みなさんは自宅で仕事をするのと会社に行って仕事するのとどちらがいいですか?

この質問に実は答えはなく、どちらを選ぶ人もいます。

誰にも邪魔されず自分のペースで自分の部屋で仕事をしたいという人もいれば、会社に行って色んな人と話しをしたり、相談したりして仕事をしたい、家じゃ集中できないなんて人もいます。

今回は、自宅でできる仕事について紹介していきます。

自宅でできる仕事とは?

自宅でできる仕事というのは実は、増えています。

なぜなら、最近、国の働き方改革の政策の元、企業によっては在宅勤務を認めるところも出てきました。

アメリカなどではホームオフィスというのはすでに浸透していて自宅で働くことはごく当たり前になっていますが、日本は少しずつ浸透してきました。

少し前までは自宅でできる仕事というとプログラマーやデザイナーなどパソコンを使ってITの知識を活かした仕事が多かったのですが、最近は他にも色々な仕事が自宅でできるようになりました。

もう少し詳しく紹介していきます。

雇用形態別の働き方とは?

雇用別で基本的な働き方というとどういうものがあるでしょうか?

もちろんですが正社員としての働き方、フリーランスやノマドワーカーとしての働き方、様々な形があると思います。

雇用形態別で詳しく働き方についてお話しします。

正社員の働き方は?

正社員としての働き方は、日本ではまだまだ会社のオフィスにいって事務処理であったり、顧客対応であったり、会議をすることが一般的です。

それは正規の会社員として会社のプロパティーという考え方があるのかもしれません。

ただ、最近は、子育てをしながら仕事ができるように、介護しながら仕事ができるようにと在宅の仕事を認める会社が出てきました。

営業職に関しては、直行直帰を認めている会社がわりとありますので家で資料などをまとめてお客様のところへ行くというスタイルが定着しつつあります。

副業としての働き方とは?

副業としては本業の傍らで小遣いを稼ぐニュアンスの働き方が多いかと思います。

基本的には本業でもう少し稼ぎたいけど、本業では稼げないから副業するであったり、会社の経営が少し怪しくなってきた、仕事がなくなってきたから保険で他業種の仕事をしてみたり、アルバイトで違う仕事をしてみたりするのが一般的です。

フリーランスとしての働き方とは?

フリーランスとしての働き方は、個人事業主として自分で仕事を見つけたり、業務委託で仕事をもらったりして生計を立てることです。

そのため、仕事場も様々で、家の中やカフェや図書館、レンタルオフィスやシェアオフィスで仕事をする人もいます。

フリーランスの仕事は働く場所が自由なので海外にいながら仕事をすることも可能です。

ただ、フリーランスの仕事はまだまだ職種が偏っています。

フリーランスで働く人の多くは、プログラマーなどのWeb関係が多いかと思います。

自宅でできるおすすめ職種11選

では、雇用形態別で働き方を紹介しましたが、どの雇用形態であっても自宅で仕事をすることは可能です。

そうなると自宅でできる仕事はどういうものがあるのでしょうか?

自宅での仕事というと今までのイメージはWeb関連の仕事、漫画家やイラストレーターなどがあるかと思います。

ここでは現在自宅でできるお勧めの仕事をまとめてみました。

プログラマー

プログラマーは、誰でもなることができます。

プログラミング言語の知識と経験があれば仕事をもらうことは可能です。

プログラマーといっても企業に所属してプログラマーとして働くケース、自宅で業務委託をしてもらいプログラマーとして様々企業の仕事依頼に対応するケースと自ら何かソフトウェアなどを開発して売り込むケースと様々です。

プログラミングをする上で必要なものはパソコンとネット環境の為、働く場所はどこでもネット環境さえあればできるようになっています。

企業によっては正社員だけど在宅勤務を認める会社も出てきました。

いきなりプログラミングが不安な人は大学や専門学校を卒業してからIT関連の会社に入社し、知識と経験を養ってから独立するケースや大学や専門学校など在学中にアルバイトとしてIT関連企業にプログラマーとして働き、卒業後独立するケースなんかもあります。

その仕事内容とは?

