「看護師」と聞いて、どのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。

白衣の天使のようなプラスのイメージでしょうか。

それとも、昔3Kと言われたように大変なお仕事だと思うでしょうか。

もちろん大変なお仕事ですが、その分とてもやりがいを感じられるお仕事でもあります。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者が教えます!看護師の「やりがい」を感じる業務は?

看護師の働く場は、総合病院やクリニック、施設や保育園など多岐に及びますが、私は病院勤務の経験しかありませんので、ここでは病院での看護師の業務について説明したいと思います。

採血、点滴業務

看護師の仕事というと真っ先に思い浮かべる業務がこれではないでしょうか。

新人看護師が一番初めに経験する試練かもしれませんが、何年経っても緊張するものです。

血管の見えやすい人、見えにくい人と様々ですが、その難しい血管の人に一発で成功した時には、心の中でガッツポーズです(笑)。

とても達成感を得られますよ。

救急の現場での業務

救急センターには病院外で具合が悪くなった人が運ばれてきたり、来院されたりします。

外来や病棟でも、いつ何時患者さんが急変するかわかりません。

そんな時、まず一番初めに発見、対応するのが看護師でしょう。

患者さんの状態を把握し、医師へ報告、直ちに患者の治療に当たります。

自分がそのチームの一員としてその場に携わることは、とても責任の重い、緊張する瞬間でもありますが、その行動が身を結び、患者さんを救えた時には、言葉では言い表せられないほどの充足感があります。

清潔への援助

看護師の仕事は、医師の診療の介助だけではありません。

患者さんが生活を営む上で必要なことは全てお世話します。

例えば、食事の介助、排泄の介助、清潔行動の介助などです。

その中で私が好きなものが、清潔への援助、特に”洗髪”です。

寝たきりでなかなか入浴できない患者さん、手術後で入浴ができない患者さんなどにとって、清潔行動がとれないということはかなりのストレスになります。

そんな時頭だけでも洗ってもらえるということは、かなりの満足感につながるようです。

患者さんに「さっぱりした」と言ってもらえることはもちろん、汗でベタついた髪が自分の手で綺麗になるのを見るのは、こちらも満足感を得られるのです。

リハビリ

患者さんの中にはリハビリを必要とする方がいらっしゃいます。

専門的なことは理学療法士や作業療法士など、その分野の職種が担当しますが、病棟内で歩行練習を行ったり、少し外に出て散歩をする、ベッドサイドで筋力訓練をするなど、看護師が付き添いながら行うこともあります。

この最中は患者さんとゆっくりお話をする機会にもなります。

普段の忙しない業務中には話せないことも、並んで歩いたりすることで患者さんもリラックスし、いろいろな話が出てくるものです。

患者さんからの質問に答えたりもしますが、まだまだ私にとって患者さんは年上の方が多いので、逆に教えていただくことがたくさんあります。

時間的にも気持ち的にも余裕がないとなかなかこんな時間をとるのは難しいですが、とてもほっこりする時間だったりします。

看護計画立案

看護学生のときに頭を悩ませた人も多いのではないでしょうか。

実際に現場に出ると、そこまで大変なことではありません。

では、なぜ私がわざわざこの項目で紹介するかと言いますと、“患者参画型看護計画”というものがあるのです。

大抵は患者さんが入院されると、担当看護師がその患者さんの状態を把握して看護計画を立案しますが、この“患者参画型看護計画”というのは、患者さんやそのご家族と一緒に問題点を考え、目標を決め、評価していく、というものです。

なかなかすべての患者さんに実行するのは難しいですが、実際行ってみると、とてもやりがいを感じられます。

あとは、必ずしも患者参画型看護計画とセットというわけではないですが、患者さんへの生活指導のためのパンフレット作りも、個人的には好きな作業です。

病院で用意されたパンフレットも存在しているかとは思いますが、その患者さんに合わせたものを作成することによって、より具体的な指導をすることができます。

少々時間と手間の掛かる作業ではありますが、患者さんの喜ぶ姿を見ると、やって良かったと思えますよ。

他にもやりがいに感じることは、こちらの記事を参考に!

