よく耳にする『感受性が強い』という言葉。

皆さんの中にも、どなたかに言われたことがあるという方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、「なんとなく良い意味であるということは分かるけれど、実際はどのような人を表す言葉かよくわからない……」という人も多いはず。

せっかく授かった特徴ですから、これを機会にどんな特徴があるのか理解を深めてみませんか?

また、ご自身の特徴をしっかりと把握することで、今よりもっと相性のいい仕事に出会える可能性がぐんと高まります。

これから就職活動を行うという方は職業の方向性を絞ることができたり、自己アピールに活かせたりするというメリットも。

特徴と合わせておすすめの職業もご紹介いたしますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

感受性が強い人の5個の特徴とは?

「感受性が強い」というのは、簡単にまとめると”感性が優れている・敏感である”ということ。

『繊細』という言葉に置き換えられることも多いです。

とはいえ『繊細』と言われても具体的にはどのようなことなのかピンときませんよね。

では一体、具体的にはどのような特徴や長所があるのでしょうか。

下記にまとめますので、ご自身や身近にいる「感受性が強い」人を思い浮かべながら読んでみてください。

人の気持ちが分かる

「感受性が強い」と言われる人の特徴としてまずあげられるのが、「人の気持ちが分かる」という特徴。

感性が人より優れているわけですから、相手のちょっとした表情や動作から相手の気持ちを汲み取ることができるのです。

相手が言葉にする前に察することができるなんて、素敵な長所ですよね。

そのため、「気が利く」と言われることも多いです。

共感することができる

上記でも紹介したように「人の気持ちが分かる」ということは、その分共感もしやすいもの。

その優れた感性があれば相手の立場に自己投影することもできますから、心から相手に共感しやすいのです。

そのため誰かから相談されることが多かったりするかもしれません。

小さなことにも心が動く

感性が優れている人は小さなことにも感動したり、悲しみを覚えたりします。

天気がいいだけで気分が晴れたり、道端の小さな花に心が温まったり。

悲しいニュースを見ると必要以上に心が痛んだり、友人のちょっとした言動から不安になったりなんてすることも。

その心の振れ幅から時に疲れを感じることもあるかもしれませんが、色々なものを見過ごしてしまう鈍感な人より豊かな毎日を過ごせると言っても過言ではありません。

愛情深い

鈍感な人よりも、細やかなことに気づく人の方がなんとなく愛情に溢れてるイメージってありますよね。

人の気持ちを理解・共感し、小さなことにも心が動く「感受性の強い」人は毎日様々な人やものに心を動かされるため、自然とそれらに対する愛着が高まります。

その結果、とても愛情深い人物と認識されることが多いのです。

芸術的なセンスに優れる

毎日たくさん心が動き、たくさんのことを感じる「感受性の強い」人は、当然何も感じない人よりも心が豊かになります。

様々なことに鈍感な人が書いた絵より、様々なことに敏感な人が書いた絵の方が素晴らしそうなのはなんとなくお分りですよね。

したがって、感受性が強いとされる人は芸術的なセンスにも優れている可能性が高いのです。

感受性が強いところを活かせる仕事5選

ここまでで、感受性が強い人の特徴や長所についてはお分りいただけたと思います。

小さなことにも心が動くほど感性が豊かなんて、素敵なことですよね。

もちろん一人の人間としても大変魅力的なのですが、その特徴や長所を職業にも生かすことができたならより素晴らしいと思いませんか?

ご自身の働きやすさやモチベーションの高まりだけでなく、仕事相手も幸せな気持ちにすることができます。

では、感受性が強い人はどのような仕事で活躍できるのでしょうか?

下記にていくつかご紹介させていただきます。

カウンセラー

心理カウンセラー、メンタルヘルスカウンセラー、スクールカウンセラー、企業カウンセラー、キャリアカウンセラーなど。

その仕事内容とは?

主な業務内容はクライアントと面談や面会を行い、悩みや相談を聞くこと。

解決のためのアドバイスも行います。

活動場所は病院や専門機関、学校や企業など様々。

所持する資格によって活動場所は大きく異なります。

感受性が強いところを活かせるのはどんなところ?