プログラマーの仕事は、プログラミング言語を用いて、システムであったり、ソフトウェアであったりを構築していくことです。

最近はAIやIoT等の登場により様々な場面でシステムをコントロールするためのプログラミングが必要となってきました。

そのため、今まではシステムとソフトウェアだけでよかったプログラマーの活躍の場が少しずつ広がっています。

プログラマーの仕事がよくシステムエンジニアと混同されますが、システムエンジニアはプログラマーが構築したシステムやソフトウェアに対して使い方やメンテナンスをするのに対して、プログラマーはシステムやソフトウェアを作り出す役割です。

そのおすすめポイントとは?

プログラマーの仕事は、ネット環境とパソコンさえあればどこでも仕事をすることができますし、会社員として働くこともフリーランスとして働くことも可能です。

そのため、仕事場を選ばす仕事ができるので自宅でも働くことは可能です。

趣味をしながら旅行したい人は、旅行先にパソコンを持っていき、ネットをつなげると仕事もできるためフリーランスやノマドワーカーと言われる人の仕事で多い職種がプログラマーになります。

プログラミング言語を学習する必要がありますが、学歴よりは実績や経験をかわれますのでやればやるだけ評価してもらえる仕事でもあります。

ライター

ライターも最近は在宅や仕事場以外でフリーランスとして活躍する人が増えてきました。

今までは出版社にコネクションを持っているか、元々出版社や雑誌社でライターとして働き、ある程度の経験や実績、コネクションを作ってから独立するケースがありましたが、最近はフリーランスや副業募集サイトに業務委託として掲載する会社が増えたためいきなりフリーランスや副業として自宅や仕事場以外で働くことが可能になりました。

また、ライターは学歴よりは文章力や表現力が問われるため比較的誰でもはじめやすい仕事となっています。

その仕事内容とは?

ライターの仕事は、依頼を受けたタイトルや内容などにより文章で表現していくのと自らブログやサイトに小説やコラムなどを掲載してファンを募ったり、メルマガを定期的に書いたり、ライターの仕事は実は多岐に渡ります。

最近はサイトやライターを募集している会社の採用欄から応募しトライアルを受けてライターの仕事をもらうケースが増えてきています。

そのおすすめポイントとは?

ライターの仕事もプログラマー同様場所や時間を選ばずに始めることができる仕事です。

正社員として勤務しながら会社の許可をもらって在宅勤務することも可能ですし、業務委託や自らトライアルなどを受けて仕事の依頼を受けてフリーランスやノマドワーカーとして働くことも可能です。

小遣い稼ぎから本格的に稼ぐことも自分次第で可能なので副業を始めたいと考えている人にもおすすめです。

ライターの仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

カスタマーサービス

カスタマーサービスは日本でまだまだ会社のフロアでパソコンと固定電話を用意し、会社の電話に電話が来たら対応するケースがほとんどですが、最近、在宅勤務でのカスタマーサービスも登場してきました。

パソコンから会社のシステムにアクセスし、会社から支給された携帯やスマホに会社から電話が転送されて対応することができます。

今のところまだまだ採用している会社は少ないですが、アップルなどの外資系を中心に在宅でのカスタマーサービスやカスタマーサポートの担当を採用しています。

その仕事内容とは?

カスタマーサービスの仕事は、電話対応、トラブル対応、受発注対応などがほとんどです。

基本的にはお客様がかけてきた電話で対応する仕事になるため、営業職のように自ら電話を掛けるケースはほとんどありません。

在宅でカスタマーサービスの仕事はまだ日本で浸透していないものの仕事内容からすると在宅ができないわけではないため、今後増えていく可能性があります。

そのおすすめポイントとは?

