みなさんは「NPOで働いている人」と言ったらどのようなイメージをもたれますか。

NPOでの仕事自体、なかなかイメージが湧きにくいのではないでしょうか。

そこで今回は、NPOの仕事が向いている人の人物像や、どのような人が向いているのかについて、ご紹介させていただきます。

「NPO」の仕事が自分に向いているか診断するにはこちら →

NPOの仕事はどんなことをするの?

NPOはそれぞれの団体によって、異なる活動を行っています。

そのため一言で「このような活動内容」といった説明をすることは難しいですが、一般的に営利目的ではない社会的な活動を行っています。

社会的な活動とは幅がとても広く、環境系のNPOから福祉系のNPOまで様々で、自分たちの理念を元に、それぞれの業務内容を考え・計画し・推進していきます。

そのため業務内容部分は、環境系のNPOや福祉系のNPOでは大きく異なります。

しかし、活動内容としては様々ですが、実際の業務としては、事務やなど、どこのNPOでも同じような仕事を行っていくことが求められます。

NPO毎に業務内容は異なっても、必要となる仕事は同じような場合が多いですので、この記事ではその点について説明させていただきます。

NPOの仕事内容は大きく3個の役割に分けられる

NPO全体の企画・運営業務

NPO団体とは、団体としての考えや理念を基に、様々な社会的な活動を通して、良い社会となるように活動している団体です。

このため、社会的な活動自体は非常に多岐に渡る内容となり、例えば環境活動に従事したり、保育や福祉業務を行う団体など、様々なものがあります。

それぞれのNPOにおいて、自分達が目指している「よりよい社会」を実現するために、NPO団体の活動方針決定や実際の企画・運営を行うことが、NPOの仕事の大きな業務内容となります。

NPO活動を行うための資金調達業務

NPOでの活動を行うために、実際にサービスを受けた人から必要な報酬をもらう以外に、国や地方行政・大企業からの補助金をもらい、事業を運営する場合があります。

簡単に言ってしまうと、お金を提供してもらうので、そのための準備や報告業務はとても重要な仕事です。

また、一般の人々からの寄付金も、NPO団体として活動を行うための資金として、大きなお金となります。

そのため、それぞれのNPO団体の理念や活動方針に共感し、寄付してもらうための広報活動も、大きな業務となります。

NPOを運営するための事務的業務

NPOの団体は、小規模なものから大規模なものまで、さまざまな団体があります。

それぞれの組織として必要な事務業務は異なりますが、ある程度の大きさのNPO団体では、一般の会社組織と同じような業務内容が求められます。

具体的には、経理や総務・庶務業務などの事務的な業務内容となります。

NPO団体を運営するために必要な仕事内容として、このような一般事務を行うことも大切な業務となっています。

NPO団体の企画・運営の2個の業務

事業内容を考える

NPO団体は、それぞれの団体の理念に則って、様々な社会的活動を行っています。

どのような活動を行うかは、NPO団体の自由ですが、社会的に求められている活動や、多くの人の役に立つような業務でなければ、NPOとして存続していくことは難しいでしょう。

そのため、NPO団体全体の事業内容や、活動方針を決定することが大きな業務の柱となります。

よくあるNPO団体の組織は、任意団体が多いので、理事会や理事といった人々が事業内容や活動内容を決定していきます。

NPO団体すべてがこのような組織とは限りませんが、このような形式をとっている場合が多いです。

具体的なイベントや業務内容を考える

上記のように、事業内容や年間の活動計画が決まると、次は具体的なイベントや業務内容を決めていかなければなりません。

自分達が目指そうとしている理念や考え方を実現するために、どのような活動を行えばよいか、どのような人々を対象にして活動を行うべきか、具体的な活動内容を考えて決定していく必要があります。

この活動内容については様々ですが、一例としては、環境活動や自然活動を実施することでその土地の自然や環境に目を向けてもらい、自然保護を行うことを目的としているNPO団体の場合、小学生を対象にした自然観察ツアーや体験学習会の開催などを、実際の活動内容として検討します。

その企画した業務内容を運営していくことが、もっとも大きな仕事ではないでしょうか。

NPO団体の資金調達の2個の業務

補助金などに関する業務

補助金とは、国など様々な団体が、社会貢献活動を行う団体に対して、助成や補助を行っている資金のことです。

この資金を基に、様々な事業内容を実施することができるため、NPO団体によってはこの資金を確保するための業務は大きな柱となります。

具体的には、どのような補助金に応募すればよいのか検討を行ったり、企画書や予算書等を提出して採択されなけば、資金は提供されません。

そのため、企画書は自分達の事業内容に沿って、さらには社会貢献活動として意義があることが分かるように、作成する必要があります。

年度ごとに採択されますので、年度末などはいくつもの企画書を同時に抱えて準備する場合もあります。

また、無事に事業内容が認められて採択され、提供された資金を基に事業を行った際には、その資金がどのように使用されているのか、報告を行う義務があります。

そのための報告書作りや書類の作成業務も、補助金に関する重要な業務となります。

寄付金に関する業務

NPO団体は、個人や法人の寄付金で成り立っている団体も多くあります。

この寄付金を行っていただくために、自分達が行っている活動の意味や意義を理解していただき応援してもらうように、広報活動を行い、実際に寄付を行ってもらう必要があります。

NPO団体を資金面でも活動面でも応援してくれる人を増やしていくことは、裾野を拡げる意味でも大切な業務となります。

NPO団体運営の事務的業務の2個の業務

NPO団体の運営担当業務

NPO団体は、団体の規模の大小にかかわらず、書類を扱う事務処理業務が多くあります。

事業の事務局として、会議の開催調整や議事録作成など、団体を運営していくための事務処理業務全般を行う必要があります。

また、NPO団体を継続して運営していくために、理念の継承や仲間作りを支えていく裏方的な業務として、なくてはならない仕事です。

組織の事務業務

NPO団体は、組織として成り立つために、一般的な会社と同じような給与や福利厚生が行われている場合もあります。

そのくらいの規模のNPO団体となると、普通の会社組織と同じように総務や経理業務といった事務業務をしっかりと行う必要があります。

すべてのNPO団体がこの規模とはならないかもしれませんが、事業を行う事務局としての役割や、それ以外の事務業務が必要となっています。

NPOの仕事はどんな人に向いている?

NPOの仕事が向いている人の特徴や、必要なスキルをいくつかあげていきます。

自分から積極的に考え・行動できる人

NPOでは、様々な仕事を同時にこなしていく必要があり、そのためにはどんな仕事でも、自分で考えながら積極的にこなしていく姿勢が大切になります。

常に自分で考えて、なにかしらの答えを出しながら業務を行っていかなければ、仕事は滞ってしまうのです。

そのため、NPOの仕事においては自ら積極手に行動を起こしていけて、自分で考えて行動できる人が向いていると思います。

コミュニケーション能力が高い人

NPOでは、仕事上、多くの人と連絡を取ったり、関わりをもたなければなりません。

その場合、相手とのコミュニケーションを密にとり、意思疎通をしっかりとしなければいけません。

業務内容をしっかりと把握し、自分達が目指している社会的な団体としての運営理念を伝え、相手の話も聞きつつ、運営を実行できることが必要になります。

そのためいろんな人と人見知りせず話が出来たり、関わることが出来る人が求められます。

企画・提案力がある人

自分達の運営理念や目指している社会を実現するために、様々なイベントや活動を行っているのがNPO団体です。

そのため、自分たちの運営理念に合うような様々な企画をみずから提案できる人が求められます。

実現力のある人

自分の考えや団体としての理念を理解し、企画や提案を行って、実際にその業務内容を運営できる人も求められます。

企画や提案を、机上の考えだけでなく、実際に多くの人にイベントや活動を提供するためには、どのような人を対象にするか、どこで行うか、予算の収支は問題無いのかなど、考えなければならないことは沢山あります。

