過去いろいろなアルバイトを経験してきましたが、連日働くとなると人付き合いを気にしたり愛想を振りまくのに疲れてしまい、出勤日は憂鬱になってしまうことが多くなりました。

そんな時にふと考えたのが「人と接しない仕事はあるのだろうか?」ということでした。

私と同じように人付き合いに疲れたという理由で人と接しなくて済む仕事を選びたい人は多いのではないでしょうか?

なので今回はおすすめできる人と接しない仕事を集めてみました!

意外にも選択肢が多いことに驚かれると思います。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

人と接しない仕事ってどんなもの?

人と接する機会の少ない仕事にはどんなものがあるのでしょうか?

屋内屋外問わず意外といろいろな種類の職種があることが分かりました。

単純作業を繰り返すものから思考を凝らすもの、体力仕事まで実に様々です。

根気よく探してみればきっと興味のある職種に出会えるでしょう。

人と接しない仕事おすすめ9選

人とあまり接しない仕事、探してみると意外とあるものです。

静かに黙々とこなすものから体力仕事までいろいろな業種があるので、きっとあなたに合う仕事が見つかるはず!

今回は基本的に個人プレーでできる仕事を集めてみたのでぜひチェックしてみてくださいね!

在宅ライター

最近注目を集めているのが在宅ライターの仕事。

自宅にいながら仕事ができると子育て中の主婦や副業として大人気なんですよ!

最近ではクラウドソーシングサイトで様々な案件の求人募集がされています。

その仕事内容とは?

募集案件は幅広く、自分で題材を選ぶものもあれば企業側から指定される場合もあります。

例えば食べ歩きが趣味なら「グルメ ライター」などで検索すれば募集が出てきます。

「都内のおすすめグルメスポット」「デートに使えるお店」などの題材で記事を書くことになりますが、その報酬は文字数や月に提出する記事の本数で変わってきます。

文字単価は安いものだと0.1〜0.2円、平均だと0.3〜0.6円くらいで高いものだと1文字1円という案件もあります。

文字数が多かったり専門性が高いと単価が高い傾向にあります。

そのおすすめ理由とは?

自宅で好きな時間に仕事ができるのはとても魅力的ですよね!

頑張れば普通の会社勤め並みに稼ぐことも可能です。

家にこもってできる仕事なので、人と接するのが苦手だったり面倒だったりする人におすすめです。

外出が減ると食費や無駄遣いも減るので節約にもつながりますね!

交通量調査

歩道や交差点でじっと椅子に座ってカウンターで何やら数を数えている人を見かけたことはありませんか?

それが交通量調査の仕事です。

その名の通り車や人がどれだけその道を利用したかを数えて報告するのが仕事になります。

その仕事内容とは?

車や人が通行する度に、数取器と呼ばれるカウンターが5個連なったものでその数を数えていきます。

主な目的は渋滞解消のための改善点を見つけるためや、信号を設置する場所を決めるためです。

通行者の人数をかぞえる場合は、商業施設や大型マンションの建設計画などの参考資料に使われます。

地味な仕事ながら地域の役に立てる仕事ですね!

そのおすすめ理由とは?

仕事は休憩を取ったりするために基本は二人一組で行動します。

仕事中はひたすら数を数えなくてはいけないので会話はほとんどありません。

仕事中誰かに声をかけられたりすることもないので、黙って黙々と働きたい人に向いています。

根気のいる仕事なので時給は少々高めに設定されているんですよ!

警備員

警備員と一言に言っても仕事にはいくつか種類があります。

ファッションビルやスーパーなどで万引きやトラブルを起こしている人がいないかを見回るものから、工事現場のトラック誘導・交通整理、現金輸送車の警備まで、いろいろなところで見かけられますよね。

特別なスキルを持っていない場合はなるべくリスクの少ない仕事を選ぶようにしましょう。

その仕事内容とは?

警備員の仕事の中でもリスクが少なく、人とあまり接しなくて済むのは工事現場の誘導や見回りの仕事です。

トラックや大型車の出入りが激しい工事現場には必ず警備員さんがいますよね。

見たことがある通り、通行人に危険がないように交通整理をしたり車を誘導したりするのが主な仕事です。

夜間の場合は現場の見回りも担当します。

資材などを盗もうとする人もいるので作業していない現場も見回る必要があるのです。

個人で行動することが多いので気持ち的には楽でしょう。

そのおすすめ理由とは?

人と接しない仕事は室内のものが多く、ストレスが溜まりがち。

警備員の仕事は室内も屋外もありますし、適度な運動にもなるので健康的です。

人の安全を守る仕事なので、やりがいを持って働くことができるでしょう。

実際に警備員の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

運送業のドライバー

トラックの運転手さんや配送会社のドライバーさんは大抵1人で運転して荷物を配っています。

届け物をする先の人としか会うことがないですし、受け取りのサインをもらう程度しか会話しません。

人と接するのが苦手な人でも働くことができますよ!

最近はインターネットショップの増加に伴いドライバーが不足しているため、好条件を出している企業も多くあるので狙い目です!

その仕事内容とは?

荷物の配達または集荷が主な仕事です。

皆さん誰でも一度は玄関先や働き先で宅配便を受け取ったことがあると思います。

時間指定があればその時間に行って荷物を渡します。

階段のないアパートやマンションの場合は少々大変です。

不在の場合は不在票をポストに入れておきます。

ドライバーさんは問い合わせ対応用の携帯電話を持っているので、不在票を受け取った人からの電話連絡にも対応します。

他にも企業などから荷物の集荷依頼があった場合は荷物を預かり配達します。

そのおすすめ理由とは?

車の中では好きな音楽をかけたりもできますし、食事のタイミングも仕事の都合に合わせて自分の自由に取ることができます。

地域は限定されますが、道にも詳しくなれちゃいますね!

運転が好き、なるべく長い時間一人でいたいという人にはかなりおすすめの仕事ですよ!

軽作業スタッフ

幅広い年代から人気なのが軽作業スタッフの仕事です。

仕事中は人と会話する暇もなく黙々と作業をこなさなくてはならないため、ほとんど口を開くことはありません。

向き不向きが分かれる仕事ですが、個人で働けて人とあまり接したくないという人にはおすすめです。

その仕事内容とは?

商品を組み立てたり、商品に汚れや傷がないかなどの検品作業をしたりします。

ほとんどがライン作業と言ってベルトコンベアーで流れてくるしごとなので、次から次に作業をこなすことになります。

1日のノルマはありますが、常識的な速さでやればほとんどの場合はクリアできますし、個人というよりはラインごとのグループでのノルマになるのであまり重く考えることはありません。

そのおすすめ理由とは?

単調な作業ではありますが、逆に没頭すると時間があっという間に過ぎていきます。

人に合わせたり気を使ったりする必要がないので、気楽に取り組むことができますよ!

特に資格もいらないので、未経験でも応募しやすいですね。

普段生活の中で利用しているものがどうやってできているのかを知る貴重な機会でもあります。

飲食店のキッチン

ホールとキッチンの担当が分かれている飲食店は多いと思いますが、そういった職場のキッチン担当はほとんどフロアに出てくることはありません。

ということはコミュニケーションを取るのは同じキッチンを担当する人たちだけ。

接客が苦手でもキッチンなら飲食店で働くことができますよ!

その仕事内容とは?

キッチン担当は主に調理がメインの仕事。

他にも清掃や在庫管理も担うことがあります。

ファミレスの場合はメニューの数が多くて最初は大変ですが、細やかなマニュアルがあり研修がしっかりしているので安心です。

個人店や有名なお店だと即戦力になる人が求められるので、日頃から料理をする人たちの方がいいでしょう。

そのおすすめ理由とは?

私は以前中華料理屋さんのホールで働いていましたが、キッチンの人たちは皆さん静かで口数の少ない方が多かったです。

もちろん話せば皆さん良い人でしたが、コミュニケーションを取るのが苦手と言っている人が多かったのを覚えています。

なのできっと同じような性格の人もいて働きやすいと思いますよ!

料理のスキルも身につくし、頑張れば独立の道だってあるかもしれません。

お料理が好き、得意という人はぜひチェックしてみてください!

清掃員

オフィスビルや百貨店などで見かける清掃員さんも単独で動く仕事です。

朝礼などはあるものの、終業時間になると各持ち場を個々に担当することになるので自分のペースで気楽に働くことができます。

その仕事内容とは?

廊下やエスカレーターの手すり、トイレなどを清掃します。

担当箇所の清掃が終わったらチェック表に印をして次の場所に移動します。

よくデパートのトイレなんかで時間と名前が書いてある表を見かけますよね!

掃除好きの人にはおすすめですが、汚れた雑巾を洗ったりトイレの清掃などもあるので衛生面が気になる人には不向きかもしれません。

そのおすすめ理由とは?

就業中はほとんど一人で仕事をするので、人に気を使う必要はありません。

人気の少ない階段や廊下などを担当することもあるので、人目を気にすることもなくて気が楽です。

ハードな仕事ではないので、中高年になっても続けることができます。

実際に清掃員の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

インターネットショップ

個人で経営できるインターネットショップなら自宅でパソコン作業をするので人と接することはありません。

楽天などに出店する場合も担当の人とは電話のみで仕事を進めることができます。

その仕事内容とは?

インターネットショップを解説するには少々専門知識が必要です。

知識ゼロからスタートする場合は軌道に乗るまで少し時間がかかりるかもしれません。

サイトの開設はもちろん、商品の仕入れや在庫管理、問い合わせへの返信から発送業務まで全てを担当するので、慣れるまでは精神的にも体力的にもハードです。

しかし頑張った分売上に反映されますから、やる気も湧いてきますね!

そのおすすめ理由とは?

自分のタイミングで仕事ができるのが最大の魅力です。

いわゆる個人事業主になるわけですから、売上が伸びれば収入も増えます。

自分の好きな分野で働くことができるので、大変でもストレスは少ないでしょう。

パソコンさえあれば外出先や海外でも仕事ができるので、自由に働きたい人におすすめです!

アフィリエイト

アフィリエイトは手軽な副業として人気です。

最近では本屋さんでもアフィリエイトの参考書がたくさん並んでいます。

アフィリエイトはブログやホームページを解説して、そこに商品などのバナーやURLを貼り、そこから商品が売れたら報酬が入るという仕組みになっています!

その仕事内容とは?

まずは商品の説明を書いたりバナーやリンクを貼ったりするためのブログを作成します。

必ずアフィリエイト対応のブログサイトを選ぶようにしましょう。

ブログの内容は専門分野に特化したものの方がアクセス数が伸びますよ!

ブログを解説したら紹介したい商品のバナーもしくはURLを貼り付けます。

本番の中に埋め込んでもいいですし、トップページやサイドに載せても構いません。

更新頻度が高い方が訪問者数も増えるので、定期的に更新するようにしましょう!

そのおすすめ理由とは?

ブログを読む人はいつでもサイトに訪れることができるので、24時間商品が売れるチャンスがあります。

報酬はそこまで高額ではありませんが、ブログの人気さえ高くなればある程度放っておいても勝手に商品が売れてくれるのが魅力です!

最初はなかなか報酬が安定しないので、まずは副業から始めることをおすすめします。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

どんな仕事にもストレスやプレッシャーは付き物です。

お金を稼ぐということは簡単なことではありませんよね。

どの仕事を選んでも慣れるまでは多少の努力と我慢は必要かもしれません。

でもこれだけたくさんの仕事があるなら自分に合った仕事に就いて少しでも負担を減らしていきたいですよね!

人と接することが苦手という人はたくさんいると思います。

そのことをあまりマイナスに考えず、それも自分の個性として受け入れて最適な職を探してみましょう。


関連キーワード

仕事