街中を歩いていて、誰もが1度は出会ったことがある職業、それが「チラシ配り」です。

学生時代のアルバイトで経験がある人も多いはず。

今回は、そんなチラシ配りのアルバイトを紹介していきます。

チラシ配りのアルバイトをやってて良かった7個のこと

チラシ配りのアルバイトは、敬遠される方も多いです。

受け取る側としては、少し面倒な時もありますよね。

しかし実際に経験してみると、こんな良いこともあります。

人に声を掛けることに抵抗が無くなる

チラシ配りのアルバイトは、ほとんどの場合が人通りの多い街中での勤務となります。

何かの目的などで足早に歩く人や、友達同士で歩いている人、カップルなど様々な人が通ります。

もちろん男性女性、老若男女問わずです。

それだけの人にチラシを配っていくのは、楽なことではありません。

最初は、嫌な顔をされるのが怖くて、なかなか一歩進むことができない人も多いのですが、続けていくと声を掛けてチラシを渡すことに抵抗がなくなります。

やってみると誰もが、「あっ、いつの間にか声を掛けることが怖くなくなった!」という瞬間を迎えることができるでしょう。

人を見極める目が養われる

少しずつ慣れてくると、人を見て受け取ってくれそうな人や、このチラシに興味を持ってくれそうな人がどんな人なのかがわかってきます。

まずは、チラシの内容を自分でもしっかり把握しましょう。

どんなものが広告に掲載されているのか、何がお得なのか、これを求めている人はどんな人たちなのか。

これを知ることによって、通りかかる人の中でも、ピンポイントに配ることが可能になります。

ニーズを知ると、今度はタイミングです。

急いでいそうな人に渡すと、露骨に嫌な顔をされてしまいます。

驚くような避け方をする人もいるほどです。

その中で、受け取ってくれるような余裕を持っていそうな方を選びましょう。

ゆっくり歩いている人は、かなり有力です。

「この人受け取ってくれそう!」

「この人、このチラシを必要としてくれそう!」

通る人々をじっくりと見て、見極めて渡すことによって、受け取ってくれる率が圧倒的に高くなります。

これを実行していくことによって、自分の自信にも繋がってきます。

受け取ってくれる人が増えたということは、洞察力が優れてきた証拠。

見ず知らずの人の心を読む!

今後の人生に必ず役に立つことでしょう。

自分のペースで進めることが出来る

チラシ配りのアルバイトは、ほとんどが少人数で行われます。

一人で街頭に立つことも少なくありません。

人通りの多い時間帯にはとにかく配りまくり、静かな時間帯にはマイペースに行うことが出来ます。

チラシ配りは経過よりも結果です。

先方が配ってもらいたい部数をクリアすることができれば、自分のペースで行って構わないのです。

慣れた人は、自分のテンションが上がる時間帯と、上がらない時間帯で配布する部数を計算している方もいます。

もちろん、指定された時間は街頭に立たなければなりませんが、その中でも自分のペースで動くことが出来ると、ストレスも溜まりません。

自分の仕事のペース配分を理解することも出来、その後の人生に生かされることになります。

自由に動きながらできる

屋内で座っての仕事となると、突然立ち上がるだけで驚かれてしまいますよね。

店内勤務でも、大きな動きはやたらと目立ちます。

チラシ配りのアルバイトは、外という開放感から多少大きな動きをしても一切不自然ではありません。

途中でストレッチや伸びをしてみたりして、気分転換をしながら楽しめます!

そういう意味でも、とても気軽に行えるアルバイトです。

人間観察が楽しい

仕事にゆとりが出てくると、行き交う人々をじっくりと見ることができます。

街中では本当に様々な人が歩いていますよね。

そういった人たちのファッションや歩き方などを見て、楽しむことができるようになります。

配る時間帯や場所にもよるかもしれませんが、同世代の人やお洒落な人のファッションが案外、雑誌よりも参考になったりすることも。

髪型やメイクもとても参考になります。

「あっ、こんな着こなし方があるんだ!」

「この靴かわいいなぁ。」

そんなことを考えながらチラシを配ってもOK!

通りすがりの人と雑談をしながら配ってもOK!

素敵なものを身につけている人に「それ、どこで買われたんですか?」と、話しかけてしまっても良いんです。

コミュニケーション能力も高まり、更にファッションセンスまで養われてしまいます!

達成感が得られる

スタート時に大量に渡されるチラシ。

その量に最初は圧倒されます。

「今日、こんなに配るのか…」

そんなことを思ってしまうこともあります。

しかし、その手元のチラシが減っていくにつれて、どんどんテンションが上がるのです。

終わりが近づいているということもあるかもしれませんが、それよりも達成感なんですね。

目に見えて成果を実感できるアルバイトは、実はそんなに多くありません。

チラシ配りは部数が目に見えて把握できる為、他のアルバイトに比べて達成感を得られやすいのです。

外仕事のため、気分が清々しくなる

室内に比べて圧倒的に開放感があります。

オフィスで人口密度が高い中働くと、息がつまりそうな瞬間ってありますよね。

でも、途中で自由に外の空気を吸いに行くことが出来ない雰囲気だったり、休憩時間がきっちりしているので席を外せなかったり…。

人によっては、その室内の空気に体調を崩すこともあるほどです。

チラシ配りのアルバイトは、外での勤務がほとんどのためそんな悩みもありません。

好きに深呼吸して、外の空気を吸えます。

その解放感は、なかなか他のアルバイトでは味わうことができません。

気分が軽くなり、仕事も捗るようになります。

チラシ配りのアルバイトをやっている中で嬉しかった瞬間

これまではチラシ配りのアルバイトをやって良かったことを挙げてきましたが、今度はやっている中で嬉しかったことをご紹介します。

働くことは、この「嬉しかった!」という経験が更にやりがいに繋がっていきます。

せっかく働くなら、こんな経験をたくさんして自分のキャリアアップに繋げていきましょう。

受け取ってくれる人が連続する時

全員が受け取ってくれるということはほぼ無いと言っても過言ではないのが、このチラシ配り。

そんな中で、連続して5人、10人と続けて受け取ってくれることがあると、この上ない喜びを感じることができます。

偶然という可能性もありますが、それはきっと、自分が人をしっかりと観察してニーズを読み取った結果です。

そして、自分の成長にも喜びを感じることができるでしょう。

その経験は、必ず今後の人生においても自信に繋がります。

目標数を全て配り終えた時

先にも少し述べましたが、とにかく手元のチラシが減っていくことがとても嬉しく感じる仕事です。

これもアルバイト先によるかもしれませんが、大体の目標数というものを設定されて、後は時間で管理されることが多いのがこのアルバイトです。

例えば、目標数は300部と設定されて、時間は3時間。

その時間で終了となるので、チラシが余っていても時間で区切られることが多いのです。

その中で、目標部数を全て配り終えた日は、何とも言えない喜びでいっぱいになります!

やり切った感も満載です。

時間が余っている場合は、追加のチラシを貰いに行くこともあるのですが、「チラシが足りなくなったので追加分を頂きに来ました!」

と伝えるときに思わず声が弾んでしまうこともあります。

目標設定をクリアすることが出来たということは、働くにあたっての大きな自信に繋がることでしょう。

興味を持って声を掛けてもらえる時

これは、頻繁にあるわけではないのでとても嬉しいです。

無差別で見ず知らずの人に話しかけなければならない仕事をしている自分が、通りすがりの人に話しかけてもらえるのです。

孤独から一気に救われたような、そんな気分になります。

こんな嬉しい経験を予測して、やはり、アルバイト先の業務内容と配布しているチラシの内容は熟知しておくと良いでしょう。

しっかりと質問に答えることができると、集客率が一気に上がります。

ただチラシを配るのではなく、もう一歩踏み込んだ仕事をすることによって、得られる喜びが大きくなります。

指定された時間をひたすら配り続けるのではなく、人と人との繋がりを感じながら働くこと、そしてそれによって得られた成果を体感することが、喜びを実感する大きな鍵となることでしょう。

チラシ配りのアルバイトはこんな人におすすめです!

