よく耳にする『感受性が強い』という言葉。

皆さんの中にも、どなたかに言われたことがあるという方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、「なんとなく良い意味であるということは分かるけれど、実際はどのような人を表す言葉かよくわからない……」という人も多いはず。

せっかく授かった特徴ですから、これを機会にどんな特徴があるのか理解を深めてみませんか?

また、ご自身の特徴をしっかりと把握することで、今よりもっと相性のいい仕事に出会える可能性がぐんと高まります。

これから就職活動を行うという方は職業の方向性を絞ることができたり、自己アピールに活かせたりするというメリットも。

特徴と合わせておすすめの職業もご紹介いたしますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

感受性が強い人の5個の特徴とは?

「感受性が強い」というのは、簡単にまとめると”感性が優れている・敏感である”ということ。

『繊細』という言葉に置き換えられることも多いです。

とはいえ『繊細』と言われても具体的にはどのようなことなのかピンときませんよね。

では一体、具体的にはどのような特徴や長所があるのでしょうか。

下記にまとめますので、ご自身や身近にいる「感受性が強い」人を思い浮かべながら読んでみてください。

人の気持ちが分かる

「感受性が強い」と言われる人の特徴としてまずあげられるのが、「人の気持ちが分かる」という特徴。

感性が人より優れているわけですから、相手のちょっとした表情や動作から相手の気持ちを汲み取ることができるのです。

相手が言葉にする前に察することができるなんて、素敵な長所ですよね。

そのため、「気が利く」と言われることも多いです。

共感することができる

上記でも紹介したように「人の気持ちが分かる」ということは、その分共感もしやすいもの。

その優れた感性があれば相手の立場に自己投影することもできますから、心から相手に共感しやすいのです。

そのため誰かから相談されることが多かったりするかもしれません。

小さなことにも心が動く

感性が優れている人は小さなことにも感動したり、悲しみを覚えたりします。

天気がいいだけで気分が晴れたり、道端の小さな花に心が温まったり。

悲しいニュースを見ると必要以上に心が痛んだり、友人のちょっとした言動から不安になったりなんてすることも。

その心の振れ幅から時に疲れを感じることもあるかもしれませんが、色々なものを見過ごしてしまう鈍感な人より豊かな毎日を過ごせると言っても過言ではありません。

愛情深い

鈍感な人よりも、細やかなことに気づく人の方がなんとなく愛情に溢れてるイメージってありますよね。

人の気持ちを理解・共感し、小さなことにも心が動く「感受性の強い」人は毎日様々な人やものに心を動かされるため、自然とそれらに対する愛着が高まります。

その結果、とても愛情深い人物と認識されることが多いのです。

芸術的なセンスに優れる

毎日たくさん心が動き、たくさんのことを感じる「感受性の強い」人は、当然何も感じない人よりも心が豊かになります。

様々なことに鈍感な人が書いた絵より、様々なことに敏感な人が書いた絵の方が素晴らしそうなのはなんとなくお分りですよね。

したがって、感受性が強いとされる人は芸術的なセンスにも優れている可能性が高いのです。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

感受性が強いところを活かせる仕事5選

ここまでで、感受性が強い人の特徴や長所についてはお分りいただけたと思います。

小さなことにも心が動くほど感性が豊かなんて、素敵なことですよね。

もちろん一人の人間としても大変魅力的なのですが、その特徴や長所を職業にも生かすことができたならより素晴らしいと思いませんか?

ご自身の働きやすさやモチベーションの高まりだけでなく、仕事相手も幸せな気持ちにすることができます。

では、感受性が強い人はどのような仕事で活躍できるのでしょうか?

下記にていくつかご紹介させていただきます。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

カウンセラー

心理カウンセラー、メンタルヘルスカウンセラー、スクールカウンセラー、企業カウンセラー、キャリアカウンセラーなど。

その仕事内容とは?

