クリニック受付は、自分の生活リズムに合った働きやすい職場を見つけることが出来れば、落ち着いて、長く続けられる仕事です。

求人情報を見ると、クリニック受付は、パート、アルバイト、派遣社員の求人も比較的多いですが、できれば、福利厚生や待遇がより充実している社員として働ける方が安心ですよね。

今回は、クリニック受付の正社員求人の募集内容や、より良い職場を探す際のおすすめポイントを解説します。

クリニック受付正社員の大まかな仕事内容

診察開始準備

クリニック受付は、診察開始までに様々な業務を行います。

患者さんを迎える前に、待合室やトイレ、入り口の清掃や安全確認をします。

診察室や処置室など、医療機器や薬剤がある場所は、看護師が担当する場合もありますが、受付が社員であれば、重要な場所についても任される可能性もあります。

そして、受付のパソコンを立ち上げ、受付業務の準備をします。

予約制であれば、予約状況を確認し、カルテの準備をしておきます。

また、お金の準備を任されることもあります。

パートやアルバイトと社員の違いは、鍵やお金の管理、薬剤や医療機器がある場所の整理まで任される可能性があるところですね。

患者さん対応

クリニック受付は、患者さんが来院した時に診察券や保険証を確認し、カルテの準備をします。

来院が初めてであれば、必要な情報を記入してもらった問診票と、保険証をもとにカルテを作成します。

初診であれば問診票を書いてもらい、必要に応じて検温や検尿を促します。

また、電話対応も受付の業務です。

予約制であれば、電話やメール、ホームページで予約を受け、管理します。

会計業務

診療後の会計業務もクリニック受付の重要な業務です。

クリニック受付は、基本的に医療事務が会計計算をした後に会計業務をしますが、社員の場合は、受付と医療事務兼任として募集されることも多いです。

その場合は、診察後にカルテから点数計算をして会計をする、という一連の業務を全て行います。

また、予約制のクリニックであれば、会計後に次回の予約を取ることもあります。

診療後の片づけ

診察が終わったら、まずレジ閉めをして、お金の確認をします。

相違が無ければ院長に報告し、金庫にしまいます。

次に、受付のパソコンやカルテの片づけを行い、個人情報が記載されている書類をきちんと片づけておきます。

最終的に、クリニック内の片づけや清掃をします。

社員は鍵の管理を任されていることも多いので、場合によっては最後の戸締りをすることもあります。

業者対応

クリニック受付社員は、診察時間内に来る業者対応も行います。

日常的に、薬剤や必要物品の受け取りや検査の検体引き渡し、業者が医師との面談のために来院することもありますので、看護師や医師に引き継ぎます。

文房具などの配達に関しては、受付が直接行いますが、薬剤の受け取りや検体の引き渡しなどに関しては、看護師の業務に入りますので、クリニックの規則に従って業務を行います。

クリニック受付正社員にはどんな種類があるの?

クリニックは、様々な診療科に分かれており、その診療科や事業形態によって、業務や雇用条件も少しずつ変わってきます。

クリニック受付正社員には、どんな種類があり、どのような違いがあるのでしょうか。

内科、外科など一般的なクリニック

内科、外科など、大きく分けて診療するクリニックもありますが、その他、小児科、耳鼻咽喉科、産婦人科、眼科、整形外科など、専門に診療するクリニックもあります。

基本的に、身体的な症状を診療するクリニックです。

心療内科クリニック

最近では、心療内科クリニックもかなり数が増えてきており、不眠やストレス症状の相談に訪れる患者さんが増えてきています。

様々な日常生活の問題や精神的苦痛から生じる、精神的、身体的症状を改善するクリニックです。

患者さんが通いやすいように、比較的、人目につかない落ち着いた場所にあることが多いです。

検診センター

皆さんも、行ったことがあるかもしれませんが、病気や症状が出てからではなく、健康管理のために、定期的に様々な検査を行う施設です。

完全予約制ですので、予約の管理がとても重要です。

美容関連のクリニック

これは、美容整形や脱毛など、美容を目的とした処置を行うクリニックです。

予約の管理が重要で、また費用や支払いに関する説明をする業務が多いです。

比較的給与が高いですが、美容に関するクリニックなので、若い人材が求められることが多いです。

クリニック受付正社員でよくある募集内容とは?

