看護師は"なりたい職業ランキング"でも常に上位に入るような人気のある職業ですが、実際看護師とはどのような役割を担っているのでしょうか。

そもそも看護の目的って?

看護という字は、"手"と"目"で"護る"と書きます。

つまり看護の基本は、"目"で観察し、"手"でケアに当たり、患者さんを"護る"という行為になります。

病気そのものの治療は医師が行ってくれますが、看護とは病気だけではなく、その患者さん全体を看ることなのです。

「看護師」が自分に向いているか診断したい人はこちら →

看護師に求められる役割とは

看護師の仕事を大きく分けると、診療の補助と療養上の世話とがあります。

仕事内容は読んで字のごとくですが、もう少し具体的にお話したいと思います。

診療の補助

医師の診療のお手伝いです。

と一言で言っても、医師に指示されたことをすればいい、というわけではありません。

例えば検査の介助に入る場合、検査前であれば、患者さんやご家族への説明、患者さんの状態の観察・報告、検査に必要なものの準備、医師がすぐに検査に入れるように患者さんの衣服や体位の準備、検査中は医師の介助を行いつつ患者さんの状態の観察や声掛け、検査後は後片付け、患者さんの状態の観察・報告、と実に多くのことを一度に行わなくてはなりません。

検査の予約の連絡などが必要な場合もあります。

また診療の介助に入る場合も、問診をとり、診察の順番を判断して患者さんの誘導をし、カルテの確認をして・・・とやるべきことはたくさんあるのですが、どちらにしても共通して言えることは、"常に自ら考えて行動しなければならない"ということです。

そして医師によって検査や診察のやり方が違ったり、特徴がありますので、その医師に合わせて動くことも必要になってきます。

医師には是非「言わなくてもやってくれるな」「気がきく看護師だな」と思わせてやりましょう!

療養上の世話

こちらも上記と同じです。

オムツ交換や入浴介助、などといったルーチンワークをただ淡々とこなすのではなく、患者さんの状態を把握しながら、その患者さんに合わせたケアを行いましょう。

ただオムツ交換をするだけなら、手技さえ覚えてしまえば誰でもできます。

しかし私たちは看護師です。

いつもと排泄物の量や性状に違いはないか、点滴量に対して妥当な排泄量か、オムツかぶれや発疹などの肌のトラブルは起きていないか、体熱感はないか、発汗状態はどうか、いつもの患者さんの様子と比べて反応の違いはないか、など、わずかな時間でも看護師だからこそできる観察はたくさんあります。

それを日々の看護につなげていくのです。

どんな些細なことも見逃さないことが大切です。

「あれ?」と思うようなことがあればそのまま流さずに、必ず相談・報告をして患者さんの看護に努めましょう。

患者一人一人を支える看護師

看護師は医師の指示のもとに診療の補助を行うだけではなく、その患者さんとのコミュニケーションを通して、患者さんの全体像を把握し、ケアを行っていかなければなりません。

つまり、看護師には病気の知識や看護技術だけではなく、人としてのコミュニケーション能力も求められるのです。

患者さんが看護師に求めることとは?

私たち看護師は日々たくさんの患者さんと接していますが、患者さんのほうは「あなた」のことをよく見ています。

患者さん一人一人が「私のことをきちんとみてほしい」と思っているのです。

”その時””その人””その状況”に合わせた対応ができる看護師は患者さんからも信頼されます。

看護師はどのように患者さんに接する必要がある?

まず、日々の業務は本当に忙しく大変です。

少ないスタッフで目の回るような業務量をこなさなくてはならないこともあります。

しかしどんな状況であっても、それは何一つ患者さんには関係のないことです。

忙しそうな顔ではなく、常に患者さん一人一人に寄り添った対応が求められます。

話す声のトーンや言葉遣い、話す姿勢など、すべてが大切です。

看護師が目線を合わせてしっかりと話を聞いてくれるだけでも、患者さんは安心できるものです。

患者さんの一番近くにいる看護師だからこそできる医療とは?

看護師は患者さんにとって一番近くにいる存在です。

だからこそ、患者さんの異変に一番初めに気付くのも看護師が多いのです。

異変に気付く、ということはつまり、その患者さんの普段の状態を知っていなければいけません。

普段から患者さんとのコミュニケーションを通して観察が必要です。

他の人なら特に気にも留めないような小さな変化でも、看護師だからこそ見逃せないものもあるのです。

その小さな気付きこそが、患者さんへの看護・医療につながっていきます。

チーム医療を進める中で看護師に求められることとは?

