ここでは、フォークリフトの仕事について具体的に何処でどういう事をやったりするのか、どういう人がこの仕事に向いているか、報酬や将来性等についてご紹介していきたいと思います。

「フォークリフトの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

フォークリフトの仕事ってどんな仕事?

フォークリフトとは、人の力ではとても持ち上げることが出来ないような重くて大きな荷物等を持ち上げる為の特殊な機械の事で、特徴的な2本の大きなアーム(フォーク)が車体に取り付けられています。

アームは垂直に稼動出来るので、これで重い荷物でも楽に持ち上げて運ぶ事が出来るようになります。

工場や物流倉庫、港や貨物ターミナルといった巨大な荷物の積み降ろし作業を行なうような現場ではこのフォークリフトの存在が欠かせません。

大きな作業現場では、何台ものフォークリフトが昼夜を問わずにめまぐるしく作業しています。

特に物流の繁忙期となる大型連休やお歳暮・お中元、年末年始といった時期は非常に忙しく、休日出勤や残業はザラなので、仕事の需要が沢山あるのも魅力的なところです。

フォークリフトの大まかな仕事内容

仕事現場でフォークリフトを使って行うのは主に荷物の運搬・移動です。

工場等に保管してある荷物を出荷する為にトラックに積み込んだり、逆に荷物を運んできたトラックから降ろすといった作業は今では殆どフォークリフトを使って行われます。

フォークリフトを使ってモノを運ぶ際には、荷物がパレットと呼ばれる台座の上に乗っかっている状態でなければなりません。

その台座にアームを差し込み、リフトを上昇させる事でパレットごと荷物が持ち上げられて、自由に移動する事が可能になるわけです。

その為、他の作業者が前もってパレットを用意し、その上にキチンと荷物を積んでいき、最後に荷物が崩れないようラップを巻いておくといった準備が必要となってくるわけで、フォークリフトでいきなりそのへんの荷物を持ち上げたり運んだりという事が出来るわけではありません。

フォークリフトを運転する為には?

フォークリフトを運転して仕事をする場合には資格が必要です。

かつては自分の会社の敷地内であれば、資格が無い社員やアルバイト等でも普通にフォークリフトを運転したりして作業を行っているような所が多かったです。

ですが、さすがに内部告発の心配やコンプライアンスが厳しくなっきている現在ではそういう事は殆どやっていないでしょう。

その為、フォークリフトを使った仕事をしようとする場合、まずはその資格を取る準備をしなくてはなりません。

フォークリフトの運転資格は、運搬できる荷物の重さによって2種類有り、最大積載荷重が1トン未満の小型のフォークリフトと、最大積載荷重が1トン以上のフォークリフトに分かれています。

フォークリフトの運転資格を取得する為には、専門の教習所に通う必要があり、当然費用もかかります。

フォークリフト免許取得にかかる費用や日数は、あなたが現在どのような免許や資格を所有しているかによって違ってきます。

つまり、現在の保有資格により、必要となる学科時間、実技時間、日数、講習料金にそれなりの差が出てくる事になるのです。

フォークの資格は欲しいけれど、費用がかかるのがちょっと・・・、お金が無いし。

という人は、働いている会社によってはアルバイトや社員の資格取得支援制度が有る所もあり、こうした資格の取得にかかる費用を会社が負担してくれる事もあるので積極的に利用してみましょう。

フォークリフトの操作は難しい?

フォークリフトの運転自体はあまり難しくはありません。

自動車よりもずっと簡単で、感覚的に操作が出来るので車を運転した事が無いといった人でも少しやればすぐに出来るようになります。

車体には窓ガラスもなく、視界がオープンに開けている為にバック操作等も容易に感じられます。

そしてフォークリフト運転の醍醐味といえばやはり荷物を扱う時のアーム操作でしょう。

自動車やバイク等には無いレバーを使ってアームを自在に操り、荷物をどんどんさばく事が出来れば作業の効率は格段にアップする事になります。

このアームの操作、確かに多少のコツが必要となってくるものですが、やはりそんなに難しいものでも複雑なものでもありません。

すぐに慣れると思いますが、同じくらい必要なのは、荷物の扱いに関して周りに細かく気を配る事です。

フォークリフトの運転作業というとやっているのは男が殆どで、ガテンワーク色の強い豪快なイメージもありますが、実際、ただ漫然とやろうとしても上手く作業が進まない事があります。

狭い構内に所狭しと大量に置いてある他の荷物を避けつつ、パレットに上手くアームをはめ込んで持ち上げる為には、車体の進入角度が重要となります。

また、運びたい荷物が奥にあるような場合等、手前の荷物を一度移動させて取り出す必要がありますが、適当にその辺の通路等に置いてしまうと他の作業の妨げになる事もあります。

また、シャッターや非常ドアの前といった所に荷物を置きっぱなしにしたりするような事も防災上良くありません。

作業の終わった後の空パレットを他の作業の邪魔にならないように空いた所に片付けておいたり、こういう事は現場の上司やリーダーに注意されながら少しづつ覚えていく事になります。

ですが、やはりそういった周りの事も考えながら作業をしていく細かい気配りを持つ必要がある訳です。

「フォークリフトの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

どんな会社にフォークリフトの仕事があるの?

