リーダーになる人、リーダーに向いている人は、自然とみんなから支持されてたり、何か魅力的なカリスマ性を持っていたり、話が上手だったり何かしらの特徴があります。

リーダーに向いている人はどういう仕事がいいのか、リーダーに向いている人はどういう特徴があるのかなどについて今回はまとめてみました。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

リーダー向きな人の5個の特徴とは?

リーダーの資質がある人、リーダーに向いている人にはどんな特徴があるのでしょうか?

ここでは、リーダーに向いている人に共通する特徴をまとめてみました。

話を最後まで聞く

リーダーに向いている人、リーダーの資質がある人は相手の話の腰をおったりせず、最後まで相手の話をじっくり聞いて相手を理解しようと努めます。

例えば、相手がアドバイス欲しくて話しかけてきたとします。

きちんと最後まで聞かず、自分で話の結末が見えたから相手の話を遮ってアドバイスや忠告をしたとするとそれ必ずしも相手にとって有益なものであったり、的確なアドバイスと限りませんし、もしかしたら相手が求めるものと全く違うことを話している可能性もあります。

リーダーに向いている人は最後まであいての話に耳を傾けてしっかり理解した後に相手に話しをするため相手の求めている答えやアドバイス的確に行えます。

相手を思いやる

リーダーに向いている人、リーダーの資質がある人は、相手を思いやることができます。

それは決して褒めたり、機嫌をとったりするばかりでなく、時には相手にとって耳の痛い話や相手を叱責することもあります。

ただ、そこにちゃんと相手を思いやる気持ちを込めているのでむやみやたら叱るだけでなく、何がダメでどう改善すべきかまでしっかりと伝えます。

誰にでも敬意を払う

リーダーに向いている人、リーダーの資質がある人はリーダーとして変に威厳を維持しようとしたり、偉そぶったり、人によって態度を変えるのではなく、誰にでも敬意を払うことができます。

例えば、一流企業呼ばれる会社の重役は物腰の柔な人が多く、誰であっても同じよう接するため、一見では重役とわからないことがあります。

中にはコンビニ店員であってもお礼を伝えたりしますので会社の社員でも気づかないくらいです。

指摘やアドバイスが的確

リーダーに向いている人、リーダーの資質がある人は先に紹介したよう相手の話をしっかり聞きます。

その他相手の話をしっかりと聞いた上で相手の求めている答えは何か、相手が直面している問題は何か、また相手に必要なアドバイスであったり、指示、指摘などをよく考えて話すため相手の問題点や要点をよく理解しているため、アドバイスや指摘、指示が的確です。

勉強に対して貪欲

勉強熱心、研究熱心なこともリーダーに向いている人の特徴です。

会社組織ではたまに部下に新しいことを覚えさせて仕事を振り分け自分は何もしないという上司もいます。

しかし、それでは部下の評価はなく、ただのパワハラ上司であったり、仕事をしない上司のレッテルを貼られるだけになってしまいます。

リーダーとして慕われる人、仕事を振っても上司として尊敬される人の特徴は新しいことや改善するところなど何か勉強や研究すべきポイントに対して積極的に取り組む姿勢があるところです。

知りたい欲も人一倍強い人が多いため、貪欲に取り組んでいきます。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

リーダーシップを活かせる仕事11選

リーダーシップというと基本的にはマネージメントのイメージがあるかもしれませんが、マネージメント以外にもリーダーシップを発揮できる仕事があります。

ここではリーダーシップが活かせる仕事についてまとめてみました。

医師

医師になるためには大学の医学部、医科大学などで6年間学習し、国家試験にパスしないとスタート地点に立てません。

医師国家試験は難関な試験の為、1回で受かる人もいれば何回も受ける人もいます。

また、医師国家試験に受かったからといってすぐに医師として働けるかというとそうではなく2年間の臨床研修を受けなければなりません。

その後、専門医として活動したい場合は、さらに最低5年間の実施研修を受けてから専門医試験をパスして初めて専門医になれます。

医師になるためにはなるまでに時間と労力が必要ですが、医師になってからも患者の治療や病気の研究に没頭しなければいけませんので休まるところはありません。

その仕事内容とは?

