今回の記事は、看護師の年収や相場、給料をアップするには転職術についての記事をご紹介していきます。

看護師は比較的給与の高い職種ですが、できることなら今までよりも給料アップできたらいいなと思うのが本音ですよね。

転職する際に、確認しない人はいないくらい大切な条件である給料。

具体的な看護師の給料の相場感などご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護師の給料の相場はどのくらい?

正社員で新卒入職した場合

病院や地方によって異なりますが、都心部のケースで紹介すると、手当込で年収350~400万円という所が妥当のようです。

大学病院や総合病院などの急性期病院が一番年収が高い傾向があります。

もらえる所になると年収500万円を余裕に超える所もあります。

正社員で転職した場合

これも病院や地方によって異なります。

急性期病院から慢性期や回復期病院に転職した場合は、年収が下がる可能性もあります。

急性期病院から急性期病院へ転職した場合は、前職の経歴を加味してくれることが多いので、年収が下がる可能性は少なく、むしろ上がる可能性が出てきます。

パート・アルバイト

パート・アルバイトの場合は、都心部ですと、1500~2500円という募集を一番多く見かけます。

なかには、ボーナスが支給される病院・施設もあるみたいです。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

賞与は基本給で計算されるため、基本給が高い所で働いていれば、賞与も多くもらえる可能性が高くなります。

看護師の場合は、夏と冬の2回支給されるところが一般的です。

中には、春も支給される病院も。

金額ですが、基本給3か月~5か月分というところが多いです。

昇給

昇給に関しては、年1回、4月に査定というところが一般的です。

昇給額ですが、だいたい月数千円から上がるところですと、1万円以上昇給する病院もあります。

各種手当

手当で一番のウェイトを示すのは、夜勤手当です。

1回の夜勤で5000~15000円ほど手当がつきます。

だいたい月4回くらいが一般的な夜勤回数なので、20000~60000円くらい手当がつくので、夜勤をこなせばこなすほど給料は上がっていきます。

そのほかでは、精神科などで勤めていると、危険手当がつきますし、大学病院や総合病院などですと、地域連携手当という手当がつく場合もあります。

交通費や住宅手当なんかもあります。

給与が高い人は何が違うの?

給料が高い人にはそれなりの理由があります。

項目ごとに分けて説明していきましょう。

スキル

看護師としてのスキルに関しては、給料にはあまり反映されません。

しかし、看護師には、専門看護師や認定看護師というような資格が存在しています。

特に大学病院などでは、スペシャリストを好む傾向があるので、資格を持っていると手当として、給料に反映されてくると思います。

個人的には、この資格を持っている人には、もっと手当がつけばいいのになと思っています。

そうすれば、もっともっとこの資格を生かして働く人が増えてくると思うこともあります。

役職

病院で言うと、主任や師長といった管理職クラスとなると、役職手当がつくため、給料が上がります。

勤続年数

年に1回の昇給制度を設けているところであれば、毎年昇給していくので、勤続年数が長ければ長いほど給料は上乗せされていきます。

地域

地域によってという文章がこれまでにも何回か出てきたと思います。

まず東京や大阪など都心部は、給料が高い傾向にあります。

しかし、その分物価が高いので、なんとも言えない所ですね。

続いて、都心に近い県も、都心部まではいかなくても給料は高い傾向にあります。

田舎の方の病院や離島となると、給料は安いですが、物価が安いため、お金=看護師という価値でみてみると、どこの都道府県も変わらないような気が私はします。

単純に給料が得たいならば、迷わず都心部で働くことですね。

~自分だったら本当はいくら貰える?~

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護師の給料が高い病院の特徴は?

大学病院や総合病院のような急性期病院

とにかく命に関わる方が救急車で運ばれて来たり、入院・退院などで患者さんの入れ替わりが激しいことから、とにかく忙しいです。

しかしながら、病院の中では、この急性期病院が一番給料や手当が高いと思います。

それなりの体力や精神力を必要としますが、病院でたくさんの給与を得たいと考えている方には、まず大学病院や総合病院を選んでおけば間違いないでしょう。

社会福祉法人、医療福祉法人などの地方の総合病院

経営状態が安定している病院ならば、大学病院と同等かそれ以上の給与と賞与を受け取ることができるでしょう。

しかしながら、大学病院のように人材がそろっているという所も少ないので、残業が非常に多い傾向にあります。

きちんと残業代が支払われれば、かなり高給となるでしょうが、現実はそう多くありません。

夜勤の回数も多くなるので、夜勤手当も増えること間違いないです。

看護師で給料をあげるためにやるべき4個のこと

今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

大きい病院では、給与設定がしっかりなされているところが多いので、交渉は難しいと思いますが、クリニックや小さい病院などで働く場合には、給料の交渉も有効的かと思います。

