販売促進(販促)と言う言葉を良くお聞きすると思いますが、仕事の詳細をご存知の方は、少ないかと思います。

TVCMや電車の中刷り広告等の様に不特定多数の方にアテンションする手段は「広告宣伝」に成り、お客様が購買する時点で、購買意欲を高める施策を打ち、売上UPやシェア拡大を図る仕事が「販売促進」になります。(販売促進=セールスプロモーションやフロントマーケットとも言います)

特に、メーカーが新商品の市場定着を目的に行ったり、既存のブランド商品のブラシュアップを図る目的や、売りの拡大を図りシェアアップに繋げる為に、販売促進を行う事が多いです。

それだけに「販売促進」は、企業にとって重要ミッションを担う仕事と言えます。

販売促進の仕事にはどんなものがあるの?

販売店に合わせたセールやイベント企画及び運営、店頭プロモーション(直接お客様に販売する仕事)、フィールド業務(販売店での商品導入交渉、売れる売場を確保する交渉、陳列作業、販促物の設置及び売場演出)等が有ります。

また、実行後の結果検証をし、今後の販売促進をより効果の有る内容に仕上げるのも販売促進担当者の重要な仕事に成ります。

販売促進の大まかな仕事内容

セール・イベントの企画の運営

セールやイベントは、販売店様の協力なしには、実施できない企画に成ります。

企画立案には、販売店様の課題を抽出し、その課題を解決すべく要素や新規提案が企画の中に必要になります。

また、セール・イベントを行う事により、売りの拡大を図ると共に、商品の認知度アップやリピーターの拡大に繋げる様な計画が必要になります。

そして、何よりも購買して頂いたお客様の満足度を一番に計画する事により、お客様の購買意欲は高まります。

その為には、常にトレンドに敏感に、市場状況・お客様情報・販売店様の状況を把握し、あくまでも消費者視点に立脚した企画が重要になります。

また、セール・イベントを成功させる為には、関連部署との連携・お得意先への落とし込み等のパイプ役的な役割も担うポジションです。

企画立案後は ➡ 商談 ➡ 実行 ➡ 結果検証の流れで業務は推進されます。

デモンストレーション

デモンストレーションは販売店において、直接お客様に商品の提案し販売をする仕事です。

例えば、食品では試食提供や試飲提供をし、お客様に商品特徴を説明したり、調理の仕方メニューレシピの説明をしている販売員がデモンストレーターです。

それが、店頭でのデモンストレーションの仕事に成ります。

デモンストレーターの雇用形態は幾つかに分かれます。(デモンストレーター:デモンストレーションを行う人)

メーカーの従業員として、雇用されているデモンストレーターと派遣でその時だけメーカーがアウトソーシングしている場合が有ります。

メーカーが従業員として雇用しているデモンストレーターは、常に営業と連携し自社商品の販売だけをしているので、商品知識は勿論の事、新しい提案も常に情報提供されているので、そのメーカー商品の販売のプロになれます。

また、販売に必要な効果的な商品陳列、POP等を活用した演出方法、話術等の研修や勉強会も定期的に実施されるので、日々スキルアップが図れます。

雇用形態は、正社員・嘱託・アルバイト等で、それぞれの雇用形態に合わせ稼働日数の保証がされているので、安定した収入が見込めます。

直接雇用と言う事もあり、お得意先からの信頼度も高く、優位な売場で販売できる機会が多いので、商品が売れる楽しさも非常に高いかと思います。

メーカーがアウトソーシングする場合は、マネキン会社・SP会社に1日幾らで(日給制)依頼をしています。(取り扱いの商材により変わりますが、1日1人8時間拘束で依頼すると13,000円位から~プラス交通費等経費は実費請求になります)

この場合は、依頼した企画内容をメーカーが依頼先の営業マンに説明し、依頼先の会社から販売員に説明をしてもらい実施してもらいます。

マネキン会社やSP会社の販売員の方は、日々違うメーカー・商品を取り扱うので、その都度説明を受け覚える必要が有ります。

また、安定して仕事の依頼が有るとは限らないので、月間の稼働日数にムラが出ます。

マネキン会社の販売員の方はベテランが多く50歳~70歳位の女性の所属が多いです。

人によっては20年~30年販売の仕事をしている方もいらっしゃいます。

SP会社の販売員は、学生バイトやWワークの方が多いです。

殆どが登録制で、面接も簡易的で即日仕事ができるメリットは有りますが、研修等も殆どなく、いきなり販売の仕事で現場に行かされる事が多いので、慣れるまでは仕事に対しての不安は高いと思います。

給与は基本月1回のタイミングで使用した経費人一緒に振り込まれる会社が多いですが、週払いで対応しているSP会社も多いみたいです。

即日収入が必要な方には、嬉しい条件かと思います。

デモンストレーターの仕事は、各企業経費削減に伴い、年々デモンストレーションの稼働日数は減少傾向にあります。

デモンストレーターとして必要なスキル ➡ 話術・商品陳列や販促物を活用した演出力、アイデア力、そして何よりもメーカーの顔として、明るく・元気に誠実な接客ができるかが、重要です。

フィールド業務

フィールド業務は販売店に対して、商品の導入・既存商品の発注促進・売れる売場の確保等の商談業務、また自社のセールやイベントの商品陳列及び売場演出が主な仕事に成ります。

その他に陳列商品の補充や陳列を整えたり、POPの設置、情報収集も行います。(イメージとしては、商品を直接納品しないルート営業です)

フィールード業務を行う人を、ラウンダーやフィールドマン・フィールドレディーと言われています。

ラウンダーは、基本的には個人の数値予算は無いですが、営業チームの売上が良い時は、達成感が有る仕事です。

担当する販売店は、1日のフィールド店舗が4~5店舗が標準なので、40店舗位を担当しているラウンダーが多いです。

簡単に言うと営業が販売店本部で商談した内容を、各販売店で実行する部隊です。

雇用形態は、メーカーの正社員・契約社員、業務委託契約が有ります。

上記で述べた仕事の詳細について、ご説明します。

①商品導入

本部商談で導入が決まっても各販売店で発注して頂けなければ、売場に並ぶ事が有りません。

ラウンダーは、担当している各販売店の担当者に商談をし商品を導入してもらいます。

②既存商品の発注促進

店頭に陳列されている商品の発注数量を常にチェックし、発注数量が落ちている商品を販売店担当者に商談し、発注アップを図る仕事です。

③セールやイベントの商品陳列及び売場の演出

本部で決まったセールやイベント、また自身が担当店舗で商談した催事を成功させる為に、お客様の購買意欲が高まる様に商品陳列・売場演出を行う仕事です。

演出は、お店のイメージに合わせながらも、ブランドが際立つ様に演出しなければならないので、センスが求められます。

商品陳列・売場演出は入社時に教育を受けますが、日々勉強しスキルUPが必要です。

特に商品陳列は、陳列する売場により大きく売り上げが変わりますので、常に担当店舗の売れる売場の情報を捉まえ、商談で売れる売場を確保するかが重要なポイントに成ります。

④その他業務

店舗巡回時には売場をチェックし在庫が有る商品は補充、陳列が乱れている場合は陳列を整えたり、持ち合わせのPOPを設置したり細かい作業も有ります。

また常に店舗情報の収集や他社の商品動向をチェックし、営業と共有する仕事も有ります。

ラウンダーに求めらるスキル:コミュニケーション力・折衝力・感性・情報収集力・報告連絡相談が迅速に対応できる人が求められます。

販売促進の仕事はどんな人に向いている?

人と話をする仕事が好きで、常に前向きでチャレンジできる方が向いています。

また、創意工夫ができアイデア豊富な人は販売促進に向いています。

明るく元気な人

販売促進は、お得意先及び消費者との接点の仕事が多いので、言うなれば企業の顔に成ります。

それだけに、明るく元気で清潔感のある方が向いています。

積極的な人

失敗を恐れずチャレンジする行動力がある人に向いています。

創意工夫が得意な人

基本的な事はしっかり順守した上で、目的・目標を達成する為に、最善の施策を打てる思考を持った人に向いています。

常に買い手側の視点に立てる人

自分自身が購買者の視点に立ち、購買した場合のメリット・デメリットを把握し、購買者が納得して商品を購買して頂ける様な思考を持てる人は向いています。

トレンドに敏感な人

流行に関心のある方(ファッション・食べ物・芸術・音楽etc)に常に関心を持っていて、情報を収集活用できる人が向いています。

コミュニケーション能力が高い人

誰とでも臆せず会話ができ、相手に自分の考えがしっかり伝えられ、関わる全ての人と円滑に業務を推進できる方が向いています。

(社内の関連部署、お得意先、消費者と関わる事が多いので、コミュニケーション能力が高いと業務がスムーズに推進できます)

折衝力が高い人

商談するタイミングが多いので折衝力は非常に重要になります。

自己管理が得意な方

巡回計画や日・週・月間のタイムスケジュール管理ができ、タイムスケジュールに沿って行動できる方に向いています。

情報収集が得意な人

販売促進をする為には、色んな角度の情報が重要です。

正確な情報収集は、販促策の基礎資料となるので、情報収集が得意な人は向いています。

逆に販売促進の仕事に向いていない人の特徴は?

人と接するより、パソコンで黙々と仕事をするのが好きな方や、工場などのラインで作業するのが好きな方は向いていません。

人と接するのが苦手な方

社内外及び直接お客様と接する機会が多いので、人と接するのが苦手な方は向いていないです。

自己管理が苦手な方

おおよその業務の流れはラウンダーに任されているので、自己管理が苦手な方は、向いていないです。

消極的な方

販売促進の業務は常にポジティブに取り組む姿勢が必要なので、消極的な人は、向いていないです。

販売促進の仕事で活かせる、今までの経験

何らかの接客経験が有る方

接客を通して、お客様ともコミュニケーションをとった経験があると、消費者視点で考える事ができるので、販売促進の仕事に活かせます。

ルート営業経験者

ラウンダー業務に活かせます。

ルート営業は、担当得意先を効率良くの巡回しているので、その経験を活かし効率の良いタイムスケジュールで、業務推進ができる為。

ラウンダーは売上予算が無いので、ルート営業と違う点は、プロセスが重要になります。

パソコンスキル(Excel、Word、PowerPointができる程度)

販売促進計画や提案資料、報告書の作成等が都度発生するので、パソコンで資料等作成経験が有る方は、スキルを活かせます。

また、POP作成等もする機会もあるので初級レベルのパソコンすきるは必要です。

マーケティング関連の業務経験が有る方、勉強をしていた方

マーケティングの経験は、販売促進と連動しているので、経験を存分に活かせると思います。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

販売促進で培ったノウハウは、営業関連全般で活かせます。

また、現場視点を持っているので、マーケティング関連の部署においてもキャリアアップの道も目指せると思います。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

様々なイベント企画推進を行うイベント会社や広告代理店、また流通業、リサーチ会社等でキャリアアップを目指せると思います。

その他では、販売現場のコンサルティング(売場レイアウトのプロデュース他)等の仕事にもキャリアアップを目指せると思います。

まとめ

販売促進の仕事について、ご説明させて頂きましたが、販売促進は非常に楽しい仕事です。

お客様との接点に一番近く、商品が売れた時の喜び感動を一番間近で実感できます。

自分の創意工夫次第で、商品の売れ方が極端に変わるのが実感できるのも、この仕事の楽しさの一つです。

人と話すのが好きな人、創意工夫が得意な人、アイデアが豊富な人、販売促進を極めたい人、是非!

販売促進の仕事にチャレンジして下さい。