みなさん、マーチャンダイザーとはどういう仕事かご存知ですか?

なかなか聞きなれない職業なので、ピンとこないという方も多いかもしれませんね。

しかし、このマーチャンダイザー、みなさんの生活に大きく関わる人物なのです。

今回はマーチャンダイザーについて解説したいと思います。

どんなことをしている人なのか、メリットやデメリットはなんなのか、ぜひ参考にしてみてください。

マーチャンダイザーとはどんな仕事?

デパートや百貨店に行くと、「そうそう、こんなのが欲しかったんだ〜!」という商品が並んでいることってありませんか?

実はそれ、マーチャンダイザーの仕業なのです。

マーチャンダイザーとは、市場を調査し、売れそうな商品を開発したり選定したりする仕事。

言い換えれば、売れる商品を見つけ出し、売り上げを作る仕事です。

マーチャンダイザーの役割とは?

マーチャンダイザーの役割は様々。

市場調査から商品選定・開発、商品を開発する場合はそのスケジュールなども管理します。

非常に多岐に渡る業務をこなすマルチプレイヤーなのです。

マーチャンダイザーがこなす業務について、実際の業務の流れに沿って解説いたします。

市場調査

まず重要なのは、市場調査。

売れる商品を選定・開発するために、下記のようなことを調査します。

  • 今売れている商品と購入者
  • 前年度のヒット商品
  • 他社が今期売ろうとしている商品
  • 自分の店舗の利用客層

実際に他店舗へ出向いたり、専門のデータベースを見たりしながら状況を把握します。

その上で、販売するターゲット層と販売する商品を決定します。

商品の選定・開発

市場調査の結果、販売したい商品の概要が決まったら、該当する商品があるかどうかメーカーに問い合わせます。

イメージに近い商品があった場合、仕入れ値などをメーカーと交渉し、販売へと繋げます。

これが俗にいうNB(National Brand)商品です。

もし市場に該当商品がない場合は、自ら開発することもしばしば。

このように自ら開発した商品はPB(Private Brand)商品と呼ばれます。

PB商品を開発する場合は、工場などを持っている商品開発力のあるメーカーとタッグを組むケースがほとんど。

メーカーとの協力が必要です。

販売計画の作成

その年の売り上げ目標を元に、いつどのような商品を売るかという販売計画を立てるのもマーチャンダイザーの仕事。

売る商品が決まる前にざっくりと市場の流れを踏まえた販売計画を作り、商品が揃ったところで具体的な販売数などの数字を詰めていきます。

つまり、マーチャンダイザーは数字への強さも求められるのです。

開発商品の生産・品質管理

PB商品を開発する場合、その商品の耐久性といった品質管理もマーチャンダイザーの役目。

まず最初にメーカーに希望とする条件を出し、商品開発をしてもらいます。

次にメーカーから上がってきたサンプルを確認し、条件を満たしているかどうかを確認。

この時に追加の条件などがあればそれを伝え、次のサンプルを待ちます。

そんなやり取りを数回繰り返した上で商品が出来上がりますが、そのやり取りの最中に品質に関する指摘をし、販売商品の品質を守るのです。

中には、生産現場へ実際に出向くマーチャンダイザーもいます。

生産・在庫管理

商品が棚に陳列されたら、マーチャンダイザーの仕事は終わり……という訳ではありません。

販売商品の在庫が残らないように、生産の追加発注やストップをかける作業というのも、マーチャンダイザーが行います。

したがって、マーチャンダイザーには市場の流れを読む力や先見の明が必要不可欠なのです。

マーチャンダイザーの給料事情は?

マーチャンダイザーの給料は、至って一般的。

地域や年齢にもよりますが、20〜30代だと月収25万円前後が相場です。

もちろん、キャリアを積めばそれ以上ということもしばしば。

実力によっても前後します。

マーチャンダイザーの仕事で良い面とは?

多くの業務をこなさなくてはならないマーチャンダイザーですが、ただただ大変なだけではありません。

大変な分、いいことも多いものです。

メリットについてご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

様々なスキルが身につく

市場の調査から商品の選定・生産や在庫の管理までと、マーチャンダイザーは非常に多くの業務をこなします。

そのため、日々の業務の中で様々な力を身につけることが可能。

こんなにも幅広い業務に携わる仕事はなかなかありませんから、スキルを身につけるにはもってこいの仕事です。

転職しやすくなる

上記でもご紹介したように、マーチャンダイザーの仕事は多岐に渡ります。

様々な業務ができ、各方面に顔が広いマーチャンダイザーであれば、転職のしやすさは抜群。

マーチャンダイザーとしても転職できますし、業務の一部に特化した転職も可能です。

商品開発のみを専門としたり、生産管理のみを専門としたりと、道は様々。

自身の可能性が広がるといった意味でも魅力的な職種です。

トレンドに敏感になる

“売れそうなもの”を考え市場を読み解くマーチャンダイザー。

次に売れそうなものを考えるわけですから、トレンドなどに非常に強くなります。

マーチャンダイザーとして働けば、先見の明も鍛えられるというわけです。

マーチャンダイザーの仕事で悪い面とは?

上記ではメリットを紹介いたしましたが、デメリットも存在します。

とはいえ、下記でご紹介するデメリットは何の利益もないデメリットではありません。

乗り越えれば自分のためになるものですが、乗り越えるまでが大変なのでデメリットとしてご紹介します。

仕事の幅が広い

何度もご紹介していますが、マーチャンダイザーが携わる業務の種類は非常に多いもの。

したがって、覚えることやこなす業務も多岐に渡ります。

それを辛く感じてしまう人にとっては、仕事の幅の広さはデメリットであるといえます。

業務量が多い

仕事の幅が広ければ、業務の多いのは容易に想像がつくと思います。

仕事好きな人にとってはメリットですが、そうではない人にとってはこちらもデメリット。

色んなことを同時進行で進められない人にとっては辛いかもしれませんね。

マーチャンダイザーに向いている人ってどんな人?

ここまででマーチャンダイザーの概要についてはお分りいただけたでしょうか?

マーチャンダイザーは、常に複数の業務を抱える大変な仕事。

資格などはいりませんが、誰にでもできるというとやや語弊があるかもしれませんね。

では、実施にはどのような人がマーチャンダイザーに向いているのでしょうか。

以下にまとめますので参考にして下さい。

複数の仕事を抱えることに抵抗がない人

ここまでで散々述べてきましたが、マーチャンダイザーの業務は多岐に渡ります。

全ての業務がひとつひとつ進められればいいものの、そうもいきません。

複数の業務を同時に進めるということがほとんど。

したがって、複数の仕事を同時に進めても混乱しない、余裕を持って仕事をできる人の方が向いていると言えるでしょう。

ひとつの仕事をに集中したい人や、ひとつひとつをきちんとこなしたいという人にとってはやや厳しい職種かもしれません。

タスク・スケジュール管理能力の高い人

マーチャンダイザーには、常に締め切りとの戦いが付いて回ります。

市場調査の締め切り、商品提案の締め切り、商品開発の締め切り、発注の締め切りなど、その頻度は毎週といっても過言でもありません。

それも、複数の仕事を同時並行しながらそれぞれの期限を守らなければならないなど、かなり大変です。

したがって、自身のタスクやスケジュールをしっかりと管理できる人の方が向いていると言えるでしょう。

期日を守れない人や、タスク管理のできない人は避けたほうがいいかもしれません。

数字に強い人

マーチャンダイザーは、毎日たくさんの数字を扱います。

予算、原価率、仕入れ値、制作費、費用対効果など、その種類は様々。

したがって、数字が苦手な人や計算が不得意な人は向いていないかもしれません。

コミュニケーション能力が高い人

マーチャンダイザーの仕事は、様々な人との関わりの中で成り立ちます。

市場調査や商品開発案などは地震で行えるものの、それ以降の商品開発や発注などは、メーカーとのやりとりが必須。

ここでのコミュニケーションがうまく取れれば取れるほど、商品のクオリティや発注業務のクオリティが上がります。

また、市場調査は自身で調べるだけでなく、メーカーさんからの情報も有効です。

これらの情報を引き出すのも、マーチャンダイザーの腕の見せ所。

コミュニケーション能力は高いに越したことはありません。

人と関わること、話すことが苦手という人は、マーチャンダイザーには向かない可能性が高いです。

フットワークが軽い人

マーチャンダイザーにとって、フットワークの軽さは必要不可欠なものです。

例えば、市場調査。

これはインターネットや専門の文献・新聞などで調べるだけでなく、実際に現場へ出向くことが重要です。

売れている現場、売れていない現場、人気の場所などに出向き、市場の動向を探るのです。

また、商品開発においてもフットワークの軽さは必須。

メーカーヘ出向くことはもちろん、生産の段階に入っても状況を見に行ったり、環境を把握しておいたりしなければなりません。

したがって、出不精であったりフットワークが重かったりする人には向いていないと言えるでしょう。

マーチャンダイザーの転職先は? その後のキャリアについて

非常に多くの仕事をこなすマーチャンダイザー。

日々の業務は大変ですが、その分できることやスキルアップが期待できる職種です。

そのため、転職にも非常に有利。

マーチャンダイザーとして他社に転職できるだけでなく、その業務の一部を切り取ってスペシャリストとして就職することもできるのです。

マーチャンダイザーの転職先にはどのような道があるのか、下記にまとめます。

マーケティング

商品選定や商品開発を行うために必須の業務、「市場調査」。

どんな人たちが、いつどこで、なのために買っているか。

そのようなことを調査し商品選定・開発に活かす能力は、マーケティングを専門とする場所でも活かすことができます。

したがって、マーケティングを行うコンサルティング会社や、企業のマーケティング部などへ転職しやすいです。

商品開発

市場調査の結果、どのような商品が流行るかを考え商品を開発するこの能力も単品で活かすことができます。

いわゆる、企業の「商品開発部」に転職するようなイメージです。

こちらではその能力自体も有効に働きますが、今まで築いてきた人脈も重要な役割を果たします。

今まで共同開発を依頼していたメーカーや工場が多ければ多いほど、転職にも有利。

もし転職を考える場合は自分の能力だけでなく、どのような会社と共同開発したかもアピールするといいでしょう。

品質管理

新商品を開発するにあたって、品質の管理も行います。

したがって、この品質管理のみに特化した転職というのも可能。

何かしらの商品を販売する企業であれば「品質確認部」というのを設けている企業も多いですから、あたってみるといいでしょう。

生産管理

品質管理同様、生産の管理も行うマーチャンダイザー。

市場の動向を見ながら売れ行きがよければ追加生産をしたり、悪ければ生産を止めたりと、日々業務をこなす中でかなり先見の明が磨かれます。

それを生かし、生産管理のみを専門とする部署をもつ会社へ転職するというのも道のひとつ。

ここにやりがいや達成感を感じるという人は、転職を考えて見てもいいかもしれませんね。

まとめ

以上、マーチャンダイザーという仕事や、その後のキャリアについてまとめました。

再三に渡ってご紹介してきましたが、マーチャンダイザーは本当に大変な仕事。

日々様々な業務と向き合い、こなしていく必要があります。

複数の業務を同時進行できないという人には向いていない仕事です。

しかし、その大変さに魅力ややりがいを感じる人にとってはもってこいの仕事。

決して楽な仕事ではありませんが、ぜひチャレンジしてみるといいかもしれませんね。

マーチャンダイザーは商品を販売する会社には必ずと言っていいほど存在しますから、求人も少なくはありません。

就職や転職を考えている方は、ぜひ積極的に動いてみてください。