カスタマーサービスの仕事は、電話での対応になるため、自宅かレンタルオフィスなどの静かな落ち着いた場所でしかできません。

そのため、カフェなどの外部の音が入るところではやりづらい仕事です。

なぜならクレームの電話もあるため、クレームの相手が怒っているのに周りの音楽がうるさいだとか騒音がすごく耳障りだと余計に怒らせてしまいます。

ただ、今までカスタマーサービスは会社でしかできないという流れがなくなってきているため、正社員や契約社員として自宅で働くことができるようになります。

フリーランスやノマドワーカーには向きませんが正社員や派遣社員で会社に雇用されて、かつ自宅で働きたい人にはおすすめです。

オンライン家庭教師

オンライン家庭教師は最近増えてきたオンライン学習をサポートする役割を担いますが、こちらも自宅で仕事をすることが可能です。

ネット環境とパソコン、あとは過去に家庭教師の経験や教えることが好きな場合は、オンライン教師として働くことができます。

また、この仕事はフリーランスとしても働けますし、副業として働くことも可能です。

学歴は高ければ高いほど生徒から最初に選んでもらえる確率は上がりますがその後も生徒に支持されるためにはある程度のコミュニケーション能力は必要になります。

その仕事内容とは?

オンライン家庭教師の仕事は、基本的に家庭教師と一緒です。

生徒に科目を教える、わからないところをサポートすることになります。

今まではそれが実際に会って1対1で教えていたのがオンラインの画面越しになっただけになります。

オンラインを介してなのでわからないところは、チャットツールなどを使って画面に図や表など用いて解説することができます。

そのおすすめポイントとは?

オンライン家庭教師は、副業としてや学生のアルバイトとして始めることもできますし、実際に教室やオフィスにいかなくても自宅でできたりもします。

そのため、空いた時間を使って仕事ができるのでフリーランスやノマドワーカーにも向いている仕事です。

オンライン学習は最近、英会話や中国語、韓国語などの外国語学習にも広まっているため、外国語が得意なら外国語を教えることも可能です。

翻訳家

翻訳家は、翻訳家養成スクールや翻訳家養成の専門学校を出て、専門学校やスクールのコネクションを使って派遣会社や登録会社に登録して翻訳家を目指すか、大学や短大の外国語学部系を出て翻訳家目指すか、海外生活や海外留学の経験を活かして翻訳家になるのが一般的ですが、基本的には学歴や資格を問われることはなく、語学力と文章力、表現力があれば誰でもなれます。

翻訳会社のトライアルや翻訳コンテストなどに応募して評価され、仕事がもらえるケースもあります。

翻訳家としての実績がある程度あれば仕事ももらいやすいですが、最初は実績や経験がないため、自分の語学力を示すべくTOEICやドイツ語検定などの語学資格があれば依頼者が目安にでき、TOEICなどの点数が高い、難しい級の資格を持っているなどであれば仕事の依頼が舞い込む可能性が高まります。

その仕事内容とは?

翻訳家の仕事は、外国語を翻訳することです。

英語から日本語、スペイン語から日本語だけでなく、日本語から中国語や日本語からベトナム語などというパターンもあります。

翻訳家が活躍する分野はいくつかに分かれていて、映画やテレビドラマの翻訳は映像翻訳、小説やフィクションなどの文芸作品の翻訳は文芸翻訳、会社の資料や説明書、研究者の論文などの翻訳は実務翻訳や産業翻訳などがあります。

そのおすすめポイントとは?

