自動車メーカーには、開発や新車種の発売、宣伝など様々な仕事が存在しています。

その中でも、メンテナンスや販売をしているのがカーディーラーであり、各地域の企業が経営をしています。

カーディーラーの年収は実際には幾らくらいなのでしょうか?

この記事では、経験者の立場から他では聞くことのできない給料事情をご紹介します。

「カーディーラーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

カーディーラーの給料の相場はどのくらい?  

ディーラーと一口に言っても、外国車を扱うか、国産車を扱うかによっても、給料相場には違いがあります。

一般的には、外国車のディーラーの方が、車種の金額が高い分お給料も良いと言われています。

けれども、国産車のディーラーの方が企業数は多いのが現実です。

この業界は専門性の高い分野の職種の為、年齢や専門学校卒などでも大幅に給料相場が変わります。

正社員で新卒入社した場合のカーディーラーの年収相場

新卒者は経験を積むべきことや学んでいかなければいけないことも多い為、初任給は低いと思います。

しかし、カーディーラー勤務には将来性がありますので、頑張れば頑張った分給料は上がっていくことでしょう。

新卒入社時の年収の相場は、320万円~400万円程です。

もちろん、配置された部署により多少の差があります。

勤務先次第によっては時間外勤務もありますので、その場合残業手当が期待されます。

正社員で転職した場合のカーディーラーの年収相場

カーディーラーに正社員として転職する場合、事務を除いて、同じ業界や自動車の専門職経験者でなければ、採用されること自体難しいのが現状です。

その為、余程の自動車の専門的な資格や実務経験がない限り、年齢に関係なく新卒者と同じ給料からのスタートが多いかと思います。

もちろん、経験を積むことにより年齢給や職能給が増えていくので、転職の場合でも新卒者同様将来性はあります。

パート・アルバイト

カーディーラーのパートやアルバイトとして働くことを希望する場合は、受付や事務などの業務に配置されることが多いでしょう。

その場合来客者の案内などを主な仕事になるので、女性が担当することが多いです。

パートやアルバイトですから時給制です。

時給で1,000円~1,500円が相場と言えるでしょう。

営業職も整備士も専門資格などが必要な為に、正社員としての雇用形態が多い様です。

また、退職後の再雇用者という立場であればパート勤務ができるカーディーラーもあります。

こちらも給料の形態は時給換算になります。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

賞与は年間で月給の4ヶ月分というのが平均的ではないでしょうか。

それにプラスして期末賞与が貰えるカーディーラーもありますので、それらを足すと大きな額になります。

賞与は企業によって違いがありますし、対象になる年度の業績により金額に変動があります。

また、勤務実績・勤務年数や役職などによっても金額に差が出ます。

各部署のノルマが達成されていることも条件であり、賞与自体が貰えるというのは各カーディーラーの業績に大きく左右されます。

昇給

年に一度は必ず昇給します。

金額は会社により大きな違いがありますが、3,000円~6,000円の間で上がっていくのが一般的でしょう。

昇給の査定基準は、役職がこの金額の差になります。

年に一度の昇給は、単に年収が上がるだけの目的ではなく、所得税やその他の税金も上がっている状況にあります。

その為、この昇給がなければ前年度より給料が減ってしまいますので、昇給はとても重要な事項です。

各種手当

私が知っている範囲でのカーディーラーの手当は、充実していると思います。

勿論企業の業績や社長の人柄にもよります。

これは例外な手当になりますが、誕生日月には商品券やプレゼント等が贈られるカーディーラーもあります。

給料に反映される手当に関しては、「家族手当」「交通費手当」「住宅手当」「役職手当」「技能手当(資格手当)」「精勤手当」「成績達成手当」などがあります。

「成績達成手当」は頑張れば頑張る程、金額が多くなります。

給与が高い人は何が違うの?