1. 株式会社鈴与カーゴサービス東京

株式会社鈴与カーゴサービス東京は、200年以上続く総合物流会社である「鈴与株式会社」の グループ企業です。

国内に80拠点ある倉庫と物流センターを運営しています。

フォークリフト技能講習修了証を有していれば、実務未経験でも応募が可能です。

タイミングによって募集が終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

2. ASKUL LOGIST株式会社

ASKUL LOGIST株式会社は、通信販売会社であるアスクル株式会社による100%出資会社です。

フォーク免許保持者によるフォークリフト運転競技を社内で行うなどして、安全意識向上や作業技術向上などを目指しています。

フォークリフト資格支援制度もあり、業種未経験でも応募可能となっています。

タイミングによっては、こちらの募集が終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

その他フォークリフトの仕事募集は?

上記の会社以外にもフォークリフトの仕事はたくさん募集されています。

見てみたい人は、以下のボタンからチェックしてみて下さい。

\他にもたくさん「フォークリフト」の募集中の仕事があります/

(他の会社も含めて募集を確認できます)

フォークリフトの仕事はどんな人に向いている?向いている人の4個の特徴とは?

フォークリフトという特殊な機械を使用する仕事に向いている人とはどんな人なのでしょうか。

たいていは工場や倉庫等の現場で使われる事になるこの機械を運転出来るのは、必要な資格を保持している人だけです。

自分から敢えて運転資格をとり、それを使った作業に関わろうとする人にはやはり、それなりの理由があるものです。

力仕事が嫌いな人

フォークリフトの操作に力は必要ありません。

力を使うのは、フォークリフトでモノを運べるようにする為に準備をする人達なのです。

先に述べたように、フォークリフトでモノを運ぶ為には前もってパレットを出しておいてその上に荷物を積んだりする準備が必要となりますが、実はそれが結構大変なのです。

その辺りは、工場等で働いた事がある方であれば散々やってきた経験があると思います。

モノにもよりますが、数個から数十個の荷物(ダンボール)をパレット上に平に積んで1段とし、それを数段重ねていき、やっと一つのパレットが完成します。

例えひとつひとつの荷物はそれ程重くはないとしても、それを何回何十回と繰り返し、一日何個もパレットを完成させなくてはいけない・・・となるとこれはなかなかの力仕事なのです。

それに比べてフォークリフトに乗る作業者はちょちょっとレバー操作を行ってパレットをひょいと持ち上げて持っていくだけ。

感じる疲労感は段違いでしょう。

体力的に自信のない人

若い時は良くても、歳をとるにつれてだんだんと肉体労働はキツくなってくるものです。

そう感じ始めた時にこうしたフォークリフトや他の重機のオペレーター等の資格を持っていれば、身体に負担をかける事無く現場で長く仕事を続ける事が出来るでしょう。

フォークリフト資格保持者の需要は多く、持っていれば転職の際にもきっと有利になります。

単純作業の嫌いな人

工場や物流倉庫での仕事というのは多くが単純作業です。

一日中、商品の検品やピッキング、ライン作業、箱詰め等をしているとやっぱり人間飽きてしまいます。

もちろん、何も考えず、頭もあまり使わない仕事というのを好む人も多いですし、私もそうです。

特にバイトの場合、小難しくてやたらと複雑なマニュアルを頭に叩き込まなければならない、おまけに気を使うような大変な仕事等ははっきり言ってやりたいとは思いません。

そういった心配の無い倉庫内作業ですが、これはこれで長くやっていると眠くなったりしてくるという人は、フォークリフトの作業は良いのではないでしょうか。

機械の運転なので適度に集中力と注意力を必要としますし、何より同じ場所で同じ事をする訳ではありませんから気がまぎれます。

フォークリフトに乗ってみたい人

純粋にいろいろな乗り物を運転したりするのが好きという人がいます。

私の知り合いには運転免許の種類を全てコンプリートしている人がいて、殆ど乗る事がないような車種の免許までワザワザお金を出して取得しているのですが、仕事で必要だからとかいう理由からでは全くなく、完全に自己満足からです。

ここまで極端ではなくても、フォークリフトという一種独特の乗り物を使ってみたいという人もいる事でしょう。

フォークリフトは普通の自動車等とは異なり、レバー操作があったりするので興味があるという人もいるのではないでしょうか。

一口にフォークリフトといってもバッテリーで駆動するものからガソリンが必要なもの迄、実は様々なタイプが存在します。

乗り物、機械好きにとっては色々乗ってみたいと思うかもしれません。

「フォークリフトの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

逆にフォークリフトの仕事に向いていない人の特徴は?

フォークリフトというのは大変便利である反面、使い方を誤ると重大事故を起こす可能性があるのでその事は心得ておく必要があります。

倉庫や工場内というのは多くの荷物が保管されているので通路が狭かったりして、フォークで移動・通過する際には他の人との接触事故には十分気をつけていなければなりません。

それ以上によくあるトラブルは荷物、つまり商品に対する事故で、フォークの操作を誤った為にそれらを破損させてしまうといったものです。

こうした事故はやはりそれを運転する作業者の気質や性分等も多分に関係があるのではと思います。

運転作業をしたくない人

そもそも、こういう人はわざわざ費用と手間暇かけて運転資格を取り、フォークリフトの運転作業をやりたいとは思わないでしょう。

既に述べましたが、フォークリフトの運転はトラブルや事故にも繋がる事がある為、一見すると確かに楽そうなイメージを持ってしまうのですが、やはりそこにはそれなりの責任というものが生じてきます。

車を運転する時と同様な集中力で作業にあたる必要がある為、そんな大変で責任重大な思いをするよりは、人力で荷物を運んだりピッキングとかをしている方が気が楽だという事で、敢えてやろうとは考えない人が多いです。

しかし、アルバイトならそれでOKでも、社員ともなってくれば話は別です。

自分の希望とは別に上からの命令で資格を取らされ、フォークリフトのオペレーターとして現場で働く事もしばしばです。

大きなミスを起こすのが心配な人

フォークリフトの作業では仕事の効率は人力よりも格段にアップする反面、当然ながら事故の損害もその分大きくなります。

人とフォークリフトが接触したりすれば、相手が大怪我を負う事もありまし、人力であれば一度に1~2個の荷物しか運べなくとも、フォークリフトならその数倍~数十倍の荷物が積まれたパレットを一度に運ぶ事になるので、何か事故が起こってしまった場合その被害も数倍~数十倍に及びます。

事故を起こした商品が衣類等の破損しにくいものならともかく、瓶入りのワインや精密機械だったような場合はもう目も当てられません。

扱う商品の中にはとんでもなく高価なモノもある場合があり、一つのパレットで数千万円以上の被害損額に上るような事もあります。

また、破損した商品が限定商品や一点モノ等の場合はもはや弁償する事も出来ませんから、会社はお客さんに対して平謝りするしかありません。

もちろん会社の方ではそういう万一の事態に備えて前もって保険をかけており、意図的にやるような悪質な場合を除いて事故を起こしたフォークの運転手がその損害を弁償させられるような事はないのですが、その後の上司からの厳重注意と始末書は免れません。

こういう事態を嫌い、フォークリフトの作業はしたくないと考える人は少なくありません。

「フォークリフトの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

フォークリフトの仕事で活かせる経験

現在殆どの物流倉庫や工場等でもフォークリフトは日夜大活躍しています。

フォークリフトの仕事の需要があるような場面は枚挙にいとまがありません。

フォークリフトの資格保持者、作業経験者はこうした業界では即戦力として重宝され、就業するにあたってかなりの有利となる事は間違いないでしょう。

フォークリフトの資格は他の資格に比べても取得難易度はそれ程高くはないので、物流業界等に転職を考えているような場合取得する事を考えてみるのは如何でしょうか。

転職は楽

この資格があると同じ職種の業界なら転職はとてもスムーズです。

やはり正社員の募集となると年齢等の制限もありハードルは高くなりますが、アルバイトや契約社員等の募集であればこうした業界はあなたの前歴や年齢がどうとかいうよりも、実際に現場で即戦力となるかが採用にあたって重要となります。

フォークリフト作業経験者というアピールが出来れば採用率もかなり高くなる事は間違いありません。

「フォークリフトの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

フォークリフトの仕事で働くメリットとは?

フォークリフトを使用した作業の場合、検品やピッキングといった一般的な単純作業に比べて時給が高いのが特徴です。

なので、給料アップを目指したい方にとってもおススメです。

また、この資格と経験があれば何処の現場でも同じ事が出来る為、転職等にも有利になる事でしょう。

(フォークリフトには様々なタイプのモノが存在しますが、基本的な操作に関してはどれも同じなので馴れてしまえば迷う事もありません。

)身体に負担も少ない仕事なので、長く続けられるというのも大きな魅力の一つです。

シニアになっても働ける

少子高齢化がますます進み、年金の支給開始年齢も更に引き上げられそうなこのご時勢、定年を迎えても再雇用だとかシルバー人材派遣等で働き続ける人は今や決して珍しくありません。

本来ならば定年後は老後をのんびりと悠々自適な余生を楽しみながら送りたいところなのですが、先行きの見えないこの国の将来に対して多くの人達は不安を感じています。

その為、身体の動くうちは出来るだけ働いて少しでも貯蓄を増やそうと生涯現役として頑張ろうとするのですが、やはり体力の衰えには抗う事が徐々に難しくなります。

フォークオペレーターの仕事はそんな時にも無理なくやれる事が出来るので、老後の仕事の選択肢の一つとして、ミドルエイジを迎えた頃から経験を積んでおく準備をしておくのは賢い選択だと思います。

その後のキャリアについて

フォークリフトの運転資格を持っている人は様々な業界で必要とされています。

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

フォークリフトの資格を単に所持しているというだけではペーパードライバーと同じで役には立ちません。

実際に現場でフォークリフトを操り、毎日荷物をさばく経験を積む事が大切で、そうした実績がある人は現場にとって欠かせない人材となりますので、最初はアルバイトで入った人でも現場のリーダーに昇格したり、正社員の話が舞い込んできたりするような可能性もあるでしょう。

逆に長年倉庫の仕事に就いているような人でもピッキングとか在庫のカウントだけしか出来ない、やらないと決めているような人はなかなかキャリアアップの道も開けません。

しかし、職場で大切なのは仕事の能力やスキルの他にも人間関係や周りに対する気配り、協調性、勤務態度、ヤル気、人間性や人徳等もあり、そういうものを持つ人は職種に関わらず求められ、ステップアップ出来ると思います。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

フォークリフトを導入している仕事現場は幾らでもあります。

しかし、先に述べたように、資格を持っているだけのペーパーでは意味が無いので実際にフォークリフトを使って作業が出来るという事が重要です。

将来の需要について

急速な技術の開発・発展により様々な場面でAIを応用した作業の自動化が進められています。

自動車等と同じくテクノロジーの発展と共にいずれはフォークリフトも自動運転化する時代がやってくるかも知れません。

そうした時に今現役として仕事に就いているフォークオペレーターの多くはその職を失う可能性はゼロでは無いと思います。

しかし、この先まだ10~20年は需要は続くであろうと思われます。

安全な全自動運転可能なフォークリフトが開発されたとして、そうした最新の設備を導入する事が出来るのは特に最初のうちは資本力に余裕のある大企業に限られます。

大規模な設備投資が難しい、中小企業等では人によるフォークリフトの作業はしばらくの間続けられていくと考えられます。

フォークリフトの仕事はどうやって探す?

フォークリフト資格保持者・経験者の募集は主に物流・工場系の求人では必ずと言っていい程目にする事が出来ます。

普通に求人サイトの検索欄にフォークリフトと入力するとオペレーターの募集はそれこそ幾らでも見つける事が出来るでしょう。

当然作業経験者であれば即採用にこぎつける事が容易ですが、資格はあるけれど実際に教習所以外では運転・作業した事が無いという人はフォーク未経験者でもOKという条件を掲げている会社に応募すると良いと思います。

そうした所ではいきなり最初から忙しい現場に配属されたりはせずに、徐々に機械の操作や仕事を覚えさせていくような配慮をしてくれると思います。

現場選び

さて、この手の求人は仕事サイトやアルバイト情報雑誌に溢れてはいるものの、適当に応募する会社や現場を選んでいいかというともちろんそうではありません。

フォークリフトを運転する作業は体力的にはあまり負担はかからないのですが、現場によって多少の差があります。

まず、運転するフォークリフトの種類によって座ったまま運転が出来るものと立ってしか運転出来ないものに分ける事が出来ます。

座って運転するタイプは大型で、主に屋外で作業する事が多く、港や貨物ターミナル等で良く見かける事が出来ます。

逆に立ったまま運転するタイプのフォークリフトは狭い屋内でも小回りが利き、排ガスを出さずにバッテリーで駆動できる小型のサイズなので、物流倉庫等の屋内で作業する事が多いです。

自分の仕事をしたい環境や条件をきちんと考えて、実際どういう現場で作業をする事になるのかをしっかりと意識して応募するようにすると良いでしょう。

フォークリフトの仕事で転職すると年収は上がる?

フォークリフトの仕事は時給が他より高めです。

相場はどの会社でも大体同じですが、同じ現場で長く働いて良い仕事をしていれば会社によってはランクアップもあるかも知れません。

まとめ

以上簡単ではありますが、まとめてみました。

フォークリフトの仕事に興味があり、働いてみたいと考えている人や作業経験が無いので今はまだ迷っているような人、キャリアアップの為にもこれから資格を取って挑戦してみたいと思っている人に少しでも参考になれば幸いです。

「フォークリフトの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

フォークリフトアルバイトを探している方は、こちらの記事を参考に!

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。