今回は、大学図書館の仕事内容の紹介と、この仕事をするための適性、仕事のメリット、そして大学図書館で働く方法について説明します。

大学図書館の仕事はどんな仕事?

大学図書館の仕事は大きく分けて管理系とサービス系に分かれます。

大学図書館でなくとも、図書館をよく利用する人には、サービス系の仕事には馴染みがあるかと思います。

サービスカウンターに出て、利用者の方と接する仕事です。

一方の管理系の仕事は、大学図書館の裏方の仕事と言ってもいいものです。

購入した図書の料金を書店に支払ったり、雑誌の巻号データを入力したり、図書館システムの管理をするといった、図書館のサービスを支える仕事です。

大学図書館の大まかな仕事内容

大学図書館では、上で分けたサービス系と管理系それぞれに様々な業務があり、係(セクション)として動いています。

以下に少し詳しく書いていきます。

サービス系の大まかな仕事内容

貸出・返却

利用者の方に図書の貸出・返却をする係となります。

一番利用者の方と接する係でしょう。

相互賃借

大抵の大学にある仕事として、相互貸借業務というものがあります。

これは自身の大学図書館にはない資料を、他の大学図書館から借り受けたり、雑誌論文をコピーして送ってもらうことが主な仕事です。

これは大学間で行われていますので、他の大学図書館から図書を貸して欲しいと依頼を受けて送付したり、雑誌論文のコピー依頼を受け、それを送ることもします。

参考調査

参考調査業務も、大抵の大学図書館で行われています。

これは図書の探し方や雑誌論文の調べ方などの、比較的簡単な図書館の利用方法の説明から、例えば各国の前年度のGDPや経済成長率、国文学博士の萩野由之博士が所蔵していた資料の現在の所在などといった、比較的難易度の高い質問に対し、データベースを検索するなどして回答するといった業務です。

情報リテラシー

参考調査業務と関わりがありますが、情報リテラシーというものを学生に伝えるセクションを設けている図書館もあります。

大学図書館での情報リテラシーとは、狭義には図書館や図書館の資料の使い方というものです。

図書館で利用できるデータベースの使い方などもそれに含まれます。

情報リテラシー自体は、広義には情報を探索し、評価し、それにより自分の問題を解決できる能力、さらにはその力をもって批判的思考を展開できることを言います。

そのため、これからの大学図書館で益々必要とされてくるであろう業務です。

管理系の大まかな仕事内容

次に管理系の仕事内容について説明します。

受入関連

購入する図書を書店へ発注し、その料金を支払うことを図書の受入関係のセクションが行っています。

大学図書館で購入する図書を選ぶ作業は、大学によりまちまちですが、大学1~2年生を対象とした各学問の導入的な図書の選書は、大学図書館員が分担して行っている図書館が多いかと思います。

それより専門的な図書は、大学の先生方に推薦していただくなどの方法により選ばれることが主となっています。

雑誌の手配

大学図書館では、外国雑誌が主要な資料として必要となっています。

外国雑誌は2000年頃から、電子ジャーナルというオンライン上で見ることができるものになってきています。

この外国雑誌などの発注や支払いを行う、雑誌関係のセクションがあります。

データ入力

図書の目録を入力し、その大学図書館にどのような図書があるか検索できるようにするための、データ入力をするセクションがあります。

システム管理

どこの大学図書館でも、コンピュータシステムを使って業務を行っていますので、システムやネットワークなどの管理をするセクションがあります。

仕事上の役割とは?