翻訳家の仕事は、場所や時間を選ばず比較的自由に自分のペースですることができます。

納期や依頼者が定める翻訳ルールに則るだけであとはパソコンとネット環境があればどこでも仕事ができます。

大体の人は、映像翻訳や文芸翻訳にチャレンジすることが多いです。

それは、実務翻訳や産業翻訳は専門的な知識を要するため、少しニッチなところになりますが、例えば、医療系に疎通している、元看護師で語学力があるなどの場合は、実務翻訳や産業翻訳の方が仕事をもらえる機会が多かったりします。

また、基本的には時間と場所を選ばないため、自宅での仕事にも向いてますし、フリーランスやノマドワーカー、副業での翻訳家になることもできます。

Webデザイナー

Webデザイナーは、基礎的な知識とスキルがあれば、いきなりフリーランスやノマドワーカーとして場所や時間を選ばず働くことができる仕事の一つです。

中にはWebデザイナーとしてWeb製作会社やIT関連企業で正社員や派遣社員として働く人もいますし、最近は、正社員などでも企業に寄りますが、在宅で仕事をすることが認められてきています。

そのため、今まではWebデザイナーとしてフリーランスやノマドワーカーとして特定企業に所属せずに働くスタイルを選んで経験と実力で仕事を受注してきましたが、企業に所属したまま安定的に会社から仕事をもらえる正社員の選択肢もできました。

その仕事内容とは?

Webデザイナーの仕事は、Webサイトのデザインをすることです。

見栄え、Webサイトのコンセプト、訴求ポイント、ターゲット顧客やターゲット年齢層などWebサイト作りの目的であったり、作成依頼者の意図に応じてサイトをデザインすることです。

Webデザイナーの仕事はあくまでもサイトのデザインになるため、サイトの構成やサイトのプログラミングなどは別の担当者が担当します。

正社員の場合は他の業務担当とチームを組んで仕事するため、細かな修正個所や提案などはミーティングなどで話したり、打ち合わせしたりして仕事をこなしていきます。

そのおすすめポイントとは?

Webデザイナーの仕事は今までフリーランスかノマドワーカーでないと自宅で働くことはできないように思われていましたが、最近は正社員として会社に所属しながら自宅で働くことを認めている会社が増えてきましたのでフリーランスやノマドワーカーのようにオフィスじゃない場所で自由に働きたいけど、安定的に仕事がほしいから正社員で働きたいと思う人にもおすすめです。

ただし、企業によっては在宅勤務を認めていませんので応募時や面接時に要確認になります。

また、Webデザイナーの場合は、学歴ではなく経験と実績が評価になるため、誰でもWebデザインの知識やアイデアがあれば始めることができます。

映像クリエイター

映像クリエイターは、映像制作においての知識が必要となりますが、学歴を必要とはしていません。

一般的には、映像制作専門やテレビ局、広告代理店などに大学や専門学校、美術関係や映像関係の学校を卒業してから就職するか、最近は映像クリエイターのコンテストなどがありますのでコンテストに自分の作品を出品し認められることで映像クリエイターになることができます。

映像クリエイターの仕事もネット環境やパソコン、映像制作に必要なソフトウェアがあればどこでも仕事をすることができます。

ただ、場合によっては専用機材であったり、外ではすぐに調達できないものであったりが必要になるため、在宅やレンタルオフィスなどで勤務することが多いです。

その仕事内容とは?

映像クリエイターの仕事は、テレビコマーシャル、映画のCM、CGを駆使したアニメーションやテレビゲーム、アーティストなどのプロモーションビデオの制作が主になります。

クライアントと打ち合わせをし、相手の要望を聞いたうえで絵コンテを使ってアイデアをシェアしたり、映像のアイデア提案をしたり、詳細をクライアントや現場スタッフ、映像の制作に携わるメンバーと話し合い協力し合って映像作品をしあげていきます。

クライアントとしっかりとしたコミュニケーションで相手の要望を把握し、最新の機器や技術も取り入れながら、自らの音楽やアートに対してのセンスや知識を活かして作り上げていきます。

そのおすすめポイントとは?

映像クリエイターに大切なことはクライアントと現場スタッフと信頼関係をしっかり構築することです。

映像の技術や美的センス、アートに対しての知識なども大切ですが、クライアントのイメージを具体化するにはクライアントがどういう映像を希望しているかをしっかりと理解することも大切です。

ただ、映像クリエイターは学歴ではなく、自らのアートセンスや知識、実績が評価されるため、自宅での仕事でも職場での仕事でも場所を問いません。

フリーランスやノマドワーカーにも映像クリエイターとして働く人は少なくありません。

ジャーナリスト

ジャーナリストは、フリーランスで自宅勤務できる仕事の一つです。

一般的な流れは、まず大学などを卒業してから新聞社や雑誌社、テレビ局や出版社などに勤務し、報道やジャーナリズムについての知識や報道についての知識などを学んでからフリーのジャーナリストとして活動するケースが多いですが、最近は、大学などを卒業してそのままジャーナリストとして働くケースもあります。

ただ、ジャーナリストの仕事は危険や死と隣り合わせですが、緊迫した現場や世界が注目する現場に乗り込み、メディアを介して世に送り出します。

その仕事内容とは?

ジャーナリストの仕事は、世間が気になる事件や時事問題などを最前線で取材し、メディアを通じて世間に現状を知らせることです。

他にも世間に注目してほしい話題を報道だけでなく、解説や背景説明、見通しなどとして記事にすることもあります。

現場で見たものをそのまま書くだけでなく、客観的に見た印象や現状などをわかりやすく伝えなければならず、目の前の惨事に感情的な報道をすることはできません。

そのため、時には世間から非難をかうこともありますが、ジャーナリストなしでは世界に各地で起きている惨状は伝わりませんし、誰もが事件など問題意識をもたないと解決しないこともあります。

そのおすすめポイントとは?

ジャーナリストの仕事は自宅や海外の現場です。

そのため会社に行ってという概念はもともとありません。

自分で取材に国内外を飛び回り、仕入れた情報を元に記事を書くため仕事場は決まっていませんのでフリーランスとして働くことも可能です。

ジャーナリストとして活動する人のほとんどは正社員よりフリーランスが多いため、自宅を起点にして仕事をしたい人で世界の情報を最前線で世に届けたい使命感がある人には最適です。

コラムニスト

コラムニストになるために決まった道筋が実はありません。

コラムニストに必要なのは文章力、想像力と表現力です。

フリーとして活動したい場合は、さらに人脈を構築していないといけません。

そのため、最初は新聞社やテレビ局、雑誌社で記者や編集者として知識、経験や実績を積み、後に独立してフリーとして活動することが多いです。

最近は有名人がコラムを書いたり、大学などの学生時代にアルバイトで雑誌社や新聞社などで働き人脈を構築していきなりフリーとして仕事をもらう人もいます。

その仕事内容とは?

コラムニストの仕事はコラムを執筆することです。

コラムニストは、エッセイストや評論家などと混同されますが、評論やエッセイなどは短い文章の中にぎゅっと内容を詰めて、客観的な事実に主観的な展開を組み込んで記事を書き上げます。

ただ、コラムを執筆するのは決してコラムニストだけではありませんし、逆にコラムニストがコラムだけを執筆するのではなく、エッセイや評論を書くこともあります。

そのおすすめポイントとは?

コラムニストはフリーランスやノマドワーカーとして自宅やカフェなどで仕事が可能ですし、納期さえ守れば時間と場所は問いません。

文章を書くことが得意であったり、会社に属さず、場所を選ばず仕事をしてみたかったり、コラムに出来るような知識や経験があるもしくはコラムに興味がある人にはおすすめです。

最近は人脈を築かずとも、ネット上で業務委託の募集としてコラムなどの募集があったりしますのでトライアルを受けて気に入ってもらえればコラムニストとして活動することは可能になりました。

自宅にいながら特異なことを仕事にするのにコラムニストは向いている仕事といえます。

通訳

通訳になるためには高度な語学力が必要です。

通訳を目指す人はほとんど大学の語学系学部を卒業したり、大学院を出ていたり、海外留学や海外生活の経験者で通訳の専門学校に通い、通訳として必要なスキルを習得します。

専門学校を出た後は専門学校が提携している通訳の派遣会社やエージェントに登録して仕事をもらうことになります。

そのため、通訳は、フリーランスとして働く人が多く、案件ベースで仕事をこなします。

もちろんですがどこかの企業で通訳の正社員として働くケースもあります。

その仕事内容とは?

通訳は、異なる言語をお互いの国の言葉に訳すことが仕事です。

国際会議やビジネスの商談、スポーツ選手の通訳であったり、映画のプロモーションなどで来日している芸能人の通訳を担当したりします。

通訳といっても色々種類があり、国際会議での通訳は、会議通訳、商談などのビジネスの現場での通訳はビジネス通訳、観光客への通訳は通訳案内業などがあります。

そのおすすめポイントとは?

通訳の仕事はもともと正社員として働くよりは通訳の派遣会社やエージェントなどに登録してそこから仕事の依頼をもらうことが多いため、自宅で仕事や空いた時間の副業としても語学力があれば可能でした。

もちろんフリーランスやノマドワーカーとして活動する人も少なくありません。

通訳の専門学校や養成スクールへ行く人も少なくありませんが、学歴というよりは実績と語学力が評価基準になるため、最初から自宅で仕事を始めることも可能です。

カメラマン

カメラマンの仕事は、出版社や新聞社、テレビ局などに所属して会社が受注した依頼ベースで仕事をするケースとフリーカメラマンとして自分の作品を直接出版社や新聞社などに売って生計を立てるケースとに分かれます。

前者の場合は、美術や映像関係の大学や専門学校を出て、テレビ局、雑誌社、出版社や新聞社などに勤務し、カメラマンの見習いとして先輩の業務補佐から始め、必要な知識や技術を磨いていきます。

ある程度経験や実績を積んでフリーランスとして独立するケースもあり、独立して自らの作品を売り込む、業務委託として仕事依頼を受けるようになると自宅でも仕事ができます。

カメラマンなので基本的には現場に出て仕事ですが、プロカメラマンの中には自宅で写真現像や映像編集をやることもあります。

その仕事内容とは?

カメラマンの仕事は多岐に渡っていて色々な分野で活動しています。

芸能関係や広告用の写真、報道や写真スタジオなどで撮影する記念写真や家族写真などどんなジャンルの写真にも必ず携わるのが仕事です。

カメラマンのもう一つの大切な仕事は、綺麗な写真を撮って依頼者に渡すことです。

報道であれ、広告やスポーツであれ、家族写真であれ、被写体を綺麗に撮影することで写真を介して見える世界を見る相手に想像させなければいけません。

そのため、カメラやカメラ機材に対しての確かな知識や経験、広告の撮影で人を被写体として使う場合、モデルとのコミュニケーションをしてモデルの撮影に対してのモチベーションを上げるのもカメラマンの仕事です。

そのおすすめポイントとは?

カメラマンと言っても最近はプロカメラマンだけでなく、アマチュアのカメラマンも活躍できる場が出来てきています。

アマチュアのカメラマンが自分で撮影した作品を売るサイトがあったり、コンテストに応募して賞金をもらったりして生計を立てている人も少なくありません。

もちろんフリーランスやノマドワーカーとしてでなく、副業としてもカメラマンをすることができるため、自宅での作業も可能ですし、どこかに職場を借りての作業も可能です。

カメラマンは学歴ではなく、技術と実績が評価されるため、知識をつけて経験を積めば誰でもカメラマンとして活躍が可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自宅で仕事をしようと思ったら選択肢はたくさんあります。

政府の働き方改革や昨今の不景気を経験し、永久就職の概念が日本からなくなり、副業やフリーランス、ノマドワーカーといった今までになかった働き方のスタイルが出てきました。

職場で仕事をしたくないけど、この仕事をしてみたいとか今の仕事だと家から遠いから転職を考えているなんて人にも自宅でできる仕事参考にしてみて下さい。

もちろん自宅でできる仕事はまだまだたくさんありますので自分で調べてみるのもいいと思います。


関連キーワード

仕事