医師の仕事は患者を治すことです。

ただ、医師には2タイプあり、病院や診療所などに勤務して直接患者の診察をしたり、治療やリハビリについてアドバイスしたり、忠告したりする医師を臨床医と呼び、病気の原因や病原菌、細菌について研究機関で研究するのが研究医と呼びます。

リーダーシップを活かせる点はどんなところ?

医師はリーダーシップが必要な仕事です。

患者の体調を維持したり回復させたりするために看護師や理学療法士など患者の治療に携わるメンバーに指示を出したり、患者自身へ回復に向けてのステップや方法をアドバイスしないといけません。

しかし、アドバイスするといっても医師から一方的に話していたのでは相手に伝わりませんし、相手の状態や考えも理解しないと的確なリハビリなどのアドバイスができません。

そのためリーダーシップを活かして患者やメンバーと一緒にチームとして患者の回復に取り組まなければいけません。

営業

営業の仕事は、特別な資格や試験を受ける必要はなく、誰でも始めることができます。

また、ほとんどが学歴を問わないため高校卒業後でも営業の仕事に就くことができます。

基本的に営業が求められるのは、コミュニケーション力であったり、情報収集能力であったり、情報処理能力であったりします。

学歴というよりはクライアントの現状や要望をしっかりと聞きだし適切な提案をすることで会社に利益をもたらすことが大切です。

その仕事内容とは?

営業の仕事はお客様と会社の間に立ち、両方にwin-winの関係をもたらす役割です。

言い換えると会社には利益、お客様にも恩恵を与えることです。

そのため、会社の方針や戦略、サービスや商品をよく理解した上で、お客様のニーズ、悩み、現状などをヒアリングし、適切なサービスや商品提案することが仕事です。

その上で、お客様の悩み解決であったり、ニーズに合った商品やサービス提供であったり、現状の改善に貢献すると同時に会社にも利益がもたらされるように調整するのがメインの役割です。

そのために見積書の作成や資料作成、売上処理であったり、経費処理であったりをするのも仕事です。

リーダーシップを活かせる点はどんなところ?

営業職でもリーダーシップは活かせます。

個人商店とよく言われる営業職ですが、仕事をする上で完全に一人で仕事はできません、社内のさまざまな部署と協力しながら顧客満足につながるように努めなければなりません。

この時、営業がリードをとってお客様と社内の他部署との間にたち、お互いの納得いく、意見が交わるところを調整したり、お客様側にたって他部署へ要求したり、会社側にたってお客様と交渉しないといけません。

リードをとってこのまとめ役は営業がリーダーシップを発揮しないと話は進展しませんので営業職でもリーダーシップが大いに活きます。

客室乗務員

客室乗務員は、一般的に大学や短大、専門学校を卒業して航空会社に就職してなることができます。

志望する航空会社によっては条件が異なり、身長制限があるところや居住地指定があったり、語学力が必要であったりします。

そのため、志望する航空会社によっては受験対策が必要なこともあります。

今まではほとんど女性ばかりで客室乗務員イコール女性というイメージが日本では定着していますが、最近は男性の客室乗務員も増えてきていますし、もともと海外の航空会社は男性の客室乗務員も多く乗務しています。

日本も今後男性の客室乗務員が増えていく可能性はあるといえます。

そのため、今までは女性のイメージがあったため、男性は客室乗務員にチャレンジしづらかったのですが、最近はどちらにも平等に機会が与えられています。

その仕事内容とは?

客室乗務員は、旅客機に乗客が登場してから到着して降機するまでの間に様々な業務があります。

搭乗時は席の案内であったり、荷物収納の手伝いであったり、乗客全員がそろえば機内の安全を確認し、機内設備についての映像を流します。

その間にも扉のロックをチェックしたりして安全確認をします。

飛行中は、飲み物や食事の提供、免税品の販売などをします。

飛行中に万が一病人が出た場合、応急処置であったり、医者を探したりします。

飛行機が到着したら降機に際して扉のロック解除や乗客の見送り、航空会社によっては乗客を見送ってから機内清掃や忘れ物チェックなどがあります。

乗客が乗る前から降りた後まで様々な業務があるため、体力が必要ですし、語学力やサービススキルも求められるのでハードな仕事であることは間違いありません。

リーダーシップを活かせる点はどんなところ?