毎日同じ業務であっても飽きずに継続できることや、上司が見ていない場面でも常識的な対応ができることが基本となります。

例え役職者になっても優遇された立場を満喫するのではなく、部下と同じ様な待遇を維持させることも大切です。

部下や上司から信頼をされることで、モチベーションの維持が叶い、仕事の質の向上にも繋がります。

その毎日の継続の成果が、年収の高さにも繋がります。

例えば社内で必要な仕事の資格試験に合格するなど、業務外でも勉強する必要があります。

知識を付けること。

その結果が資格手当や昇格に繋がり、役職手当に反映されることになるので、自分の努力次第で年収アップが叶います。

「カーディーラーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スキルが高い

カーディーラーで働く為には、専門的知識を必要とする職種であることから、技術サービスを提供する上で業務に応じた知識や技能を身につける必要があります。

スキルについては、配置される部署により異なりますが、基本は自動車整備士資格を持っていた方が良いです。

この資格は国土交通省が発行する国家資格であり、特殊整備士や3級から1級までの技能があります。

利点としては、取得資格により扱える車種が増えたり、高度な仕事にも携われます。

また、交通事故などの処理をする上では、自動車損害保険の資格を持っていると良いでしょう。

もし、営業部署に配置された場合、簡単な車の整備はできた方がお客様の信頼を得られる為、多種類の資格取得が役に立ちます。

役職に就いている

管理職の立場である店長を例に挙げてお話します。

店長は店舗の大黒柱です。

店舗を任される立場であり、色々な性質の部下を纏めて指示を出し業務を進めて行く必要があります。

様々な資格や一流の技能があったとしてもそれだけでは足りず、コミュニケーション能力も必要とされます。

会議にも出なければいけませんし、任された店舗の業績も考えたり、時には休んだ部下の仕事の穴埋めもします。

個人の状況に応じて、仕事上での悩みや体調のケア等、部下の管理もしていかなければなりません。

管理職の立場になると、上下の人間関係の間にも入らなければならない為、業務も複雑になってきます。

勤続年数が長い

企業では勤続年数を表彰してくれるお祝いがあります。

それは、10年勤務者や20年勤務者などが対象です。

会社からは10万円程の金一封があり、節目を祝ってもらえます。

これまでの自分の業績を称えてもらうことによって自分の自信に繋がり、勤続していく上で今後の原動力となります。

需要の多い地域で働いている

東京都市圏のように電車での移動が便利な地域を除いては、何かと車が必要になります。

また、小さな子供がいる家庭では、保育園の送迎にも自動車は必要不可欠です。

地方においては、1人1台の所有は当たり前の様です。

自動車は、日常生活では切り離せない存在なのです。

その為、首都圏より地方の方が人口割合以上に売れ行きの良い安定した職種であり、カーディーラーの仕事が忙しい地域だと言えます。

カーディーラーの給料の決まり方

新卒からの勤務では、年齢給や自分の技能に応じた職能給というものがあります。

その上、該当者には役職手当があります。

この3つの支給額が主な金額であり、それに加えて企業毎に各種手当が用意されています。

報奨金

ディーラーでは、各部署に置かれた立場での成果次第で報奨金という名の加算額が付きます。

その手当は何種類かあります。

対象者は社員全員です。

これは毎日の頑張りが月毎に反映されるので、意欲や向上心が常に保たれます。

毎日の頑張り次第で、この報奨金が仕事を続ける原動力になります。

役職や年齢に関係なく頑張れば頑張る程に成果を評価してもらえます。

技能に対しての評価

こちらも日々の頑張り次第で認めてもらえる評価です。

技能に相応しい実績を積んでいくことにより会社は社員を評価してくれています。

給料明細に初めて技能給が付いた時には、とても嬉しかったです。

今後の技能を磨くための向上力にも繋がります。

自動車は日々性能が上がってます。

それに対する技術も勉強していかなければなりません。

機械を触るのが好きな人や技術向上を目指して頑張ることが好きな人、学ぶのが得意な人が多い職種だと思います。

カーディーラーで給料を上げるためにやるべき3個のこと

ディーラーの仕事には、車を売ること以外にも給料を上げる為の方法が幾つかあります。

