看護師の仕事は一般的に高収入だと感じている人が多いでしょう。

しかし看護師も勤務する病院でお給料も違ってきます。

大規模の病院や中規模病院、地域に密着した病院やクリニックでもお給料は大きく違います。

ここでは熊本県の看護師のお給料の相場や、お給料を上げるコツや転職についてもご紹介しましょう。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

熊本の看護師の給料の相場はどのくらい?

正社員で新卒入職した場合

正社員で新卒の看護師が就職した場合、最初の3カ月程度はお給料は少ない所が多いでしょう。

最初は時給で計算される事もあります。

これは研修期間と言う事でそのようになる所があるという事です。

私が最初に勤めた病院は基本給は研修期間中は13万程度でした。

研修期間が過ぎてからは基本給は15万になりました。

正社員で転職した場合

正社員で転職した場合は、転職前の病院で基本知識があると転職先の病院は認識します。

その為1から研修期間がある所と、最初から研修期間が無い所もあります。

転職前の病院の勤務期間にもよると思いますが、病院の勤務期間が長いと研修期間がなくなる事もあるでしょう。

パート・アルバイト

パートやアルバイトの看護師は病院自体で時給で計算される為、勤務する病院で変わってきます。

熊本の病院ではあまりアルバイトも求人はありませんが、クリニックの求人ではパートやアルバイトの求人はたくさんあります。

病院での時給もクリニックでの時給もあまり変わりなく准看護師で900円~1200円で正看護師の時給は1000円~1500円程になります。

しかし急募の看護師の求人では、時給が上がるケースも少なくありません。

その時に就職した際は、落ち着いた時に時給が減る所もあります。

きちんと確認をしておく事が大切になるでしょう。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

病院では賞与はきちんとお給料の基本給の1カ月分~3カ月分を支給してもらい事が出来ますが、クリニックや高齢者施設の看護師では会社の収入が悪ければ、賞与が支給されない所もあります。

個人経営のクリニックでは賞与がないだけではなく、1カ月分の賞与ではなく、5万~10万程の所もあります。

求人情報に載っている賞与額と違う所もあります。

私が今勤務しているクリニックでは賞与の記載はパートで1カ月分でしたが、賞与はまだ1度も支給がありません。

実際にそのような事もある為しっかり確認しておきましょう。

昇給

病院の看護師でも昇給はちゃんとしている所と全くない所もあります。

中規模の病院や経営不振の小規模の病院では昇給はあってもとても少ない所があります。

昇給を期待して就職する場合は中規模病院でもしっかりとした医療法人に加入している病院が良いでしょう。

私が勤めていた病院では昇給はありましたが、1年単位ではなく3年単位でに昇給で、最初の昇給は500円程度でした。

各種手当

夜勤の手当や資格手当てがありますが、資格手当や夜勤手当は病院毎に全く違うものになります。

病院では手当が比較的高くなりますが、高齢者施設では資格手当がとても少ない所もあります。

私の先輩が勤めている高齢者施設の看護師の資格手当は2000円でした。

個人経営のクリニックでは資格手当がでない所もあります。

パートタイムの看護師の求人では資格手当として記載が無くても、時給が高く設定されている所もあります。

給与が高い人は何が違うの?

看護師の給与が高い人は病院選びから違ってきます。

しかし給与が高い所を求める看護師と、自分の家庭の事を考える看護師がいらっしゃる為、時間と計算している看護師といらっしゃるでしょう。

ここではお給料を中心とした場合で看護師のお給料が高くなるには、どのような事をすれば良いかをご紹介します。

スキル

看護師としてのスキルが高ければお給料が上がる事もありますが、ほとんどの場合は大規模病院や国立病院での場合です。

クリニックや中規模病院ではどんなに看護師としてのスキルが高くても、基本給が高くスタートする事はありません。

しかし、スキルが高いと、基本給が上がるスピードが速くなる事があります。

役職

看護師の役職は看護師長や、部長・主任・現場監督等、病院毎に違ってきます。

役職手当も手当の額が違ってきます。

もちろん看護師長の役職手当は高くなりますが、その分責任も大きくなります。

高齢者介護施設では、介護が主な職種となりますので、介護職が役職に就く事が多いです。

しかし病院に受診するのか、救急車を呼ぶのかを判断する為に看護師が必要となりますので、雇われ施設長や施設の部長等の高い役職に就く事もあるでしょう。

勤続年数

勤続年数が長ければ長い程基本給は高くなります。

大規模病院や、国立の病院では基本給の昇給の期間が定められている為、長くなればなるほどお給料が高くなるでしょう。

勤務自体が長くなると、お給料が上がるだけではなく、責任ある立場になる事もありますので、勉強会などに参加する事もあり、自分の休みに出て行く事もありますが、その分お給料が発生する事もあるでしょう。

地域

病院でも地域性があります。

熊本県でも都内の病院と、地方の病院でお給料が全く違ってくるでしょう。

大規模の病院は都内に多く、中規模の病院や小規模のクリニックが多くなります。

高いお給料を狙っていく就職では都内の病院が良いでしょう。

~自分だったら本当はいくら貰える?~

看護師の給料の決まり方

学歴や勤続年数

看護師の基本給は准看護師と正看護師で違ってきます。

准看護師と正看護師の基本給は平均して5万程度違ってきます。

資格が違うだけで病院の勤務している以上、看護する事は同じですが学校で学ぶ事が全く違ってきます。

その為看護師としての基本知識が変わってくる為基本給も変わってくるのです。

仕事内容にあったお給料

ここでは、自分の勤める病院が求める看護師としての資格を所得する事で上がるお給料の事です。

大規模病院の多いですが、癌患者さんの最後に入る為の病院では「痛み緩和の為の看護師」が必要となってきます。

このようにその場その場で必要な看護師の事を「認定看護師」と言います。

この認定看護師の資格を取得する事でお給料が上がる事があります。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

熊本の看護師で給料をあげるためにやるべきこと

今の病院やクリニックで働きながらお給料を上げる事は可能です。

しかし会社の形態や経営者の考え方によるでしょう。

ここでは看護師のお給料を上げる為に自分が出来る事をご紹介しましょう。

今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

自分の働く時間とお給料が見合っていないと感じる事はると思います。

そう思う時は思い切ってお給料を上げてもらえるように交渉してみる事は可能でしょう。

しかしこの場合はお給料に見合っていない働きをしている事が重要でしょう。

働く時間や内容に見合っているようでは、経営者からみては苦情と感じられてしまう事もあるでしょう。

スキルアップを図る

ここでの看護師のスキルアップは資格を取る事意外に自分が出来る看護業務を増やす事です。

資格を取るという事は時間がかかる事でもありますし、今の時点で自分が出来る事は、検査が出来るようになる事や、輸血や抗がん剤などの特殊な点滴を覚える事も看護師としてのスキルアップになるでしょう。

思い切って転職する

今の勤務している病院やクリニックにお給料のアップが望めないようであれば、思い切って転職する事も1つの手でしょう。

高齢者施設等はお給料のアップがほとんどない所もありますので、病院に転職する看護師の多くいるのが現状です。

転職先の選び方1:基本給が高い所

お給料にアップの為に転職を考えるのであれば、やはり今の勤務先よりも基本給が高い所を選ぶべきでしょう。

もちろんクリニックや診療所よりも病院の方が基本給は高くなります。

また、基本給が高い事もそうですが、夜勤の手当や各種手当が高い所が良いでしょう。

転職先の選び方2:昇格や昇給がある所

昇格がある所は昇格した分の手当が付く所がほとんどです。

その為、昇格がある所が良いでしょう。

高齢者施設や診療所等はほとんど昇格がありません。

高齢者施設で昇格が無いのは、看護師よりも昇格があるのは介護職員になります。

病院では部長職や認定看護師の資格を取ると、昇格しやすかったりします。

実際に転職する時は、こちらの記事を参考に!

給料をアップさせるための求人の選び方

看護師としてお給料をアップさせる為には求人の選び方があります。

ここではどのような事を注意しながら選ぶのかをご紹介します。

給与相場が今よりも高いところを探そう

お給料を上げるコツは、もちろん今の所よりも高い給料の所を探す事が大切です。

相場はもちろん病院のほうがお給料が良いですが、自分の時間が必要な人もいるでしょう。

その際はクリニックや診療所でも相場よりも高い所を探しましょう。

しかし、相場よりも高くても働きにくい職場では辛くなってしまいます。

毎回職安に載っている所よりも、自分で見学してみるのも良いでしょう。

賞与や昇給制度をチェック

賞与や昇給は1年でどれくらいあるのかをチェックしましょう。

求人によりますが、賞与の記載はあっても月のお給料に追加されていて、基本給の1月分の賞与も無い所もあります。

昇給も記載があっても「病院規定による」と面接時に言われる事もありますし、就職してから告知される事もあります。

面接時にしっかり確認する事が大切です。

残業代はちゃんと出る?

大規模の病院では残業代が出る所もありますが、個人経営の高齢者施設ではなかなか残業代まで出ない事もあります。

また病院では残業が多くある所が多いですが、クリニックや診療所では残業がなかなか無い分残業した時はサービス残業になる事が多いでしょう。

交通費や福利厚生は?

交通費はもちろん出る所がほとんどですが、福利厚生は病院で違ってきます。

正社員では福利厚生がしっかりしている所が多いですが、パートタイムの看護師は福利厚生が薄い所もあります。

育児休暇が無かったりする所もありました。

正社員で働く時はもちろんですが、パートタイムで働く時こそしっかりと福利厚生を確認しておきましょう。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

勤続2年経過した時

病院に勤務していた時に勤続2年で基本給が500円アップしました。

2年経てば夜勤も1人立ち出来ますし、入院の受け持ちも1人で対処出来るようになります。

自分の看護師の能力が高くなっていると自分で自覚出来るくらいの時期にお給料の昇格がありました。

夜勤をし始めた時

看護師としての夜勤は手当が高い事が多いです。

他の職業では夜勤も無い事がありますが、看護師や介護士は夜勤があるのが常識です。

夜勤の手当は准看護師で7000円~12000円程ですが、病院では高く設定されていますが、高齢者施設等では夜勤手当が3000円~5000円程度の所もあります。

夜勤も始めるとその分上乗せされてお給料が支払われますので、お給料は一気に2万程アップしました。

~自分だったら本当はいくら貰える?~

雇用形態ごとに違いは出てくる?

月給や年収

雇用形態でお給料や福利厚生は全く違ってきます。

月給が違ってくるため、年収ももちろん変わってきます。

その他の手当も変わってきます。

パートタイムの時給制や派遣社員の基本給の違いを、確認していく必要があるでしょう。

給料以外における良い点と悪い点

正社員

福利厚生が正社員は他の雇用形態と比較してしっかりしています。

これは、正社員は出来るだけ長く勤務して欲しいと雇用主が希望する事が多い為です。

しかし、正社員の悪い所は、なかなか緊急的に休みが取れないという事です。

看護師として働く人は、家庭では母である事も多いですが、緊急的な休みは正社員では取りにくい事が多いです。

派遣

派遣社員はお給料の設定が高くなります。

時給で計算してる所も、月給で計算している所も他のパートタイムと比較して高くなります。

しかし派遣社員は福利厚生が病院で保障している所と派遣会社が保障している所もある為、しっかりと確認する事が大切になります。

契約社員

契約社員の良い所は、緊急な休みでも正社員と比較して休みやすいという事です。

緊急でなくても自分が希望する休みが比較的取りやすいでしょう。

悪い所は契約に更新があると言う事です。

更新されなければ再度就活をしなければならなくなります。

アルバイト

アルバイトの良い所が自分が決めた時間で自由に仕事が出来るという事です。

アルバイトは正社員と比較して気軽に休みが取れ、自分の自由な時間があります。

悪い所は、収入に安定性がない所でしょう。

~自分にはどの看護師の仕事が向いているか?~

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか。

熊本の看護師のお給料の事情をご紹介しましたが、お給料が高くなる時期は病院によって違ってきます。

しかしやはり、看護師としての自分のスキルアップした時が、お給料が高くなりやすいでしょう。

自分の看護師のレベルを上げ、お給料もしっかりアップ出来るような病院に勤務する事が、お給料を上げながら、収入の安定を図る1番の近道でしょう。

実際に熊本の看護師求人を探す時は、こちらの記事を参考に!

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
年間2万人以上が利用!業界最大級の病院件数なので自分にピッタリの職場が見つかりやすい。 公式サイト 公式サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

熊本看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。「泌尿器科の看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方が

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。「精神科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。「精神科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把

看護師の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

今回の記事は、看護師の年収や相場、給料をアップするには転職術についての記事をご紹介していきます。看護師は比較的給与の高い職種ですが、できることなら今までよりも給料アップできたらいいなと思うのが本音ですよね。転職する際に、確認しない人はいないくらい大切な条件である給料。具体的な看護師の給料の相場感などご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →看護師の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入職した場合病院や地方によって異なりますが、都心部のケースで紹介すると、手当込で年収350~400万円という所が妥当のようです。大学病院や総合病院などの急性