世界各国からゲストが来るゲストハウス。

そこで働くと今までの仕事とは全く新しい世界が広がっています。

今回はゲストハウス経験者がゲストハウスでの仕事について解説します。

ゲストハウスってどんな仕事?

そもそもゲストハウスとは必要最低限のサービスのみで低価格で素泊まりができる、主にバックパッカー向けの宿泊施設のことを指します。

日本でも最近数が増え、1泊およそ2〜4000円という低価格で宿泊することができます。

ゲストハウスに宿泊する人の多くが「交流」を目的としており、リビングなどのが共有スペースで旅人との会話を楽しみます。

ゲストハウスの仕事内容

ゲストハウスの主な仕事内容を説明していきます。

施設の清掃

施設の清掃も、大事な仕事の1つです。

チェックアウトをしたゲストのベットのシーツ交換をしたり、館内の掃除機がけを行います。

水回りの清潔さは誰もが気にするところなので特に念入りに行います。

チェックイン・アウトなどのフロント業務

ゲストのチェックイン手続きを行います。

館内や朝食の説明・周辺の説明・鍵渡し等を行います。

チェックアウト時は鍵の返却を確認し、ゲストを出口まで送るまでが仕事です。

ゲストとの交流

ゲストハウスには交流スペースがあることがほとんどです。

ゲストは「交流」を目的にゲストハウスに宿泊することが多いので、スタッフも交流スペースでゲストと話すことがとても重要です。

お酒やフードを出しているゲストハウスもあるので、場合によってはお酒を作ったりすることもあります。

ゲストが楽しい旅の思い出を作れるように、お手伝いします。

海外からのゲストには、日本の文化を説明したり観光スポットを教えてあげたりすることも重要です。

ゲストハウスの仕事はどんな人に向いている?向いている人の5個の特徴とは?

ゲストハウスで働くには向き・不向きがありますが、向いている人はこんな人です。

人との交流が好きな人

ゲストハウスには毎日、様々なゲストが来ます。

ゲストは交流を目的にゲストハウスに宿泊するので、「今日は何して来たの?」「今日はどこへ行くの?」などと簡単でもいいのでコミュニケーションをゲストと積極的に取ることが大切です。

日本のことが好きな人

海外から来るゲストが多いので、日本の文化について説明してあげる必要があります。

日本のことに詳しい人はゲストハウスで働くことで日本の文化を紹介できるので楽しく働けると言えるでしょう。

好奇心旺盛な人

様々なゲストが来るので、様々な話を聞くことができます。

相手の文化や仕事など、好奇心旺盛になってゲストと交流できる人はゲストハウスの仕事が向いていると思います。

英語を使って仕事がしたい人

日本で普通に生活していると英語を使う機会はなかなかありませんが、ゲストハウスで働けば毎日外国人ゲストと会話することができます。

英語は使うことで上達して行くので、ゲストとどんどんコミュニケーションをとりましょう。

英語が上達していくと、ゲストとの会話も、働くことも楽しくなります。

イベントごとが好きな人

ゲストハウスの交流スペースでは、様々なイベントごとが行われます。

夜にみんなでパーティーをしたり、ときにはアーティストを呼んで音楽イベントを行ったりしもします。

自分がイベントを企画すれば、進んで開催してくれようとするオーナーがほとんどだと思います。

積極的に楽しいことを見つけて提案できる人は、もっともっと、ゲストハウスで働くことを自分なりに楽しむことができる人だと言えるでしょう。

ゲストハウスの仕事で活かせる経験

誰もがしている今までの様々な経験がゲストハウスの仕事で活かすことができます。

旅行

旅行は国内旅行、海外旅行共に役に立ちます。

なぜならゲストハウスに宿泊するゲストは様々な場所から来ます。

もしその場所が今まで自分が行ったことがある場所なら、必ず会話に役に立ちます。

自分の故郷を知ってもらえていると嬉しく感じるように「その場所の◯◯が美味しかった」「◯◯の△△が好き」というような一言を言うだけでゲストを喜ばせることができます。

気になる場所には、進んで足を運ぶことが大切です。

語学留学

海外からのゲストが多いので、英語が話せるかはとても重要です。

もちろん流暢でなくてもいいのですが、簡単な英語でも積極的に話そうと言う気持ちが大切です。

また、海外に長く住んだ経験から、いろいろな国の文化を理解しようとすることができます。

接客業

今まで接客業をしたことがある人なら、すぐにゲストに馴染むことができると思います。

レストランやカフェのようにマニュアルはないので、どんどん自分が好きなように話しかけることでゲストと会話を弾ませることができます。

イベントの企画

全ての経験をゲストハウスでの仕事に役立てることができます。

知り合いのミュージシャンがいればゲストハウスへ呼ぶこともできますし、今まで何かミートアップなどのイベントを開催したことがあれば、そういった

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

働いて学んだゲストハウスのオペレーションを元に、今度は自分自身のゲストハウスを運営する人も多くいました。

バイトで入ったとしても、途中から正社員になるという道もあります。

また、ゲストハウス以外でもホテルや旅館などで働くことも、働いた知識は生かせると思います。

外国人と接した経験は、様々な場面で役に立つことが多いので、自分なりに言葉にしてまとめることが大切です。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

海外の人と関わることができるので、いろいろな国の文化に触れることができます。

これらはグローバル化して行く世の中で、その後の仕事で海外の部署についたり、海外で働くことになったときにも必ず生きます。

今後、日本で働く上でも多様性を持って働くことはとても重要です。

どんな人にも適応して働ける能力はどこへ行っても求められると思います。

まとめ

いかがでしたか?

ゲストハウスで働くことで世界中の人々と交流することができ、それにより自分の価値観も大きく広げることができます。

みなさんも、新しい世界に飛び込んでみませんか?