クリニック受付正社員の募集は数多くありますが、時給制のアルバイトやパートも大変多いです。

時給は1000円〜1300円程度が多いようです。

社員の場合はどのような条件なのでしょうか。

給与相場

社員の給与相場は、約18万円〜25万円です。

未経験から有資格者まで様々な募集内容がありますが、受付業務以外の医療事務を行う必要が無ければ、未経験でも出来る職種です。

ですから、クリニック受付社員の仕事では、経験や資格の有無によって給与の差が出てきます。

勤務時間や休日、残業

クリニックは入院施設がある病院と違い、診察時間と休日が決まっています。

勤務時間や休憩時間などは、クリニックによって多少違う可能性がありますが、実働8時間程度です。

予約制のクリニックでは残業はほとんどありませんが、予約制ではなく、受付終了時間のみ決まっているクリニックでは、日によって多少の残業もあります。

診察終了時間を見込んで受付終了時間を設定している病院が多いので、残業時間としては、それほど多くはありません。

福利厚生

クリニックは個人経営など、小規模ですので、福利厚生は基本的なものだけであることが多いです。

交通費支給、制服貸与、有給休暇、昇給、賞与、産休・育休などが主な福利厚生となります。

求められる人物像

クリニック受付は未経験の募集もある仕事ですが、クリニックの顔にもなる重要なポストでもあります。

スキルとは別に、正しい言葉遣いや優しい雰囲気など、人柄重視であることが多いです。

ですから、実際に人柄がわかる面接がキーポイントになります。

必要なスキルや資格、経験

クリニック受付社員の仕事をする上で、必要なスキルや資格、経験とは、どのようなものでしょうか。

未経験OKの募集も多くみられますが、最近は受付が医療事務を行い、受付から会計までを行うことも多いです。

ですから、医療事務の資格、または長期の経験などは大変有利です。

給与も高くなりますし、応募できる求人の数もかなり広がります。

クリニック受付正社員のおすすめ求人のポイント 

未経験からでもチャレンジできるクリニック受付正社員は、勤務時間や休日が決まっており、安定して働けるので人気がある仕事です。

より良い求人を探すために、注目すべきポイントは何でしょうか。

勤務時間と休日

クリニックは診療時間や休日が規則正しく決まっているので予定が立てやすく、ワークライフバランスがとりやすい仕事です。

また、最近では予約制のクリニックが多く、初診の受付時間も早めに設定しているため、比較的残業が少ないです。

家庭や子育てとの両立もしやすいのがこの仕事のポイントですね。

スキルアップができる

クリニック受付社員は、未経験からでもチャレンジできる仕事です。

ですが、この仕事を長く続けてキャリアアップをすることも可能です。

それには、仕事をしながら、医療事務の資格をとるのが一番の近道です。

医療事務が出来れば、受付と兼任することで給与アップや、より労働条件の良い職場で働くチャンスも広がります。

資格取得に関しては、応援してくれるクリニックもあります。

その場合、勉強するために勤務時間や休日を調整してくれることもあるでしょう。

自分に合ったクリニック受付正社員求人の選び方や注意点

クリニック受付正社員求人は、地域や診療科も様々です。

自分に合った求人を探すのに、どんなことを注意して選べば良いのでしょうか。

【選び方①】給与や雇用条件から考える

求人情報には、未経験から応募可能か、受付と医療事務を兼務する必要があるか、などの記載があります。

当然ですが、給与は経験やスキルで変わってきます。

未経験であれば給与は高くありませんが、その後資格取得をするなど、志次第でキャリアアップもしていけます。

また、雇用条件もクリニックによって様々ですので、勤務時間や残業の有無、有給休暇、交通費支給の有無などもきちんと確認しましょう。

【選び方②】エリアから考える

クリニックは、皆さんの近所にも数多くあると思います。

仕事をする上で、通勤しやすいというのは大変大きなメリットですから、自宅に近いエリアから探すというのもひとつです。

特に家庭がある方は、家事や子育てとの両立を考えると、勤務地はなるべく近い方が時間を有効活用できるでしょう。

【選び方③】診療科で選ぶ

クリニックは、外科・内科の区別の他、様々な専門の診療科に分かれており、それによって患者さんの年齢や性別、病状などは様々です。

医療関係の仕事を志した時点で、医療に少なからず興味があると思いますから、気になる診療科を選ぶというのもひとつです。

また、子供が好きであれば小児科、お年寄りと接する仕事がしたければ、高齢者が多くかかりつけている内科や整形外科というように選ぶ方法もありますね。

注意点

クリニックは午前と午後の診療時間が決まっており、休憩時間が長く取られていることがあります。

短くて1時間、長いと2時間の休憩時間があるので、全体の拘束時間が長くなることがあります。

近所のクリニックで働いているのであれば、許可を得て昼休憩に家事をしに帰るなど、時間を有効活用できる可能性もありますが、昼休憩に帰宅できない状況であれば、昼ご飯を食べてから、クリニックで休憩をしている間に電話対応などをしなければならないこともあります。

実働時間だけではなく、全体の拘束時間も確認しましょう。

クリニック受付正社員についてよくある疑問

クリニック受付正社員の仕事に興味があるけれど、自分に合う仕事かどうか、実際に働き始めてみなければ分からないことも多いと思います。

応募する前に、疑問は解決しておいた方が安心ですよね。

クリニック受付正社員について、どんな疑問が多いのでしょうか。

長い休憩時間は何をしているの?

クリニックの診察時間は午前と午後に分かれており、前述しましたが、2時間の休憩をとるクリニックもかなり多いです。

休憩時間に何をしているのか、気になるところですよね。

筆者の経験では、2時間の休憩時間中、休憩室で他のスタッフと一緒にテレビを見ながらお弁当を食べ、休憩室が畳の部屋だったので、食後は昼寝をしていました。

また、徒歩圏内に住んでいる子育て中のスタッフは、休憩時間に自宅に戻り、家事をしたり夕食の買い物をしたり、時間を有効活用していました。

2時間あれば色々できますので、外出が許可されているのであれば、外に出てリフレッシュしたり、勉強したり、買いものをしたり、また平日の昼間にしなければならない、銀行や郵便局などの用事を済ませることもできます。

患者さん対応時に専門知識は必要無い?

クリニック受付の仕事では、当然ですが、患者さん対応をしなければなりません。

急性期の患者さんはあまり来院されませんので、緊急事態はほとんどありません。

それでも、具合の悪い方が来院されますので、体調が急変したり、悪化したりすることも、時々あります。

筆者も、受付業務をしていた時に、急に患者さんが転倒して意識を失ったことがありました。

頭を打った可能性もありましたが、受付に看護師がいたので、すぐに対応できました。

受付自身が特別な知識が無くても、患者さんの様子をきちんと観察して、おかしいと思ったら速やかに看護師に伝えることができれば問題ありません。

医師もいるわけですから、落ち着いて行動できれば良いのです。

まとめ

いかがでしたか?

クリニック受付社員の仕事について、少し参考になりましたでしょうか。

クリニック受付の仕事は、自分の生活スタイルに合った勤務地や労働条件の職場が見つかれば、長く続けられる仕事です。

受付業務のみであれば、派遣やアルバイトの求人も多いですが、プラスアルファで医療事務のスキルを持っていれば、正社員の求人もぐっと増えてきます。

時間に余裕があれば、医療事務の資格を取ってからスタートするのも良いと思います。

クリニック受付の仕事をして、患者さんと接するうちに、そのクリニックの顔になり、頼られたり、話をするようになったりして、とてもやりがいのある素敵なお仕事です。

興味がある方は、是非チャレンジしてみてください。