看護師は辛いこともあるんです!

これだけやりがいのある、素晴らしい仕事ではありますが、その一方で辛いこともたくさんあります。

看取り、エンゼルケア

人の生命に関わる仕事ですので、時には患者さんを見送ることもあります。

何度経験しても慣れるものではないですし、特に私は一番身近な存在を亡くしているので、そのような業務に当たることは今後もうないかと思います。

ただやはり、総合病院で勤務する以上は、避けては通れないことでしょう。

外来業務

一般的な外来での業務内容は、来院された患者さんの問診をとり、検査や診察の案内をし、処方内容や次回の説明をして、最後にカルテの内容をチェックします。

その中で、よくある出来事なのが、待ち時間が長いと怒る患者さんへの対応です。

実際に診察を行なっているのは医師ですし、患者さんの状態によって、ほんの数分で診察が終わる人もいれば、数十分もかかる人もいます。

朝から何時間も待っている人や、次の予定が入っている人がいるのはわかりますが、全ての人の要望を聞くわけにはいかないので、なかなか困ったものですね。

勤務終了間際の急変、急患

これはもう看護師あるあるですね。

もう少しで勤務が終わる・・・!という時に、急変や急患に当たるのはよくあることです。

こうなってしまってはもはや何時に帰れるかわかりません。

かと言って目の前の患者さんを放り出して定時に帰るわけにはいかないので、これも看護師の大変なことのひとつです。

委員会や研究会などの準備

実は、直接患者さんに関わらない地味な仕事で、時間を要するのがこれです。

委員会に必要な資料の準備や、委員への連絡、また看護研究のレポート作成などがあります。

日常の業務が終わってから取り組まなければならないので、このために残業になったりすることもあります。

はっきり言って、地味に大変です。

これらの他にも、看護師の仕事は大変なことはたくさんあります。

こんな時に限って・・・

これは私が体験した話です。

ある日の深夜勤務勤中、急変と緊急入院が重なりました。

緊急入院は他のチームの看護師に代わってもらうことにしましたが、急変対応は自分の仕事です。

さらに、入院患者さんの見回り、点滴交換、オムツ交換、尿量チェックもしなければなりません。

夜が明けてくると、その日の手術、検査の準備や、食事介助もあります。

その時は三交代でしたので、前の日は日勤業務を行っています。

帰宅後保育園に子供を迎えに行き、結局家事育児をしているうちに仮眠もとれないまま深夜勤務に入り、一切飲まず食わずで走り回って、結局帰宅は午後でした。

正直、もう二度と嫌です(笑)。

看護師の仕事は体力勝負なところもありますよ。

辛いこと以外にも、疲れたと感じてしまうことについてはこちらの記事を参考に!

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者が教えます!辛くても看護師の仕事を続けてこれたワケ

このように、看護師の仕事には辛いことがたくさんあります。

私も、仕事中に泣いたことは何度もあります。

それでも私がこれまで看護師を続けてこれたのは、そしてこれからも看護師を続けていこうと思うのは、やはり辛いこと以上に、やりがいを感じる瞬間があるからです。

担当した患者さんに「ありがとう」と感謝してもらえる

何より直接的にやりがいを感じられる瞬間ではないでしょうか。

私たちが特段意識せず、当たり前のように日々行なっているような行為でも、その患者さんにとっては、とても嬉しいことだったりします。

どんな理由であっても、自分がとった行動で患者さんが笑顔になり、「ありがとう」と言ってもらえることは、これほど看護師冥利に尽きることはないでしょう。

常に新たな目標を持つことができる

仕事をしていると、自分に向いている分野や、興味の出てくる分野がわかってきます。

実際に現場で経験を積むことももちろんですが、研修会や勉強会に参加して知識を深めたり、認定看護師や専門看護師などといった資格をとることも、自身のスキルアップ、モチベーションアップにつながります。

