「結婚式場でアルバイトをしてみたいけれど、どうやったら求人に出会えるの?」と思った方もいらっしゃると思います。

結婚式場のアルバイトの多くは「配膳スタッフ」として掲載されていることが多いです。

今回は、この結婚式配膳バイトについてご紹介します。

結婚式の配膳バイトって?

結婚式の配膳バイトとは、披露宴会場で、新郎新婦やゲストに、お料理や飲み物を出すアルバイトです。

ただし、通常の飲食店と違って、結婚式場ならではのやりがいとマナーがあります。

結婚式配膳バイトのお仕事内容

配膳バイトは、お料理や飲み物を出す以外にも、様々な業務があります。

会場のセッティング・清掃

披露宴会場のセッティングは、配膳バイトの仕事です。

何もない会場に、テーブルを配置し、クロスを張った後、食器やグラス等をテーブルの上に配置します。

そして最後に、配席図どおりに、引き出物やネームカードを置くまでがお仕事です。

そして、披露宴が終わった後の片づけや清掃も配膳バイトのお仕事になります。

お料理や飲み物の配膳

披露宴中は、会場内のテーブルの1卓を担当し、その卓のゲストに、お料理や飲み物を配膳します。

お料理を出す際は、料理名を説明する決まりになっていることが多いです。

受付や手荷物一時預りの対応

受付や、手荷物の一時預かりなど対応やその準備も配膳バイトが行うことがあります。

式場やホテルによっては、専属スタッフが行うことあります。

ゲストを案内

集まってきたゲストに対し、声をかけ、チャペルや披露宴会場へ案内します。

こちらも、式場やホテルによっては、専属スタッフが行うことあります。

ライトやフラワーシャワーなどのセッティング

配膳のバイトの中から、新郎新婦にスポットライトを当てる役割を選ぶことがあります。

スポットライトの担当になったら、基本的にその式の間は、スポットライト専従になります。

また、挙式会場などで、ゲストが使用するフラワーシャワー用の花びらを用意したりもします。

結婚式場バイトの特徴

配膳のバイトは、他の飲食業と何が違うのでしょう。

ここでは、配膳のバイトの特徴をご紹介します。

お給料が比較的高め

配膳バイトは、時給1,200円~1,500円くらいで、他の飲食業のアルバイトに比べて時給が高いことが特徴です。

学生さんも多く働いています。

人生の一大イベントのお手伝いをするわけですから、その分、強い責任感と高いスキルが求められます。

土日祝日の勤務が多い

結婚式は土日祝日が多いため、アルバイトの日も必然的に土日祝日が多くなります。

学生さんなど平日に学校がある場合や、平日に違う仕事をしている社会人などの副業にもおすすめです。

体力的にも精神的にも大変

配膳バイトは、重い皿を持って、披露宴の間ずっと動き回るため、体力が必要になります。

また、披露宴が終わったかと思うと、次の披露宴の用意がすぐに始まります。

ここは時間との戦いなので、走り回って片付けと準備をしなければ絶対に間に合いません。

休憩時間以外は、ずっと立って動き回っている状態になります。

結婚式は、新郎新婦にとって一生の思い出となる大切な1日なので、失敗が許されません。

そのため、配膳バイトは精神的にも大変なバイトです。

忙しい・厳しい

配膳バイトは、披露宴の間は、ゲストからの飲み物の注文などがひっきりなしに入り忙しく、さらに披露宴が終わったあとは次の披露宴のセッティングが待っており、休憩時間以外は、ずっと忙しく動き回っている状態です。

また、配膳のバイトの指導は厳しいという特徴があります。

結婚式という人生の一大イベントをお手伝いするため、マナーや接客で、ゲストを不快にさせてはいけません。

そのため、身だしなみや、言葉遣い、マナーなどは厳しく指導されます。

また、配膳バイトは、委託業者や派遣会社が多いため、アルバイトに不手際があると契約を打ち切られる可能性もあります。

そのため、アルバイトの指導にかなり熱が入っています。

一生に1度の式なので失敗できないプレッシャーがある

配膳バイトで絶対に許されないのは、料理の配膳ミスです。

例えば、事前にアレルギー報告のあったゲストには、別の料理が予め用意されており、配膳スタッフが責任をもって、その料理を配膳することになります。

ところが、バタバタしてアレルギーのことを忘れたり、ぼーっと勤務していると、通常のメニューどおりの皿を持って行ったり、その料理を違うゲストに出してしまったりというミスが起こるのです。

これは、ゲストの身体に関わることなので絶対にミスは出来ません。

常に緊張感をもって、仕事に集中しなければなりません。

このように、配膳バイトは、体力的にも精神的にも大変なアルバイトなのです。

やりがいはこれ!

配膳バイトは、厳しくてきつい面もありますが、身に着けたスキルは、将来役に立つものもあり、また、式を無事に終えた時の喜びや感動は他では味わえません。

ここでは、配膳バイトのやりがいについてご紹介します。

基本的なマナーが身につく

配膳のバイトでは基本的なマナーが身に付きます。

例えばテーブルマナー。

フォークとナイフは外側から使うことはもちろん、バターナイの使い方など、社会人になってからも役立つテーブルマナーを覚えることが出来ます。

また、フィッシュナイフとミートナイフの違い、赤ワイングラスと白ワイングラスの見分け方などの雑学的な知識も得ることが出来るため、将来、会食に招待された時でも自信をもって参加できます。

忙しく厳しい職場なので社会勉強になる

配膳のバイトは、新郎新婦の大切な一日をお手伝いする重要なお仕事です。

そのため、社員さんや先輩たちからの指導は厳しく、怒鳴られることもしょっちゅうです。

そんな厳しい職場ですが、ここで、叱られることに慣れておくと、社会人になってから役に立ちます。

社会人になったら、学生の間は受けてこなかったような指導を毎日受けることになります。

みんなの前で叱責されることもありますし、お客さんから怒られたりすることもあるでしょう。

慣れないうちは、必要以上に落ち込んだり、ふてくされたり、おどおどしてしまい、肝心の指導の内容があまり身に付かないものです。

けれど、学生のうちから厳しい職場を経験していると、指導されることに慣れているので、必要以上に落ち込んだりせず、相手の意図を冷静に理解することができます。

また、いくら厳しいと言っても、その目的は、新郎新婦に最高の1日を過ごしてもらうためなので、理不尽なものはありません。

社員さんや先輩たちは、新郎新婦に満足してもらうために必要なことを指導してくれます。

そしてもし、新人の配膳が遅れていたり、新人が失敗したりした時は、すぐにフォローしてくれます。

結婚式が色々見られて面白い

結婚式の演出は、定番なものから、個性的なものまで実にさまざまです。

個性的な演出と言えば、例えば、打ち上げ花火など立地を活かした演出や、マグロの解体ショー、全員参加のゲーム大会など余興として楽しめる演出などです。

プランナーさんと新郎新婦が時間をかけて作った計画なので、配膳のバイトに入っている側も毎回、個性的な演出には驚かされます。

アルバイト中なので、じっくり見ることはなかなか難しいものの、日常的に見る機会は少ないもので、貴重な体験となります。

また、職場の人の祝辞を聞いても楽しいです。

定番ネタを織り交ぜたベタな挨拶もあれば、業界ネタを盛り込んだオリジナリティのある挨拶などがあります。

また、余興では、ダンスや楽器演奏、ムービー作成、コントなど、幅広い演出を観ることが出来ます。

もし自分が挨拶や余興を頼まれたりした時の参考にもできそうですね。

感動に立ち会える

結婚式の一番の感動シーンと言えば、新婦の手紙です。

式のクライマックスに行われることが多いため、配膳スタッフも、内容をしっかり聞くことが出来ます。

今日までの感謝の気持ちがいっぱい詰まった手紙は、聞いているこちらも胸が熱くなります。

多くの場合、両親に宛てた手紙を読むことが多いです。

これまで、反発したこともあったけれど、大切に育ててくれたことへの感謝の気持ちを、声を震わせて読み上げる姿は、何度見ても感動します。

また、結婚式で感謝を伝える相手は、両親だけではありません。

新郎に対して感謝の気持ちを伝える新婦も居ます。

辛い闘病生活のなか、結婚の約束だけが心の支えだったことなど、2人が乗り越えてきた苦難を語られると、会場中が温かい涙に包まれます。

結婚に至るまでには、沢山の苦難があるものです。

結婚式とは、そうした苦難を乗り越えた2人への祝福の日でもあります。

感動の手紙などを何度か聞くと、そのうち、アルバイトに入る度に、「今日も最高の式にしなければ」と思えるようになります。

こうした、結婚式ならではの感動体験ができることは、配膳スタッフのアルバイトの最大の魅力です。

職場が綺麗でロマンチック

結婚式場は、豪華な建物や内装で、見るだけでロマンチックな気持ちになりますよね。

なかなか日常生活では見ることのできない綺麗な場所で働けたら、気分も上がりますし、周りに自慢もできます。

将来、自分が結婚式を挙げる時の参考にもなるでしょう。

プロ意識がつき自信に繋がる

アルバイトも、社員と同じ、プロ意識を持って結婚式という一大イベントを支えなければなりません。

そのため、配膳のバイトは、他の接客業とはひと味違った一流のマナーや接客を、丁寧に教わることが出来ます。

こうした環境に慣れて、1人で仕事がこなせるようになるにつれ、結婚式場のスタッフとしてのプロ意識がつき、仕事が何倍にも楽しくなるのです。

どんどん腕が上がる楽しさがある

「配膳ってただ料理を運ぶだけでしょ」と思うかも知れませんが、それだけでは、仕事は上達しません。

どの業種にも言えることですが、特にこの結婚式場の配膳バイトは、ゲストへの目配りや声掛け1つで、仕事の質がどんどん上がっていきます。

例えば、新人とベテランで、式が終わった後の卓上を見ると、その差は歴然で、残された皿の数が違います。

ベテランの卓上には、最後のデザート皿とコーヒーカップ以外の皿がありません。

よくカフェ状態、なんて言われます。

カフェ状態に持ち込むと、後片付けのスピードも速くなります。

それに比べて新人の卓上は、デザートの奥に、肉料理が残った皿や飲みかけのスープの皿が押しやられています。

配膳のバイトでは、空席のお料理を勝手に下げることはご法度です。

そのため、新しい料理が来たら、前の皿を奥に押しやり、新しい料理を並べていきます。

そのため、運ぶことだけで一生懸命になっていると、新人の卓上のように、テーブルの奥に古い皿が溜まってしまうのです。

これに対してベテランは、料理を食べずに席を回っているゲストの動きをよく見ており、戻って来た際に、すかさず料理を勧めます。

そうすればそのゲストは、温かいうちに料理に気づいて食べることが出来るため、結果的に、おいしい料理でゲストを満足させているのです。

そうすると、卓上には、最終的にデザート皿とコーヒーカップしか残らず、自然と卓上がカフェ状態になります。

カフェ状態は、ゲストにお料理を楽しんでもらえたことの証明でもあるのです。

こうした目配りや声掛け1つで、配膳の仕事はどんどん仕事の質が上がります。

そしてそれが結果的に仕事の楽しさに繋がります。

ちょっとした小技も身に付く

必要かどうかはさておき、配膳のアルバイトではこんな小技も身に付きます。

皿やグラスを運ぶ姿勢が綺麗になる

飲食店に共通するものかも知れませんが、例えば、料理の乗ったいくつも皿を運ぶ、グラスを沢山トレーに乗せて運ぶ時、ブライダルのアルバイトをしていると、体の中心が安定しており、まっすぐな姿勢で綺麗に歩くことが出来ます。

社会人になって間もない時は、来客の対応でお茶出しをすることもあります。

男女問わず、美しい姿勢で運べると、ちょっと上司の目を引くことができます。

シャンパンを開けるのがうまくなる

乾杯の際、シャンパンの開栓音を合わせるサービスを見たことはないでしょうか。

司会者の合図とともに、会場の配膳スタッフが同時にシャンパンを開栓し、その音とともに披露宴が開始されるパフォーマンスです。

これが出来れば、私生活においてどんなシャンパンでも、怖がらずにタイミングよく開けることが出来ます。

式典の準備でクロス張りのスキルが大助かり

会社の式典などで、長机に白い長方形のクロスをかけているのを見かけませんか。

素人が見よう見まねでやっても綺麗に張るのは難しいのですが、ブライダル経験者なら、披露宴会場のサイドテーブルで経験済なので、お手の物です。

最低限のセロハンテープでの固定のみで、プロ並みのクロス張りが出来ます。

食卓が豪華に!ナプキンの折り方

披露宴に行くと、綺麗なナプキンが可愛らしく折りたたまれて置かれていますよね。

あのナプキンの折方には、バリエーションがあって、バラの形、白鳥の形、王冠の形などがあります。

プライベートで手料理をふるまう際に、テーブルの上に折ったナプキンを置いておくと、食卓が一気に豪華に見えます。

まとめ

いかがでしたか?

配膳のバイトは、体力的、精神的に大変な部分もありますが、それ以上にやりがいや歓びのあるお仕事です。

ぜひ参考にしてみてください。

  バイト仕事を探せるおすすめバイト求人サイト
  バイト仕事を探せるおすすめバイト求人サイト
ユーザー満足度No.1!テレビCMでもお馴染み。高時給バイトも多数あります。 公式サイト 公式サイト
求人件数も豊富で、やりたいバイトが見つかりやすい!圧倒的におすすめなバイト求人サイトです。 公式サイト 公式サイト
マッハバイトで応募して採用されると、最大で1万円、最低でも5,000円の祝い金を貰える! 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

ブライダルバイト求人