チラシ配りのアルバイトの良いこと、嬉しかったことをまとめてきましたが、このアルバイトは一体どんな方に向いているのでしょうか。

いくつか挙げてみますので、自身が当てはまるのかどうか、是非確認してみてください。

部屋の中に籠るのが苦手な人

室内に籠って、事務仕事やひたすら同じ作業をすることが苦手な方にはぴったりのアルバイトです。

基本的に街頭に立ってする仕事が、このチラシ配り。

しかも、歩いている人のペースに合わせて声を掛けたりしていくため、常に動いています。

動くといっても激しく走ったり、重たい物を持ったりするわけではないので、決して力仕事ではありません。

運動が苦手な方でもばっちりです。

男女問わず、外で気軽に働きたいという方には非常に向いています。

コミュニケーション能力を伸ばしたい人

人に話しかけるのがあまり得意ではない方、日本人には特に多いかと思います。

でも、社会に出る前にそれを克服したいというのでしたら、チラシ配りのアルバイトはとてもお勧めです。

絶対に話しかけなければならない状況に置かれると、自然とコミュニケーション能力が身についてきます。

それに加えて、話しかける内容は定型。

深く考えずにコミュニケーションを取ることができます。

初歩としては最高のシチュエーションなのです。

まずは簡単な声掛けから始めて、慣れてきたら自分なりにアレンジを加えてみると、ぐんぐん伸びていきます。

言葉を選び、声を掛ける方向や立ち位置を考え、行動を起こすことによって、今後の人生に役立つようになるでしょう。

座り仕事が苦手な人

立ち仕事も確かに疲れるのですが、座りっぱなしは苦手な方もいますよね。

ずっと座っていると腰や肩のこりの原因にもなります。

前述したように、自由にストレッチをしたり伸びをしたり出来、軽く動くことも可能なこのアルバイトは、そういったマイナートラブルを持っている方にピッタリ。

座り仕事よりも気楽で、時間が経つのが早く感じられます。

チームではなく個人で働きたい人

多くの人と仕事を共にすることが少ないのが、チラシ配りのアルバイトです。

ほぼ個人戦です。

マイペースに働きたいという方、人に気を遣って働くのは面倒だという方には、非常にお勧めです。

チームだと、誰かに迷惑を掛けてはいけないというプレッシャーもありますよね。

そんな心配もいらないので、無駄な気遣いをせずに働くことができます。

人の目が気になる人

これは、見ず知らずの人からの目というよりは一緒に働く人たちからの目です。

先ほども述べましたが、個人戦の仕事であるチラシ配りは、同僚たちからの目が気になりません。

噂話をされることもなく、行動を監視されることもなく、自由に取り組むことができるのはとても魅力的です。

人間関係を考えなくて済むのは、ストレスの大きな軽減に繋がりますよね。

話好きの人

これ重要です。

これが当てはまる人はとても向いています。

話すのが好きな人は、ストレスフリーで働くことができるでしょう。

1枚のチラシから、ふとした会話が始まることもあります。

その会話に繋げることが、話好きの人だと可能になるのです。

人間観察が好きな人

趣味は人間観察、そんな人たまにいますよね。

どうせ人間観察をするなら、アルバイトをしながらしてみましょう。

趣味と同時に稼ぐことが出来たらラッキーです。

人間観察が好きな人は、行き交う人を見ているだけでも十分楽しむことができるので、勤務時間もあっという間に過ぎていきます。

ただ、チラシを配る手を止めてしまわないようにお気をつけくださいね。

まとめ

アルバイトの良いところは、様々な職種を経験できることです。

その経験は、あなた自身を豊かにしてくれることでしょう。

チラシ配りのアルバイトは、社会生活において必ず、自分の役に立ちます。

今回紹介したように、楽しく働いて、そして喜びを得て、自分の成長の一歩にしてくださいね。

せっかく働くなら、是非楽しいアルバイトをお選びください!




その他の職業についてもっと深堀りした情報を見る

水産関係の仕事にはどんなものがある?色々な仕事を詳しくご紹介!

水産関係の仕事というとどんな仕事を思い浮かべますか?この記事では、水産関係の仕事にはどのようなものがあるのかご紹介していきます。水産関係の仕事とは?水産関係の仕事は様々ですが、大きなくくりとしては1次産業、2次産業、3次産業の3つに分けられます。みなさんはこれらの言葉を知っていますか?それぞれの仕事がどのカテゴリーに属するかで消費者との距離が微妙に変わります。まずは1次~3次産業の内容をおさらいしてみましょう。第1次産業経済の流れの中で「生産」を担う業種のことです。林業や農業、漁業といった「自然界に働きかけて直接に富を取得する産業」と定義されています。「生産者」といえばわかりやすいでしょうか。

健康保険組合仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、身につく力について解説します

日本に住んでいる大半の方は健康保険証を持っています。この健康保険証を発行しているのは、皆さんが保険料を支払って加入している団体です。健康保険証は生活の中でとても大切で身近なものですが、一般企業とはちょっと違う、あまり聞き慣れないこの「健康保険組合」という団体についてや、そこで働く人は一体どんなことをしているのかについてはあまり知られていないと思います。ここでは、「健康保険組合」で働く職員のことや仕事内容について、そしてどんな人に向いているのかをお伝えしたいと思います。健康保険組合ではどんな仕事をするの?まずは健康保険組合の仕事について知っておきましょう。大企業であれば一つの企業が単独で、また同

パソコンインストラクターの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、やりがいについて解説します

皆さんはパソコンを始める時にどう始めたら良いのか不安になることはないでしょうか。人によっては独学でもできる!という方もいるかとは思いますが、大抵は何から始めたら良いのか分からないのではないかと思います。そんな人たちのために寄り添うのが「パソコンインストラクター」です。インストラクターというと知識が沢山なくてはならない…そんな印象があると思いますが、インストラクターにも様々な場面でのお仕事があります。働く場所によっては難易度も変わってきますので、参考にしてみてください。パソコンインストラクターの大まかな仕事内容職場によりますが、大まかな仕事内容をご紹介します。生徒さんへのカリキュラムやテキストを

整形外科パート求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

「整形外科のパートってどんな仕事をするの?」と、疑問に思っている方は多いのではないでしょうか?整形外科のパートは、主に「リハビリ助手」「医療事務」の2種類の求人があります。それぞれどのような仕事をするのか、求人を見てもなかなかイメージが沸かないですよね。例えパートの求人であっても、長く勤めるためには、仕事内容を理解しておくことや求人の選び方が大切です。今回は、整形外科のパートの求人に興味がある方の疑問や不安を解決します。是非この記事を読んでご自分に合った求人を選びの参考にしてくださいね。整形外科パートの仕事はどんな仕事?整形外科のパートは、前述したように「リハビリ助手」と「医療事務」の2種類の

機械メンテナンスの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

「機械メンテナンスの仕事」と聞くと、皆さんはどんな仕事をイメージしますか?「油まみれ」「機械の専門知識が必要」「男の仕事」と、人それぞれイメージするものは違うかと思われます。今回は身近にありそうで、実はなかなかお目にかかる機会のない、メンテナンスの仕事についてご紹介していきましょう。機械メンテナンスはどんな仕事?機械メンテナンスの仕事は、ズバリ言ってしまうと、大体が皆さんが想像する通りの仕事です。車や大型機械の不具合の原因を発見し、パーツの交換や改造によって不具合を解消するのが主な仕事です。メンテナンスには灯油やグリスといった油を頻繁に使う為、手には油汚れが染みてなかなか取れない事も。ただし、

保健師の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

保健師は現在少しずつ認知されつつはありますが、まだまだ保険の先生?という認識程度でしか判断されていないようですね。実際間違ってはいないのですが、保健師だけではなくそんな職業しらないという方も多いのです。今回は知られざる保健師の年収についてご紹介していきましょう。保健師の給料の相場はどのくらい?保健師の給料って正直全く分からないですよね。平均年収は550万前後になります。給料は年齢によって、またどれだけ経験があるかによって大きく異なります。新卒、転職・パート・アルバイト、また給料が高い人は何が違うのか?また給料が高い人は何が違うのかもチェックしていきましょう。正社員で新卒入社した場合新卒で保健師

校正の仕事はどんな人に向いている?得意な人の6個の特徴やキャリアについて解説します

皆さんは「校正」という言葉を聞いて何を連想されますか。「校正・校閲」とセットになっていることも多いので、石原さとみ主演でドラマ化もされた小説『校閲ガール』を思い浮かべる人も少なくないと思います。ヒロイン・河野悦子が本の中身に熱中するあまり、表紙のスペル間違いに気づかず印刷にまわしてしまい、訂正シールを貼る事態に……なんていうエピソードもありました。では、校正と校閲は何が違うのか、そもそもどんな仕事なのか、具体的に見ていきましょう。校正はどんな仕事?「校正」を辞書(『大辞林』)でひいてみると、① 文字・文章を比べ合わせ、誤りを正すこと。校合 (きょうごう) 。② 印刷物の仮刷りと原稿を照合し、誤

病院受付の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

病院に行くと必ず最初に案内されるのが受付です。自身の身分を証明できるものを提示し、そこから何科を受診したいのかを確認します。病院受診をしたことのある方なら、誰しも経験があるのではないでしょうか?ここで気になるのは「病院の受付ってどんなお仕事をしているの?」ということです。そこで病院の受付についてお話ししていきたいと思います。病院受付はどんな仕事?病院受診をしたことのある方なら大体想像はつくかと思いますが、病院の受付の仕事を大まかに説明すると「来院した患者さんの身分を確認して、これから受診する際の案内を行う場所」であることが言えるかと思います。風邪なら内科、怪我なら外科といったようにふるい分けを

ビルメンテナンスの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

どんな人がビルメンテナンスの仕事に向いているのでしょう。ビルメンテナンスの仕事はどんな内容なのか、求められるスキルや資格などもあわせて解説していきます。さらに、ビルメンテナンスの仕事で得たキャリアの活かし方も必見です。ビルメンテナンスとはどんな仕事?建築物管理、ビル管理ともいいます。ものすごく簡単にいうと、ビルのメンテナンスを請け負う仕事、ということになります。ではビルのメンテナンスには、一体どんなことが含まれているのでしょうか?その内容は多岐にわたり、一口にビルメンテナンスとはいっても職種も実に多様なものがあります。次項でその簡単な分類を見ていきたいと思います。ビルメンテナンスの仕事の大まか

人材コンサルタントの年収・給料はどのくらい?私の周りの相場や年収の決まり方を紹介します

「コンサルタント」聞くと、カッコいいイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれません。今回は、そんなコンサルタントの中から「人材コンサルタント」について、実際に仕事をし転職も経験した私から、主にその給与面に迫って解説していきます!人材コンサルタントとはまず最初に、人材コンサルタントの仕事内容から簡単に説明します。人材コンサルタントの業務は「企業が人事面で困っている事をサポートする」ことです。例えば採用から教育や人事制度など、内容は多岐にわたります。企業によって取り扱う業務が異なり、平均年収も変わります。自分がどのような仕事をしたいのか、予め確認が必要です。人材コンサルタントの年収の相場はどのく