そういったことを段取りよくできる能力はNPO団体において非常に重要です。

多くの人から共感されたり協力してもらえる人

NPOの仕事は、多くの人とのつながりや協力の中で、業務を実施しなければやり遂げられないことが沢山あります。

そのため、多くの人に協力してもらうために、自分の想いや考えを人に伝える必要があります。

自分たちの社会的な活動を、他の人から応援して貰ったりしなければ、継続することは出来ません。

それぞれのNPO団体の理念や、理想とする社会を実現するため、NPOや自分の想い・考えに共感してもらえるように、説明や解説できる人は、NPOの仕事に向いていると思います。

そのような理念や思いを分かりやすく自分の言葉で伝えて、共感して貰える熱意や情熱を持っている必要があります。

「NPO」の仕事が自分に向いているか診断するにはこちら →

NPOの仕事をするために活かせる、今までの経験は?

NPOの仕事に活かせる経験についても、いくつかあげてみます。

社会人経験

NPOの仕事は、事務処理として対応を行ったり、一般的なパソコンスキルが必要となる業務が多いため、そういった社会人の経験があれば、多くの人がこなしていくことが出来る仕事だと思います。

一人で多くの仕事を行わなければならないため、即戦力としての働きが求められているので、一般的な社会的な常識を持っておく必要はあると思います。

ボランティアやインターン経験

NPO団体にもよりますが、団体が行っている業務に直接かかわっていれば、その経験を生かすことはできます。

元々興味や関心があったため、ボランティアやインターンを行っていたと考えますが、それによって様々な経験や体験をすることが出来たと思います。

そういった実際の業務内容や、その団体の活動内容を見ることが出来ているボランティアやインターンの経験は、十分に活かせると思います。

また、直接NPOの団体と関係のないボランティアなども、多くの人と関わる経験など、NPOという団体で働く際には活かせる経験だと思います。

総務や事務業務を行っていた経験

総務や事務職などはパソコンを使用し、使いこなす必要がある仕事です。

そのため、何かしらの事務作業やパソコン業務を行っていた経験は、非常に役に立つ経験となります。

NPOでは自分達で書類を作ったり、予算書や企画書の作成を行うことが必要な業務ですので、そのスキルは必要です。

またある程度の規模となると、有償スタッフも多くなり、保険や税金など一般の企業と変わらないような業務内容も多くなってきます。

そのため、一般企業での事務職経験があれば、活かせる業務内容は多くあると思います。

NPOの仕事の良いところ。働くメリット

やりがいを感じるポイント

人それぞれ成長していきたい点や興味関心は様々だと思いますが、自分に合ったNPO団体で仕事を行うことは、非常にやりがいを感じる点が多くあると思います。

多くの人と出会えて、自分自身が成長できる

NPOで働いていくと、多くの社会問題やその問題に対して様々な意識を持った人たちと出会えたり、一緒に活動することが出来ます。

行っている社会的活動において、関わってくれている多くの人々と出会えることは、大きな財産となります。

より深く社会問題に取り組むことで、様々な立場の人や多くの考えや意見を聞くことが出来ると思います。

それによって、自分自身の考えや意見をより深めることが出来たり、自分が社会的な活動を行うことによって、スキルが身につき自分自身が成長することが出来ます。

大きなイベントや仕事においては新人でもまかされることも多くあり、成長する機会にあふれていると考えます。

大企業などでは、なかなか最初から最後まで一連の流れを通して、仕事の達成感を味わうことができない場合もあると思いますが、すべての人が様々な役割を担わないといけないNPOでは、新人もベテランも関係なく、一人の戦力として考えられます。

そのため、常にいろんな仕事を同時並行して行っていく内に、事務処理能力のスキルやコミュニケーション能力など、様々な仕事において大切なスキルが上がっていくと思います。