しかしながら、あまりお金のことばかり話していると相手も嫌がってしまうので、ほどほどに「今まで、これくらいもらっていて、これだけの保障をしてもらえると生活が助かるのですが・・・」くらいにしておいた方が無難ですね。

スキルアップを図る

先ほどもスキルの部分でお話ししましたが、看護系の専門資格である「認定看護師」「専門看護師」の資格を取得すると、手当がもらえる可能性があります。

しかしながら、こうした専門資格を持つ看護師に手当を払う病院・施設は、全体的にみても3割ほどとのことなので、資格者を必要としている病院で働く必要があります。

夜勤の回数を増やしてもらう、夜専になる

夜専とは、日勤勤務をしないで、夜勤だけの勤務のシフトを組んでもらうことです。

実際周りでやっている人がいましたが、給料が1.5倍くらいになっていました。

しかし、体力的には相当きついと言っていたので、体力に自信がないと無理だと思われます。

もし夜専が無理でも、1回2回くらい夜勤の回数を増やしてもらうようシフトを交渉することでも給料アップにつながります。

管理職への昇進を目指す

看護師は平均で3 ~5 年で辞めてしまう時代ですから、長く同じ所に働き続けられれば、必然的に給料は上がっていきます。

そして、管理職への道も出てきます。

しかしながら、すべての人が管理職に就ける訳でもないので、職務をまっとうして、管理職昇格のチャンスをひっそりと待つしかありませんね。

それには、辞めないで長く病院に勤めあげることが一番の近道かと思います。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

給料をアップさせるための求人の選び方

給料をアップさせるための求人の選び方をポイント別にまとめてみました。

給与相場が今よりも高いところを探そう 

都市部以外で働いている方は、都市部の病床数の多い病院探してみると、給料がまったく違うことがわかると思います。

立地としては、地方よりも都市部の方が物価水準が高い分、給料水準も高い傾向にあります。

また、回復期病院や慢性期病院で働いている方は、急性期病院または訪問看護など、仕事内容はハードになりますが、病院の系統を変えると、給与相場もぐーんとあがります。

賞与や昇給制度をチェック

月収だけで比較するのではなく、賞与がどのくらい出るのか、昇給制度はあるのかもチエックしておかなければいけない項目のひとつです。

たいていの求人には、「賞与2回 前年度実績4か月分」など記載されていることが多いので、参考にするといいでしょう。

賞与は基本給から出ます。

なので、基本給は安いけど手当がつく分月収は変わらないとしても、年収としてみると大きく変わってくることに注意してください。

残業代はちゃんと出る?

実際病院で働いている人なら理解してくれる方も多いと思いますが、残業代がきっちり出る職場は少ないかと思います。

大抵の病院の場合、申請制度となっているところが多いでしょう。

しかし、仮に10 分オーバーして残業代を申請したとしても、まず申請が通りません。

加えて、毎日2時間残業したとして、申請したとしても、よくて3分の1申請が通ればいい方で、全て残業代が出るのはなかなか厳しいと思います。

むしろ残業がないところを探した方が、自分のためにはいいような気がします。

交通費や福利厚生は?

交通費はほとんどの病院・施設で支給されますし、健康保険や厚生年金などもきちんとしている所が大半だと思います。

注意しなければいけないのは、小さいクリニックや訪問看護、老人施設となると、福利厚生がしっかりしていない施設もあるので、給料と同じくらいにきちんと確認をしておかなければならない所でしょう。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

大学病院から総合病院

基本給自体は、2000円ほどしか変わりませんでした。

しかし、大学病院は人数も豊富にそろっているので、夜勤の回数も月4回ほどでしたが、総合病院に転職してからは、看護師の人数が足りていないせいか、夜勤の回数が倍くらいに増えました。

その結果、月収も4~5万ほど変わりました。

大学病院では夜勤の手当が8000円だったに対して、総合病院では、1万円に上がったので、そこが月収の上がった理由のひとつでもあります。

けど、月に夜勤8回は相当しんどかったですし、体もよく壊していましたので、あまりおすすめできません。

雇用形態ごとに違いは出てくる?

月給や年収

正社員ですと、月給制なので、安定した基本給と賞与が支給されるため、年収も安定してきます。

アルバイトですと、時給制なので、働いた分は給与として支給されますが、休みが多い月になると、給与はどうしても安定しません。

給料以外における良い点と悪い点

正社員

休みの面で話すと、有給休暇が使える所ではないでしょうか?

健康保険や厚生年金などの各種保険制度も充実していますし、福利厚生もしっかりしています。

契約期間も定められていないため、同じ職場で働くのであれば、長く働きやすいです。

待遇としては、一番安定しています。

デメリットとしては、2交代制や3交代制などの交代制で働くことになりますので、夜勤に対する身体的負担が出てくる所です。

また、委員会や勉強会など業務外のこともこなさなければいけなかったり、責任が伴う仕事を多く任されることがあるため、仕事が終わらなければ残業が発生します。

さらにシフト制で働いていると、長期的な連休が、夏休みや冬休みを除いて、とりにくいことがあるかと思います。

アルバイト

勤務スタイルの自由があることが一番大きなメリットかと思います。

勤務時間の調整や勤務日数の調整も自分のライフスタイルにあった調整ができます。

正社員と違い、勉強会や委員会など業務外のことにも縛られることなく仕事ができるので、残業もほぼありません。

この働き方は、こんな人におすすめ!

正社員

看護師という仕事を責任も持って遂行したい方におすすめします。

それには、時間の余裕がなくてはいけないため、家庭を持っていない方もしくは、家事などを家族に協力してもらえる。

子どもが大きくなって、親の手を離れたなどの環境が必要かと思います。

中には日勤専従や時短勤務を認めている病院も増えてきていますので、家庭を持っていても安心して働けますね。

給与面では何度も言っているように安定はしますが、残業が発生する確率が高いです。

しかしながら、残業が少ない職場も存在します。

それは、回復期や療養型、精神科単科の病院などです。

今回の記事では、給与が高い所をメインで話していますが、働き続けるには、給与だけではなく、自分のライフスタイルにあった職場を探していくということも重要なのかなと私は思います。

中には、子どもを預かってくれる保育室を病院が完備しているところもあるので、そういう所を探すのも手ですね。

アルバイト

とにかく時間に制約がある方には、この働き方がお勧めです。

時間には自由がききます。

正社員よりも働いている時間が短かったり、夜勤もないので、体力的な余裕も出てきます。

結婚や出産をしたばかりの人には、この働き方をおすすめしたいですね。

まとめ

いかがでしたか?

看護師の年収について、給料をアップさせる方法についてご紹介しました。

月収などの給与に目が行きがちですが、福利厚生や各種保険制度も就職する前に十分に確認しておかなければいけない事項だということがわかったと思います。

それぞれのライフスタイルに合った働き方を選択し、無理のないように働いてくださいね。

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
年間2万人以上が利用!業界最大級の病院件数なので自分にピッタリの職場が見つかりやすい。 公式サイト 公式サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

皮膚科看護師求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

今回は皮膚科での仕事内容や求人について視点をおいてみました!好条件な求人内容や就職活動で参考になるポイントについてもお話をしていきたいと思います。看護師としてのスキルや好感を持たれやすい人柄などについてもご紹介していきたいと思います。皮膚科看護師のおおまかな仕事内容皮膚科は総合病院などでも外来での診察や日帰り手術などが多いです。手術の必要な疾患であっても内科や耳鼻科や泌尿器科などと混合病棟であることが多いです。そのため、個人病院やクリニックの皮膚科外来で主に診療を行い、手術や精査が必要な患者さんが総合病院へ紹介され受診するという流れとなっています。皮膚科の看護師の主な仕事内容は外来での仕事です

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方がいるので、一人一人にあった、オペ後ケアを行う必要があります。ま

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです。ですが患者さんへの投薬、食事や生活についてのアドバイス、

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把握していきます。精神疾患の患者さんは、自分の状態を直接表現


看護師年収に関するコラム

クリニック看護師の給料はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方などを紹介します

看護学校や大学を卒業すると、はじめは病棟に就職する看護師が多いですよね。配属先の病棟では各科それぞれ覚えることがたくさんあります。やっと仕事をこなせるようになってくると委員会や係、スタッフ間での会議など患者さんのケア以外にも多くの役割を任されます。また、夜勤中の患者さんの容態急変など、看護師にとってプレッシャーはたくさんあります。さらに結婚や出産、家事、育児等と別の役割が増えることもあります。そんな時ふと、看護師は続けたい、でも現状は少し厳しいな、、、と思うこともあるのではないでしょうか。そして、クリニックへの転職を考えた方も少なからずいるはずです。今回はそんな方に、クリニック看護師の給料につ

看護師の給料はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

ここでは看護師の給料の相場と給料の決まり方について紹介します。「看護師の給料は高い」世間一般ではこのように思われているでしょうし、実際に自己紹介などで「看護師やってます」なんていうと「おー、看護師ってことは結構(お金)もらってるでしょ!」なんて言われることは多いです。しかし、現場の看護師からしたら「ここまでやってこれくらいしかもらえないんだ・・・」という声の方が多いのも事実。世間と当事者たちでは、少し違いがみられます。では、現在の看護師はどれぐらいの給料をもらっていて、どんな給料の決まりかたをして「低い」と言っているのでしょうか?看護師の給料の相場はどのくらい?ここで紹介する看護師の給与の相場