ワークライフバランスを考えて就職活動できる

また、看護師というのは、自分のライフスタイルに合わせた勤務形態を選ぶことが、比較的自由に行えます。

例えば、バリバリ働いて収入を得たい人は夜勤のあるところで、子育てがあるため夜勤や休日勤務ができない人は日勤のみのところで、スキルアップを目指したい人はその専門的な分野のところで、さらに週2〜3日といったパートの契約をしているところもあります。

自分で勤務形態を選ぶことのできる幅が大きいのは魅力ですよね。

他の仕事が考えられない

そしてもうひとつの大きな理由は、私がこれしか知らないからです。

転職を考える時も、今更別の職種に・・・とは思いません。

なぜなら、①看護師の求人はいつでもどこでも必ずある、②比較的収入が安定している、③細かなルールの違いはあっても、基本的に業務内容は同じ(他の仕事をゼロから覚えるのが面倒)だからです。

~自分にはどの看護師の仕事が向いているか?~

看護師に必要な心構えとは?

では、看護師に必要な心構えとはなんでしょうか。

自分の役割を理解する

「今自分がやるべきことはなんなのか」それが把握できていなければ、医療の現場では働けません。

医療の現場には、その業務内容によって様々な医療職が存在していますが、その中で圧倒的な割合を占めるのが看護師です。

診療の介助から療養上のお世話まで、看護師の仕事は多岐に渡ります。

”指示されていないから動けない”ではなく、常に”今自分がやるべきこと”を考えて、自ら動かなければなりません。

患者さんの心に寄り添うことを忘れない

私たちが接するのは物ではありません。

人です。

たとえ寝たきりであっても、認知症の方であっても、私たちと同じなのです。

常に自分の身に置き換え、「自分だったらこんな対応をされたら嫌だな」と思うようなことはしない、「こんな配慮があったら嬉しいな」という行動をする、当たり前のことですが、その気持ちを忘れずに、患者さんに接することが大切です。

自分の体調管理も怠らない

社会人である以上、体調管理は当たり前のこととは思いますが、大抵の人は”少しくらい具合が悪くても出勤する”のではないでしょうか。

しかし医療職の場合そうはいきません。

免疫力の低下した患者さんに接する仕事ですから、自分の体調が悪い時に出勤するわけにはいかないのです。

そして仕事を休むということは、もちろん周りに影響が出ます。

特に休日や夜勤の場合は、最低限の人数でシフトが組まれているため、代わりの勤務者を探さなければなりません。

くれぐれも体調管理には気を付けるようにしましょう。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

これまで述べてきたように、看護師の仕事は、医師の診療の介助から患者さんの身の回りのお世話まで、実に様々なことをしなければなりません。

それゆえにたくさんの知識と経験が必要になります。

また、まずは看護師になるために、必要な勉強をして、国家試験に合格しなければなりません。

看護師になるには長い道のりがあるのですが、わざわざその道を選ぶということは、それだけ看護師という仕事に魅力を感じるからではないでしょうか。

病気の患者さんの助けになりたい、誰かの役に立ちたいなど、動機は様々だとは思いますが、皆さんそれぞれ思いを抱えて看護師を目指すはずです。

いろいろな理想を掲げていざ看護師になってみたら、なんだか現実は違った・・・という人もいるかもしれません。

人の生命に関わる仕事ですから、もちろん辛いことはたくさんあります。

ですが、それだけ自身の成長にもつながる仕事なのです。

自分が関わった患者さんが元気になって退院して、外来で声を掛けられたりすると、とても嬉しいものです。

私たちは患者さんのお世話をしているようで、実は患者さんのほうからパワーをもらっているのかもしれません。

辛いこと、苦しいことを乗り越えていくのは大変ですが、看護師としての喜び、達成感を得るために、一緒に頑張っていきましょう。

【看護師求人の選び方については、こちらの記事も参考にしてみてください】

看護師求人の選び方を8つのポイントで教えます

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト
関東・関西・東海専門!高時給求人・保育園等のレア求人が多数! 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

仕事 看護師求人


看護師仕事に関するコラム

外科看護師の仕事内容13個の業務。経験者が教えます!

外科といえば、脳神経外科、消化器外科、呼吸器外科、整形外科というような診療科をイメージすると思います。また、手術・処置が多いことは想像できるのではないでしょうか。そんな外科で働く看護師といえば、急変対応ができたり、テキパキした人しか向いていないのではないかと思われがちが、それくらい展開が早いのが特徴でもあります。この記事では、外科看護師の役割や仕事内容を、筆者の経験をもとに述べていきますので、外科看護師とはどんなことをしているのか、参考にしていただければ幸いです。外科看護師の仕事は大きく2個の役割に分けられる外科看護師と聞けば、病棟看護師をイメージすることが多いと思いますが、外来にも外科担当の

看護師の仕事種類7個の業務と看護師が働ける施設とは?経験者が教えます!

看護師は国家資格です。せっかく取った資格なのにもっとこんな業務に関わりたい、思っていた業務内容と違ったなんて気持ちを持ちながら働くのは辛いですよね。そこで今回は看護師の資格を活かせる仕事の種類と業務内容についてお伝えしたいと思います。看護師の仕事種類・業務可能な施設は大きく7個の役割に分けられます。病院診療所社会福祉施設訪問看護ステーション看護師等学校養成所市町村一般企業病院大学病院や国立病院等様々な医療機関があります。また、機能別にも分かれています。国立病院(厚生労働省/独立行政法人国立病院機構/独立行政法人労働者健康福祉機構)公立・公的・社会保険関係法人の病院(都道府県/市区町村/地方独立

看護師の仕事が大変と言われる6個の理由とそれを乗り越える方法とは?

看護師と言えば、人の命を扱う仕事のため、また夜勤など不規則な生活も想像されるためか、とても大変な仕事のイメージがあります。今回は看護師の仕事が大変と言われる理由と、その大変さや不規則な生活などを乗り越える方法についてご紹介していきます。さらに、その大変さや不規則な生活などを乗り越えてでも看護師の仕事を続ける原動力となる「看護師のやりがい」についてもお伝えしていきたいと思います。看護師としてその大変さや苦労に悩んでいる方は必見です!看護師を大変と感じてしまう6個の理由とその乗り越え方とは?看護師は、どんなに「看護師になりたい!」「病気やけがで苦しむ方のために役に立ちたい!」と高い志を持ってなった

看護師の仕事はきつい?そう思う人の理由と実はそれ以上にやりがいがあると感じる3個のポイント

看護師と聞くと皆さんどのような事を思い浮かべるでしょうか。「一生の仕事」「高給与」「きつい仕事」と言うイメージが強くあるでしょう。看護師の資格を取ったからと言って、必ずしも看護師の仕事を続ける人ばかりではありません。それは、やはり看護師の仕事内容が辛いものであったりきついものであったりする事が理由となるでしょう。ここでは看護師の仕事の中できついと感じた事や、辛い事があっても看護師を辞めないやりがいはどのような事なのかをご紹介しましょう。看護師の仕事がきついと言われる4個の理由とは?看護師の仕事がきついと言われる理由は人それぞれあると思いますが、一般的にこの作業は辛いだろう。これはしたくないと思

看護師の中でも楽な仕事は?診療科やパートなど看護師経験者の私が実体験を中心に解説

看護師の仕事は何も病院だけではありません。病院の中でもたくさんの診療科があり、その1つ1つに特徴があります。ここでは私の体験や経験から、看護師の仕事の内容についてご紹介していきたいと思います。私が働いてきた病院やクリニック、高齢者施設の看護師で楽な仕事だと感じた事など、病院と比較してクリニックや高齢者施設の業務の内容もご紹介していきましょう。看護師のおおまかな仕事内容看護師のおおまかな仕事の内容は「患者さんの状態の観察」です。高齢者施設でもクリニックでも患者さんの状態の観察は変わりなく行う看護師の業務になります。病院では、入院患者さんの病気の観察が主な仕事になりますし、高齢者施設では要介護者の