社会に対して自分自身の意見や考えを発信出来る

NPOの仕事は、元々社会的に求められている内容の活動や行動を行うことで、社会に対して自分の考えや思いを伝えることが出来ます。

これは実際に活動を行わなっている人の強みではないかと考えますが、実際に活動しながら発信していくことで、大きな影響力を身につけることができます。

個人では、発信し続けたり行動し続けるといったことは難しい場合も多くあると思います。

しかし、実際にNPOの仕事として、自分の想いや考えを、同じように考えている人と一緒に、活動しながら共有することが出来るので、その中で発信することは大切なことだと思います。

このように、個人として発信が難しい場合でも、団体からのバックアップを得ながら発信できることは、この仕事の良さではないでしょうか。

自分の経験や知識がダイレクトに生かせる

NPOの活動内容にもよりますが、自分がこれまで専門的に勉強してきた内容や知識について、その分野の専門家としてNPOの活動に役立つことが出来ると思います。

具体的には、自然保護や保全を目的としている活動を行っている場合は、様々な生き物に対しての知識も必要となりますが、自分が専門的に学んできた生き物については特に深く解説出来たりし、多くの人々の自然保護への考え方の入り口になるかと思います。

このように、自分が専門的に学んできたことが活かせるNPO団体は様々あると思います。

面白いポイント

NPOでの活動や仕事内容の面白いポイントは、その活動を行うことで、社会貢献ややりがいや責任感を感じることが出来る事ではないでしょうか。

NPOの団体では、活動内容について大まかな理念や目標が決まっておりそれを達成するために様々な社会的な活動を行います。

これまで毎年やっているイベントや活動を実施することは簡単ですが、それ以上に新しいことに挑戦することで成長していくでしょう。

また、自分たちで考えたことがすぐに実行出来たりと、小回りの利く組織であることが多いです。

これは、NPO団体自体が大きな組織ではなく、小さな組織で様々な活動を行っており、一人で何役もこなさなければならないからではないでしょうか。

自分の裁量で仕事が出来る

NPO団体の活動は、個人での活動の範囲の幅がとても多くなります。

自由に活動を行って良い場合が多く、自ら考えて行動できる人にとっては、どんどん仕事をこなしていくことができ、とても面白い仕事だといえるのではないでしょうか。

自分の力量一つで、イベント内容の充実度が大きく変化してきます。

もちろん自分で全ての仕事を請け負う必要はありませんが、自分の好きなことや興味関心の高い内容についてのみ活動を行うことも可能です。

社会貢献や多くの人の役に立つ仕事が出来る

どんな仕事でも人から喜ばれたり、大切に思われながら仕事をしますが、NPO団体の仕事は、直接人から感謝されたりする活動も多くあります。

お金では得ることの出来ない経験や活動を行った後の達成感は、なかなか得難いものだと思います。

仕事のルールや仕組みづくりを自分で行うことができる

NPOでの仕事は、組織の規模がそこまで大きくない場合が多くあります。

そのため、自分達で仕組みやルール作りを考えて行動することが大切です。

以前のやり方などがあまり上手くいっていない場合は、自分達で考えたルールがそのまま組織のルールとして採用される場合があります。

このように、自分自身が仕事をし易いように、組織や団体自体をカスタマイズできることは、面白いポイントの一つではないかと思います。

もちろん、段取りや準備が必要ではありますが、大きな企業ではなかなか変えにくい慣習も、NPO団体では比較的簡単に変更することが出来ます。

副業として取り組むこともできる

最近では、一般的な会社に勤めている人も様々な副業を行うことが可能です。

お金を稼ぐための仕事以外に、社会的な活動や自分自身の考えや思いを実現するために、NPO団体で働くこともできます。

働き方や関わり方が柔軟に対応できる点も、NPOの面白さではないでしょうか。

関わり方は人それぞれかと思いますが、一般の会社以外の繋がりや人との出会いなど、様々なメリットがあると思います。

その後のキャリアについて

その後のキャリアについては、2つのパターンがあるようです。

それぞれ説明しましょう。

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

自分が働いていたNPOの分野において、さらに詳しく専門的な知識を身につけ、その道のプロになるようなことではないでしょうか。

NPOは様々な社会的な活動を行っており、その専門的な知識については、実際に活動していく中でさらに高めていくことが出来ると思います。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

仕事をこなしていく中で、様々な人との交流や対応を行うことができるようになります。

文書作成なども日常的に操作する必要がありますので、パソコン操作のスキルも上がります。

しっかりと業務を行うようになれば、どのような仕事についても経験として生かすことが出来ると思います。

自分にあったNPOの求人の選び方や注意点

NPOの求人は、ハローワークや一般的な求人広告で探すことが出来ます。

NPOといっても様々な業務内容がありますので、自分のスキルが行かせたり、業務内容に興味があったり共感できる求人を探すことが大切です。

【選び方①】雇用形態から探す

雇用形態としては、有償スタッフとして働く場合や、ボランティアなどの無償スタッフもあります。

また、有償スタッフも期限付きの場合や常勤職員としての募集など様々ありますので、自分がどのような雇用形態で働きたいのか、しっかりと考えて働く必要があります。

【選び方②】職種から探す

NPO団体では、事務局長や一般の事務職員など、募集している求人が異なる場合があります。

一般的な事務職員の場合は、社会人の経験や一般的なパソコンのスキルがあれば、どのような人が応募しても問題ありません。

しかし事務局長などは、その団体の組織全体を考える業務内容となりますので、その道の専門的な経験や、NPO団体全体を見渡す力量が無ければ、務まらない仕事だと思います。

この様に、同じNPO団体でも職種によって求めている人材や人物像が異なる場合がありますので、しっかりと見極める必要があります。

【選び方③】会社の業態から考える

NPO団体には大きなものから小規模の団体まで様々な団体があります。

自分が働いてみたいと思えるNPO団体があれば、まずはその団体の活動内容や事業規模の大きさなどを調べる必要があります。

NPOと一言で言っても、環境系のNPOや教育系のNPOなど、様々な業態が考えられますので、自分が興味を持ったNPO団体の詳細を確認し、その中から選ぶとよいと思います。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

NPO団体は、事業規模や業務内容によって、給与が大きく異なります。

雇用条件として、一般の企業と比べて厳しい場合もありますが、きちんと給与が支払われているNPOもあります。

有償職員であれば、毎月の給与や保険などが保障されていますが、有償スタッフでも期限付きの雇用の場合は、保険などの保証が無い場合も考えられます。

自分が興味があるNPO団体の給与がしっかりと支払われるのかきちんと確認して納得してから応募する必要があります。

また働き方の一つとして、副業的にNPO団体で働くこともできるのではないでしょうか。

大切な家族がいる場合は、別の会社でしっかりとした給与を得ながら、自分のやりたい活動としてボランティアでNPOで働く等、副業として関わることも出来ると思います。

【選び方⑤】エリアから考える

都市と地方では、活動しているNPO団体が異なる場合が多くあります。

そのため、自分の働きたいエリアが決まっている場合、そのエリアには希望するNPO団体の仕事がないこともあります。

また、NPO自体の活動は海外で行っており、日本国内では事務局のみというように、実際の活動を行っていない団体もあります。

まずは自分がどんな活動をしたいのか…実際に困っている人に対して、直接力になりたいのか、そのような活動全体を支えるスタッフとして働きたいのかをしっかりと考え、それができるエリアはどこなのか、しっかりと調べる必要があると思います。

そして、そのエリアで実際に自分が働くことができるかどうか、環境や家族のこともよく考えて決めるようにしましょう。

人には向き不向きややりたいことなど様々あると思いますが、海外での活動に従事する場合は特に、NPOの仕事そのものは向いていても、環境面で自分には向かないなど、勤務地域がネックになることもあります。

しっかりと自分の想いや考え、身体のことも含めて総合的に検討する必要があるでしょう。

まとめ

NPOの仕事は、一人で様々な業務を行う必要があり、様々な能力が身につきます。

その反面、自ら行動出来たり、活動することが好きな人でなければ、続けていくことは難しいと思います。

自分から考えてどんどん動いていくことが好きな人は、ぜひ、自分の考えや理念に共感できるNPO団体で働いてみてはいかがでしょうか。

「NPO」の仕事が自分に向いているか診断するにはこちら →




その他の職業についてもっと深堀りした情報を見る

水産関係の仕事にはどんなものがある?色々な仕事を詳しくご紹介!

水産関係の仕事というとどんな仕事を思い浮かべますか?この記事では、水産関係の仕事にはどのようなものがあるのかご紹介していきます。水産関係の仕事とは?水産関係の仕事は様々ですが、大きなくくりとしては1次産業、2次産業、3次産業の3つに分けられます。みなさんはこれらの言葉を知っていますか?それぞれの仕事がどのカテゴリーに属するかで消費者との距離が微妙に変わります。まずは1次~3次産業の内容をおさらいしてみましょう。第1次産業経済の流れの中で「生産」を担う業種のことです。林業や農業、漁業といった「自然界に働きかけて直接に富を取得する産業」と定義されています。「生産者」といえばわかりやすいでしょうか。

健康保険組合仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、身につく力について解説します

日本に住んでいる大半の方は健康保険証を持っています。この健康保険証を発行しているのは、皆さんが保険料を支払って加入している団体です。健康保険証は生活の中でとても大切で身近なものですが、一般企業とはちょっと違う、あまり聞き慣れないこの「健康保険組合」という団体についてや、そこで働く人は一体どんなことをしているのかについてはあまり知られていないと思います。ここでは、「健康保険組合」で働く職員のことや仕事内容について、そしてどんな人に向いているのかをお伝えしたいと思います。健康保険組合ではどんな仕事をするの?まずは健康保険組合の仕事について知っておきましょう。大企業であれば一つの企業が単独で、また同

パソコンインストラクターの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、やりがいについて解説します

皆さんはパソコンを始める時にどう始めたら良いのか不安になることはないでしょうか。人によっては独学でもできる!という方もいるかとは思いますが、大抵は何から始めたら良いのか分からないのではないかと思います。そんな人たちのために寄り添うのが「パソコンインストラクター」です。インストラクターというと知識が沢山なくてはならない…そんな印象があると思いますが、インストラクターにも様々な場面でのお仕事があります。働く場所によっては難易度も変わってきますので、参考にしてみてください。パソコンインストラクターの大まかな仕事内容職場によりますが、大まかな仕事内容をご紹介します。生徒さんへのカリキュラムやテキストを

整形外科パート求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

「整形外科のパートってどんな仕事をするの?」と、疑問に思っている方は多いのではないでしょうか?整形外科のパートは、主に「リハビリ助手」「医療事務」の2種類の求人があります。それぞれどのような仕事をするのか、求人を見てもなかなかイメージが沸かないですよね。例えパートの求人であっても、長く勤めるためには、仕事内容を理解しておくことや求人の選び方が大切です。今回は、整形外科のパートの求人に興味がある方の疑問や不安を解決します。是非この記事を読んでご自分に合った求人を選びの参考にしてくださいね。整形外科パートの仕事はどんな仕事?整形外科のパートは、前述したように「リハビリ助手」と「医療事務」の2種類の