主な業務内容はクライアントと面談や面会を行い、悩みや相談を聞くこと。

解決のためのアドバイスも行います。

活動場所は病院や専門機関、学校や企業など様々。

所持する資格によって活動場所は大きく異なります。

感受性が強いところを活かせるのはどんなところ?

何と言っても『共感力』。

誰にも言えないような悩みや不安を抱えた人がそれを打ち明けた時、共感してもらえるとかなり心が落ち着くもの。

それとともに感受性が強い人ならではの愛情深さを持ってクライアントに接すれば、心を開いてもらえる可能性もかなり高いです。

また、クライアントの中には自分の気持ちをうまく言葉にできない人もいます。

そんな時、人の気持ちを察することができるという点もかなりのポイント。

したがって、感受性が強い人はカウンセラーに向いていると言えるでしょう。

セラピスト

ボディセラピスト、メディカルセラピスト、心理セラピスト、リラクゼーションセラピスト、エネルギーセラピスト、フードセラピストなど。

その仕事内容とは?

セラピストとは、専門の知識や技術を使ってクライアントの悩みを解決に導く人のこと。

しかし、セラピストには一口ではまとめられないほどたくさんの種類が存在し、仕事内容も大きく異なるのです。

上記でご紹介した6つについて、以下でもう少しだけ詳しくご紹介します。

ボディセラピスト

主にクライアントの体の悩みを解消する人のこと。

エステやフェイシャルトリートメントなど美容に関わるものから、整体やマッサージなど健康に関わるものなど種類は様々。

具体的にはエステティシャン、リフレクソロジスト、ボディケアセラピストなどがあげられます。

メディカルセラピスト

病院や介護施設などで医療行為を行うことができるセラピスト。

国家試験が課されているものが多いです。

具体的には柔道整復師、はり・きゅう師、理学療法士、言語聴覚士などがあげられます。

心理セラピスト

クライアントの心理的な負担を軽減し、改善します。

上記でご紹介した心理カウンセラーも心理セラピストに含まれることも。

具体的には臨床心理士、産業カウンセラー、キャリアカウンセラーなど。

リラクゼーションセラピスト

五感を刺激することによってリラックス効果を高め、ストレスや不安を軽減させることを専門とします。

具体的にはアロマセラピスト、ミュージックセラピストなどがあげられます。

エネルギーセラピスト

「気」や人・物が持つエネルギーを利用して癒しを与えたり、心身の不調を改善するセラピスト。

上記でご紹介したセラピストに比べ、やや非科学的なセラピストです。

具体的には気功師、ホメオセラピスト、パワーストーンセラピストなど。

フードセラピスト

食べ物を用いてストレスを解消したり癒しを与えたりするセラピスト。

食生活の改善についてアドバイスすることで、心身の不調を取り除いたりすることも。

具体的には、ハーブセラピスト、薬膳セラピスト、オーガーニックフードセラピストなど。

感受性が強いところを活かせるのはどんなところ?

カウンセラー同様、何かしらの悩みを抱えたクライアントと携わることになるセラピスト。

毎回のお出迎えでは愛情深さが活きますし、施術中の会話では共感力が発揮されます。

また、ちょっとした仕草からクライアントの気持ちを察知できれば、よりパーソナルな悩みへのアプローチも可能。

したがって、感受性が強い人にはおすすめと言えるでしょう。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

福祉関係の仕事

ケアワーカー、ソーシャルワーカー、ケアマネジャー、地域福祉コーディネーターなど。

その仕事内容とは?

