社会には、これは面白いという仕事がたくさん溢れています。

意外にも知らない仕事も数多く存在し、新しい発見をする方も多くいることでしょう。

しかし、一般的に面白い仕事も、それが仕事として成り立っており、生計の糧となっていることには違いありません。

ここでは、面白い仕事のご紹介と、そのおすすめポイントについて解説していきます。

面白い仕事おすすめ15選

社会には面白い仕事が数多くあります。

最近のメディアの発達により動画配信が仕事として成り立ったり、IT業界も盛んに取り沙汰されるようになったり、著しく変化し続ける仕事も社会に適応していくために、さまざまな仕事が登場しています。

ここでは、そんな面白いおすすめの仕事のご紹介と、おすすめポイントについて解説していきます。

ユーチューバー

ユーチューバーとは、動画配信サイトYouTubeに動画をアップする人のことです。

動画配信サイトYouTubeでは、自由に自主制作した動画を配信することができ、独自にチャンネルを作ることができます。

そうすることで、視聴者を集めてチャンネル登録してもらい、より多くの方に動画を見てもらえる仕組みになっています。

また、YouTube内で、メッセージを共有するすることができ、動画を観た人がコメントを残すことができます。

そのような動画配信サイトYouTubeに動画をアップし、人気を博しているユーチューバーも数多く存在します。

仕事内容

ユーチューバーの仕事内容は、動画配信サイトYouTubeに自身で製作した動画を配信し続けることです。

同時にチャンネルを開設し、そのなかで視聴者に向けて継続的に配信し続けています。

ユーチューバーが仕事として成り立っている理由は、動画内で度々流される広告にあります。

ASPと呼ばれるさまざまな企業の広告を集約し、管理している会社と連携し、ユーチューバーが配信している動画を観ている人が、その広告を観てくれた場合に限り、報酬が発生する仕組みになっています。