機械メンテナンスの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

「機械メンテナンスの仕事」と聞くと、皆さんはどんな仕事をイメージしますか?「油まみれ」「機械の専門知識が必要」「男の仕事」と、人それぞれイメージするものは違うかと思われます。今回は身近にありそうで、実はなかなかお目にかかる機会のない、メンテナンスの仕事についてご紹介していきましょう。機械メンテナンスはどんな仕事?機械メンテナンスの仕事は、ズバリ言ってしまうと、大体が皆さんが想像する通りの仕事です。車や大型機械の不具合の原因を発見し、パーツの交換や改造によって不具合を解消するのが主な仕事です。メンテナンスには灯油やグリスといった油を頻繁に使う為、手には油汚れが染みてなかなか取れない事も。ただし、

保健師の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

保健師は現在少しずつ認知されつつはありますが、まだまだ保険の先生?という認識程度でしか判断されていないようですね。実際間違ってはいないのですが、保健師だけではなくそんな職業しらないという方も多いのです。今回は知られざる保健師の年収についてご紹介していきましょう。保健師の給料の相場はどのくらい?保健師の給料って正直全く分からないですよね。平均年収は550万前後になります。給料は年齢によって、またどれだけ経験があるかによって大きく異なります。新卒、転職・パート・アルバイト、また給料が高い人は何が違うのか?また給料が高い人は何が違うのかもチェックしていきましょう。正社員で新卒入社した場合新卒で保健師

校正の仕事はどんな人に向いている?得意な人の6個の特徴やキャリアについて解説します

皆さんは「校正」という言葉を聞いて何を連想されますか。「校正・校閲」とセットになっていることも多いので、石原さとみ主演でドラマ化もされた小説『校閲ガール』を思い浮かべる人も少なくないと思います。ヒロイン・河野悦子が本の中身に熱中するあまり、表紙のスペル間違いに気づかず印刷にまわしてしまい、訂正シールを貼る事態に……なんていうエピソードもありました。では、校正と校閲は何が違うのか、そもそもどんな仕事なのか、具体的に見ていきましょう。校正はどんな仕事?「校正」を辞書(『大辞林』)でひいてみると、① 文字・文章を比べ合わせ、誤りを正すこと。校合 (きょうごう) 。② 印刷物の仮刷りと原稿を照合し、誤

病院受付の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

病院に行くと必ず最初に案内されるのが受付です。自身の身分を証明できるものを提示し、そこから何科を受診したいのかを確認します。病院受診をしたことのある方なら、誰しも経験があるのではないでしょうか?ここで気になるのは「病院の受付ってどんなお仕事をしているの?」ということです。そこで病院の受付についてお話ししていきたいと思います。病院受付はどんな仕事?病院受診をしたことのある方なら大体想像はつくかと思いますが、病院の受付の仕事を大まかに説明すると「来院した患者さんの身分を確認して、これから受診する際の案内を行う場所」であることが言えるかと思います。風邪なら内科、怪我なら外科といったようにふるい分けを

ビルメンテナンスの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

どんな人がビルメンテナンスの仕事に向いているのでしょう。ビルメンテナンスの仕事はどんな内容なのか、求められるスキルや資格などもあわせて解説していきます。さらに、ビルメンテナンスの仕事で得たキャリアの活かし方も必見です。ビルメンテナンスとはどんな仕事?建築物管理、ビル管理ともいいます。ものすごく簡単にいうと、ビルのメンテナンスを請け負う仕事、ということになります。ではビルのメンテナンスには、一体どんなことが含まれているのでしょうか?その内容は多岐にわたり、一口にビルメンテナンスとはいっても職種も実に多様なものがあります。次項でその簡単な分類を見ていきたいと思います。ビルメンテナンスの仕事の大まか

人材コンサルタントの年収・給料はどのくらい?私の周りの相場や年収の決まり方を紹介します

「コンサルタント」聞くと、カッコいいイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれません。今回は、そんなコンサルタントの中から「人材コンサルタント」について、実際に仕事をし転職も経験した私から、主にその給与面に迫って解説していきます!人材コンサルタントとはまず最初に、人材コンサルタントの仕事内容から簡単に説明します。人材コンサルタントの業務は「企業が人事面で困っている事をサポートする」ことです。例えば採用から教育や人事制度など、内容は多岐にわたります。企業によって取り扱う業務が異なり、平均年収も変わります。自分がどのような仕事をしたいのか、予め確認が必要です。人材コンサルタントの年収の相場はどのく

