一般的に、普通の会社員より激務でお給料も安いと言われる飲食業。

長時間労働の上薄給と言うイメージを持っている人が多く、近年飲食業界は人手不足に陥っています。

特に若い世代はアンケートなどから見ても、「給料は安くても良いし出世も望まないけれど自分の時間は絶対に取りたい」と考えている傾向にあり、長時間拘束される飲食業は避けられがちです。

それに伴い、従業員の働き方も変わりつつあります。

好きでないとできないカフェでの仕事ですが、カフェ従業員の本当のお給料を知っていますか?

中にはカフェで働きながらでもきちんと十分なお給料をもらっている人もいます。

今回はカフェのお給料事情とどうすればお給料が上がるのかなどについてお話します!

カフェの給料の相場はどのくらい?

正社員で新卒入社した場合

カフェ従業員の一般的なお給料は新卒入社した場合で16万円ほどからのスタートです。

このスタートには学歴は関係なく、高卒でも大学院卒でも同じです。

その後経験年数が上がるにつれて昇給していく形が普通です。

正社員で転職した場合

中途採用で正社員になった場合も経験がなければ新卒と同じ初任給でしょう。

年齢を考慮してくれたり、前職の給与を保障してくれるところは多くありません。

飲食業経験者であれば少し高い給与、18万円くらいからスタートさせてもらえる所もあったり、昇給時期が早められたりする事もあります。

パート・アルバイト

パート、アルバイトは時給制です。

900円くらいからスタートのところが多いでしょう。

しかし近年は人手不足の影響もあり1000円以上の時給を提示しないと人が集まらなくなってきています。

人員が集まらないと運営はできませんので、他より高い時給をもらえる事も目立って来ています。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

大手のカフェや外資系コーヒーチェーンなどでは賞与をもらえる事もありますが、個人経営のカフェなどで2か月分の賞与をいただけるところはまだまだ少ないのが現状です。

全く何もない店舗、または寸志がいただける店舗が過半数と言ったところでしょう。

昇給

昇給は1年後に行われるところが多いです。

逆に1年経っても昇給のない店舗は先が見込めないと考えた方が良いでしょう。

各種手当

手当てがあるかどうかはお店の母体が影響します。

小さなカフェでも母体の企業が中小以上であれば家賃補助や交通費がもらえることもあります。

しかし、完全に個人経営の場合は各種手当をいただける確率は下がります。

給与が高い人は何が違うの?

カフェ勤務で給与が高い人は、他の従業員と何が違うのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

スキル

調理師免許や製菓衛生士の資格を持っている人は資格手当てが支給されることがあります。

管理栄養士や栄養士の資格も手当ての対象になることがありますので、持っているのであれば履歴書に必ず記載しましょう。

役職

店長や店の責任者になれば役職手当が上乗せされます。

その分責任が重くなり仕事量も増えるでしょう。

また、店長にはお金の管理や従業員数の調整なども仕事に含まれます。

勤続年数

勤続年数が長いとその分給与も高くなるのが一般的です。

正社員はもちろん、アルバイト・パートでも勤続5年で手当てがつくところが多いでしょう。

地域

地域によっての差も大きいですね。

都内の求人募集と地方都市の求人、または田舎にあるカフェでは大きく差があります。

しかしカフェの中には田舎にあると言う事を売りにし、安定して経営できている店舗も数多くあります。

そのようなカフェは地方都市と同じくらいの給与を貰えるでしょう。

カフェで給料をあげるためにやるべき3個のこと

今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

給与アップの交渉は私たち日本人にとってハードルが高い事のように思えますが、ぜひチャレンジしてみましょう。

そのお店が好きで働き続けたい気持ちを伝えるのがポイントです。

スキルアップを図る

資格を取ったり、キッチン勤務であれば料理教室に通ったりしてスキルアップを図りましょう。

あなたの考えた新商品でお客さんを呼ぶ事ができれば、給与アップに繋がるはずです。

思い切って転職する

思い切って転職するのも視野に入れましょう。

今の職場でできる事をやったけれど給与が上がらないと不満を抱えて働くより、新しい職場で給与や条件に納得して働くほうが絶対にあなたのためになります。

転職先の選び方1:求人サイトで情報収集をする

求人サイトにはたくさんのカフェ求人が載っています。

先ほどもお話しましたが、飲食業界は慢性的な人手不足に陥っていますので多くの求人から選ぶ事ができるでしょう。

転職先の選び方2:転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用するのも良いでしょう。

エージェントは条件や希望をカウンセリングで聞いてくれますので自分にあった職場が見つかりやすいと言えます。

給料をアップさせるための求人の選び方

給与相場が今よりも高いところを探そう

求人記事で見るべきは初任給の額です。

今より高く設定されているところを選びましょう。

賞与や昇給制度をチェック

記事内に「賞与あり」かどうか書いているところを選びましょう。

特に昨年の実績を載せているところは安心です。

何の記載も無いところは賞与はありません。

残業代はちゃんと出る?

残業代については記載されていない事が多いので、面接の時に伺いましょう。

交通費や福利厚生は?

遠方のお店へ通う場合は「交通費全額支給」と記載してある求人を選びましょう。

「交通費一部支給」ですと全く足りない場合があります。

社会保険も求人記事に「完備」と書かれているものを選びます。

「完備予定」であったり何も書かれていないところは避けるようにするのが年収アップのコツです。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

最後に、実際に給与が上がった時期や金額をお話します。

入社1年目

入社1年が過ぎたその月に給与を上げてもらえました。

譜面16万円から2万円アップの18万円に。

その後は1年経過するごとに1万円ずつアップしていきました。

役職がついた時

中小企業の経営するカフェに勤務していた時、「店長」という役職につくと同時に昇給がありました。

その時は次の月から3万円アップでした。

その分仕事量が増え残業する事が多くなりました。

まとめ

今回はカフェ従業員のお給料についてお話してきました。

いかがでしたか?

やはり、世間一般のイメージと同じ「激務薄給」でしたでしょうか。

しかしきちんと昇給もしてもらえますし、何より技術と知識が身に付きます。

確かに一般の企業に勤めるよりお給料は低いですが、独立をしたり、好きな仕事をやっている事で毎日が充実したりとそのリターンも大きいです。

カフェへの転職を悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。


関連キーワード

カフェ年収

カフェ求人についてもっと深堀りした情報を見る

カフェ店長の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

飲食業で働いてみたいけれど、レストランのような厳しい雰囲気が苦手だと感じていたり、もっとカジュアルな環境で働きたいと思っている方におすすめなのが「カフェ」での勤務です。カフェは日本で増え続けている飲食業の業務形態で、毎日でも通いやすい価格帯とおしゃれな空間が人気となっています。そんなカフェですが、一昔前は個人が経営者兼店長として運営しているお店が多かったのですが現在は企業が母体となり、店長業務は社員に任せていると言うお店が増えてきています。カフェの店長業務とは一体どのようなもので、どんな人物が求められているのでしょうか。企業の運営するカフェで店長として働いていた私が経験したカフェ店長の仕事や、

京都カフェ求人の特徴や、人気なエリア・時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

京都といえば、古き良き日本をイメージする人が多いかと思います。観光地で有名な清水寺や金閣寺、八坂神社、祇園、四条や三条などがあります。そんな京都は、街の至るとろこにカフェがあります。古い喫茶店やモダンなカフェ、日本人にも外国人にも人気の高いカフェは町家を改装したものがあります。意外にカフェの多い京都では、カフェの仕事が多く、学生を中心に人気だったりします。また、外国人が多いため、外国語を使って仕事ができるので京都だけでなく隣の大阪からバイトをしにくる人も少なくありません。今回は、京都のカフェ事情や京都のカフェ求人について紹介します。京都のカフェで仕事をしてみたいと思っている人や興味がある人はぜ

カフェバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

求人媒体で多く見かけるのが飲食店のアルバイトです。年齢も幅広く募集しているので、学生さんや主婦の方も働きやすいですよね。週2日からなど少ない日数でも働けたり、シフトが2週間毎の提出だったりと、融通が利くところも嬉しいポイントです。中でもカフェのアルバイトは若い人たちに大人気!制服の写真や賄いなんかもついつい気になっちゃいますよね?話題のスポットの近くやおしゃれなカフェで一度は働いてみたいと思っている人も多いのではないでしょうか?今回はカフェで働くために必要なスキルや時給なんかをお伝えしたいと思います。カフェバイトの給料の相場はどのくらい?カフェのアルバイトって時給が安いイメージがありませんか?

東京のカフェバイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なバイト先を解説します

カフェのアルバイトと聞くと、「おしゃれな職場」「制服がかわいい」「美味しいコーヒーやスイーツを食べられる」というイメージを持っている人が多いかもしれません。しかし、カフェはお店の形態、提供するドリンクやフード、店の雰囲気などによって、仕事環境がまったく異なってきます。「おしゃれだから」と雰囲気重視でカフェのバイトを選ぶと、思っていた仕事と実際の仕事が違ってしまうこともあります。カフェでバイトしたいと思ったら、まずはカフェバイトの仕事や募集内容についてよく知っておくようにしましょう。この記事では、東京のカフェバイトについて紹介していきます。カフェバイトはどんな仕事?カフェにもさまざまな形態があり

カフェ店長が向いている人の6個の特徴や必要なスキル・適正とは?

『アルバイトするならおしゃれなカフェがいい!』『老後は喫茶店を経営して自分だけのお店を持ちたい』日本国内でのカフェブームは定着し、憧れのお仕事のひとつとして大人気です。でも実際、社員としてカフェの店長を務めるとなるとどのような生活が待っているのかご存知でしょうか?「カフェの店長」が自分に向いているか診断するにはこちら →カフェの店長とはどんな仕事?カフェという1国の城を守る主です。共に働くメンバーに指揮命令を出し、お城の設備を整えてお国のためにしっかり利益を生み出さなければならないお仕事です。カフェの店長の大まかな仕事内容お客様への接客販売アルバイトスタッフの採用育成・管理お店の管理(備品、設

フクロウカフェバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2つの特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

フクロウカフェでの仕事は、フクロウという不思議な生き物に直接触れ合うことができる素敵な仕事です。わからないことが多々あるとは思いますが、徐々に覚えていけば問題ありません。まずは、自身がフクロウの魅力を存分に知ることから始めましょう。この記事では、フクロウカフェバイト求人について紹介していきます。フクロウカフェはどんな仕事?フクロウ全般のお世話、接客が主になります。給餌の準備やフクロウのメンテナンス、ケージの清掃、店内清掃などを行います。接客はお客様が来店したらフクロウを乗せてあげ、写真を撮ったりしてあげます。フクロウについての質問、飼い方などもアドバイスしていきます。フクロウカフェの大まかな仕

カフェベーカリー求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

カフェベーカリーの仕事を始めるにあたり、気になることはたくさんあると思います。求人内容は読むけど、いまいちどんな仕事か内容がよくわからないとか、働いてみたいけどどういった研修があるのだろうかとか、アルバイトから社員へ昇格できる制度があるのかどうかなど色々とあると思います。今回はカフェベーカリーの求人でよくある募集内容・募集職種など、気になる疑問について解説していきます。カフェベーカリーのおおまかな仕事内容カフェベーカリーのおおまかな仕事内容は、ホールとキッチンです。ただ、最近はセルフ式のカフェも増えていますのでセルフ式の場合は、ホールスタッフではなくカウンター業務とキッチン業務と言えます。カフ

カフェ正社員求人の給与相場や仕事内容は?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

私達の身近にあるカフェ。コーヒーに特化していたり、デザートやランチがおいしかったり、それぞれ特徴があり毎日でも行きたくなるカフェですが、カフェで正社員として「働く」となるとその仕事内容や条件、給与などを知らない方も多いでしょう。一般の会社とは違う業界ですので、カフェで働きたいと思っても、今一歩踏み出せない方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はそんな皆さんに向けて、カフェ勤務10年以上の筆者が「カフェの正社員」の求人について仕事内容から勤務地、条件や年収までをお話します。「カフェの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →カフェの正社員求人の仕事内容とは?まずはカフェの正社員の仕事内

カフェに就職するためにはどうすればいい?仕事内容や気になる疑問を解説します

おいしい物やかわいいものに囲まれたカフェでの仕事をしたいと思った事はありませんか?今、日本ではカフェの文化が大きく広がっています。朝から夜遅くまで、いつでも私たちを迎え入れてくれる素敵なカフェはお客さんとして行きたい場所であると同時に働きたい場所でもあるでしょう。今回は、カフェの就職を考えている方に良い就職先の見つけ方や仕事内容をお話します!「カフェの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →カフェ正社員の大まかな仕事内容とは?カフェ店員、特に正社員の仕事はどのようなものなのでしょうか。正社員での採用となった場合、お店に関すること全てを担わなければいけません。まずはその仕事内容を見ていき

カフェの転職を成功させるためにやるべき3つのことと、上手な転職方法を解説します

好きで始めたカフェでの仕事も、年月が経つと転職を考えることもありますよね。今のカフェで勉強できることは終わったと感じたり、もっと成長できるところへ移動を考えたり理由は様々です。次の職場へ行こう!と思ったら、それがカフェの転職時です。今回は、現在カフェ店員として働いていて次もカフェで働きたいと考えている方へ、上手なカフェ転職方法と注意点をお話していきます!カフェの仕事で転職する人は多い?カフェの仕事は考えていたよりも忙しく、お給料も高くなかったのではないでしょうか。決して良いとは言えない条件の仕事を続けてこられたのですから、あなたはカフェ店員に向いている事と思います。カフェ店員の転職はとても多い