その為の日常の努力や活動内容などを書いてみました。

新車を売る為の努力

自分が営業職でなくとも、カーディーラーで勤務する以上は、自動車が売れることが給料に大きく反映されます。

会社としては新車が売れた方がもちろん利益が良いのです。

結果的に給料に手当が加算されます。

中古車も扱うカーディーラーでは、新車購入時のお客様から中古車の引き取りもしているため、中古車の販売も給料アップの対象になります。

中古車を下取りに出しに来た人に対しても営業してみるというのもおすすめです。

車の情報を詳しく知って説明できることや、自分が自社の車に乗ることにより友達や知り合いに宣伝することで売り上げに繋げています。

会社が行う活動に参加する

カーディーラーやその他の企業では、地域の清掃のボランティア活動を勢力的に行っています。

いつもの出勤より30分は早く行われるので大変ですが、できるだけ参加することで上司にも頑張りを見てもらうことができます。

この活動は会社の知名度の向上の為でもあり他の企業等から実際に活動の評価が認めてもらった実績があります。

その結果、ボランティアを行うことで宣伝活動が実り、近隣の企業へ営業のアポイトメントが取りやすくなり社用車を買ってもらえてたりなどの良い結果に繋がります。

自社のイベントに出る

カーディーラーでは、定期的に自社の車のお披露目を目的とするイベントを行っています。

自分の業務スケジュールがつく場合は、必ず顔を出しイベントのホスト役を務めます。

その目的は顧客になるお客様と仲良くなる為です。

購入を検討している人がいれば、連絡先を聞くことにより車の情報を提供できたり自家用車のメンテナンスなどの仕事をもらうこともできます。

給料をアップさせるための求人の選び方

自動車専門学校からの推薦や新卒時の就職や途中入社での求職活動は、沢山の企業から選ぶのは大変ですよね。

その中から将来性のあるカーディーラー選びをお伝えしていきます。

「カーディーラーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

人気車種を多く取り扱うカーディーラー

人気車種が多く取り扱われているカーディーラーは、単純に売れ行きが良いので手当も多くつきます。

人気や知名度が高いと仕事もやり易いです。

車が沢山売れるということはメンテナンスも多くなります。

各部署が忙しくなる為に時間外の勤務も発生し、残業手当が多くつくことで給料がアップされます。

カーディーラー選びは学生には分かりにくい判断ですので、道路上でどのメーカーの車種が多く走っているかを知るなどが大きなカギになります。

社員研修や資格を取れせてくれるディーラー

社員研修などが多いということは、会社が勉強熱心で商売上手であると言えます。

資格を多く取らせてくれることにより出世が早いです。

これは求人の段階でも調べることができますし、希望するか―ディーラーのホームページでも分かります。

これを基準にすると将来的に給料のアップが期待できます。

新卒者を多く採用している実績のあるディーラー

新卒者を多く採用してくれている企業には経営力があり、潤っていると言えます。

また、新人教育も熱心です。

同期が多いと仕事もやり易く、競争力も生まれます。

協力し支え合えるので、技能の向上が期待されます。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

どの企業にも言えることですが、出世を伴う昇格時には必ず役職手当が給料に加算されます。

年代が上がる時も年齢給として給料に加算がされていきます。

中でも、仕事に対しての能力給や役職手当の加算金額が大きいでしょう。

その結果、継続して勤めることや出世をしていくことにより、実質的には15万円以上は上がります。

企業では係長までの役職者が残業をすることで、勤務時間外手当が付きます。

残念ながら課長以上は時間外手当が付かない為、会社によっては給料が減る可能性も出てきます。

まとめ

カーディーラーで働く経験から実際のお金の話をお伝えしてきました。

カーディーラーで働く若者は、生き生きとして素敵だと思います。

機械科や専門短期大学等を卒業しないと専門職としては働けない職業ですが、スキルアップしていくことにより出世の可能性が高くなり、やりがいや将来性もあります。

是非専門の技能を学習して就職に繋げて下さい。

「カーディーラーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →