども裁判官と呼ばれる職位です。

裁判官は、裁判の前に提出される資料をチェックして、裁判の前に資料の情報精査などをしてから裁判に挑み、最終的な判決を下します。

冷静な点を活かせるのはどんなところ?

裁判官の仕事はまさに冷静な人にとって天職になる可能性の高い仕事です。

裁判官は、弁護士や検察官などの証言や証拠などに基づいて被告人に対し、判決を下します。

無期懲役や無罪放免、稀に死刑判決を出し、被告人の人生を大きく左右する仕事もあります。

そのため、きちんとした情報精査と主観的な判断ではなく、客観的な根拠をしっかりと理解し、一つ一つ道筋を立てて解決に向けての判決を決めなければなりません。

もちろんですが、他人の意見を鵜呑みにしたり、他人の意見ですべてを決めることは絶対にできません。

冷静な人の特徴は裁判官に必要な情報処理能力であったり、客観的な判断力が備わっているため、冷静な人が活躍できる、冷静な人が向いている仕事といえます。

まとめ

冷静な人の特徴を活かす仕事は色々あることがわかって頂けたと思います。

もちろん冷静な人の特徴がどういうものかも理解頂けたかと思います。

ここで紹介しました冷静な人の特徴や冷静な人に向いている仕事などは一部であり、他にもまだ冷静な人に向いている仕事や冷静な人の特徴があると思います。

今回紹介した冷静な人の特徴や冷静な人に向いている仕事を知りたい人はぜひ調べてみて下さい。


関連キーワード

仕事