サービス系業務の役割

サービス系の業務をしている者はあくまで接客業ですので、利用者の要望を的確に把握し、それに応じなければいけません。

特に参考調査業務は、回答の根拠となったものは何かを示す必要があります。

最近はネットで簡単に調べられることも多いですね。

信用できる機関のサイトで公開されていることであれば構いませんが、適当にGoogleで調べてヒットしたようなことを回答するのは絶対にいけません。

図書館職員は絶対に間違いがないことしか回答してはいけないのです。

管理系業務の役割

管理系の仕事はお金に関わることも多く、金額を間違えてはいけないことは当然です。

さらに大学内の会計規則に照らして、正しい処理がなされる必要があります。

例えば、百万円以上の契約をする場合には競争入札をしなければいけない、というようなことです。

そのため、受入関係や雑誌のセクションで働く者は、大学の会計規則にある程度精通している必要もあります。

司書の資格は必須?

司書の資格自体は絶対に必要ではないですが、仕事をしていく上で、司書の資格を持っていることと同等の知識は不可欠と言えるでしょう。

大学図書館で勤務してみると、司書の資格をとるために学ぶ図書館関係の知識を持っていなければ、大学図書館のどのような仕事も満足にできないと感じます。

ちなみに、司書の資格は通信教育でも取れますので、大学図書館職員になりたい人は大学生の間に取っておくことをお勧めします。

大学図書館の仕事はどんな人に向いている?

大学図書館の仕事が向いていると感じる特徴を、いくつか挙げてみます。

コミュニケーション能力が高い人

大学図書館の仕事の半分ほどは、サービス業です。

図書の貸出・返却の処理をする程度のことには、それほど接客のスキルは必要ないでしょうが、参考調査をする上では、利用者の希望を詳しく聞き取る必要があります。

利用者は大抵の場合、漠然とした質問をしてきます。

利用者本人も、自分は何を知りたいのかが明確になっていないことも多いのです。

そのような場合に質問を色々とし、利用者は何を知りたいのかを言語化する必要があります。

会話力も必要ですし、類推しつつ焦点を絞っていくことも必要となります。

このような能力を備えた人は、大学図書館の特にサービス系の業務に向いていると思います。

コンピュータの知識が豊富な人

現状でも図書館の業務は、コンピュータシステムを使って行われています。

そのため、コンピュータやネットワークの知識はある程度必要です。

そして今後、大学図書館はどのように変わっていくのかはっきりと分かりませんが、外国の学術雑誌はほんの数年の間に、オンライン上で見る電子ジャーナルになりました。

図書も今のような紙に文字が印刷されたものとして変わらない保証はありません。

利便性の高い電子書籍リーダーが開発されると、一気に図書が違う形態、おそらく電子データになる可能性があります。

そうなった場合、大学図書館はどのようなものになるのか、現時点で想像もできませんが、少なくともコンピュータの知識が豊富である方が有利であることは間違いないかと思われます。

本が好きな人

大学図書館職員になる人の動機としては、本が好きだからとか、図書館が好きだからというものが、比較的多いように感じられます。

本や図書館が好きであることは、大学図書館で働く上でモチベーションを保ちやすいことは事実です。

日々本と触れ合うことになりますので、本には全く関心がないという人は、仕事をしていても楽しくはないでしょう。

大学図書館の仕事をするために活かせる、今までの経験は?

次に、大学図書館の仕事に活かせる経験について挙げておきます。

接客経験

図書館は利用者があってこその施設です。

接客業をした経験がある人は、サービス系の仕事にその経験を活かせるはずです。

コンピュータのシステム管理経験

コンピュータ関係の仕事をしたことがある人は、システム管理の仕事で重宝されますし、今後さらに電子化が進んだ場合、よりこの知識は求められるでしょう。

イラストやデザインの経験

意外なところでは、イラストやデザインの経験も活かせます。

私の周囲で、イラストを描く仕事をしていた人がこの世界に入ってきましたが、図書館では様々なポスターや掲示物を作成する必要がありますので、それらの仕事がその人に集中したことがあります。

プレゼンの経験

情報リテラシー教育というものは、学生に講義を行うことになりますので、プレゼンテーションをする仕事をしてきた人は有利です。

大学図書館で働くメリットとは?

