日々の生活の中で、私たちを癒してくれる存在のカフェ。

お気に入りのカフェでほっと一息つくのが楽しみという方も多いのではないかと思います。

いつ行っても笑顔で迎えてくれるカフェ店員さん、憧れますよね。

あんな風に楽しく仕事ができたらなとカフェへの転職を考えている方へ、今回はカフェの仕事内容や向いている人、キャリアについてご紹介します!

「カフェの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

カフェの仕事はどんな仕事?

カフェの仕事は主に接客と調理です。

この二つを両方こなす社員もいれば、接客のみ、調理のみに従事する人もいます。

大手の経営するカフェであれば接客担当、調理担当と分かれている事が多いですが、個人経営のカフェだとオールマイティな動きが求められるでしょう。

カフェの大まかな仕事内容

ホールスタッフの仕事は席へのご案内・接客・料理やドリンクの提供・お会計・清掃です。

店舗によってはドリンクオーダーをホールスタッフが作る事もあります。

まずご来店のお客様を席へご案内後オーダーを伺います。

そのオーダーをキッチンへ連絡し、出来上がった料理を席へと運びます。

最後はお会計をし、お客様をお見送りします。

キッチンスタッフの仕事は主に調理になりますが、忙しい時は接客をしにホールへ出て行くこともあります。

ピーク時間が終われば仕込みや在庫管理などを行う事になるでしょう。

仕事上の役割とは?

カフェのホールスタッフの一番重要な役割は、お客様に「また来たいお店」だと思ってもらう事です。

料理がどれだけおいしくても、お店がどれだけ良い立地にあってもホールスタッフの対応一つで印象は大きく左右されます。

トラブルがあった時でも焦らず冷静に、かつ笑顔でいる事が求められます。

キッチンスタッフの役割はもちろんおいしい料理を作り提供する事です。

カフェは気軽に入る事のできる分、お店の選択肢も多くあります。

他店との差別化を図ることで集客に繋がるので、カフェのキッチンスタッフはそのお店でしか食べられないメニューを商品化し手頃な値段で提供する力が必要です。

カフェの仕事はどんな人に向いている?

カフェの仕事は意外と向き不向きが分かれる職種です。

転職後、やっぱり向いていなかったという事態にならない為にもしっかり自分と向き合いましょう。

まずは向いている方の特徴をお話していきます。

当てはまる方は、きっとカフェで楽しく働く事ができますよ。

おしゃべり好きな人

人と話す事が好き、初めてあった人でもすぐに打ち解けられると言う方はカフェスタッフに向いています。

基本的にカフェはお客様との距離が近く、中にはスタッフとの会話を楽しみにして来られる常連さんもいます。

お客様との会話を楽しむ事のできるスタッフはとても重宝されます。

人間観察ができる人

カフェは食事を目的にしているレストランと違い、お客様のご来店動機が様々です。

一人で仕事をしに来ている方やお友達とおしゃべりを楽しむ方、急いで食事を済ませたいサラリーマンの方などが来店される中で、その人にとっての良い店良い接客を見極めるスキルが必要です。

忙しい中でもお客様を観察する事のできる人は良いスタッフになる事ができるでしょう。

臨機応変に対応できる人

営業していると忙しいピークの時間帯が必ずやってきます。

ホールスタッフがキッチンで調理補助をしたり、キッチンスタッフがホールを助けたりと言う事は必ず起こってくるものです。

その時一番忙しい場所に気付く事ができ、担当の枠を超えてヘルプに入る事のできるスタッフはどこのお店も欲しいものです。

体力に自信のある人

カフェスタッフの話でよく耳にするのが「体力的にきつい」と言う事です。

カフェはゆったりした時間が流れる場所ですが、スタッフ側はそうはいきません。

キッチンとホールを何往復もしなければなりませんし、重いお皿を何枚も運ぶ事もあります。

もちろん全ての仕事が立ち仕事ですので体力があり健康な方が向いている仕事です。

\「自分でも出来そう!」と思ったら/

「カフェの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

逆にカフェの仕事に向いていない人の特徴は?

次に向いていない人の特徴についてお話していきたいと思います。

向いていないと言っても改善できる事ばかりですので努力次第で良いスタッフを目指せるでしょう。

人見知りな人

接客業で一番大事なのはいかに感じよく接するか、と言う事です。

カフェのようなたくさんのお客様が来店する場所で、人見知りである事は大きなハンデとなります。

最初から無理にお客様と会話をする必要はありませんので、まずは笑顔でハキハキと話す練習から始めましょう。

感情が顔に出る人

時にはお客様からのクレームや注意などもいただく事があります。

その時も話をしていて表情が曇ったり、ネガティブな気持ちを顔に出したりしてはいけません。

どんなに店が忙しく疲れていてもホールに立つ時は笑顔を保つ事のできる人でないとカフェスタッフは務まりません。

一度にたくさんの仕事をこなせない人

カフェはスタッフの数が多くありません。

必要最低限の人数でお店を営業するのが普通ですので、レストランの様に仕事が細分化されていません。

お客様が呼んでいる時には自分の手を止めて対応に行く必要があったり、一度に2個3個の仕事を抱える事もあります。

一つの事に集中して仕事をしたい方は向いていません。

カフェで働くメリットとは?

コミュニケーション能力が上がる

カフェで働く前と働いた後ではコミュニケーションのスキルは段違いに上がる事が期待できます。

一度身につけたコミュニケーション能力は他の仕事はもちろん、日常生活でも生かすことができるでしょう。

調理技術も学べる

キッチンスタッフであれば調理の技術も身につける事ができます。

飲食店で働くのであれば欠かせないオーダーをこなす力や時間内に料理を提供する力も得る事ができます。

コーヒーを売りにしているお店であれば、おいしいコーヒーの淹れ方やラテアートなども学ぶ事ができます。

人脈が広がる

日々たくさんのお客様がいらっしゃるカフェでの仕事は人脈がとても広がります。

お客様から為になるお話を聞けたり、スタッフの前職も様々です。

お店の外で常連のお客様から声をかけられる事もありますよ。

いろんな人が集まる場所ならではの楽しさを実感する事ができるでしょう。

\この仕事に「やりがい」があると感じた人は/

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

カフェで働いた後は、その接客の力を生かしレストランやホテルの職についた人や、調理の道に進んだ人、コーヒーに目覚めバリスタを目指す人など多岐に渡ります。

カフェでの接客経験があると、その他の飲食業や接客業でも採用されやすいと言えます。

カフェで店舗の運営を学んだ跡に独立し自分のお店を持つ方が多いのも特徴です。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

カフェで培った経験は他業種でも大いに生かすことができます。

コミュニケーション能力が重視される営業職などはその最たる例でしょう。

カフェの仕事では、人と接する職種全般で役に立つ振る舞いやマナーを身につける事ができます。

(プロのキャリアアドバイザーが無料で相談にのってくれます)

「カフェの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

今回はカフェスタッフについてお話させていただきました。

カフェスタッフの仕事内容が少しはお伝えできたでしょうか。

カフェで働くと言う事は、ゆったりとした時間を過ごせる事と同義ではありません。

お客様をお迎えする為に影ながら大変な努力や忍耐が必要な職種でもあります。

しかし、おしゃれな店内を見渡した時やコーヒーの良い香りに包まれた時などはここで働いていて良かった!と思う事のできる仕事です。

ぜひあなたにも、カフェスタッフとして働く喜びを感じてほしいと思います。

  バイト仕事を探せるおすすめバイト求人サイト
  バイト仕事を探せるおすすめバイト求人サイト
マッハバイトで応募して採用されると、最大で1万円、最低でも5,000円の祝い金を貰える! 公式サイト 公式サイト
あのLINEのグループ会社が運営!1200万人以上の会員が既に登録して利用してます。 公式サイト 公式サイト
求人件数も豊富で、やりたいバイトが見つかりやすい!圧倒的におすすめなバイト求人サイトです。 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

カフェ求人 仕事


カフェの仕事を探すにはこちら >