人生の晴れ舞台となる結婚式。

そんな結婚式に関わる仕事は、幸せがいっぱいな場所でとっても素敵ですよね。

でも実際に結婚式場で働くってどういったことをしているの?

結婚式場での仕事内容とは?

どんな人が向いているの?

など様々な疑問を解決していきます。

結婚式場で働くことのやりがいなども一緒にご紹介していきますね。

結婚式場の仕事はどんな仕事?

結婚式場で働いているブライダルスタッフ。

新郎新婦に寄り添い、結婚式の打ち合わせから準備、式当日が無事に終わるまで、全般的に関わる仕事です。

結婚式をプロデュースするウェディングプランナーや司会者、ブライダル専門のブライダルカメラマンや料理に関わる調理スタッフ、ホールスタッフなど、たくさんの人のおかげで素敵な結婚式を完成させることができるのです。

結婚式場の大まかな仕事内容

結婚式場での仕事は、新郎新婦に対して結婚式をこの式場でしてもらうという営業や契約をすることで、仕事がどんどん出てきます。

契約をすれば新郎新婦のイメージに合った結婚式にするためのプラン提案や打ち合わせをし、結婚式当日は式の準備やレイアウト、受付やご案内をして、式の進行がスムーズに進むようにサポートしていきます。

料理を作ったり運んだり、ゲストの方にも満足してもらえるように尽くして、結婚式が無事に終われば片付けや清掃までします。

仕事上の役割とは?

結婚式全般に関わる仕事ですが、結婚式をより良いものにするためには新郎新婦との打ち合わせがとても大切になり、信頼関係を深める大切な時間でもあります。

大切なイベントである結婚式を任されるので、新郎新婦からの信頼がとても大切になります。

新郎新婦の意見をしっかりとヒアリングして、それに合った結婚式になるように提案をしたり、時には相談に乗って新郎新婦を後押ししたり、式当日は新郎新婦をサポートしたりと、新郎新婦にとってとても頼りになる存在という役割になります。

結婚式場の仕事はどんな人に向いているの?

華やかで憧れの結婚式場での仕事ですが、打ち合わせから式が終わるまで、仕事内容としてはたくさんしなくてはいけないことがあります。

ではどんな人がこの仕事に向いているのか。

順番に見ていきましょう。

接客力・営業力がある人

結婚式をするためにはまず新郎新婦に契約をしてもらいます。

人生の一大イベントで金額も決して安くはない結婚式。

いろいろな式場を見学する新郎新婦も多いため契約するためには営業力が必要となり、人を惹きつけるトークが必要になります。

また式場と同じくらいスタッフの印象も大切です。

接客力が高く笑顔で対応すれば印象も良くなり、契約してもらえる可能性がアップします。

聞く力がある人

結婚式を作り上げるには、新郎新婦との打ち合わせがとても大切です。

打ち合わせといっても、主に相手の意見を尊重しながらプランを作成していきます。

どういった結婚式にしたいか、予算はどれくらいかなど、細かなことまでしっかりと新郎新婦の意見を取り入れて、より良い結婚式になるように提案していかなければならないため、相手の話をきちんと聞く力が必要になります。

しっかりと聞きわからない部分は確認しておかないと、結婚式当日に「イメージと違った」などとなりかねません。

トラブルの元にもなるので、相手の話を聞く力はとても大切になります。

コミュニケーション能力がある人

結婚式は1日で終わりますが、その準備期間となる打ち合わせ期間は長く、新郎新婦と打ち合わせを重ねると、仲良くなったり信頼してもらえたりするケースが多いです。

相手の話を聞いてこちらのプランを説明するだけでなく、たわいもない話などをすることで距離を縮めることができるので、相手にとって話しやすいと思ってもらえるようなコミュニケーション能力がある人が向いているということになります。

また式当日の招待客には、老若男女いろんな方がいらっしゃいます。

そういった人たちに満足していただけるような接客をするには、やはりコミュニケーション能力がある方が有利です。

人を喜ばせるのが好きな人

結婚式場で働くということは、スタッフ全員が新郎新婦のために働くということ。

新郎新婦やゲストの方々が喜んでもらえるように動く仕事です。

人に喜んでもらえることが結婚式場で働くことのやりがいでもあります。

人を喜ばせることが好きな人は、この仕事にやりがいを感じられるのでピッタリですね。

裏方に徹することができる人

どの結婚式も主役は新郎新婦です。

準備や進行、サポートをしたり、新郎新婦のために来てくれたゲストの方々にも料理を作ったり運んだりと、主役のために何かをするというのが結婚式場での仕事です。

プランナーはもちろん調理スタッフやホールスタッフ、カメラマンなど裏方の仕事ですが、その人たちのおかげで素敵な結婚式になっています。

結婚式という華やかな場所は、裏方に徹する仕事があるからこそ素敵なものになっているのです。

そんな主役を支えるような仕事だからこそ、裏方に徹してしっかりと仕事ができる人が良いですね。

発想力が豊かな人

結婚式を挙げるとなるとだいたいの流れは決まっていますが、会場の雰囲気やどのような演出にするかなど、アイデアが必要になります。

新郎新婦からの要望に応えるのは大切ですが、より良いものにするために、こちらから提案することも多々あります。

そんな提案をする際に、発想力が豊かだと良いアイデアが浮かび、新郎新婦に気に入ってもらえるようなプラン提案をすることができます。

「これがないから向いていない」というわけではありませんが、このような性格やスキルを持っている人は、結婚式場で働くのに向いていたり、楽しく働けるかと思います。

営業力や聞く力はトレーニングすれば身につくものなので、自分のスキルとして身につけてから働くのも良いですね。

逆に、結婚式場の仕事が向いていない人はこんな人!

結婚式場で働いてみて自分に合わなかったり、働いてからとても嫌な仕事だと思うのは辛いですよね。

では結婚式場で働くのにどのような性格の人が向いていないのでしょうか?

人と話すのが苦手な人

結婚式場での仕事はいろいろありますが、プランナーは新郎新婦との打ち合わせやスタッフとの確認など、人と話さなければ仕事ができません。

他にもヘアメイクアーティストやフラワーデザイナーも、新郎新婦と打ち合わせをしたり相手の意見を聞いたりしますし、カメラマンも新郎新婦やゲストの方々の笑顔を撮影するために話しかけたりと、華やかな職場である分、人との関わりも多いため、人と話すのが苦手な人にとっては厳しい職場となってしまいます。

プレッシャーに弱い人

打ち合わせでは新郎新婦お二人相手でも、結婚式当日は親族やゲストの方々がたくさんいらっしゃいます。

その中で打ち合わせ通りに結婚式を進行して、成功させなければなりません。

もちろん主役は新郎新婦なのですが、そのサポートをするとなるとやはり少なからず緊張はします。

緊張感をもって働くというのは身も引き締まりとても良いことなのですが、プレッシャーに弱くては、ミスをしてしまったりトラブルの原因になりかねません。

ミスが続きせっかくの結婚式を台無しになってしまっては大変なことですよね。

自己主張が強い人

あくまでも主役は新郎新婦です。

ブライダルスタッフとして働いていると何度も結婚式を目にすることになるので、新郎新婦よりも結婚式の経験は豊富なこともあります。

経験を活かしたより良いプラン提案は大切ですが、最後に決めるのは主役である新郎新婦です。

こちらの提案したイメージや演出が却下されても、嫌な顔をせず受け入れましょう。

こちらの意見を押し通してしまうと、主役である新郎新婦にとって良い結婚式とはいえなくなってしまうかもしれません。

マナーなど厳しいことが苦手な人

結婚式場で働くには、言葉遣いやマナーはとても大切になります。

丁寧できれいな言葉遣いをしなくては、相手に不快な思いをさせてしまいます。

また派手な髪型やネイルも禁止されているところが多く、清潔感が求められます。

マナーや言葉遣い、規則が厳しいというのが苦手な人は難しいでしょう。

責任感のない人

人生の大イベントとなる結婚式。

素敵な結婚式にするために、入念に打ち合わせをしたり準備をしたりしますよね。

そんな大イベントだからこそ、些細なミスも許されないように念入りにチェックをしたり準備万端にして挑みます。

プラン提案の時点で責任のない発言をしてしまうと、トラブルの原因にもなりかねません。

式当日もひとつひとつ責任感のある行動をすることで、無事に結婚式を終えることができるかと思います。

責任感のないような発言や行動をする人には、自分たちの結婚式を任せたくありませんよね。

このような人は結婚式場で働くのにあまり向いていないですが、トレーニングすることで克服したり、仕事をしていくうちに、プレッシャーに強くなったりマナーや言葉遣いを覚えたりと身になっていくものもあります。

働いてから嫌だなと思うことはもちろん誰にでもあると思いますが、働く前に仕事と性格の相性を確認しておくのも大切だと思います。

結婚式場の仕事をするために活かせる、今までの経験は?

ブライダル業界に興味があり転職をしたいと思っていても、なかなか踏み切れなかったり、未経験で自分にできるかわからないと思う人は少なくありません。

ですが未知の職業であっても、前の職業の経験を活かして働くこともできます。

転職する場合に活かせる経験をご紹介していきます。

営業経験などのトークスキル

新郎新婦に結婚式を挙げてもらうために、まずは契約をしなければなりません。

うちの結婚式場はココが良い!

他よりも素敵な結婚式を挙げてもらえるように頑張る、などと上手く話をして、相手を引きつけなくてはなりません。

そのため前職が営業などの場合は、良い点やメリットの伝え方を身につけている場合が多いので、とても役に立ちます。

事務経験などのパソコンスキル

結婚式を挙げるまでに、どのような式にしたいかや予算などについて、新郎新婦と打ち合わせをしていきます。

その際にプランを提案したり見積書を作ったりするのですが、これはパソコンで行います。

前職が事務仕事だった場合、パソコンの扱いに慣れているかと思うので、パソコンでの書類作成などでつまづくことはないでしょう。

サービス業経験などのコミュニケーションスキル

サービス業のように、お客様と話をすることが多い職業に就いていた場合は、人と接することがたくさんあるこの職業にとても役に立つでしょう。

式のプラン、飾りつけやブーケ、衣装、写真撮影の際のポーズなど、新郎新婦と話をすることはとてもたくさんあります。

また、招待客への席や会場案内、料理の提供などにも、培ってきたコミュニケーションスキルが活かせます。

このように、前職がブライダル関係でなくても活かせる経験はたくさんあります。

身につけているスキルを活かせるので、転職も前向きに考えられますよね。

結婚式場のやりがいはこれ!

結婚式場で働くということは、マナーや言葉遣い・規則が厳しかったり責任感のある大変な仕事ですが、その分やりがいもたくさんあります。

やりがいがあるからこそ働くことが楽しいと思えるのです。

では結婚式場で働くことのやりがいとはなんでしょうか?

『ありがとう』を言ってもらえる

無事に結婚式を終えることができると、新郎新婦や招待客から『ありがとう』という言葉をかけてもらうことがたくさんあります。

『ありがとう』という言葉をいただいたときには、全ての頑張りが報われた気がして本当にうれしくなります。

感動の場面に立ち会える

花嫁の手紙やご両親への贈り物の場面は、やはり何度立ち会っても感動し、涙が出てしまうこともあります。

仕事で感動の場面に立ち会うことができるなんて、なかなかないことではないでしょうか。

達成感がある

結婚式を作り上げ、無事に終えることができたときは、とても達成感に浸ることができます。

もちろんとても緊張したり忙しい場面もたくさんありますが、このときのために頑張ってきたんだと一段落することができます。

達成感がある仕事なのでまた次も頑張ろう!と毎回思うことができて、飽きの来ない楽しい仕事だと思います。

やりがいがあれば働くことも楽しくなりますよね。

その後のキャリアについて

憧れの結婚式場で働いた後、その先にはなにがあるのだろうか?

先を見据えておくことも大切ですよね。

次は働いた後のキャリアアップについて見ていきましょう。

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

結婚式を何件もこなすことでキャリアアップに繋がります。

実際の現場を何度も経験すると自分の経験値が上がるということです。

資格取得やお客様の評判も重要なポイントですね。

たくさんの結婚式に関わっていても、クレームが多かったり低い評価をつけられていてはキャリアアップに繋がりません。

評価が上がれば管理職になったり、新人を育成する担当になるなど、給与もアップしキャリアアップもできるというわけです。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

結婚式場で働いていた経験を、転職に活かしたいと思うこともあるかもしれません。

この仕事は言葉遣いやマナーがとても身につくので、ホテルやレストランなど同じように厳しいところでは、その経験を活かせることでしょう。

また営業力や接客力も身につくので、営業マンや販売員などへの転職にも、経験を活かすことができるかと思います。

コミュニケーション能力も高くなるかと思うので、病院や接客業などの転職にもこういったスキルは活かせそうですね。

まとめ

結婚式場で働くことは、決して簡単に務まることではありません。

誰かの人生の大イベントに携わる重要なお仕事です。

責任感も必要で厳しく大変な仕事ですが、たくさんのやりがいがあり、なにより人の幸せに寄り添って仕事ができるなんてとても素敵ですよね。

こちらも幸せな気持ちになれるので、向上心がなくなることもなく常に前を向いて頑張れる職業だと思います。

もちろん仕事なので働いていれば大変なことや嫌なこともたくさんあるかと思いますが、自分がしてみたい仕事なら、挑戦してみるのも良いと思います。

向き不向きはありますが、ハッピーな場所で仕事ができる最高の職業だと思うので、楽しく仕事ができると良いですね。


結婚式場仕事に関するコラム

結婚式場で働きたいならどうしたらいい?知っておくべきことと結婚式場の仕事の探し方

結婚式場はいつ見ても、素敵な雰囲気の場所ですよね。そんな結婚式場で働くことができたら、毎日の仕事も楽しくなるかも!誰かの結婚式をつくる力になりたい!と感じ、ブライダルの職を志す人も多いです。そこで今回は、結婚式場で働くにはどのように求人を探せば良いのかや、働く上で知っておいた方が良いことをご紹介していきます。結婚式場で働きたいけど、どんな仕事をしているのか詳しく知らないという人のためにも、結婚式場での仕事内容や仕事の流れからご紹介していきますので、順番に見ていきましょう!結婚式場の仕事ってどんな仕事?新郎新婦の結婚式を一緒に作り上げて、結婚式当日は主役の新郎新婦を支えるのが、結婚式場での仕事で

結婚式場の仕事内容5個。経験者が教えます!

多くの人にとって、人生最大のイベントとなる結婚式。それは、一生の思い出になりますし、ゲストの皆さまに祝福される最高に幸せな時間でもあります。その結婚式は、結婚式を挙げる張本人のカップルだけでなく、たくさんの人たちが集まり、一つの式を創り上げます。今回はその結婚式に携わっている仕事の仕事内容についてご紹介したいと思います。結婚式場での仕事は?結婚式場の仕事と言っても様々な仕事があります。パッと思い浮かべられるのはおそらく「ウェディングプランナー」かと思いますが、もちろん式場で働いているのが全てウェディングプランナーではありません。営業もいれば、フォトグラファー、シェフやサービススタッフなど様々で