何と言っても『共感力』。

誰にも言えないような悩みや不安を抱えた人がそれを打ち明けた時、共感してもらえるとかなり心が落ち着くもの。

それとともに感受性が強い人ならではの愛情深さを持ってクライアントに接すれば、心を開いてもらえる可能性もかなり高いです。

また、クライアントの中には自分の気持ちをうまく言葉にできない人もいます。

そんな時、人の気持ちを察することができるという点もかなりのポイント。

したがって、感受性が強い人はカウンセラーに向いていると言えるでしょう。

セラピスト

ボディセラピスト、メディカルセラピスト、心理セラピスト、リラクゼーションセラピスト、エネルギーセラピスト、フードセラピストなど。

その仕事内容とは?

セラピストとは、専門の知識や技術を使ってクライアントの悩みを解決に導く人のこと。

しかし、セラピストには一口ではまとめられないほどたくさんの種類が存在し、仕事内容も大きく異なるのです。

上記でご紹介した6つについて、以下でもう少しだけ詳しくご紹介します。

ボディセラピスト

主にクライアントの体の悩みを解消する人のこと。

エステやフェイシャルトリートメントなど美容に関わるものから、整体やマッサージなど健康に関わるものなど種類は様々。

具体的にはエステティシャン、リフレクソロジスト、ボディケアセラピストなどがあげられます。

メディカルセラピスト

病院や介護施設などで医療行為を行うことができるセラピスト。

国家試験が課されているものが多いです。

具体的には柔道整復師、はり・きゅう師、理学療法士、言語聴覚士などがあげられます。

心理セラピスト

クライアントの心理的な負担を軽減し、改善します。

上記でご紹介した心理カウンセラーも心理セラピストに含まれることも。

具体的には臨床心理士、産業カウンセラー、キャリアカウンセラーなど。

リラクゼーションセラピスト

五感を刺激することによってリラックス効果を高め、ストレスや不安を軽減させることを専門とします。

具体的にはアロマセラピスト、ミュージックセラピストなどがあげられます。

エネルギーセラピスト

「気」や人・物が持つエネルギーを利用して癒しを与えたり、心身の不調を改善するセラピスト。

上記でご紹介したセラピストに比べ、やや非科学的なセラピストです。

具体的には気功師、ホメオセラピスト、パワーストーンセラピストなど。

フードセラピスト

食べ物を用いてストレスを解消したり癒しを与えたりするセラピスト。

食生活の改善についてアドバイスすることで、心身の不調を取り除いたりすることも。

具体的には、ハーブセラピスト、薬膳セラピスト、オーガーニックフードセラピストなど。

感受性が強いところを活かせるのはどんなところ?

カウンセラー同様、何かしらの悩みを抱えたクライアントと携わることになるセラピスト。

毎回のお出迎えでは愛情深さが活きますし、施術中の会話では共感力が発揮されます。

また、ちょっとした仕草からクライアントの気持ちを察知できれば、よりパーソナルな悩みへのアプローチも可能。

したがって、感受性が強い人にはおすすめと言えるでしょう。

福祉関係の仕事

ケアワーカー、ソーシャルワーカー、ケアマネジャー、地域福祉コーディネーターなど。

その仕事内容とは?

高齢者や障害者など、様々な人の日常生活をサポートする仕事。

福祉関係の仕事には、税金や保険料によって支えられている『公的な福祉サービス』とそれ以外の物があります。

前者は法令等で従業者や設備・サービス等に定めがあるものです。

こちらも一言ではまとめられないほどたくさんの種類があるため、代表的なものを下記にてご紹介いたします。

ケアワーカー

高齢者や障害者など日常生活の援助を必要とする人に、衣類の着脱や入浴、食事などの介助を行う人。

主な活動場所は特別養護老人ホームや病院など。

特別な資格は必要ありませんが、介護福祉士の資格を所持していると採用されやすかったり給料が優遇されたりします。

ソーシャルワーカー

高齢者や障害者、または病気や怪我をしている人やその家族に対して、日常生活を送る上での様々な不安や困りごとに関する支援を行う人のこと。

具体的には、相談者に対して色々なアドバイスを行い、社会復帰やスムーズな生活などを支援します。

主な活動場所は、高齢者福祉施設や障害者福祉施設、医療機関や教育機関など。

対象者は大人から子供までと幅広いのが特徴です。

ソーシャルワーカーになるための資格は働く場所によって異なるため、目指す場合は確認が必要です。

医療ソーシャルワーカーの仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

ケアマネジャー

介護支援専門員のこと。

介護を必要とする人が介護保険サービスを受けられるように、ケアプランの作成やサービス事業者との調整を行う介護保険のスペシャリスト。

実務経験がある人のみが取得できる公的な資格のため、誰でもなれるようなものではありません。

地域福祉コーディネーター

担当する地域の問題を把握し、住民の不安を解決するようサポートする人。

また、地域のPR活動などを行うといったケースもあります。

感受性が強いところを活かせるのはどんなところ?