高齢者や障害者など、様々な人の日常生活をサポートする仕事。

福祉関係の仕事には、税金や保険料によって支えられている『公的な福祉サービス』とそれ以外の物があります。

前者は法令等で従業者や設備・サービス等に定めがあるものです。

こちらも一言ではまとめられないほどたくさんの種類があるため、代表的なものを下記にてご紹介いたします。

ケアワーカー

高齢者や障害者など日常生活の援助を必要とする人に、衣類の着脱や入浴、食事などの介助を行う人。

主な活動場所は特別養護老人ホームや病院など。

特別な資格は必要ありませんが、介護福祉士の資格を所持していると採用されやすかったり給料が優遇されたりします。

ソーシャルワーカー

高齢者や障害者、または病気や怪我をしている人やその家族に対して、日常生活を送る上での様々な不安や困りごとに関する支援を行う人のこと。

具体的には、相談者に対して色々なアドバイスを行い、社会復帰やスムーズな生活などを支援します。

主な活動場所は、高齢者福祉施設や障害者福祉施設、医療機関や教育機関など。

対象者は大人から子供までと幅広いのが特徴です。

ソーシャルワーカーになるための資格は働く場所によって異なるため、目指す場合は確認が必要です。

医療ソーシャルワーカーの仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

ケアマネジャー

介護支援専門員のこと。

介護を必要とする人が介護保険サービスを受けられるように、ケアプランの作成やサービス事業者との調整を行う介護保険のスペシャリスト。

実務経験がある人のみが取得できる公的な資格のため、誰でもなれるようなものではありません。

地域福祉コーディネーター

担当する地域の問題を把握し、住民の不安を解決するようサポートする人。

また、地域のPR活動などを行うといったケースもあります。

感受性が強いところを活かせるのはどんなところ?

福祉関係の仕事というのも、社会的に弱い立場にある人や何かしらの悩みを抱えている人と関わる仕事。

したがって痛みや悩みに深く共感することができたり、相手の何気ない仕草から気持ちを汲める感受性の強さがあれば活躍できること間違いありません。

また、感受性の豊かな人ならではの愛情の深さでクライアントを迎えてあげることができれば、クライアントから愛されるような人物になることができるでしょう。

児童関係の仕事

保育士、幼稚園教諭、養護教諭、児童厚生員、子供英会話教室、スイミングスクールなど。

その仕事内容とは?

子供を対象にサービスを提供する仕事。

専門的な資格が必要なものからそうでないものまで、幅広い種類があります。

個人の特技を活かせるようなものもあるため、下記に代表例をまとめます。

保育士

乳児から小学校に入るまでの子供の保育を行う仕事。

生活習慣のしつけを行ったり、集団活動の基礎を教えたりします。

主な活動場所は保育所や児童養護施設、障害者施設など。

保育士になるには厚生労働大臣の指定する保育士養成課程を持つ学校を卒業するか、保育士試験に合格する必要があります。

保育士になるには、こちらの記事を参考に!