客室乗務員は接客だけのイメージがあるかもしれませんが実はリーダーシップを活かすことができる仕事です。

例えば、機内に乗客を案内する時もただ出迎えるだけでなく、スムーズに席に乗客がいけるように案内すると同時に出発時刻までに乗客を席につかせ機内の安全を確認しなければなりません。

そのため周りの客室乗務員と協力して効率よく働くためにリーダーシップが必要です。

また緊急時には乗客の避難誘導であったり、指示をしなければならなかったりするため、決してリーダーシップが必要ない仕事ではありませんし、命を預かって目的地まで飛行機が安全に着陸するまで乗客の安全優先でかつ接客もこなさなければならないため受け身で仕事はできません。

客室乗務員の仕事はリーダーシップが必要な仕事です。

ケアマネージャー

ケアマネージャーは、介護支援専門員実務研修受講試験という都道府県が実施する試験をパスしなければスタートラインに立てません。

ただ、この資格試験は誰でも受験することができるわけではなく、看護師や理学療法士、社会福祉士、保健師、医療系や福祉系の国家資格を持って5年以上現場で実務経験をしたか、900日の経験があるか、老人福祉施設や在宅介護サービス業に5~10年の実務経験を有しているかが条件になります。

しかも合格したらすぐにケアマネージャーとして活動できるわけではなく、試験にパスした後、実務研修を受けて修了しなければなりません。

その仕事内容とは?

ケアマネージャーの仕事は、要介護認定のお年寄りにケアプランを作成して介護することが仕事になります。

介護だけでなく、医療などを含めた専門知識を駆使してトータルでサポートします。

要介護者の状況をみて、場合によっては施設内にいる理学療法士や看護師などと相談し、当人の状況に見合ったサービスを計画することや要介護者が自立した生活が送れるようにサポートすることも仕事です。

他には要介護認定の申請代行をしたり、介護報酬の給付管理をしたりします。

リーダーシップを活かせる点はどんなところ?

ケアマネージャーは、一人で全て要介護認定者のお世話をするわけではなく、介護士や看護師、理学療法士など施設のメンバーと協力して要介護者が自立した生活を送れるようにするためのケアプランを作成し、実際にみんなでケアしていきます。

そのため、ケアプランを作成する際にはケアマネージャーが中心となって話を進めて行かなければなりません。

受け身で話を聞いているだけでは要介護者のケアプランは出来上がりません。

そのため、ケアマネージャーがリーダーシップをとり、チームをまとめなければなりません。

したがってケアマネージャーにもリーダーシップは必要な要素になります。

実際にケアマネージャーの仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

保育士

保育士は、昔からどの年代においても人気の高い仕事です。

中学や高校だけでなく、小学校でも将来なりたい仕事、憧れる仕事として名前があがります。

保育士になるには、短大などを卒業後、保育士の資格を取得し、保育園や学童保育、幼稚園などへ就職して保育士としてキャリアをスタートするのが一般的です。

最近は企業内の保育施設であったり、民間の保育施設で活動する保育士も増えてきました。

その仕事内容とは?

保育士は、子供が成長する過程で必要な生活習慣である食事、睡眠、衣服の着脱、排泄についてなどについてきちんと身に着けるようにサポートすることが仕事です。

また、子供一人一人をチェックしてその日の体調であったり、行動から心理状況を観察し、異常があれば報告するのも仕事です。

リーダーシップを活かせる点はどんなところ?

保育士の仕事は、リーダーシップが必要ないように思えますが、実は、リーダーシップを活かすことができる仕事です。

子供の生活習慣を学ぶ中でサポートしますが、子供の意見であったり、行動を無理矢理変えるのではなく、子供の状況に応じて環境を少しずつ変えるように仕向けなければなりません。

無理強いをしていては子供は嫌がるだけなのでうまく話をしながら方向を変えるように仕向けるためリーダーの資質である話を最後まで聞くことや相手を思いやる要素は活用することができます。

ツアーコンダクター

ツアーコンダクターといってもいくつかタイプがあり、旅行会社に勤務してその旅行会社の専属のツアーコンダクターとして活動するか、派遣会社に所属し、案件毎に派遣されて勤務するか、フリーとして活動し、外部委託で仕事を受注し仕事をするケースです。

ツアーコンダクターとして働くためには就職後ですが、国内旅程管理主任者と総合旅程管理主任者の資格を取得していないと活動できません。

その仕事内容とは?

ツアーコンダクターは、主に団体旅行のツアーに同行し、引率したり、まとめ役となったりすることが仕事です。

ツアー参加のお客様を安全でツアーを楽しんでもらえるように努めることが大切です。

ツアー当日だけでなく、ツアー前日にチケット手配であったり、観光地の情報収集であったり、観光地を回る順番や観光地での滞在時間などもしっかりと予習しておく必要があります。

また、ツアー当日、無事お客様をホテルや解散場所へ送り届けたら、その後に届くお客さまからのツアーに対しての意見をチェックし今後のツアー引率に向けての軌道修正も仕事になります。

リーダーシップを活かせる点はどんなところ?

ツアーコンダクターはツアーの乗客を目的地へ安全に案内するだけでなく、観光名所での引率や乗客の安全確保やトラブル対応などツアーで受け持つ乗客をまとめなければなりません。

そのため、リーダーシップを活かして団体をうまくコントロールしないことには仕事になりませんのでツアーコンダクターにもリーダーシップは必要な要素です。

受け身でただ仕事をするだけでは団体をまとめることもできず、ツアーコンダクターは、団体客の旅行を楽しい思い出にするためのサポートも担っています。

ツアー客が楽しい旅になるようにしっかり引率し、団体をしっかりまとめて安全にホテルや空港に送り届けるにはしっかりとしたリーダーシップが必要になります。

高校教師

高校教師になるためには、高校教諭の免許を取得しなければなりません。

この資格は国家資格になりますが、ほとんどは、大学や大学院の教職課程を修了して免許を取得してから学校の採用試験を受けて教師になるケースがほとんどです。

中学校より教科が細分化されていて、より専門的な知識が必要なこともあります。

その仕事内容とは?

高校教師の仕事は、学校で各教科の指導をすることです。

英語や数学、化学などの教科を学校のカリキュラムに則り、授業を進め、生徒に内容を理解させることが仕事です。

他にもホームルームや進路指導、クラブ活動のサポートをしたり、学校行事の運営を円滑にするための裏方をしたりします。

中学教師に比べると高校生はさらに大人への入り口が近く、自分の意見を持っていてしっかりと主張するため、しっかりと生徒と向き合わないといけません。

生徒と向き合って生徒について真剣に考える、サポートするのも仕事です。

リーダーシップを活かせる点はどんなところ?

高校教師はリーダーシップが必要か必要ないかで言われると必要ないと思う人がいるかもしれませんが、高校教師は、教師として学生の将来を一緒に考えたり、相談にのったり、するなかで話をしっかり聞いて適切なアドバイスをしないといけませんのでリーダーシップの要素が活かせます。

また、担任になれば40人ほどの生徒をまとめないといけませんのでリーダーシップは大いに活かすことができます。

看護師

看護師になるには、看護師養成課程を修了して看護師国家試験にパスしなければなることができません。

そのため、ほとんどが看護大学や看護短大、看護学科のある大学や専門学校で3~4年かけて看護師としての基礎知識となる医療について学ぶだけでなく実習を定期的に行い、学んだことをアウトプットしながら実践に近い状態で実習することで実際の現場を目にし、肌で感じることができます。

昨今は看護師の人手不足から就職口は増えており、結婚した後や出産した後も働ける仕事の為資格取得をめざす人も増えてきました。

活躍の場も国内に留まらず海外で看護師として活動することもできる国がありますので看護師として活動するための可能性は広がっています。

その仕事内容とは?

看護師の仕事は、基本的には医師の補佐、患者やその家族の対応、相談や報告などが中心です。

基本的には医師の指示の元、患者に対して適正な治療、検診などを行い、何か問題点や気になるところがあれば、医師に報告したり、看護師内で相談したり、上司に相談し指示を仰ぎます。

最近は医療機関だけでなく、看護師の活躍の場は広がっていて、介護福祉施設、教育機関や中には看護師の資格を活かして海外の病院で看護師として働く人も出てきました。

リーダーシップを活かせる点はどんなところ?