病院では実に様々な職種が勤務しています。

医師、看護師、検査技師、放射線技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士、薬剤師、社会福祉士、管理栄養士・・・などなど、様々な職種が一丸となって医療を提供していきます。

そしてこの中心にいるのが患者さん、そしてそのご家族になります。

チームの中心的役割を担う看護師

それぞれの医療職が、専門的・部分的に患者さんに接するのに対し、看護師は患者さんの一番近くで、一番長い時間接する立場にあり、また患者さんを総合的にみる存在でもあります。

必然的に看護師はチームの中心的な役割を担うことになるでしょう。

チーム医療の中で看護師の果たすべき役割とは

上で述べたように、患者さんの一番近くで、一番長い時間を共にするのが看護師です。

医師に指示された注射をすればそれで終わり、というのではなく、患者さんやご家族がどのような思いでいるのか、どんな不安を抱え、どんな希望があるのか、それらを傾聴し、患者さんの心に寄り添うケアが必要になります。

患者さんの不安や希望などの思いを、積極的に他職種と共有し、意見交換をしましょう。

それぞれの職種との橋渡し的な役割も重要です。

「看護師」が自分に向いているか診断したい人はこちら →

勤務場所別の看護師の役割

病棟・救急・外来、施設、在宅など、それぞれの勤務場所によっても看護師の役割は異なってきます。

病棟看護師

病棟では、患者さんの入院から退院まで継続してみていくことになります。

そして患者さんが起きてから眠るまで、そして寝ている間も、交代で24時間観察・ケアを行います。

じっくりと一人一人の患者さんに関わることが可能であり、ベッドサイドでのケアにやりがいを感じる看護師にとっては、やはり病棟勤務をお勧めします。

救急看護師

救急の現場は軽傷の患者さんから重症の患者さんまで、日々あらゆる状態の患者さんへ対応しなければなりません。

まずは即座にトリアージが必要ですし、重症であればあるほど素早い判断・行動が必要になります。

外来看護師

外来は時間との戦いでもあります。

病棟では、その日の自分の業務を自分なりにある程度組み立てて動くことができますが、外来では流れるようにどんどん時間が過ぎていきいます。

その場その場でその時の状況に対応しなければなりません。

訪問看護師

病気や障害などにより在宅で療養中の方に対して、診療の補助や療養上のお世話をします。

医師の指示のもと必要な点滴を行ったり、状態を医師に報告したりします。

また看護師がケアにあたるのはもちろん、ご家族へ手技の指導を行ったりもします。

大抵の場合は一人で訪問することになります。

在宅でのサービスですので、介護保険サービスについても勉強が必要になってきます。

理想の看護師像

看護師を目指したとき、誰もが「こういう看護師になりたい」と思ったことでしょう。

日々の忙しさの中で忘れてしまいがちですが、最初に掲げたその思いはとても大切なものです。

もう一度思い返してみましょう。

患者さんの心に寄り添える看護師

限られた時間ではなかなか難しいかもしれませんが、患者さんの思いを傾聴し、患者さんの心に寄り添える看護師になりましょう。

常に笑顔で接することのできる看護師

どんなに忙しくても、どんなに嫌なことがあっても、常に笑顔を心がけることが大切です。

時と場合によっては笑顔が逆効果のときもありますが、普段から笑顔で挨拶することを習慣にしましょう。

患者さんの状態をよく観察できる看護師

どんな些細なことにも気付ける看護師を目指しましょう。

私は普段数人のスタッフで何百人もの採血をしなければならない場所で勤務をしています。

ただでさえ待ち時間が長い患者さんにとって、少しでも早く採血をしてあげたい。

そう思うと、笑顔で挨拶というのだけは忘れないようにしながらも、日常会話はそこそこに、無駄のない動きで採血をこなそうという思いが強くなります。

確かに、無駄話なんてしていないで早く進めろという考えの患者さんはいらっしゃいます。

でも、看護師さんにお話を聞いてもらうことが嬉しい、という患者さんもいらっしゃいます。

本当は一人一人とゆっくり丁寧にお話をしたい気持ちもあるのですが、正直それでは一向に採血業務は進みません。

どちらがいいのか、この葛藤はずっと続くと思います。

これから看護師に求められることとは

これまでの10年だけをみても、医療の場は大きく変化してきました。

そしてこれから先も、少子高齢化の問題や、医療保障制度の見直しにより、現場を取り巻く環境は目まぐるしく変わっていくことが予想されます。