幼稚園教諭

3歳から小学校に入る前までの用事を教育する仕事。

幼稚園教育要領に基づいたカリキュラムを提供したり、生活習慣や集団行動の基礎を教えたりすることが主な業務です。

幼稚園教諭になるためには、幼稚園教諭免許状が必須。

文部科学省認定の学校で指定の科目を学び単位を習得するか、専門学校や通信教育を通して免許状を取得することができます。

しかし、免許状があるだけで幼稚園教諭になれるというわけではありません。

採用試験に合格する必要があります。

採用試験は公立幼稚園か私立幼稚園かでも異なり、前者の場合は各都道府県の教員採用試験に合格しなければなりません。

後者の場合は、各幼稚園ごとに行われる独自の採用試験に合格する必要があります。

養護学校教諭

知的障害や肢体不自由、病弱な子供たちが通う養護学校や、一般校に設けられた特殊学級にて学習指導を行う仕事。

例外もありますが、かなり専門的な知識が必要なるため、教員免許状だけでなく養護学校教諭免許状を取得する必要があります。

養護学校教諭免許状の取得方法は2つ。

1つ目は特殊教育教員養成課程のある学校を卒業する方法です。

この場合は一般教員免許状と養護学校教諭免許状を同時に取得することができます。

2つ目は一般教員免許状を取得したあに1年制の専門学校へ通い、養護学校教諭免許状を取得するという方法。

どちらのケースも免許状取得後に各都道府県が行う教員採用試験に合格する必要があります。

児童厚生員

児童館や児童センターなどに勤務し、児童の遊びを指導する仕事。

児童と一緒に遊ぶだけでなく、児童が安全に遊べるような環境づくりなども行います。

児童厚生員になるには任用資格か、児童健全育成推進財団認定の児童厚生委員資格という民間資格が必要。

公務員として勤務するケースと嘱託職員として就職するケースがあり、公務員として就職する場合には資格取得後に地方公務員試験に合格する必要があります。

私立の施設に就職する場合は、施設が独自に設けた採用試験に合格することで採用されます。

子供を対象としたスクール

スイミングスクールや体操教室、英会話スクールなど、子供を対象としたスクールで働くというのも方法の一つ。

この場合は専門的な資格がいらないというケースも多く、かつ自分の特技を活かすことができます。

正社員だけでなくアルバイトとして働くこともできるため、フレキシブルに働きやすいというのも魅力的なポイントです。

感受性が強いところを活かせるのはどんなところ?

大人と違い、子供は自分の気持ちを言葉でうまく伝えることができません。

その分ちょっとした仕草に不調が現れたり、泣く・喚くといった表情で表現したりします。

そんな子供に対し、言葉を使わずとも気持ちが組めるような強い感受性は非常に有効です。

また、子供は道端の小さな花などちょっとしたことにも反応するような豊かな感性をもつもの。

感受性が強ければその豊かな感性にも負けないため、子供と同じ視点で色々なものに感動したりすることもできます。

さらに、感受性が強い人はアーティスティックなことに優れているケースが多いです。

子供のために絵を描いたり何か工作をしてあげたりすれば、喜ばれること間違いなし。

したがって、感受性が強い人ならではの様々な特徴を活かすことができます。

芸術家

書道家や陶芸師、写真家などの美術家。

また、著作家や映像作家、音楽作家など。

その仕事内容とは?

芸術家とは、自身のクリエイティブを売買することで生計を成り立てている人。

つまり作品を作り出すだけでなく、それを通して利益を生み出すことまでが仕事です。

芸術家と呼ばれる範囲は非常に広いため、いくつか下記にてご紹介いたします。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

書道家

自身の「書」を売ることで生計を立てる人。

作品を展示・販売する個展を開いたりもします。

また作品の売買以外にも、お店のロゴや企業の看板などを手がけたり、書道を教えたりすることで収入を得ることも。

陶芸家

自身で製作した「焼き物」を販売することで生計を立てる人。

陶芸の場合は食器や花瓶など取り扱うものが多いため、個人での販売のみでなくお店や道の駅などに卸販売するケースも。

作品の売買以外では、個展の開催や旅行客向けの陶芸体験教室などで収入を得ます。

写真家

自身で撮影した「写真」を販売することで生計を立てる人。

写真の販売先は一般人だけでなく、書籍やカレンダーを取り扱う法人ということも。

また、撮影した写真を売るだけでなく、「こういう写真を撮ってほしい」という依頼を元に撮影することもあります。

その他に個人の写真展を行ったり、撮影した写真をまとめた写真集を販売するなどし収入を得ます。

著作家

詩や物語など、文章を書くことを職業とする人。

自身の書いた詩や物語を書籍にして販売したり、ドラマや劇のシナリオを書いたりするなどして収入を得ます。

ヒット作を生み出すことができれば、印税で定期的に収入を得ることも可能。

コピーライターや翻訳家といった職業も「著作家」に含まれます。

映像作家

映画やドラマ、CMなどの映像コンテンツの企画から制作までを行う人。

撮影や編集といったやや専門的な知識が必要ですが、特別な資格などはありません。

知識は専門学校で身につけるか、もしくは独学で学びます。

テレビ制作会社やCM制作会社といった企業にも就職できるケースもあります。

音楽作家

オリジナルの音楽を作る人。

専門的な資格は必要ないため、音楽の専門学校を卒業した人から独学で学んだ人など幅広い人が活躍しています。

働き方はテレビ・CM会社に就職して活動する方法や、仕事の依頼を元に音楽を提供するフリーランスとして活動する方法など様々。

一般的にはどこかの企業に就職後、実力が認められれば独立してフリーランスとして活動するケースが多いです。

感受性が強いところを活かせるのはどんなところ?