ここからは、大学図書館で働くメリットについて書いていきます。

育児と仕事を両立させやすい

大学によって異なるかとは思いますが、組織がしっかりしている大学では、子どもを産んだ場合に確実に育休を取れます。

私が所属している大学では、三年間育休を取ることが無理なくできますし、実際に取った人が何人もいます。

また、時短勤務をすることができますので、その後の育児も比較的楽に行うことができるかと思われます。

ワークライフバランスを考えてこの職種を選んだ人も沢山います。

知的好奇心を仕事で満たせる

例えば目録のスペシャリストは、様々な言語で書かれた図書の目録を採ることができなければいけません。

大学図書館では大学の先生が必要とする図書が購入されますので、日本の方ならば普段はあまり触れることの少ない、タイ語やペルシャ語、アラビア語などの図書の目録を採る必要が生じ、それらの言語についての知識が求められます。

また参考調査を行う上では、様々なデータベースを使いこなせなければいけませんし、そもそも情報をどのようなツールで得るかについて、知っていなければいけません。

各学問分野の内容に関してもある程度の知識が必要とされます。

このように、業務上でたくさんの知識が必要になるので、自然とそれらについて学ぶことになり、知的好奇心を満たすことができるのです。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

大学図書館で働くことにより、図書館に関する知識は増えます。

図書館・情報学という学問分野があり、大学図書館で得た知識を活かし、この学問の教員になる人は多くいます。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

大学図書館で満足に働くことができれば、少なくとも公共図書館でも働けます。

自分にあった大学図書館の求人の選び方や注意点

【選び方①】雇用形態から探す

正規職員として確実に大学図書館で働くことができる大学は、実は限られています。

国立大学と一部の公立大学です。

私立大学ではほとんどが、大学図書館の業務だけでなく、ほかの大学職員業務も行う前提で募集を出しており、図書館で働き続けることは難しいのが現状です。

国立大学の大学図書館職員採用の試験は、ほぼ毎年行われていますが、定員が決まっていますので、退職者の数により採用の枠は変動します。

正規職員になりたい希望があれば、図書館・情報学を真剣に学び、採用試験対策をしっかりして、試験に合格する必要があります。

正規職員ではなく、非常勤職員でも構わないということであれば、比較的簡単に大学図書館で働くことはできます。

どの大学でも随時、非常勤職員の募集をしています。

また最近、小規模な私立大学を中心として、大学図書館の業務を外注化することが行われており、外注業者に登録することで、大学図書館で働くこともできます。

この仕事は、ワークライフバランスの点からも一生続けられる仕事ですから大変人気があり、実際に試験に合格して働いている人は有名大学出身者が多いです。

【選び方②】給与や雇用条件から考える

給与面から見ると、正規職員は十分にこの仕事で自分の生活費だけでなく、家族を養っていくことも可能だろうと思われます。

非常勤職員は自分の生活費を賄うことで精一杯でしょう。

外注業者に登録して大学図書館で働くことは、自分の生活費を賄うことも難しい場合もあるかと思われます。

ただしその分、正規職員の責任は重くなりますので、その辺りはどちらを優先するのか、よく考えてみると良いでしょう。

【選び方③】エリアから考える

やはり大学が沢山ある関東、東海、関西エリアでは求人は多くあります。

ただ求人のほとんどは非常勤職員や外注業者です。

正規職員になりたいようでしたら、全国に国立大学や公立大学はありますので、地域差は少ないかと思われます。

まとめ

大学図書館で正規職員として働くことは意外と難しいです。

採用の枠が少ないため、採用試験の倍率がかなり高くなっています。

しかし採用されれば、その後の生活は安定して送ることができます。

私が知っている範囲内で、この仕事を正規職員として行っていて、自分から中途退職した人は一人もいません。

また犯罪でもしない限り辞めさせられることもありません。

まさにまったりと人生を謳歌できます。

狭い世界の仕事ですので、採用されることが難しいのですが、とてもお勧めの仕事です。