その中で看護師に求められる役割も、より重要に、より複雑になってきました。

看護教育の場でも、総教育時間の増加がないまま科目だけが増え、結果として1科目自体の講義・演習・実習時間が激減しています。

今後の医療の現場ではますます看護師の能力が求められる以上、この問題についても議論がなされている状況です。

そんな中で、実際我々にはどんなことが求められているのでしょうか。

超高齢化社会の中で看護師に求められること

医療の高度化や、保健福祉の充実などにより、平均寿命が長くなっている一方で、出生数は一向に伸びず、少子高齢化が深刻な問題となっています。

2025年には団塊の世代が75歳を超え、超高齢多死社会を迎えると危惧されています。

そんな中で医療の現場にも大きな動きが見えてきています。

現在、医療は病院で行うのではなく、在宅へ、という動きが高まりつつあります。

我々看護師は、患者さん自身が、その人らしく生活できるように、その人らしい最期を迎えられるように援助をしていかなくてはなりません。

これからますます重要になる看護師の存在

また、とても重要なのが「健康寿命」の延伸です。

これはつまり「疾病予防」です。

病気になった人の治療・看護だけではなく、病気にならないように予防するための指導に力を入れていく必要があります。

専門的な知識を持って、現在健康な人への指導を行うことも、これからますます看護師の重要な役割になっていくでしょう。

「看護師」が自分に向いているか診断したい人はこちら →

最後に

「看護師」という職業は専門職ではありますが、実際は実に幅広く、多くのことが求められる職業です。

そもそも働く場にたくさんの選択肢があり、その働く場によって対象者が変わります。

対象者が変われば、必要な知識も経験も技術も違います。

世の中も日々変化していっているので、ずっと勉強が必要です。

人相手の仕事ですので、嬉しいこともあれば悲しいこともあります。

その中で自分なりにやりがいを見つけ、しっかりと自分の役割を果たしていかなければなりません。

患者さんからも、一緒に働く医療スタッフからも信頼されるような看護師を目指していきましょう。

看護師の仕事についてキャリアアドバイザーに相談したい人は!

これから看護師として転職したい人は、看護師専門のキャリアアドバイザーがいる「転職エージェント」に相談してみてはいかがでしょうか?

おすすめの会社を紹介します。

年間10万人以上の看護師が利用!

『ナース人材バンク』は、上場企業が運営する国内最大級の看護師専門の転職支援サイトです。

ナース人材バンクがおすすめな理由

  • 年間利用者数は10万人以上!紹介実績No.1
  • 給料などの条件交渉専任キャリアコンサルタントがやってくれる
  • 給与高めの求人も多く掲載されている
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
年間2万人以上が利用!業界最大級の病院件数なので自分にピッタリの職場が見つかりやすい。 公式サイト 公式サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

皮膚科看護師求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

今回は皮膚科での仕事内容や求人について視点をおいてみました!好条件な求人内容や就職活動で参考になるポイントについてもお話をしていきたいと思います。看護師としてのスキルや好感を持たれやすい人柄などについてもご紹介していきたいと思います。皮膚科看護師のおおまかな仕事内容皮膚科は総合病院などでも外来での診察や日帰り手術などが多いです。手術の必要な疾患であっても内科や耳鼻科や泌尿器科などと混合病棟であることが多いです。そのため、個人病院やクリニックの皮膚科外来で主に診療を行い、手術や精査が必要な患者さんが総合病院へ紹介され受診するという流れとなっています。皮膚科の看護師の主な仕事内容は外来での仕事です

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方がいるので、一人一人にあった、オペ後ケアを行う必要があります。ま

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです。ですが患者さんへの投薬、食事や生活についてのアドバイス、

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把握していきます。精神疾患の患者さんは、自分の状態を直接表現

今がチャンス!非公開求人あります
マイナビ看護師で確認 >