北海道で転職したいと考えたとき「具体的に年収はどれくらい?」「どんな仕事環境が働きやすいの?」「おすすめの病院は?」とイメージがつかないことで、疑問に思っていることはありませんか?

そんなあなたのために、今回は「北海道で看護師が転職するなら目指したい年収や仕事環境とは?」をテーマにご紹介します。

具体的なおすすめの働きやすい病院や年収が高い病院についてもご紹介しますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

北海道で看護師が転職する際に目指したい年収は?

北海道の看護師の平均年収は全国的にみると、比較的高い傾向にあります。

ここでは気になる平均年収と転職する際に目指したい年収についてご紹介します。

北海道看護師の平均年収

2017年厚生労働省の発表によると、北海道看護師の平均年収は490.4万円です。

全国の看護師の平均年収は約520万円ですから、単純に30万円低いといえますが、これはあくまで平均値です。

北海道は全国でみると第10位で比較的高い水準にあります。

転職するなら目指したい年収

キーワードは「490万円」です。

これは先程もご紹介した北海道看護師の平均年収で、490万円以上の年収であれば高いといえます。

しかし病院の規模にもよりますが、さらに上を目指すことも可能ですから490万円はあくまで目安として捉えましょう。

北海道看護師の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

「平均年収なんかでは満足できない!もっとお給料が欲しい!」と思ってはいませんか?ここでは年収を上げるためにやるべきポイントをご紹介します。

管理職に昇進し基本給と手当を上げる

管理職になると役職手当というのが付きます。

病院や勤務地にもよりますが、看護師長で約4~8万円、看護主任で約2~5万円の手当となっています。

また昇進することで基本給のベースも上がりますから、それと共にボーナスも増え、年収が上がるということです。

夜勤の回数を増やす

夜勤回数が増えると、そのぶん夜勤手当を貰うことができるため年収を増やすことができます。

しかし夜勤の上限回数は決まっているため、他の病院で夜勤バイトをするという方法もあります。

単発のアルバイトでは1回2~4万円に設定していることが多いです。

しかし勤務している病院によってはWワークを禁止している場合もありますので注意しましょう。

北海道で看護師が転職する際に目指したい仕事環境は?

転職は一大イベントですよね。

働いてみてから「自分に合っていない。」「体制に不満がある。」などという理由ですぐにまた転職するというのは時間も労力もかかってしまいます。

そこで転職する際に目指したい仕事環境についてご紹介していきます。

福利厚生が充実している

福利厚生には法的内と法的外のものがあります。

注目すべきは法的外のもので、これには通勤手当・住宅手当・保育手当・介護手当などがあります。

北海道の特徴としては寒冷地手当を支給している病院が多いです。

転職の際は、福利厚生が充実している病院を選ぶことが重要といえます。

車通勤OK

公共交通機関が充実している都市では問題視されませんが、北海道では車がないと生活に支障がでるというケースも多いです。

北海道で地下鉄があるのは札幌のみで、他の地域では主に車通勤がメインとなります。

ですから車通勤が可能で駐車場が整備されている仕事環境を選びましょう。

キャリアアップが出来る

昨今看護師の間でも認定看護師の需要が高まっています。

キャリアアップのため病院によっては奨学金制度を設けている場合があります。

認定看護師に興味がある方やキャリアアップを目指したい方は、こういった制度があるかを確認すると良いでしょう。

残業が少ない

看護師の現状として定時に帰れることはほとんどなく、約5割が月に20時間以上の残業をしています。

残業内容は看護記録や研修会や委員会への参加が大半で、中には研修会や委員会の資料作りを自宅に持って帰るという人も少なくありません。

ですから残業が少ない病院はぜひ目指したい仕事環境です。

北海道の看護師おすすめの働きやすい病院は?

それでは実際に看護師おすすめの働きやすい病院を2つご紹介します。

北海道大学病院

道内最大規模の病院で人員や教育体制が整っています。

医師も充足しており、最先端医療にも力をいれていることから、スキルアップやキャリアアップを目指したいなら最適の病院です。

また国立大学法人ですから給料も若干高い水準にあります。

札幌医大病院

約900床の大規模な病院で多くの症例から学ぶことができます。

また認定看護師も多く、HIV看護や乳房ケア、スマートケアなど多くの専門外来を展開しています。

2013年に「男性看護師会」が発足し、男性看護師にとっても働きやすい職場となっています。

帯広厚生病院

地域最大規模の病院で地域医療の中核を担っています。

また年に4回の昇給があり、給与水準が高いです。

「ゆとり休暇」を推奨しており、休みが多いのも特徴です。

北海道の看護師おすすめの年収が高い病院は?

北海道の看護師の約3割が札幌で勤務しています。

そこで今回は北海道で人口の多い、札幌と旭川の病院を中心におすすめの病院をご紹介します。

人口の少ない地域ほど年収は高い傾向にあるため、今回紹介する病院の平均年収は北海道の看護師平均年収より低いケースがありますがご了承下さい。

NTT東日本札幌病院

平均年収は480万円となっています。

札幌市の看護師の平均年収は約410万円ですから高いといえます。

また福利厚生が整っているため人気でおすすめの病院です。

北海道大学病院

平均年収は約490万円となっています。

国立の大学病院の平均が470万ですから高い水準にあるといえます。

前述にもありますが、スキルアップやキャリアップを目指したい方にはおすすめの病院です。

旭川医科大学病院

平均年収は440万円となっています。

旭川以北の地域医療を担っており、教育体制も整っていることからおすすめの病院です。

まとめ

いかがだったでしょうか? 北海道の看護師の平均年収と転職する際に目指したい仕事環境についてご紹介しました。

「お給料がよくても、体制が悪いと続かない。」「福利厚生はしっかりしているけど、お給料が低すぎる!」とどちらも転職の際には重要になってくることがわかります。

今回の記事をあなたにとっての「働きやすい病院」選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。