看護師にリーダーシップを活かすことができます。

まず、患者と治療について話し合ったり、リハビリについて相談したりするときに一方的に医者や看護師の視点でアドバイスをすることはよくありません。

そのため患者の意見や考えを理解する必要があります。

患者の意見や考えをよく理解した上で患者にとって最適なリハビリであったり、治療法であったりを試していく必要があります。

そのため、受け身になるのではなく看護師が進んで話を進めていかないといけないため、リーダーシップを発揮する場面は看護師の仕事でもあります。

秘書

秘書になるには、会社に就職して秘書室へ配属されることが第一歩になります。

そのため、大学や専門学校在学中に秘書検定の資格を取得し、秘書の基礎となる知識を蓄えておくことが必要です。

ただ、秘書は会社にもよりますが一役員に付き一人がほとんどのため、何人も秘書をかかえることはなく、そのため、即戦力だけを秘書として配置する傾向にあり、新人がいきなり秘書として働くことはあまりありません。

新入社員の場合は事務職として知識を身に着け、実績や経験を積み、秘書へステップアップしていくのが一般的です。

その仕事内容とは?

秘書の仕事は、社長や役員、政治家などに付き、補佐役や事務的な仕事をこなすことです。

業界によって若干異なりますが基本的にはメールや電話、来客の対応、役員や社長のスケジュール管理、必要書類の作成などです。

上司の指示に従い、適切に上司の要求を処理していく判断力、事務処理能力や会社によっては取引先に外国人がいるため、外国語のスキルが必要になります。

秘書は裏方の仕事のイメージですが、実はリーダーシップが必要になります。

重役の要望を確認して出張計画などをたてたり、スケジュール管理したり、会議の資料準備や他部署へ必要書類の依頼などをしたりします。

基本的には重役の補佐が仕事ですが、重役が会議を要求した際に関係部署へ日時や場所を通達して取りまとめしたりするのは秘書の為、リーダーシップを発揮してとりまとめないと話がまとまりません。

また、重役の指示を待つだけでなく自発的に動くことも必要とされているため、リーダーシップは仕事の随所で活かすことができます。

飲食店店長

飲食店の店長は各飲食店の運営会社に高校や大学などを卒業して、入社し、店舗配属になった後、一通りの店舗での仕事を覚え、店長試験や店長研修を経てなることができます。

お店によっては下積みが1年2年必要であったり、お店によっては半年で店長になれたりと様々です。

店長になるために学歴を問われることはあまりありませんが、店舗によっては大卒の方が高卒より早く店長になれるなどがあるようです。

基本的には店長としての適性や資質を店長候補として幹部面接を受けて判断してもらい、幹部面接をパスして店長研修を受けて店長になるのが一般的です。

その仕事内容とは?

店長の基本的な仕事はお店の管理と従業員の管理やサポートです。

お店に立ってレジや接客をすることもありますし、店舗内の事務所で店舗の数字を算出して本部に提出するようの報告書を作成することもあります。

他には店舗のアルバイト採用活動をしたり、従業員の教育をしたり、販売強化品の説明であったり、今月の目標などを従業員に周知させて目標を明確化することも仕事です。

リーダーシップを活かせる点はどんなところ?

飲食店の店長は中間管理職の位置付けですが店によっては管理職として扱われていないので宙ぶらりんの状態ですが、一国一城の主として従業員をまとめる、管理することも仕事のため、リーダーシップは大いに必要です。

従業員の体調をチェックするために顔色をうかがったり、仕事の指導であったり、指示をしたり、仕事の割り振りなどチームをまとめあげないといけません。

店長がしっかりと指揮をとって運営しているお店は、従業員がしっかりと店長の意志を理解しているので働きやすい環境ですし、リーダーシップのない店長の元で働いている従業員は何をしていいかわかっていなかったり、仕事に対しての意識やモチベーションが低かったりします。

スポーツインストラクター

スポーツインストラクターになるためには、自身がスポーツに携わっていた方がベターです。

学歴というよりはスポーツ医学に関しての知識だったり、スポーツやトレーニングに関しての知識だったりが問われます。

他にも食生活や生活環境についてもアドバイス知識があることでジムの生徒に的確なアドバイスが出来るだけでなく、信頼関係を築くことができます。

その仕事内容とは?

スポーツインストラクターの仕事は一般のジムやパーソナルジム、クラブチームなどでトレーニング方法の指導やチェック、担当者にあった食生活などのアドバイスをします。

スポーツインストラクターというと指導者のようにトレーニーをトレーニングしていくため、トレーニング中のモチベーションあげたり、トレーニングに際しての問題点や改善点、悩みなどをしっかりと把握しないと的確なアドバイスができません。

トレーニーとしっかり向き合ってその人その人にあったトレーニングを提供することが仕事になります。

リーダーシップを活かせる点はどんなところ?

スポーツインストラクターの仕事はリーダーシップを活用できます。

なぜなら、生徒のトレーニングに対してサポートやアドバイスするにあたり、生徒とよくコミュニケーションをし、悩みやポイントを理解し、生徒のトレーニング改善のためにアドバイスやサポートを的確に行う必要があります。

そのため、しっかりと話を聞いて、その話を聞く中で問題点を見つけてアドバイスすることを生徒に聞かれて初めて動くのではなく、自発的に動いていかなければなりません。

また、生徒のトレーニングが上手くいくよう時には厳しい指導が必要ですし、厳しいことも相手を思いやってしなければなりません。

これらはリーダーに向いている人が必要とする要素なのでリーダーシップはスポーツインストラクターの仕事に反映することも可能です。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

リーダーに向いている人には管理職以外にもたくさんの仕事があります。

リーダーというとマネージメントの仕事がすぐにイメージとして浮かびますがそれだけではなく実は他にも色々な場面で活かすことができます。

もちろんここで紹介した仕事以外にもまだまだリーダーに向いている人、リーダーの資質がある人に向いている仕事はあります。

気になった方は是非調べてみて下さい。

その際に予め転職サイトなどのリーダー診断を使ってどの分野に長けているかをチェックしてから調べてみるとさらにいいと思います。

皆さんのリーダーの資質が活かされる仕事が見つかることを祈っています。


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

この記事では、生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているのですが、その会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新規加入や更新の手続きなどの保険募集を行ったりします。

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品開発の仕


仕事に関するコラム

真面目な人におすすめの仕事5選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「○○さんで真面目だよね」といったような話は、どこででも聞くでしょう。それは仕事に対しても、人間に対しても言われるでしょう。このどこにでも居る真面目な人は、今現在に至るまでなるべくしてなった人達です。彼らは「自分は真面目すぎる」と自覚しています。そんな彼らが仕事を始めたり転職したりすると、どんな傾向が出るのでしょうか。また真面目な性格ならではの、性格を活かせるような転職方法などないでしょうか。今回は真面目な性格ということに観点を絞り、彼らの特徴や働き方を見ていきましょう。真面目な性格故のデメリットやその付き合い方も併せてご紹介します。真面目な人ってどんな人?単純に真面目といっても、ただ「メガネ

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

ゆるい仕事おすすめ9選。仕事内容とそのおすすめポイントを紹介します

人それぞれ仕事に対する思いや事情は違いますが、生活していくためにお金は必要、でもキツイ仕事はしたくない・・・と思う人は多くいます。そういう人はガツガツ働くのではなく、「ゆるい仕事」を求めているでしょう。しかし、何にゆるさを求めるか、どのくらいのゆるさがいいのかには個人差があります。それでは、ゆるい仕事にはどのようなものがあり、どういった仕事をするのか、また、その仕事をする際の注意点などをご紹介していきます。ゆるい仕事とは? ゆるい仕事とは、精神的・肉体的なストレスが少ないこと、作業がルーティーンワークであるということが条件でしょう。精神的なストレスが少ない仕事には、ノルマがない、人と関わらなく

料理の資格を活かせる仕事おすすめ11選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。料理に関する資格にはどんなものがある?料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご