よく耳にする経理の仕事ですが、実際はどのような仕事なのでしょうか。

経理についての仕事内容や、どういった人が向いているか、働く上でのメリット、雇用形態などについて述べていきたいと思います。

仕事上の役割や、どのような部署と連携して、年内の各月にはどういった作業が必要になるかも論じたいと思います。

地域によっても仕事があったりなかったりしますが、郊外でも勤務地があるので仕事を探しやすい職業でもあります。

そんな経理の仕事について今回はご紹介します。

「経理の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経理の仕事はどんな仕事?

会社の売り上げデータを収支が合うように、購入、消費など額を丁寧に記載して、社内に連絡します。

簿記や出納帳の知識、支払いなど、会社のお金の流れを記録し、報告する仕事です。

経理の仕事の大まかな仕事内容

簿記を使って、営業など部署から売掛、買掛などを記載することや、会社によっては手の込んだ収支管理表によって費用、売り上げなど、いくらかかったかを細かく転載し、あらゆる視点から数値の乗せ、報告をし、決算期には一年分の資料を確認して、会計士に報告する。

日々の売り上げの分析など上司から報告と説明を求められることがあります。

経理の詳しい仕事内容は、こちらの記事を参考に!

仕事上の役割とは?

会社の事業の方向性によって全国各地の売り上げがどのように推移しているか見ること。

経理の仕事の仕事はどんな人に向いている?

細かい計算に向いていて、一桁単位の四捨五入も分析できる人は向いているでしょう。

また会社の方向性など、どこで利益が出ているか指摘、客観的な報告をできる人などは向いているでしょう。

そのほかにはどのような方に向いているのか見ていきましょう。

作業する効率を考えて行動できる人

時間や納期があるので、一か月単位、四半期、半年単位、一年単位と時間軸に根差した人です。

期末には、帳簿の締め切り、棚卸、決算整理があるので、ルーズな人は厳しいです。

また、決算申告書の作成、時期の事業計画や予算の作成など経営者と近いので、数値の知識や正確さが必要です。

4月には、納付イベント。固定資産税の納付や、5月は以下の資料の作成と提出できる人が向いているのでしょう。

部署によって、扱う担当範囲が異なります。

近年の仕事は電子化により、パソコンで記録します。

紙を使うこともあるでしょう。

立替経費清算など一時的に従業員が立て替えたお金や、出張費など、前払いの振り込みなども含みます。

遠くの場所に出張する営業マンは、そういった立て替え書類を頻繁に使います。

また、伝票の起票と整理ー仕訳が発生する取引において、詳しく記載する必要があります。

なので、人と調整することのできる人が重宝されます。

整理能力の高い人

決算期は、一年分の会計書類を倉庫から取り出すため、まずそれを日常的に保管する、場所を間違えずに保管する丁寧さも必要です。

場所を間違うと、どこに行ったと会計士の先生に怒られるので、日頃から置いた場所は置いた場所とキチっとできる人が向いているでしょう。

なので、倉庫の整理や掃除、要らない10年前の書類は相談して、業者に捨ててもらう思い切った勇気も必要です。

また、倉庫などは他部署と場所を争うので、スペースを限りなく利用できる、コンマリさん並の整理能力と断捨離能力があれば尚良しです。

データを分析できる人

昔は帳簿で紙媒体で記録していたのですが、今は複雑なソフトで処理するので、それに伴った記載の数字の報告、意味、経営層への報告するため、あらゆるExcelを用いた報告義務の、大事な部分の理解と説明ができる人が向いているでしょう。

とても、一人でできないので、書籍やよく知っている上司に聞いたりときちっとメモする能力が必要です。

メモを取るのがうまい

これはどんな仕事でも必須ですが、経理では特に、会社の違いによりやり方が異なるので、細かい認識や定義はしっかりとメモを取り、僕なんかはファインダー10冊はありました。

記録として、何度も同じことを聞かないようにしなければなりません。

パソコン上のスキルの面のメモがかなり必要になるかと思います。

メモを取れる人は向いているでしょう。

集中力が続く人

上司からの要望もあるので、早く、正確に仕事しなければならないので、細かいことに注目できる集中力のある人が向いているでしょう。

また、まとめた決算書などから会社の売上や資産状況をチェックし、お金の動きを記録し、把握しなくてはならない点においても集中力が必要になります。

仕入や商品の製造、出張費などの計算などあるので、他部署からかなり書類が回ってくると思います。

上司への判子の依頼など書類に関する仕事ですので、数値には集中力が必要になります。

グラフや、違う視点で考えられる人

伝票をもとに帳簿に入力の仕訳は基本の業務で、主な仕事は日々の取り引きをデータとして集計することです。

また、それらのデータを帳簿にまとめます。

そして、それらをパワーポイント資料など、会議で使用する資料として、グラフや色付きの図にするので、そういったパソコン初級のスキルや、ビジュアル、色彩に精通した方が向いているでしょう。

最近では、仕訳入力は会計ソフトで行うことが一般的です。

これらもグラフにするので、処理の方法を覚えた方がいいです。

なお、これらの伝票や帳簿は決められた保管期間に則って保管しておく必要があります。

報告書など、各部署に報告することがあるので、なかなか少しビジュアルに得意な人も要望されます。

電話対応がうまいこと

部署間で電話がかかってきて、納期などの連絡がありますし、対応しなければなりません。

時間を守ることが出来て、ある程度の日本語能力がある人が向いているでしょう。

また、顧客などの一般通話でも任されるので、研修で習った上、積極的に電話を取る人は頼られます。

僕なんかはよく噛みましたので、あまりよくはなかったです。

電話対応が苦手な方でも愛嬌があるのはいいことなので、経理は固いものという先入観を除いて、柔らかい朗らかな対応をするといいでしょう。

「経理の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経理の仕事で活かせる経験

下に述べるもの以外に数学の基礎や、高校レベルの数学や、時間を厳守したアルバイト経験も生かせるでしょう。

会計業務を行うのに必要な知識は「簿記」です。

次に必要な知識は「税金」になります。

税務に関わった人なら特質が活かせるかもしれません。

経理をするには、経理を取り巻く諸法令も理解しなければなりません。

法律を勉強した人なら、お金の法律や、資格で取得した税務関係の知識も生かせるかもしれません。

簿記検定

簿記検定3級や工業簿記です。

お金の出入りや、出費、旅行費など、購入にかかわるお金の記載です。

IFRS検定

IFRSは、主に海外での財務会計に適用される会計基準です。

IFRS検定は、知識を量るための学習&試験となっており、近年適用される国が増えています。

IFRS検定も国際会計のシーンにおける重要度を日に日に増しています。

その他

年金アドバイザーや、税理士などもあります。

公認会計士、税務会計能力会計も周辺の資格です。

米国公認会計士などの資格も活用出来そうな資格となります。

経理の仕事で働くメリットとは?

経営の勉強が出来る

経営者と近い位置にあり、報告もあり、提言を求められたりするので、会社の問題点などを伺えて、社会や会社の変化が分かるようになります。

そして一般的に一番に挙げられるのが、経理=安定性です。

経理経験は法律などに詳しくなるため、かなり経験としても勉強になります。

コミュニケーション能力が上がる

上司に的確な報告を求められて、メンバーとコミュニケーションするので、数値の会話は多くなります。

仕事で関わる部署の人は、経営者、営業スタッフ、税理士、取引先企業の経理担当者とさまざまで、相談したり会う機会が多いため、仕事上のコミュニケーション能力は必須ですし、段々と身についてくると思います。

また、社労士や人事など、書類の回送の際に話す機会が多いので、自分の担当の話はきっちりできるようになっておきましょう。

正確性が上がる

日頃から細かな出金や入金を扱う業務であるため、一つ数字が間違えば、会社の方向性を決めることにもなりかねないため、会社としても数字にシビアになります。

そのため簿記のExcel入力は最新の注意を払います。

ですので結果として正確性が上がると言えるでしょう。

社会情勢に詳しくなること

これは、その自分が入った業界について、経営の近い人に報告することがあるため、経営についての情報を知ることが出来るからです。

なので、その資料の説明に、業界や社会の流れなど勉強する必要があり、分析する必要も出てくるので、社会情勢に詳しくならざるを得ません。

また、正確性、数字への親和性が増すので、他分野への応用の選択肢も出るかもしれません。

また改善策の提案、数字の計算にアレルギーがないことも必要ですね。

それにともなって、保険料の分野へと興味が出てくるかもしれません。

「経理の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

税理士などの資格を取るか、財務などの道など。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

工業系簿記や、保険の仕事も。

管理職や、社労士、アドバイスする仕事など。

会計の計算系の仕事なら汎用性があります。

自分にあった経理の仕事の求人の選び方や注意点

業種によって、全然扱う項目が違うので、初めは小規模や中規模な場所から探しましょう。

中小企業や税理士事務所等、業務の細分化のされようは様々です。

※会社によっては数年ごとに配置換えはあります。

小さい企業なら、総務兼経理は割と多めです。

大企業に比べると幅広く業務ができます。

【選び方①】雇用形態から探す

雇用形態は、正社員、アルバイトや派遣社員など様々です。

アルバイトは、Excelを使った表計算や、パソコンをよく使います。

Microsoft Office Specialist Excelなど、最低限のパソコン操作ができると良いでしょう。

派遣で入れるのは、日本語を使った経費の精算など、日々の業務なので、より焦点を絞る方は絞って下さい。

アルバイトと派遣社員は日々の作業といった所です。

正社員は、月次、年次など売り上げの会計に関することなので、入ってからもかなりの勉強が必要です。

期末には、会計処理など、会計士さんと決算業務が入ることもあり、かなり部署として忙しい所になります。

【選び方②】職種から探す

経理や、保険の経理など様々。

一般事務や経理事務などありますが、一般事務では大きなお金の出入りで、庶務など沢山の仕事があります。

仕事内容は企業内の業務を総合的に雑務などを担当します。

電話対応や、来客対応、幅広い対応が求められます、経理事務は、売掛、買掛など、企業活動に足を入れた数値の扱いとなります、会社のお金の具体的な流れを追うのが経理事務です。

伝票作成や見積書、仕訳帳へのデータの入力などもあります。

【選び方③】会社の業態から考える

メーカーや、公共系、物流など様々。

小売業もあります。

簿記で習う「物を仕入れて売る」という流れに一番近く、製造業、メーカー、船舶などの物流系が基本を学べると思います。

製造にかかるコスト計算は製造業、不動産業は規模が大きく、会計年度をまたいで原価計算処理が行われます。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

給与形態は様々、時給や月給など。

時給なら900円からが多く、社員なら月給16万円ぐらいからとなります。

まずは下積みと思い、給料は気にせず、入れたらラッキーと思って、頑張って働きましょう。

【選び方⑤】エリアから考える

全国各地。

勤務地は都会が多い傾向ですが、勤務地が近くにあれば、近隣で良いでしょう。

自分の住んでいる所が田舎だとしても、事業所や工場などがある程度の規模の街に出れば、事務所に経理がある場所は存在します。

まとめ

数値に細かい人や、会社、社会の流れを知りたい人におすすめです。

きっちりしないと会社が弱くなる職業です。

きちんとプリントアウトができて、数値の意味まで深く説明できる能力が必要です。

経理担当はすごく重要なポジションです。

他部署と連携して、書類の提出や、公的書類の取得などを任されるポジションです。

未経験者は、この辺りも意識しておいた方がいいと思います。

また将来性もあり、税理士や会計士、税務事務所への働きなど選択肢が増える上、それに付随する資格も得ることができて、社会経験を積むには一朝一夕な仕事です。