福祉関係の仕事というのも、社会的に弱い立場にある人や何かしらの悩みを抱えている人と関わる仕事。

したがって痛みや悩みに深く共感することができたり、相手の何気ない仕草から気持ちを汲める感受性の強さがあれば活躍できること間違いありません。

また、感受性の豊かな人ならではの愛情の深さでクライアントを迎えてあげることができれば、クライアントから愛されるような人物になることができるでしょう。

児童関係の仕事

保育士、幼稚園教諭、養護教諭、児童厚生員、子供英会話教室、スイミングスクールなど。

その仕事内容とは?

子供を対象にサービスを提供する仕事。

専門的な資格が必要なものからそうでないものまで、幅広い種類があります。

個人の特技を活かせるようなものもあるため、下記に代表例をまとめます。

保育士

乳児から小学校に入るまでの子供の保育を行う仕事。

生活習慣のしつけを行ったり、集団活動の基礎を教えたりします。

主な活動場所は保育所や児童養護施設、障害者施設など。

保育士になるには厚生労働大臣の指定する保育士養成課程を持つ学校を卒業するか、保育士試験に合格する必要があります。

保育士になるには、こちらの記事を参考に!

幼稚園教諭

3歳から小学校に入る前までの用事を教育する仕事。

幼稚園教育要領に基づいたカリキュラムを提供したり、生活習慣や集団行動の基礎を教えたりすることが主な業務です。

幼稚園教諭になるためには、幼稚園教諭免許状が必須。

文部科学省認定の学校で指定の科目を学び単位を習得するか、専門学校や通信教育を通して免許状を取得することができます。

しかし、免許状があるだけで幼稚園教諭になれるというわけではありません。

採用試験に合格する必要があります。

採用試験は公立幼稚園か私立幼稚園かでも異なり、前者の場合は各都道府県の教員採用試験に合格しなければなりません。

後者の場合は、各幼稚園ごとに行われる独自の採用試験に合格する必要があります。

養護学校教諭

知的障害や肢体不自由、病弱な子供たちが通う養護学校や、一般校に設けられた特殊学級にて学習指導を行う仕事。

例外もありますが、かなり専門的な知識が必要なるため、教員免許状だけでなく養護学校教諭免許状を取得する必要があります。

養護学校教諭免許状の取得方法は2つ。

1つ目は特殊教育教員養成課程のある学校を卒業する方法です。

この場合は一般教員免許状と養護学校教諭免許状を同時に取得することができます。

2つ目は一般教員免許状を取得したあに1年制の専門学校へ通い、養護学校教諭免許状を取得するという方法。

どちらのケースも免許状取得後に各都道府県が行う教員採用試験に合格する必要があります。

児童厚生員

児童館や児童センターなどに勤務し、児童の遊びを指導する仕事。

児童と一緒に遊ぶだけでなく、児童が安全に遊べるような環境づくりなども行います。

児童厚生員になるには任用資格か、児童健全育成推進財団認定の児童厚生委員資格という民間資格が必要。

公務員として勤務するケースと嘱託職員として就職するケースがあり、公務員として就職する場合には資格取得後に地方公務員試験に合格する必要があります。

私立の施設に就職する場合は、施設が独自に設けた採用試験に合格することで採用されます。

子供を対象としたスクール

スイミングスクールや体操教室、英会話スクールなど、子供を対象としたスクールで働くというのも方法の一つ。

この場合は専門的な資格がいらないというケースも多く、かつ自分の特技を活かすことができます。

正社員だけでなくアルバイトとして働くこともできるため、フレキシブルに働きやすいというのも魅力的なポイントです。

感受性が強いところを活かせるのはどんなところ?

大人と違い、子供は自分の気持ちを言葉でうまく伝えることができません。

その分ちょっとした仕草に不調が現れたり、泣く・喚くといった表情で表現したりします。

そんな子供に対し、言葉を使わずとも気持ちが組めるような強い感受性は非常に有効です。

また、子供は道端の小さな花などちょっとしたことにも反応するような豊かな感性をもつもの。

感受性が強ければその豊かな感性にも負けないため、子供と同じ視点で色々なものに感動したりすることもできます。

さらに、感受性が強い人はアーティスティックなことに優れているケースが多いです。

子供のために絵を描いたり何か工作をしてあげたりすれば、喜ばれること間違いなし。

したがって、感受性が強い人ならではの様々な特徴を活かすことができます。

芸術家

書道家や陶芸師、写真家などの美術家。

また、著作家や映像作家、音楽作家など。

その仕事内容とは?

芸術家とは、自身のクリエイティブを売買することで生計を成り立てている人。

つまり作品を作り出すだけでなく、それを通して利益を生み出すことまでが仕事です。

芸術家と呼ばれる範囲は非常に広いため、いくつか下記にてご紹介いたします。

書道家

自身の「書」を売ることで生計を立てる人。

作品を展示・販売する個展を開いたりもします。

また作品の売買以外にも、お店のロゴや企業の看板などを手がけたり、書道を教えたりすることで収入を得ることも。

陶芸家

自身で製作した「焼き物」を販売することで生計を立てる人。

陶芸の場合は食器や花瓶など取り扱うものが多いため、個人での販売のみでなくお店や道の駅などに卸販売するケースも。

作品の売買以外では、個展の開催や旅行客向けの陶芸体験教室などで収入を得ます。

写真家

自身で撮影した「写真」を販売することで生計を立てる人。

写真の販売先は一般人だけでなく、書籍やカレンダーを取り扱う法人ということも。

また、撮影した写真を売るだけでなく、「こういう写真を撮ってほしい」という依頼を元に撮影することもあります。

その他に個人の写真展を行ったり、撮影した写真をまとめた写真集を販売するなどし収入を得ます。

著作家

詩や物語など、文章を書くことを職業とする人。

自身の書いた詩や物語を書籍にして販売したり、ドラマや劇のシナリオを書いたりするなどして収入を得ます。

ヒット作を生み出すことができれば、印税で定期的に収入を得ることも可能。

コピーライターや翻訳家といった職業も「著作家」に含まれます。

映像作家

映画やドラマ、CMなどの映像コンテンツの企画から制作までを行う人。

撮影や編集といったやや専門的な知識が必要ですが、特別な資格などはありません。

知識は専門学校で身につけるか、もしくは独学で学びます。

テレビ制作会社やCM制作会社といった企業にも就職できるケースもあります。

音楽作家

オリジナルの音楽を作る人。

専門的な資格は必要ないため、音楽の専門学校を卒業した人から独学で学んだ人など幅広い人が活躍しています。

働き方はテレビ・CM会社に就職して活動する方法や、仕事の依頼を元に音楽を提供するフリーランスとして活動する方法など様々。

一般的にはどこかの企業に就職後、実力が認められれば独立してフリーランスとして活動するケースが多いです。

感受性が強いところを活かせるのはどんなところ?

感受性が強い人は、日常のちょっとしたことにも心が動くもの。

日常生活の中で養われたその独自の感性は、何か目に見える作品にした時に開花することが多くあります。

感受性の強さそのままに感じたことを表現すれば、普通の人では作れないような作品が作れるなんてことも少なくないのです。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

就職時に気をつけるべきこと

感受性が強い人は、普通の人よりも心の動きが激しい傾向にあります。

自身が感じるものも多ければ、他人の話に対しても必要以上に共感することが多いもの。

したがって、いつも休むことなく心を動かしているといっても過言ではありません。

そのため、他人の話や境遇に感情移入し過ぎると自身の心まで疲れ切ってしまうなんてことも。

感受性が強いからこそ心をたくさん動かす職業が向いているのですが、あまり動かし過ぎるのには注意が必要です。

ある程度のラインで「これは仕事」と区切ってクライアントと接するよう心がけ、自身の心の健康を守りましょう。

まとめ

以上、感受性が強い人の特徴や長所、感受性が強いからこそ向いている職業についてご紹介いたしました。

”感受性が強い”という言葉に漠然といたイメージしかなかった方、少しは明確になったでしょうか?

よく言われるという方の中には、自己理解が少し進んだという方もいらっしゃるかもしれませんね。

感受性が強い人の最大の長所は、何と言っても「心の柔軟性」。

何気ないものから多くを感じたり、他人の心にどっぷり共感したりと、自分以外のものから何かを感じ取ることが本当に得意です。

その長所を活かすことができれば、やや密に人と接するような職業できっと活躍することができるでしょう。

しかしながら、内や外から何かを感じすぎて自身が疲れ切ってしまうというケースも少なくありません。

他人に関してだけでなく、自身の心の動きにも敏感になりながら生活するよう心がけ、素敵な人生を歩んでいってくださいね。


関連キーワード

仕事