柔軟性があると、社会的にも物事を有利に運ぶことができます。

しかし、社会には、柔軟性がある人とない人がいます。

そもそも、社会で生活していくのに柔軟性があるという表現は、どこからくるのでしょうか。

ここでは、柔軟性がある人の特徴を挙げ、それを活かせる仕事をご紹介していきます。

柔軟性がある人とは?

柔軟性とは、社会において機転を利かせながら物事を判断し、行動することができることです。

そこには、素早さや分析能力など多彩な能力が求められます。

その場の状況を一瞬で判断し、即座に行動に移すことができれば、仕事もスムーズにこなすことができるのではないでしょうか。

しかし、そのような人は社会にも数少ない貴重な存在です。

さまざまな場面で、些細な変化を察知し、その場で対処することができれば周囲からも高く評価されます。

つまり、柔軟性がある人は、周囲からの評価を得やすく、その人の長所としてアピールすることができます。

これは、新卒や第二新卒などの就職活動にも大変有利なことです。

例えば、会社に勤めてマニュアル通りに接客していても、ある日突然、マニュアルにない事例が発生したとします。

そんな場合でも、マニュアルを意識した会社の方針を守りつつ柔軟性を効かしてお客様に対応することができたとしたら、それは、大きな自信にも繋がります。

これは、自分自身の評価を上げるだけでなく、周囲からも評価される指標となります。

このように、柔軟性がある人は、さまざまな予期せぬ事例も自力で切り抜けられる力を持っています。

しかし、一般的に柔軟性がないといわれている人もいます。

例えば、先程の事例で、会社のマニュアルにない事例の対応として、柔軟性がない人は、しどろもどろして逆にお客様に不信感を与えてしまうでしょう。

柔軟性がある人は、その場でいろいろな対処法を考え、そのなかで最善の方法を導き出すことができます。

その一瞬の判断が状況を左右する場面で、柔軟性は大きな能力を発揮します。

しかし、柔軟性がある人は、一体どんな特徴を持っているのでしょうか。

また、どのような人が柔軟性を持っているといえるのでしょうか。

ここでは、柔軟性がある人の特徴を解説しています。

それでは、早速、柔軟性がある人の特徴をみてみましょう。

柔軟性がある人の10個の特徴

柔軟性がある人とは、一体どのような人なのでしょうか。

ここでは、柔軟性がある人の特徴を解説していきます。

周囲の意見に耳を傾ける

柔軟性がある人は、知識や知見が多く備わっているというケースも少なくありません。

多くの人の意見を聞くことで、大量の情報をすぐにインプットでき、自分の知識となります。

このように得た知識は、判断するときの重要な要素となり、ときには絶大なる能力を発揮します。

自分が知らなければ、その行動を取ることはできません。

まずは、知識を豊富に得ることが先決です。

このように、十分な知識を得るのに一番有効な手段が、周囲の意見に耳を傾けることです。

一人では解決できないようなことも、多くの意見に耳を傾けることによって解決策がみえてくることがあります。

知らなかったことは素直に受け止め、自分自身を向上させる糧とすれば、将来必ず役に立つこともあるでしょう。

柔軟性が高い人は、人よりも多くの情報を持ち合わせている場合が多いです。

人が社会で生活するうえで、日々勉強することも多いと思います。

色んなことに興味を持って、学習することを毎日続けていれば、必ず柔軟性がある人といわれるようになる日が来ます。

周囲の意見に耳を傾けるということは、自分自身の知らなかった情報に耳を傾け、学習するということです。

しかし、このような行動は頑固な人はできません。

心にゆとりを持ち、周囲を信頼して認めてこそ、しっかりと周囲の意見に耳を傾けることができます。

柔軟性がある人は、これらの要素をすべてクリアしているため、素直に聞き入れることができるという特徴があります。

良いと思った意見は取り入れる

柔軟性がある人は、周囲の意見を多く聞き入れたなかで判断し、そのなかで良いと思った意見はすぐに取り入れるという特徴があります。

例えば、学校で話し合いが合ったとします。

その話し合いのなかで、さまざまな意見が集中しますが、すべてが良い意見とは限りません。

柔軟性がある人は、たくさんの意見のなかで、選りすぐりの良いと思った意見はその場で記憶し、方向性を見出すことができます。

一瞬考え込む場合もありますが、最終的な決断や判断は、他も引けを取らないしっかりとした根拠を元に導き出した答えである場合が多いです。

このように、良いと思った意見は取り入れて、すぐに行動に移すことができるのも特徴と一つといえます。

しかし、闇雲に良いと思った意見を取り入れて行動に移しているわけではありません。

そこには、入念な計画性をもとにした柔軟な考え方があります。

何事も、行動に移す場合はタイミングが重要な鍵となります。

仮に、柔軟性がない人が闇雲に行動に移してしまった場合、どのようになるでしょうか。

すべてが空回りして上手くいきません。

そのため、ここぞというときのタイミングを見極めて行動に移すことができるのが柔軟性がある人です。

柔軟性があるということは、周囲の多くの意見を聞きながら、その場で必要な意見を選りすぐり、そして、判断して意見を取り入れています。

そのため、周囲からの信頼も厚く、成功をおさめた暁には評価も得やすくなります。

他人が思いつかない閃きがある

あなたの周囲に、自分が思いもつかない閃きでその場を凌ぐ人がいるでしょうか。

柔軟性と閃きは深い関係があります。

柔軟性を効かせるためには、試行錯誤した結果、多くの情報と照らし合わせながら、最善の方法を導き出さなければなりません。

その一瞬の判断を閃きで対処することができれば、素早く行動に移すことができます。

柔軟性がある人は、この閃きで一瞬の判断を見逃すことなく、行動に移すことができます。

周囲からみれば、とんでもない方法でも理にかなっている場合も多く、このような他人が思いつかない閃きを一瞬でしてしまうという特徴があります。

これは、多くの知識を有しているためであり、情報量が少ない人には望めません。

例えば、10個の選択肢から選ぶのと、100個の選択肢から選ぶのは、完成された精度が全く異なります。

100個の選択肢から選んだほうが、よいものが生まれるのは当然のことです。

このように、柔軟性のある人は、多くの意見を一瞬で判断し、それが閃きに繋がっています。

友好的な性格をしている

柔軟性がある人は、他人に優しく、誰にでも好かれます。

気さくで誰にでも接することができ、友好的な性格をしている場合が多いです。

これには周囲の環境が大きく左右します。

しかし、周囲だけでなく自分自身にも問題がある場合があります。

例えば、ツンケンしている性格の人が、果たして周囲から好意をもたれるでしょうか。

気さくで誰にでも平等に接することができ、また、周囲を信頼することができる人が周りからも好かれる人ではないでしょうか。

このように、自分から周囲に働きかけることで、周囲を巻き込みながら信頼を得ることができます。

それに加えて、友好的な性格をしていれば、より一層、周囲からの評価を得やすく、意見も集めやすいといえます。

友好的な性格は、周囲からの意見を耳にすることも多いです。

まず、友好的な人でなければ、意見自体も言ってくることはないでしょう。

それは、人柄が大きく左右し、周囲から認められている証です。

このように、柔軟性がある人は、友好的な性格をしている人が多く、それに周囲が同調してさまざまな情報を教えてくれたり、注意してくれたりして、知識が増えていくきっかけになります。

そして、いつしか柔軟性があると言われることも多くなります。

環境の変化に適応しやすい

柔軟性がある人は、ある意味社会性もあるといえます。

その場凌ぎではなく、その先のことも考えながら、一瞬の判断ができるためです。

社会で生活していると、環境が変化してしまって、すぐには対応できないというケースも少なくありません。

時代とともに、社会情勢も変化し、世の中が大きく動くことも多々あります。

しかし、その場で適応していかなければ、時代に取り残されてしまい、時代の波に押しつぶされてしまいます。

そうならないためには、環境の変化に即座に対応していく能力を身につけなければなりません。

しかし、すべての人がそのような環境の変化に即座に対応できる能力を身につけているわけではありません。

いわゆる、柔軟性がある人が社会の環境の変化に対応することができるといわれています。

柔軟性がない人は、柔軟性がある人から社会の環境の変化があった場合に、教えられるという場面が多くみられます。

このように、情報の伝播とともに柔軟性がある人を中心に、柔軟性がない人も、柔軟性がある人から教えられることで、環境の変化に対応できるような仕組みになっています。

このように、柔軟性がある人は、その場の適応能力に長けているといえます。

これまでのさまざまな経験や知識から選りすぐりの方法を導き出し、最善の方法でクリアしていく、そんな判断を一瞬でできるという特徴があります。

些細な変化も見落とさず、しっかり受け止めて環境の変化に対応していく能力は非常に高いといえます。

危険を自己回避できる

柔軟性がある人は、危険を予知し、自己回避できるという特徴があります。

危険予測という概念で、社会には多くの危険が潜んでいます。

例えば、接客業によくあるクレームの対応です。

クレームの発生が危険とするならば、そのクレームを回避するための手段を考えながら行動するのが柔軟性のある人です。

何もしなければそのままクレームとして発生してしまう事例でも、柔軟性がある人が考えながら行動することで、それを回避できる場合も少なくありません。

飲食店で食事をしようと座席に座って待っているけれど、なかなか注文した商品が来ないという場面に遭遇したことがある人も多いのではないでしょうか。

そこで、お客様が「遅い」と言ってしまえば、それはクレームの発生として危険因子に繋がってしまいます。

しかし、提供時間を少しでも早めようと、他の従業員に指示を出して効率的に動かし、すぐに商品を提供できたとします。

すると、どうでしょう。

クレームという危険因子を排除し、クレーム発生を回避することができるのではないでしょうか。

このように、危険を誰よりも素早く察知し、自己回避する能力が長けているのも柔軟性がある人の特徴です。

しかし、危険を察知して自己回避するためには、周囲の状況をよくみておかなければなりません。

そのため、常に周囲がどのようになっているのか、どのような危険が潜んでいるのか、予測しながら生活していることが多いです。

つまり、柔軟性がある人は、周囲をよく確認し、分析することで、最善の方法を選び出し、判断して行動に素早く移すことで危険を回避しているといえます。

マイペースで、臨機応変な対応ができる

柔軟性がある人は、マイペースである場合が多いです。

何をするにも焦ってしまってはよいことはありません。

マイペースであるからこそ、自分の考えを十二分に発揮し、正しい判断をすることができます。

しかし、世間的にマイペースと呼ばれる人の周囲の評価はあまりよくない傾向にあります。

しかし、マイペースにこそ、判断の真骨頂がみられます。

焦って即座に下した判断は、失敗も多く、それによって周囲からの期待も削がれます。

それよりかは、じっくり考えて成功に導くシミュレーションをたてて、下した決断のほうが信憑性も高く、成功することによって周囲からも高く評価されます。

マイペースには大きく分けて2通りあります。

それは、自分のペースにあわせて行動する人と、周囲に合わせながら自分の限界を見極めて行動する人です。

前者の自分のペースに合わせて行動するということは、すべての物事に対して、周囲は全く関係なく、自分がよければそれでよしという考え方のもと行動している人です。

このような人は、周囲から協調性がないと批判の対象となってしまうことがあります。

しかし、後者の周囲に合わせながら自分の限界を見極めて行動する人は、周囲のペースも考えながら、自分のペースで行動することができる人です。

柔軟性がある人というのは、後者の周囲に合わせながら自分の限界を見極めて行動する人のことです。

周囲からの評価を得るためには、周りの期待に応えながら行動していかなければなりません。

周りが、いまどのような状況にあるのか、そして、自分はどのような行動を取らなければならないのか、ということを考えなければなりません。

その判断を一瞬でできるのが柔軟性のある人です。

他人の気持ちになって考えることができる

柔軟性がある人は、常に他人がどう思っているかを考えています。

例えば、友人が相談に来たとします。

このときに、友人がなぜ、そのような悩みを抱えているのか考える必要があります。

柔軟性がある人の考え方は、その友人の悩みに対して、いくつかの解決策を考え出します。

そして、そのなかで最善の方法をアドバイスします。

柔軟性を持っているということは、それだけ多くの解決策を導き出すことができるということです。

しかし、柔軟性がない人が対応すると悩みに対して解決策が導き出せずに、立ち往生してしまいます。

また、悩みを解決できないことに対して、自身で嫌悪感を感じてしまい逆効果となってしまう場合があります。

柔軟性といっても要領よく行動すれば、それが柔軟性に結びつく場合もあります。

しかし、どれだけ多くの答えを導き出せるかが一つの鍵となります。

このように、他人の気持ちを考えながら行動することも大切ですが、柔軟性を持つことで、より一層柔軟な対応ができるようになります。

他人の気持ちはその人しか分からない場合もありますが、柔軟性を持って、その人が何を思っているのか、感じているのかを察知してあげることが大切です。

つまり、他人の気持ちが考えることができる人は、柔軟性を持っているといえます。

素早く行動に移すことができる

柔軟性を持っている人の特徴として、瞬時に閃き、素早く行動に移すことができることが挙げられます。

素早くというのが鍵ですが、いつまでももたついて行動している人は、仕事もスムーズに行うことができません。

何かに躓いたときに自己解決ができず、そこで足踏みしてしまいます。

すると、仕事にも大きく影響し、周囲からも評価は得られないでしょう。

このように、柔軟性がなければ、瞬時に判断することができないため、仕事に対しても初動作がワンテンポ遅れ、柔軟性がある人と比べると、大きな差が生まれてしまいます。

素早く行動に移すことができるとは、瞬時に判断することができるともいえます。

さらに、柔軟性がある人の考え方として、判断材料として、いくつかの要素を取り入れ、そのなかから考えることのできる複数の答えを導き出し、最善の方法を選んで行動に移しているため、失敗することはほとんどありません。

柔軟性がある人は、素早く行動に移すことができるのも一つの特徴です。

物事を深く考えないようにする

社会には、物事を深く考えすぎて先に進めないという方も多くみられます。

物事を深く考えるとは、ある一つの事象に対していくつもの案を出すのはよいのですが、そのなかで、どれが最善の方法なのかを判断できないケースです。

そもそも物事を深く考えてしまうことで、柔軟性を阻害してしまっているケースのため、深く考えることがないようにすれば柔軟性を確保することができます。

しかし、これは性格上の問題もあるため、一般的には難しいとされています。

しかし、物事を深く考えない人は柔軟性に長けている人が多いです。

いろいろと考えすぎて前に進めないよりも、ある程度考えたらその先のことを考えて、さまざまなことを予測しながら行動に移すとよいでしょう。

まずは、一度考えたら行動に移さなければ成果は生まれません。

つまり、あれこれ考える前に、まずは行動に移すことができるのも柔軟性がある人の特徴といえます。

しかし、なかなか考えても行動に移すことができない人もいます。

そのような人は一般的には柔軟性がないといわれています。

柔軟性があるという考え方は、その人の気持ち次第で変えることができます。

まずは、考えてみて行動に移し、それで失敗したのなら、また改善して挑戦すればいいだけです。

柔軟性をもつということは、行動することのできる勇気を持つことも大切ですが、そもそも、物事を深く考えすぎないようにすることも大切といえます。

柔軟性を活かせる仕事5選

柔軟性がある人が活かせる場面は、そう多くありません。

しかし、毎回同じようなことはなくても、限られた場面でしっかりとその瞬間を活かすことができれば、周囲の評価もグンと上がるのではないでしょうか。

ここでは、柔軟性がある人が活かせる仕事をご紹介していきます。

相談員

相談員には、役所関係に在中し、市民の声に耳を傾ける仕事や、福祉関連の仕事で障がい者や老人の生活に関する相談を受ける仕事などさまざまな形態があります。

相談員の仕事には、共通して周囲から多くの声が寄せられるという特徴があります。

多くの声が寄せられるということは、それだけ周囲からの期待が寄せられていることになります。

しかし、これらの多くの事例を聞き入れなくてはならず、大変な労力と柔軟性が問われます。

相談員の仕事では、柔軟性がなければ多くの事例に対応することができず、場合によってはクレームに発展することも考えられます。

そうならないためには、柔軟性をもって意見を取り入れたり、聞き入れたりする必要があります。

しかし、すべての意見をまともに聞いていては統制が取れず、相談員としての仕事が上手くいかない場合があります。

そのため、相談員は多くの意見のなかでも、良いと思った意見については先を見通して優先的に取り入れるなど、柔軟を持たせた対応をとる場合があります。

このように、相談員の仕事は一度にたくさんの方を対応しなければならないケースも多く、柔軟性がなければ難しいといえる仕事内容です。

一つ一つ意見を聞き入れながら解決していくのが望ましいですが、それが難しい場合もあります。

しかし、柔軟性の高い相談員は、要領よく対応することができ、仕事もスムーズにいくことも多いです。

ライター

ライターの仕事は、主に書籍を書いたり、原稿に記事を執筆したりすることが主な仕事内容です。

しかし、ライターの特徴は締め切りがあるということです。

例えば、出版社の担当に、期限内に提出を求められている原稿が仕上がらなかったとします。

すると、出版内容に影響を及ぼし、迷惑をかけてしまう場合があります。

そうならないためには、ライターは期限内に執筆を完遂できるように段取りを組んで、要領よく仕事をこなさなければなりません。

例えば、Aという仕事をしていて、しばらくすると、Bの仕事が舞い込んできたとします。

しかし、あとで舞い込んできたBの仕事の方が、先に締め切りが近いとした場合、普通ならBの仕事を優先して行います。

これに、柔軟性を持たせた対応を取ると、Bの仕事の締め切りが近くても、Aの残りの仕事内容を鑑みて総合的に判断し、結果として、Aの仕事を終わらせてから、順序良くBの仕事に移行するというかたちを取ることもできます。

柔軟性がある人の仕事は、このように、現在の状況と先の見通しを考えながら、一瞬の判断で行動に移すことができます。

ライターという締め切りに迫られ、プレッシャーも重くのしかかる仕事は、柔軟性を持って仕事をこなすことが理想とされているため、基本的には柔軟性がなければ、マルチタスクに仕事をこなすことが難しいといえます。

実際にライターの仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

飲食店員

飲食店の店員は、お客様の要望に対してしっかり受け答えをすることが必要最低限の接客マナーです。

飲食店には、お客様の最も集まるピーク時でも定員の数はお客様よりも少ない場合が多いです。

例えば、お昼時の店内の混雑時に、お客様が40名入るホールに、定員5名でこなさなければならないという場合も多くみられます。

飲食店に関して、なぜ、それほど多くの従業員を配置できないかというと、飲食店にも費用対効果があり、来客数と売上げ高によって、最終的に利益を出さなければ、飲食店として維持することが難しいためです。

飲食店のお客様が最も集まるピーク混雑時の対応として、基本的には柔軟性を持たなければ、なかなか効率よく仕事をこなすことができません。

一般的には、飲食店の従業員1人に対して、対応できるお客様の数は約10名といわれています。

つまり、最大10名の要望を1人でこなさなければならないということです。

ここで、少し考えてみましょう。

一度に10個の仕事が舞い込んだとして、普通ならどのように対応するでしょうか。

また、どのように考えるでしょうか。

もし、柔軟性がない人が対応すれば、しどろもどろになり仕事にならないでしょう。

しかし、柔軟性がある人が対応すると、10個の仕事のなかでも優先順位を考えながら、瞬時に行動することができるため、クレームを発生させることなくスムーズに仕事をすることができます。

そのため、飲食店の店員は、柔軟性がある人が活かせる仕事といえます。

運転手

運転手には、タクシーの運転手やバスの運転手など、さまざまなカテゴリーがあります。

運転手に共通していえることは、危険を察知して自己回避できることと、臨機応変な対応ができるということです。

例えば、タクシーに乗っていて、交通事故に遭遇しそうになったり、渋滞に巻き込まれそうになったとき、運転手は瞬時に判断して、それを回避しようと努めます。

普通に運転しているだけなら、渋滞に巻き込まれそうになってもそれに気付かずに、そのまま渋滞へと突入してしまうかもしれません。

また、交通事故に遭遇してしまうかもしれません。

しかし、運転手はそのようなことにならないように、プロ意識を持って仕事をしています。

柔軟性がない人が運転をすると、危険を察知したり、臨機応変な対応が難しい場合があります。

例えば、タクシーの運転手をしていて、Aに向かっている途中で、突然Bに向かって欲しいとお客様から要望があったとします。

しかし、正面は交通渋滞でなかなか進みそうにありません。

このような場面で、柔軟性がなければ、そのまま渋滞に巻き込まれ、Bに向かいたくても、しどろもどろしてしまい一向に進むことができません。

このような場合を柔軟性がある人が対応すると、まずは渋滞を回避しようと、たくさんの回避策を考え、そのなかで最善の方法を探し出して行動に移そうとします。

このように、突然の対応を迫られる場合が多い運転手の仕事も、柔軟性がある人が活かせる仕事といえます。

イベント企画

イベント企画の仕事は、繁忙期とそうでない期間と大きく分かれる場合があります。

特に、夏場に多いですが、夏祭りなどの催しで、イベント会場の設置や運営サポートをしている場合、夏に集中して仕事が舞い込んできます。

このときに、効率よく仕事を回さなければ、会社としても収入に繋がらず、せっかくの繁忙期なのに損をしてしまう場合があります。

柔軟性がない人がイベント企画の仕事をすると、各地で予定されているイベントに回らないといけないにも関わらず、要領がつかめず、効率よくイベントの設置がいかないというケースに陥ってしまいます。

そうならないためには、柔軟性を持って、効率よく仕事をこなしていかなければなりません。

柔軟性がある人の場合は、今ここでイベントの設置をしていて、次の仕事が待っているときも、仕事をしつつ、次のことを考えながら仕事をしています。

つまり、先のことを考えて、見通しを立てるということが大切なのです。

柔軟性がある人の考え方として、現在と未来を考えて、過去の経験を取り入れながら、最善の行動を選択するという思考が働きます。

このように、イベント企画の仕事も柔軟性がある人が活かせる仕事といえます。

まとめ

最後に、柔軟性がある人とない人とでは、社会的にも効率的な仕事ができる度合いが変わってきます。

柔軟性を養うためには、それなりの整った環境も必要ですが、大人になる成長過程である程度決まってくるものです。

しかし、柔軟性といっても、考え方一つで変えることができます。

例えば、いつも焦ってしまう人は、落ち着いて行動できるように意識すればいいのです。

このように、誰でも考え方を変えることで、柔軟性を持たせることはできます。

柔軟性がないと思っている方は、これを機会に考え方を変えてみてはいかがでしょうか。

また、柔軟性がある人は、それを活かせる仕事があることに気付いたことと思います。

是非とも参考にしていただければ幸いです。


関連キーワード

仕事