感受性が強い人は、日常のちょっとしたことにも心が動くもの。

日常生活の中で養われたその独自の感性は、何か目に見える作品にした時に開花することが多くあります。

感受性の強さそのままに感じたことを表現すれば、普通の人では作れないような作品が作れるなんてことも少なくないのです。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

就職時に気をつけるべきこと

感受性が強い人は、普通の人よりも心の動きが激しい傾向にあります。

自身が感じるものも多ければ、他人の話に対しても必要以上に共感することが多いもの。

したがって、いつも休むことなく心を動かしているといっても過言ではありません。

そのため、他人の話や境遇に感情移入し過ぎると自身の心まで疲れ切ってしまうなんてことも。

感受性が強いからこそ心をたくさん動かす職業が向いているのですが、あまり動かし過ぎるのには注意が必要です。

ある程度のラインで「これは仕事」と区切ってクライアントと接するよう心がけ、自身の心の健康を守りましょう。

まとめ

以上、感受性が強い人の特徴や長所、感受性が強いからこそ向いている職業についてご紹介いたしました。

”感受性が強い”という言葉に漠然といたイメージしかなかった方、少しは明確になったでしょうか?

よく言われるという方の中には、自己理解が少し進んだという方もいらっしゃるかもしれませんね。

感受性が強い人の最大の長所は、何と言っても「心の柔軟性」。

何気ないものから多くを感じたり、他人の心にどっぷり共感したりと、自分以外のものから何かを感じ取ることが本当に得意です。

その長所を活かすことができれば、やや密に人と接するような職業できっと活躍することができるでしょう。

しかしながら、内や外から何かを感じすぎて自身が疲れ切ってしまうというケースも少なくありません。

他人に関してだけでなく、自身の心の動きにも敏感になりながら生活するよう心がけ、素敵な人生を歩んでいってくださいね。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

この記事では、生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているのですが、その会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新規加入や更新の手続きなどの保険募集を行ったりします。

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品開発の仕


仕事に関するコラム

真面目な人におすすめの仕事5選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「○○さんで真面目だよね」といったような話は、どこででも聞くでしょう。それは仕事に対しても、人間に対しても言われるでしょう。このどこにでも居る真面目な人は、今現在に至るまでなるべくしてなった人達です。彼らは「自分は真面目すぎる」と自覚しています。そんな彼らが仕事を始めたり転職したりすると、どんな傾向が出るのでしょうか。また真面目な性格ならではの、性格を活かせるような転職方法などないでしょうか。今回は真面目な性格ということに観点を絞り、彼らの特徴や働き方を見ていきましょう。真面目な性格故のデメリットやその付き合い方も併せてご紹介します。真面目な人ってどんな人?単純に真面目といっても、ただ「メガネ

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

ゆるい仕事おすすめ9選。仕事内容とそのおすすめポイントを紹介します

人それぞれ仕事に対する思いや事情は違いますが、生活していくためにお金は必要、でもキツイ仕事はしたくない・・・と思う人は多くいます。そういう人はガツガツ働くのではなく、「ゆるい仕事」を求めているでしょう。しかし、何にゆるさを求めるか、どのくらいのゆるさがいいのかには個人差があります。それでは、ゆるい仕事にはどのようなものがあり、どういった仕事をするのか、また、その仕事をする際の注意点などをご紹介していきます。ゆるい仕事とは? ゆるい仕事とは、精神的・肉体的なストレスが少ないこと、作業がルーティーンワークであるということが条件でしょう。精神的なストレスが少ない仕事には、ノルマがない、人と関わらなく

料理の資格を活かせる仕事おすすめ11選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。料理に関する資格にはどんなものがある?料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご