華やかな仕事というとどういう仕事をイメージしますか?

大衆から脚光を浴びるエンターテイメントの仕事でしょうか?

それとも憧れるような仕事でしょうか?

華やか仕事は、人によって考え方が違うかもしれません。

一般的には華やかな仕事というとオシャレな雰囲気のある仕事、脚光の浴びることが多い仕事などがあります。

今回は、華やかな仕事についてまとめてみました。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

華やかな仕事ってどんなもの?

華やかな仕事は、オシャレな雰囲気のある仕事や脚光をあびることが多い仕事、客観的にみて心がときめくような仕事が多いかと思います。

華やかな仕事は、女性のイメージがあるかもしれませんが、男性にももちろん華やかな仕事はあります。

今回は、華やかな仕事について紹介します。

華やかな仕事おすすめ9選

華やかな仕事は、アイドルのような脚光をあびる仕事であったり、カフェやアパレル、客室乗務員などのオシャレな感じがする仕事だったりします。

もう少し一つ一つの仕事をピックアップして詳しく紹介していきます。

客室乗務員

客室乗務員は、華やかな仕事の代名詞の一つといえます。

最近は男性スタッフも増えてきていますが、日本はまだまだ女性の客室乗務員が中心ですし、女性からの憧れる仕事で必ずと言っていいほどランクインする仕事です。

機内で笑顔の接客しながら乗客の保安もし、かつ時間との戦いの仕事を強いられている決して楽ではない仕事ですが、プロフェッショナリズムの高い仕事と言えるため、なりたいと思う人も多く人気の仕事です。

その仕事内容とは?

客室乗務員の仕事は、旅客機へ乗客を案内してから目的地に到着するまでの間の様々な業務です。

搭乗中は、荷物の収納を手伝ったり、席に案内したり、扉を閉めて安全チェックをしたりします。

飛行中は、飲み物や機内食の提供、免税商品の販売をしています。

飛行中に万が一急病人が出たり、緊急事態が発生した場合は、応急処置や救護活動、安全確保などをしないといけません。

航空会社、特にLCCなどは乗客が降機した後は、機内清掃をしたりします。

そのおすすめ理由とは?

プロフェッショナリズムの高い仕事である客室乗務員だから立ち振る舞いがしなやかでかっこよくうつります。

仕事はハードで体力がかなり必要ですがそれでも飛行中は乗客にその姿を見せることなく笑顔で立ち振る舞うことができるので仕事に対して高い意識と誇りを感じれます。

客室乗務員の仕事はかっこいい仕事でもあるため、華やかな仕事をしたい人にはおすすめです。

美容師

美容師は、専門学校で知識や技術を習得した後に美容院で修行を積んで技術を磨いていきます。

最初は、レジや電話番、タオルを洗ったり、店内の清掃をしたりと雑務をこなしますが、実力に応じてステップアップしていきます。

そのため、実際のお客様の髪を切るまでにはある程度の経験と時間が必要にはなりますが、技術が身につけば将来的な独立も可能な仕事です。

その仕事内容とは?

美容師は、髪に関するプロフェッショナルな仕事です。

髪の毛をカットしたり、カラー、セット、パーマ、シャンプーやブローなどをして髪のケアをしたり、髪の毛を綺麗にしていきます。

一人前の美容師として仕事をするとシャンプーであったり、カラーなどはアシスタントが対応するお店もあります。

また、美容院によっては、成人式や結婚式などのイベントに出席するための女性の着物の着付けであったり、メイクなどのサービスを提供しているところもあります。

そのおすすめ理由とは?

美容師の仕事は、華やかな仕事とおしゃれな仕事のイメージがあります。

髪のスペシャリストとして女性の髪の毛を綺麗にする仕事は、憧れる人も多く、美容師として有名店で一人前になり、独立開業することを目指している人もいます。

将来的に独立も視野に入れた華やかな仕事をしたい人は、美容師がおすすめです。

医師

医師は、難関な医師国家試験にパスしないとなれませんが、それだけでなく、大学の医学部や医科大学などで6年間学ばなければなりませんし、医師国家試験に合格しても2年間の臨床研修や最低5年の実地研修を経て専門医試験に合格することで専門医になれます。

医師になるのにも難関ですが、医師になってからも仕事が大変です。

その仕事内容とは?

医師は、臨床医として病院や診療所などに勤務し、患者さんの治療やリハビリテーションなどに携わります。

大きな病院の場合は、専門医として働きます。

他にも研究機関などで病気や細菌について研究する研究医があります。

そのおすすめ理由とは?

医師の仕事は、医師になるために時間と労力を要しますし、医師になってからも患者と病気を相手に仕事をするため、日々勉強です。

その反面、人の命を直接助けることができるため、人から感謝される仕事です。

一生懸命、患者の命を救おうと働く白衣の医師は華やかにうつります。

バーテンダー

バーテンダーは、現場で仕事を覚えることがほとんどですが、バーテンダーになるために必要な資格や能力は必要としておらず、アルバイトをしながら仕事を覚えたり、最近は、養成スクールであったり、専門学校などで基礎知識を学んでからバーへ就職する人もいます。

その仕事内容とは?

バーテンダーの仕事は、何千種類ものお酒を組み合わせてお客様の好みに合わせたカクテルを作って提供することです。

お客様のリクエストや気分に応じたカクテルを提供するため、いくつものパターンのお酒を覚えておくのも仕事です。

また、お酒を作るだけでなく、お店の雰囲気であったり、お客様に合わせた会話をすることでお客様を楽しませるのも仕事の一つです。

そのおすすめ理由とは?

バーテンダーは、オシャレなバーでさりげない立ち振る舞いとスマートな手さばきでお酒を作る姿が華やかに見えます。

また、お酒の知識だけでなく、お客様に合わせた会話もできるので情報量も豊富です。

実際にバーテンダーの仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

看護師

看護師は、看護専門学校、看護系の大学や短大などで看護師養成課程のある学校で3〜4年学んだ後に国家試験である看護師国家試験に合格することが第一歩です。

看護免許を取得してから病院へ就職するのが一般的な方法です。

看護師の他には今まで准看護師がありますが准看護師と看護師の仕事内容の差はあまりないため、最近は准看護師ではなく看護師の免許を取って仕事をする人が増えているため、准看護学校は年々減少傾向にあります。

その仕事内容とは?

看護師の仕事は、医師の補佐、患者さんやその家族の対応が中心です。

医師の診療中の補佐業務をしたり、患者さんの注射や検温、点検、食事などのお手伝いをします。

医師よりも患者さんに寄り添って献身的にサポートするのが看護師です。

看護師の仕事場は、病院や社会福祉施設だけでなく、最近は教育機関にも活躍の場があります。

そのおすすめ理由とは?

看護師は、医師同様、人の命に直結した仕事です。

夜勤があったり、患者さんの体調によっては寄り添って看護しないといけませんが、献身的な看護とテキパキした姿は華やかで憧れる人が多いです。

アイドル

アイドルになるには、スカウト、オーディションやコンテストに合格することです。

最近は、SNSを利用して自らをプロデュースし、ネットアイドルとして活躍する人も増えてきました。

アイドルに必要なのは人を惹きつける魅力とセンスで学歴や資格はあまり関係ありません。

いかに自分を華やかに演出できるかどうかになります。

その仕事内容とは?

アイドルの仕事は、ライブ、コンサート活動、イベントや握手会、テレビやラジオ出演、雑誌の取材対応などです。

アイドルといっても歌をメインに仕事をする場合もありますし、バラエティーやドラマなどのテレビ出演をメインにしたりすることもあります。

単独で活動したり、グループで活動したりすることもあります。

自分の希望や事務所の方針などで何に力を入れて活動するかが変わってきます。

そのおすすめ理由とは?

アイドルの仕事はテレビ業界などで活躍できたら華やかで憧れます。

アイドルになるまでとアイドルになってからも大変ですが、メディアなどを通じて人を元気にする、勇気づける、夢を与える仕事ができます。

アパレル店員

アパレル店員は、個人店や百貨店のブランドショップやセレクトショップ、大手チェーン店などで働いています。

アルバイトとしてアパレルの仕事を覚えて将来的に独立する人もいます。

アパレルショップの仕事は、基本的に学歴や資格などではなく、どれだけファッションやアパレルに対して興味があるか、どれだけ情熱を持っているかによります。

その仕事内容とは?