いわゆる広告料が給料としてユーチューバーに入ってきます。

動画配信サイトYouTubeは、基本的にいつでも誰でも動画をアップすることができるため、手軽で簡単にユーチューバーとして活動することができます。

しかし、著作権の横行も問題視されており、なかには逮捕者が出るなど世間を賑わせているユーチューバーも存在します。

ユーチューバーは、視聴者を楽しませるだけでなく、著作権や商標権などの法律も遵守しなければならず、ルールの範囲内で仕事をしていかなければなりません。

おすすめポイント

ユーチューバーのおすすめポイントは、その時代の流行の波に乗って動画を配信することができることです。

一般的に時代遅れと呼ばれる情報は、社会的にも価値が無くなり、それを観たいと思う視聴者は少ないです。

そのため、ユーチューバーは、最新の流行の中で情報を選択し、動画としてアップしていきます。

つまり、ユーチューバーは最先端の流行を追いかけるジャーナリストの役割も担います。

正しく、そして、面白い情報を視聴者に無事届けるのがユーチューバーの仕事といえます。

動画などマルチメディア業界は、まだまだこれから需要が拡大していきます。

ユーチューバーになりたいという方も今からでも遅くはありません。

楽しく仕事がしたいという方には、是非おすすめです。

探偵

探偵は秘密裏に依頼主の要望を聞き入れ、そして、正しい情報を依頼主に変わって調べた結果を報告する仕事です。

社会的にも表と裏の顔が見え隠れするなか、探偵の需要が高まっています。

些細なトラブルとして、夫婦間の浮気調査や企業間のライバル競争など、さまざまな事案が発生しています。

仕事内容

探偵の仕事内容は、依頼主に変わって情報を調べ報告することです。

例えば、旦那さんが浮気をしているかもしれないという奥さんが探偵に相談依頼しに来たとします。

この場合、奥さんに代わって探偵が秘密裏に旦那さんの浮気調査を行い、事実確認したのちに奥さんへ調査内容を報告するという流れになっています。

探偵への依頼料は依頼主から支払われることとなり、場合によっては成果報酬で受け取る探偵もいます。

おすすめポイント

探偵の仕事は秘密裏に業務を遂行できるということです。

素性を表に出さず、誰にも気付かれないということが前提としてありますが、それに加えて、業務上知りえた秘密は、絶対に外部に漏らさないというルールがあります。

このような仕事が好きという男性も多いのではないでしょうか。

自分の素性を隠して、さまざまな依頼をこなすドラマのような世界に憧れている方にはおすすめです。

アフィリエイター

アフィリエイターとは、インターネットを通して情報を拡散し、閲覧者に正しくてタメになる情報を流していく仕事です。

Web業界が伸びてきており、特に、モバイル関連がスマートフォンを中心に急速に発展しています。

アフィリエイトはパソコンで行うものとされていましたが、スマートフォンでも手軽に行うことができるようになりました。

また、モバイルの閲覧者も増え、モバイルフレンドリーとしての価値も評価されるようになってきました。

仕事内容

アフィリエイターの仕事内容は、インターネットのなかで、ホームページを作り、そのなかで情報を閲覧者に公開することです。

記事と呼ばれる情報のなかに、アフィリエイトリンクという広告を貼りつけ、それを、閲覧者がクリックしたり、物品を購入したときに報酬が給料として発生する仕組みになっています。

おすすめポイント

アフィリエイターのおすすめポイントは、インターネット環境があれば、誰でもすることができるということです。

IT関連に興味があって知識もそれなりにあるけど、IT企業では仕事がしたくない方や、ある情報を全国に配信したいという方にはおすすめです。

プロブロガー

プロブロガーとは、ホームページを運営している人からの依頼などで、記事を執筆する人や、独自にブログを立ち上げて運営している人のことです。

紙媒体の執筆活動をしているライターをイメージすると分かりやすいでしょう。

常に記事を書き続け、そのなかで紹介している情報を全国に発信します。

仕事内容

プロブロガーの仕事内容は、独自にブログを立ち上げている人であれば、記事を執筆してWeb上で配信し続けます。

しかし、他企業や運営者から依頼があった場合は、期限内に依頼に沿った内容で記事を執筆し納品していきます。

プロブロガーの給料は、独自にブログを運営している人であれば、アフィリエイター同様に広告収入が入ります。

一方、他企業や運営者からの依頼の場合は、基本的には成果報酬で給料を貰います。

おすすめポイント

プロブロガーのおすすめポイントは、情報を自分目線で全国に発進することができるということです。

情報は切り口でまったく別の視点で捉えることができるため、面白いと思う方も多いと思います。

インターネット環境が整っていれば、誰でもできるため手軽に始めやすいのもポイントです。

ドライバー

ドライバーは車を運転をして人や物を無事に行き先に送り届ける仕事です。

観光ドライバーやトラックのドライバーなど、さまざまな形態がありますが、どれも時間とルールを守りながら遂行していかなければなりません。

ドライバーは交通ルールに則って安全に運転しなければならず、責任を感じる場合も少なくありません。

仕事内容

ドライバーの仕事内容は、人や物を行き先に安全に送り届けることです。

トラックの運転手であれば、依頼主からの荷物を受け取り、行き先に無事届けます。

一方、観光バスやタクシーのドライバーは物ではなく、人を乗せるため事故に遭遇することなく安全に送り届けなければなりません。

交通ルールを優先して業務をこなしていく大切な仕事です。

おすすめポイント

ドライバーのおすすめポイントは、好きなだけ車を運転できるということです。

車が好きであったり、運転することが好きであったり、なかには運転が趣味という方も多くいます。

運転を仕事にしたいという方にはおすすめの仕事です。

実際にドライバーの仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

スタントマン

スタントマンは、映画やドラマなどで出演者に代わり、派手で危険なアクションをする人のことです。

高いところから落ちたり、火を扱う場面も多く危ないと思われますが、訓練を積み重ねているため、意外にも安全に仕事をこなしています。

仕事内容

スタントマンの仕事内容は、体作りから始まります。

危険なスタントも多く、それに耐えうる体を作り上げていかなければなりません。

映画やドラマなどで出演者に代わり、危険なスタントをこなしていく仕事です。

おすすめポイント

スタントマンのおすすめポイントは、危険な行動でも安全に仕事ができるような頑丈な肉体を手に入れることができることです。

また、危険なスタントを通して、精神的にも強くなれます。

占い師

占い師は、繁華街の路上で道行く人の世相をみたり、占いを専門に館を立ち上げ行っている場合がほとんどです。

オカルト的な要素が含まれるため、信じる人と信じない人がきっぱり分かれますが、需要は高く面白半分で占いを受けるという方もなかにはいます。

仕事内容

占い師の仕事内容は、依頼主の世相を占うことです。

一般的には吉や凶事を伝え、無病息災を依頼主へ願うことが目的とされます。

未来を予知し、不幸から逃れる術を教えたり、幸福を逃さないようにアドバイスしたりします。

おすすめポイント

占い師はオカルト的な要素が多く、信憑性が問われるケースも少なくありません。

しかし、オカルトが好きという方は多く存在します。

そのなかで、地位を確立したいという方にはおすすめです。

離島での調理スタッフ

離島には面白い食材が豊富に揃っています。

調理を経験するときに、未知の食材を扱えるということは今後のステータスに繋がります。

離島独特の調理技術を身につけ、美味しい食材に出会えたときの嬉しさは堪りません。

仕事内容

離島での調理スタッフの仕事内容は、本島でも変わらず調理業務です。

ただし、離島には本島にはない食材が揃っている場合が多く、調理法も異なることがあります。

それらの未知なる技術を習得し、美味しく調理することが目的とされるため、日々調理の勉強が欠かせません。

おすすめポイント

離島に住む環境から、爽快感を味わうには最適なおすすめポイントです。

また、調理に携わりながら、離島独特の食材を扱うことができるため、調理が好きな方にはおすすめです。

バイヤー

バイヤーは外国で手に入れた商材を、日本に持ち帰って販売します。

何をしているのかよくわからないという秘めた部分がありますが、至って正統的な仕事です。

例えば、中国やタイで良質の生地を購入し、日本で販売するという流れになります。

仕事内容

バイヤーの仕事内容は、日本で売れそうな商材を外国で仕入れ、それを日本に持ち帰って販売することです。

貴金属が取り扱われるイメージが強いですが、骨董や生地、食材などさまざまなものが取り扱われています。

外国で格安で手に入れたものを、日本で相場価格で販売し、その利益が給料として入ります。

おすすめポイント

バイヤーのおすすめポイントは、外国に行けるということです。

仕事であちこち行けることはメリットとしても大きいです。

普段から外国に行きたいと思っている方にはおすすめです。

実際にバイヤーの仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

家事代行

家事代行は、一般的には家政婦と同等の扱いをされます。

依頼主が給料として家事代行料を支払い、代わりに家事をしてもらうという仕組みになっています。

近年は、家事代行業者として専門で家事代行を取り扱う業者が増えています。

それだけ需要が拡大している家事代行の仕事は、どんな仕事なのでしょうか。

家事代行といえば、そんなことは自分でするという人もいますが、多くの人はお願いできるなら家事代行してほしいと思っているようで、意外にも身近な仕事でした。

仕事内容

家事代行は、料理を作ったり、洗濯、掃除をしたりします。

近年では、家事代行を専門に取り扱っている業者が増えており、需要も拡大しています。

社会的にも、仕事をしている間に家事をしてくれる人がいたら嬉しいなどの声も多く寄せられており、需要と供給が上手く成り立っているようです。

家事代行の仕事は、主に、依頼主が仕事に行っている間に夕ごはんを作ったり、合間で洗濯や掃除をするケースがほとんどで、一般的には家政婦と呼ばれることもあります。

しかし、家事代行と家政婦には大きな違いがあります。

それは、家事代行は法人化した企業が業務独占で行う業務ですが、家政婦は個人が行う業務です。

つまり、法人として業務を遂行するか、個人として業務を遂行するかの違いです。

提供するサービス自体は、家事代行も家政婦も大きな違いはなく、料理や洗濯、掃除が基本的な業務になります。

おすすめポイント

家事代行は、洗濯や掃除、料理などの家事業務が好きという方にはおすすめです。

依頼主の代わりに好きなことができるので、母性本能がくすぐられたような感じになります。

そのため、例えば、家事代行の業務を行う人が50代女性で、依頼主が20代男性だとしたら、息子のような感覚で仕事ができるというわけです。

他にも、掃除や洗濯、料理が好きという方や、他人の喜ぶ姿がみたいという方にはおすすめの仕事です。

転売

転売は、一般的にはせどりとも呼ばれています。

物の価値というのは、相場通りではなく、欲しいと思った人が決めるものです。

その心理を上手く仕事にしたのが転売の仕事です。

転売のツールとして、メルカリやラクマなどのフリマアプリがありますが、転売初心者が多く扱います。

ある程度の体裁が整っており、操作が簡単であることが初心者向けといわれています。

高度な転売をしたいという人は、独自にホームページを立ち上げて行っているようです。

仕事内容

転売(せどり)は、仕入れた商品を別口で販売し、その利益を給料として受け取る仕事です。

例えば、Aという商品を100円で仕入れたとします。

そして、転売し200円で売れたとします。

すると、100円が利益として残ります。

この仕組みで利益を得る仕事です。

利益率を独自に決めることができることが大きなメリットです。

しかし、あまり利益を重視しすぎて、転売価格を大幅に上げすぎると売れないという現象が起きてしまい、在庫だけが残ってしまいます。

その辺のデメリットを承知で、転売を仕事としている方も多く存在します。

おすすめポイント

転売(せどり)のおすすめポイントは、自分の好きな商品を扱えることです。

自分のしたいことを積極的に取り入れることができるため、自分のやりたいことが確立している方にはおすすめです。

ネットショップ運営

ネットショップはWeb業界でも注目されています。

実際に店舗を持たない形態で、独自にお店を持つことができるため、お金が無くても基本的には誰でもできます。

取り扱う商品は独自に決めることができるため、お金が無くてお店ができなかったという人でも、手軽にホームページ上で店舗を構えることができます。

IT関連の知識は必要になりますが、日々勉強すれば、難しいことはなく誰でも簡単に開業することができます。

仕事内容

ネットショップ運営の仕事内容は、大きく分けて商品の受注、管理、販売があります。

それに加えて、ユーザーとのやりとりが含まれるため、接客業とそれほど変わりありません。

取り扱う商品によって、お客様とのやりとりも異なってくる場合があるため、臨機応変な対応で接客していかなければなりません。

例えば、ネットショップ上で掲示している商品の価格と実際に請求される金額が異なればクレームになりますし、注文してもなかなか届かないという場合もクレームに発展してしまいます。

ネットショップは、店舗を構えませんが、至って普通の接客業とすることは変わりません。

購入先には必ずお客様が存在し、そのお客様の要望をかなえてあげなければなりません。

つまり、お客様の目線に立って、しっかりやりとりをしていかなければならないということです。

おすすめポイント

ネットショップ運営のおすすめポイントは、お金をもたなくてもお店が開業できるということです。

いつかはお店を持ちたいと思っている方も多いでしょう。

そんな方には、ネットショップはおすすめです。

シルバー人材

シルバー人材とは65歳を迎えて定年退職した人を対象とした仕事です。

65歳でもまだまだ仕事はできるという人は多くいます。

そんな人を対象に仕事ができる環境を作っています。

仕事内容

シルバー人材の仕事内容は、除草作業や清掃作業、土木などさまざまな種類があります。

基本的にはまだまだ活躍できる65歳以上の人を対象としているため、動ける高齢者が従業員となって仕事をします。

おすすめポイント

シルバー人材のおすすめポイントは、仕事の精度の高さです。

動ける高齢者が仕事をしているため、腕には間違いありません。

65歳で定年したけど、まだまだ働きたいという方にはおすすめです。

リサイクル回収

リサイクルとは、空き缶やペットボトルを回収業者に受け渡すことを指します。

一般的にはゴミといわれるリサイクル品も、リサイクル業者に持ち込めばお金になります。

ゴミは捨てれば、ただのゴミですが、それを再利用して環境美化に努めることもできます。

ボランティアの要素が強い傾向がみられますが、ゴミを資源として再利用する社会的な動きもあり、近年注目を浴びています。

仕事内容

アルミ缶やスチール缶などの空き缶や、ペットボトル、ダンボール、雑誌は一般的にはゴミになります。

しかし、それらの廃棄処分を代行する代わりに報酬を得る仕組みがリサイクル回収業者にはあります。

これらのリサイクル取引業者に受け渡すことで、その報酬を給料として貰っています。

リサイクル品の運搬作業が主な仕事内容になりますが、大変な力仕事です。

空き缶やペットボトルも数が多くなればそれなりの重さになるため、筋力と体力を使います。

また、リサイクル品を取り扱った後は、付近が汚れてしまうため、清掃作業も業務に含まれることが多いです。

おすすめポイント

リサイクル回収のおすすめポイントは、環境美化に貢献しているということです。

ゴミが問題視される社会で、リサイクル回収の仕事は一躍買っています。

ゴミを資源にするという社会的な動きから、近年リサイクルの再利用が注目されています。

障がい者の就労支援

社会には、障がい者が社会復帰できずに隠れた才能が眠っているケースも少なくありません。

一方、技術が伴わずに仕事が出来ない障がい者もいます。

そのような障害を持った人を対象に、就労支援をする仕事があります。

仕事内容

障がい者の就労支援の仕事は、一般的には福祉サービスという枠組みになります。

社会に適応できない障がい者を対象に、就労する機会を与え社会復帰に向けて支援していく仕事です。

おすすめポイント

障がい者の就労支援のおすすめポイントは、ボランティア要素が高く、社会の助けになりたいと思っている方にはおすすめです。

これから注目を集めそうな面白い業界とその理由

現代社会には面白い仕事がたくさんありました。

しかし、これから注目を集めそうな面白い仕事もまだまだあります。

ここでは、そんな今後注目を集めそうな業界とその理由について取りあげていきます。

アフィリエイト業界

アフィリエイトといえば、あまりよく分からないと思われる方も多いと思います。

インターネットを通して情報を発信し、その情報を閲覧した人の割合で報酬が発生する仕組みになっています。

アフィリエイトの認知度はまだまだ低く、知っていても行動に移さないという人も多くいます。

その理由として、稼げないからといわれているためです。

しかし、IT関連、Web関連の業界はモバイルなどのスマートフォンやタブレットが普及したことをきっかけに、今後拡大していくと予測されます。

注目を集めそうな理由

アフィリエイト業界が注目を集めそうな理由として、一番はモバイルコンピューティングの普及にあります。

近年、スマートフォンやタブレットが大幅に普及率を伸ばし、拡大の一途を辿っています。

実際に検索エンジンでの検索数も年々伸びてきていることから、今後需要の拡大が飛躍すること間違いないでしょう。

高齢者サービス業界

2000年以降、日本では65歳以上の高齢者が急速に増えています。

人口は増えているのに高齢者が増加している背景には、少子化問題が含まれています。

これらの対処法はなく、高齢者が増加していく社会で、それをどのように受け入れていくかが今後の問題となってきます。

注目を集めそうな理由

65歳以上の高齢者は、日常生活を送る上でサポートが必要な場合も少なくありません。

そこで、重要となるのが高齢者を対象としたサービスです。

入浴介助や食事介助、買い物のサポートなど、できないことを補っていく仕事が需要拡大の一途を辿ります。

観光業界

高齢者の増加に伴い、旅行される高齢者の増加や、プレミアムフライデーなどの導入で余暇時間をいかに充実させて過ごすかが観光業界に火をつけています。

人の欲求のなかに、どこに行きたい、遊びを満喫したいという気持ちが眠っています。

それらの気持ちを解消させてくれる業界が観光業界です。

注目を集めそうな理由

観光業界が注目を集めそうな理由として、観光地の招致活動が各地で盛んに行われているということが挙げられます。

なまはげなどの無形文化遺産が登録されたことで、日本の観光地も知名度が上がりました。

これらの無形文化遺産の登録が、外国人の招致だけでなく、日本国内の需要も拡大しており、無形文化遺産を一度みてみたいと思っている人の後押しをしています。

自分にあった面白い求人の選び方や注意点

面白い仕事に実際に就くためには、いろいろなことを考えなければなりません。

雇用形態や職種、さまざまありますが、ここでは、そんな自分にあった面白い求人の選び方や注意点を解説していきます。

【選び方①】雇用形態から探す

面白い仕事のなかには、正社員やパートなどの雇用形態に捉われず、独自の雇用形態をとる場合があります。

例えば、ユーチューバーやアフィリエイターの雇用形態です。

基本的には、1人でも行える仕事ですが、莫大な収入を得る人もなかにはいます。

一部では法人化して会社として運営している人もいますが、多くは副業として行っていたり、個人事業主として行っている場合が多いです。

それらを踏まえて、ユーチューバーやアフィリエイターで成功している人は個人事業主としてパートやアルバイトを募集することがあります。

【選び方②】職種から探す

面白い職種は数多く存在しました。

どれを選ぶかは自分のやりたいことと照らし合わせながらすることをおすすめしますが、近年のIT技術の発展により、マルチメディア業界が急速に伸びてきています。

そのため、独自に開拓した職種を仕事としている人も数多くいます。

【選び方③】会社の業態から考える

面白い仕事のなかには、会社の業態としての枠組みが曖昧なものも数多く存在します。

個人事業主として起業している人が多いためともいわれていますが、一般的には、法人化して会社を持っている場合に限り、会社の業態から考えながら仕事を選ぶことができます。

しかし、ここでご紹介した仕事の多くは、店舗を持たない業態であったり、会社として成立していないケースも多く、会社の業態という枠組みでは難しいかもしれません。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

給与や雇用条件として、時給制や休暇などが挙げられますが、ユーチューバーやアフィリエイターは、独自で個人事業主として仕事をしている場合が多く、報酬がそのまま給与となったり、休暇も自由に設定することができます。

しかし、リサイクル回収やシルバー人材などは、基本的には土日が休みになり、給与も時給制である場合が多いです。

【選び方⑤】エリアから考える

仕事をするうえで、エリアから考えることは大切です。

職場が自宅から遠すぎると、仕事をする意欲にも繋がってしまいます。

仕事をいかに長続きさせるためには、自宅から近い距離で、負担があまりないエリアを選ぶことをおすすめします。

ただし、ここでもご紹介したユーチューバーやアフィリエイター、ネットショップ運営については、インターネットの環境があればどこでもできます。

その点はエリアを考えなくてもよいですが、立地によってはインターネットの接続状況がよくないエリアがあるため、その場合は不便が生じます。

まとめ

最後に、意外にも社会には面白い仕事が数多く存在しました。

特に、ユーチューバーは近年よく耳にするキーワードで、小学生のなりたい仕事ランキングでも上位に入っています。

今後は、どんな面白い仕事が登場していくのでしょうか。

楽しみです。


関連キーワード

仕事