企画の仕事というと、クリエイディブな仕事のイメージがあることから他の業種から転職することが難しいと言われています。

一方で、企画の仕事は人気の仕事でもあり、チャレンジしたいという方も多いです。

ここでは、企画の仕事の向き不向きについて書いていきます。

企画の仕事にはどんなものがあるの?

企画の仕事は、まずターゲットとなる商品やサービスに関するリサーチから始まります。

そして、リサーチを行い新商品やサービスの立案を行い形にするまでの業務と、マーケティングを行い販売する際の販促物や広告の提案を考えて実行する業務に分かれます。

これらの商品開発やマーケティング、販売促進などに携わる企画職は、自分のアイデアが商品として世の中に出る可能性があり、その商品の流通や売り上げに直接的に関わることができるやりがいのある仕事です。

では、人気である企画系の仕事に就くにはどのようなスキルが必要で、どのような人が向いているのでしょうか。

企画の大まかな仕事内容

企画の仕事は種類も多く、仕事内容は多岐にわたります。

大企業では一つの企画に対して仕事が細分化されており、チームとして取り組む場合がほとんどです。

中小企業の場合は、一つの商品に対して担当が一人ということもあります。

どの企画の仕事にも共通していることがあります。

それは企画を考え、考えた企画を実行・実現するということです。

ただアイデアを出すだけではなく、実現する能力も必要になってきます。

リサーチ

さあ、企画を考えよう!といきなり新商品やサービスを考案するわけではありません。

まず初めにターゲットとなる市場に対するリサーチなどの調査を行ったり、情報を収集します。

そして、現在の世の中はどんな「モノ」や「コト」が流行っているのかなど、幅広い視野で情報を収集・分析します。

この取り組みによって、ターゲットの属性や世界各国の情勢等などの動向を知ることができます。

また情報を集める際に、外部の情報だけでなく内部の情報からヒントを得る場合もあります。

それは新しい商品ではなく、リニューアル商品の方向性を決める場合です。

また、過去に発売をした商品や、企画に至らなかったアイデアを組み合わせて、新たな企画として提案することもあります。

企画立案

収集した情報の中から、企画に関わるメンバーが集まり、各自アイデア出しを行い会議の中でブレインストーミングなどを行い、アイデアをまとめていきます。

その中のアイデアの中から検討して良かったものや、アイデアとアイデアを組み合わせて新しい案として検討を行ったりと、様々ですが最終的にはお客様のニーズにあったものを企画書の形にまとめていきます。

そして、今までにない商品やサービスの企画をすることが注目されがちですが、自社で従来から販売されている商品についてのリニューアルに関する企画案を出すことも大切な仕事になります。

このように商品のサイクルがどんどん短くなっている現在においては、細かな改善・改良を積極的に継続していくことで、長く愛される商品を創出し続けることが可能になるのです。

企画の検証・決定

価格設定、各種仕様、販促方法、生産コスト、販売コスト、プロモーション戦略などを企画書の形にします。

企画がまとまったら、企画書の形にして社内の経営陣から各部門の責任者を集めて、会議などを通じてプレゼンテーションを行います。

この取り組みを通じて、様々な視点から質問や問題点の指摘など受けることになります。

なかには辛辣な意見などあるかもしれません。

しかしこのように繰り返し企画案が揉まれ、改善を繰り返すことによって、洗練された企画へと繋がっていくのです。

また、ここでは企画の内容も大切ですが、いかにして経営陣や関連部署にアピールできるかも重要になってきます。

良いアイデアも提案力と共に説得力がなければお蔵入りになってしまうこともあります。

製造・開発

社内にて検討され、採用となった企画を形にする段階です。

工業製品や食品加工であれば試作品を製作、その評価を経た後に、工場で量産品としての生産が開始されます。

実際には企画以外の部門が主に関わることになりますが、最初は少ロットでの生産をくり返し、市場テストを実施するとともに生産性に関する検証も行い、最終的に当初の採算性を実現できる生産ラインを確立するまで、トライアルが繰り返されます

この一連の取り組みに関して、企画の意図や目的を各部門へと的確に伝達することで、最良の生産ライン構築に結び付いていくのです。

その際、関係するメンバーの意識の共有ができているかが重要になります。

しっかりと伝達を行ったのに、意図した製品が出てこない!ということが起こることがありますが、それは技術の問題というよりは、意識の共有ができていなかったことによる認識のズレの場合が多いと言えます。

この意識の共有を図る立場としても、企画に関わる担当者の役割はとても重要です。

販促案の設定

リサーチやマーケティングによって設定したターゲットに向けて販売していくことになりますが「新商品ができました」と、何の準備もせずにお客様に商品を持っていったとしても、商品の魅力を伝えることができず、購入いただくことにも繋がらないでしょう。

ここで販売促進を成功させるためには、二つのポイントがあります。

ポイントの一つは、営業が販売しやすいように、広告、店頭でのPOPや冊子などの販売の支援ツールなどを制作すること。

もう一つは、過去の販売実績から取引先・販売先の選定や、特定の地域に合わせて販売攻勢をかける、季節ごとにキャンペーンを行ったりと販売戦略も併せて考えていくことです。

企画の検証

ここでは主に営業企画の出番になります。

形になった製品やサービスを提供し、お客様の反応を観察します。

そして、計画をした販売戦略に沿って販売を行っていきます。

その後、お客様に提供した製品やサービスについて、当初の目標の販売数量や計画通りの成果が出たのかどうかの検証を行います。

検証の結果によっては、更なる販促を行ったり、販売計画の見直しを適宜行っていきます。

このようにPDCAを確実に回していくことで、しっかりと企画の検証を行います。

企画の仕事はどんな人に向いている?

巻き込み力がある人

企画を立ち上げた後に大切なことは、関係部署と一緒になって企画の進行を進めていくことです。

また、スムーズに各工程を進めていくためにも、企画の内容や目的としていることを、的確に伝えることができる提案力も必要です。

しかし、企画が採用されるためにも周囲の関係者をどんどん巻き込んで、企画を進行していける力も必要です。

企画は一人では進めることができません、自分の企画を進める上で多くの味方を作れる方の企画は採用されやすいでしょう。

気になったことをそのままにできない人

私たちは毎日様々なものを見たり、聞いたりしています。

その沢山の情報を地道にデータ分析を行える人は向いています。

地道に取り組むことが好きな方それは毎朝テレビで流れているニュースや出来事、何気なく電車や街中に並んでいる広告であったりと様々です。

そうした普段の日常の中で見聞きしたものから今の世の中の流れを感覚的に理解できることは利点になります。

そして、世の中の人々がどんなことやものに注目しているのかを想像し理解できる人は、お客様のニーズを探ることに向いていると言えます。

逆に企画の仕事に向いていない人の特徴は?

考え込んで進めない人

企画の仕事では、初めのアイデア出しの部分や構想の部分での正しさは求めていません。

このアイデアは大丈夫かなぁ。

ちょっと的外れな案かもしれない・・・。

考え始めてしまうと、いつまでたっても企画はおろか、スタート地点にすら立てません。

時間をかければかけただけ良い企画ができると考える人もいますが、必ずしもそうではありません。

まずは思いついたアイデアをまずは口に出し、行動することです。

そして企画の進む方向を調整しながら走り続けることが大切です。

コミュニケーション能力がない人

一つの企画を進めるだけでも様々な部署が関わります。

企画を商品などの形にする製造・開発部門、販売戦略を立てる営業企画、広告担当、商品やサービスを販売する営業部門からは多くの意見や要望がもたらされます。

多くの関係部門との調整が必要になることも多いでしょう。

スムーズに業務を進行していくためにも「ただこの企画を進めてください」というだけでなく、どうしたら開発しやすいか、どうしたらもっと営業が自ら売りたくなるかなど、関係部署が連携して、企画を成功に導くことができるようコミュニケーションをしっかりととることが求められます。

辛抱が足りない人

商品ができるまでには企画立案してから、幾つものハードルがあります。

経営陣への承認から、関係部署とのやりとり、何度も何度も試作品を作る場合もあります。

場合によっては当初の企画から内容を修正・訂正する必要もあるでしょう。

また商品サイクルによって一つの商品開発に費やす時間も異なります。

食品の開発期間は短いもので半年程度で商品化に繋がるものから、化粧品などのシーズン商品は季節ごと1年に4回の商品サイクルで同時並行して進めることもあります。

主に自動車などの工業製品は、新たな技術開発と業務を進めていくことがほとんどなので、商品化まで数年以上かかります。

世の中に商品が提供されるまでの調整や、タイムラグがあることから辛抱が必要となることが大変多い仕事であると言えます。

企画の仕事で活かせる、今までの経験

意外かもしれませんが、企画に関わる人の多くが他の仕事を経験しているケースが見られます。

また企画に配属の後に研修や、出向という形で一度他の部署を経験してから戻ってくるということもあります。

机上の空論ということわざがあるように、社内でいくら会議を重ねても視野は広がりません。

一度別の業務を経験しているということだけが、その後の企画の仕事に活きてくると言えます。

営業経験

社外の取引先やお客様と出会う機会が一番多いのが営業ではないでしょうか。

お客様から褒められることもあれば、厳しいご意見をいただくことも多くあります。

しかし普段の業務の中でお客様とのやりとりを繰り返していくことで世の中では今どのようなものを求めているのか、貴重な情報を得ることが可能になります。。

取引先やお客様とのコミュニケーションの中で流行り廃りを肌感覚で理解している経験が、企画の仕事に活きてくると言えます。

製造・開発

企画を実際に形にする際に、製造・開発での勤務経験が活きてくるでしょう。

採用された企画を開発する際の困難や、製造時には安定的に生産することの苦労を数多く経験しています。

そうした実際に生産に携わる側からの目で企画の細かい調整を行うことができたり、アイデアを企画として取りまとめる際に、現実的な目で判断をすることができます。

「この部分をもうちょっとこうしたらスムーズに企画を進めることができる!」という、細かい点に気づくことも可能になり、実際に製造に落とし込む際に円滑に進めることができるでしょう。

印刷会社

印刷会社ではお客様からの依頼を受けた時に、通常はクライアントである取引先の意向を汲み取りながら依頼物を進めていくことになります。

それ以上に、お客様の様々な広告を実際に見ていることが強みになります。

例えば、広告の仕事の依頼があった後に、更に追加で広告の依頼が続く場合には掲載している商品やイベントが好評だということが分かります。

広告の印刷部数によっても、この広告では力を入れて新規のお客様を獲得したい様子を知ることができます。

多くの広告を目にしていることから、良い企画と悪い企画を判別する能力が養われています。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

企画職から、経営企画、管理職を目指すキャリアがあります。

企画を進行していく上で「企画力」が必要となりますが、その企画を実現するためにはアイデアを取りまとめることに始まり、多くの人に動いてもらわねばならず「マネジメント力」が必要となってきます。

それは、企画チームはもちろん、様々な部署との円滑なコミュニケーションをとりながら企画を作り上げていく必要があるからです。

そして、企画を立ち上げてから、形にしていくことを通じてマネジメントの力も磨かれていきます。

その後は一つのチーム、部署、会社の社員を動かしていく立場へとステップアップすることも可能になります。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

企画を進める上でのマネジメントの経験が他の仕事に活かすことができます。

形のある商品としてでなく、形のないサービスを提供するイベントプランナーや、ウェディングプランナーなどの仕事にも挑戦することができます。

同じ企画の仕事でも、食品、機械、インテリア、web、IT関連など、新たな知識が必要なこともあります。

新しいものが生まれる場所には必ず企画の存在があります。

企画以外の業種に就いた場合でも、企画の仕事を通じて得た経験から新たな視点で仕事を進めていくことが可能になります。

まとめ

企画の仕事は特定の能力がなければできないと思われがちですが、実はどんな経験からでも企画に活かすことができると言えます。

様々なバックボーンを持った方々が集まることで、化学的反応がおこり、今までになかったアイデアから企画が生まれます。

向いているか、向いていないかの前に、自分の経験は企画の仕事のどんな部分に活かせるだろうかと、自分に問いかけてみるのはいかがでしょうか。

きっと自分に合った企画の仕事が見つかるはずです。