アパレル店員は、来店したお客様に洋服を選んでもらえるように店内のディスプレーや装飾、お客様にファッションのアドバイスなどをするのが仕事です。

店頭に立ってるだけが仕事だけではなく、洋服の説明、アドバイス、試着のサポートやレジ、納品された商品の検品やタグ付け、売れ筋チェックから在庫管理など実は色々な仕事があります。

キャリアアップも店員から初めて店長やマネージャーなどがあります。

そのおすすめ理由とは?

アパレル店員は、オシャレな店内と洋服に囲まれて華やかなイメージがあります。

オシャレでトークが面白いなら人気店員間違いなしです。

着こなしやコーディネートに自分の色を入れることもできます。

実際にアパレル店員の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

パイロット

パイロットになるためには航空機用のライセンスを取得することが必要です。

ライセンスがなければ航空機を操縦することはできませんので自動車の運転免許のようなライセンスをまず取得することが大切です。

ライセンスを取るためには、大学から航空会社へ就職し、パイロットの養成訓練を受けるか短大や高等専門学校を卒業し、航空大学校へ入学し、在学中にライセンスを取得した後に航空会社へ就職するパターンがあります。

他には海外留学して航空学校でライセンス取得後航空会社に就職する人もいます。

その仕事内容とは?

パイロットは、旅客機を安全に目的地まで操縦することが仕事です。

パイロットは、飛行機の操縦がメインの仕事ですが、それだけではなく、フライト前にミーティングやブリーフィングを行い、細かな情報のチェックをしたり、業務内容を確認したり、パイロット自身が自ら気象データや燃料の確認、コックピット内の点検や航空機の整備状況の確認も行います。

フライト中は、乗客を快適にかつ安全にフライトするために航空管制官と連携して仕事をします。

そのおすすめ理由とは?

パイロットは、制服をびしっときこなして颯爽と空港をスーツケースをひきながら歩いている姿は華やかです。

多くの乗客の命を預かり、目的地まで安全に届けるのが使命ですが、飛行中のアナウンスで日本語と英語を使って話す姿もかっこよく憧れる人も多いです。

モデル

モデルになるには、タレント事務所からスカウトをされるか、事務所が主催するオーディションへ応募することです。

輝く個性を持っていたり、美貌を兼ね備えている場合は、街でスカウトに声をかけられる可能性があります。

事務所が主催するオーディションへ応募するためには、履歴書を送って、面接を受けて審査を受けてなどのいくつかの関門をくぐって選ばれたらモデルとして活動することができます。

その仕事内容とは?

モデルは、ファッション誌やヘアメイク、ジュエリーなどの雑誌やカタログ、東京ガールズコレクションなどのファッションショーなどの被写体としてブランド商品を身につけてブランドの主力商品や新商品をアピールするための土台となることが仕事です。

企業が消費者に訴えかけたい、広く認知してほしい商品を効果的に宣伝するために商品にあったモデルに仕事を依頼し、デザイナーやカメラマンと独自の世界観を気づき、世間にアピールするのも仕事です。

また、自身の認知度をあげるためにSNSなどを使って積極的な情報発信を行うことで自らのファン獲得に努めるのも仕事です。

そのおすすめ理由とは?

華やかな世界で仕事ができるモデルは、憧れる人も多いですが、モデルになるだけでなくそこからある程度の地位を築くのも大変な仕事です。

ただ、オシャレを楽しめる、自分が発信した情報で商品が売れるなどの何かに大きく貢献している実感があるため、華やかな仕事に憧れている人は一度、チャレンジしてみて下さい。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

今回は、華やかな仕事について紹介してみました。

いかがでしたでしょうか?

今回紹介した中に将来目指したい仕事はありましたでしょうか?

華やかな仕事はここで取り上げた仕事以外にも色々あります。

ぜひ自分が憧れる仕事、華やかな仕事を見つけてみて下さい。


関連キーワード

仕事