カウンセリングの仕事に就くにはどうすればいい?就職の仕方や必要な知識などについて紹介します

カウンセラーの仕事は特殊であり、何の準備もせずに就ける仕事ではありません。しっかりと就職活動に向けて準備をし、目的の職種に絞った上で挑まなければ、なかなか就く事が出来ない仕事です。今回は、年々需要を高めているカウンセラーの仕事に就く為の下準備や方法について、ご紹介していきましょう。カウンセリングの仕事に就くにはどうすればいい?カウンセラーは特殊な仕事の為、普通の方法ではなかなか採用してもらう事はできません。では、どんな下準備をして、どんな心構えを持てば、カウンセラーの仕事に就く事ができるのでしょうか。詳しくご紹介していきましょう。就職の仕方は?カウンセラーの就職方法はいくつかに分かれます。最も

サンプリングの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

街中でよく見かけるビラ配りやティッシュ配り。これらの仕事は、お店や商品の宣伝のために行われるサンプリングという仕事です。サンプリングの仕事は求人でもよく見かけますが、サンプリングの仕事を経験するとその後のキャリアはどうなるのでしょうか。今回はサンプリングの仕事を経験した筆者が、仕事内容や向き不向き、サンプリングの仕事をした後のキャリアなどについて解説していきます。サンプリングの仕事内容とは?街中で見かけることもあるサンプリングの仕事ですが、実際にはどのような仕事をしているのでしょうか。チラシやティッシュなど配るものは、自分で選べるのでしょうか。この章では、筆者の経験に基づいてサンプリングの仕事

ベッドメイクの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、やりがいについて解説します

例えば、出張でホテルを利用する場合、狭いながらも綺麗に整頓された部屋だと気持ちがいいものですよね。仲間や家族と遊びに行くリゾートホテルもしかり。そこには裏方のスタッフの力が欠かせません。部屋を綺麗に掃除をするスタッフが、ごみ捨てやベッドまわりや洗面所の掃除をはじめ、ベッドメイクをし、アメニティなどの備品を整え、お客様に気持ち良く過ごしてもらうために奮起しています。このベッドメイクのお仕事について、具体的に仕事内容や適した人材などについて解説していきます。ベッドメイクの仕事はどんな仕事?ベッドメイクの仕事は、お客様が使いやすく心地よく滞在できるように、主にホテルの客室を綺麗にすることです。ホテル

街コンバイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ここ数年街コンブームで街のあちこちだけでなくピクニックやビーチ、アウトドアなど様々な企画の街コンがあり、婚活をしている方々にとっては出会うチャンスの場となっています。積極的に街コンに参加している人や人に勧められて初めて参加する人など様々ですが、街コンを運営する側は、街コンに参加する男女比を合わせたり、企画を考えたり、イベントを実行するにあたり会場の手配は当日の運営など様々な業務をこなさなければなりません。今回は、街コンバイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて紹介します。街コンバイト求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容街コンバイトの仕事は、多岐に渡ります。当日の会場セッ

ペットショップ正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

今や家族としてさまざまな種類のペットを飼育されている方も多いと思います。そんな家族をお迎えに行く時に、皆さんはどんな場所を想像しますか?大抵の方は「ペットショップ」を思い浮かべるのではないでしょうか。可愛いワンちゃん、猫ちゃんと毎日触れ合えるペットショップ。動物好きな人は誰しも憧れる職業だと思います。たくさんの動物に囲まれて仕事ができる、ペットショップの正社員の求人について今回は詳しくお伝えします。ペットショップ正社員の仕事内容とは?実はペットショップで働いている正社員の仕事は皆同じなのかというと、そうではありません。資格を持って働いている方、そうでない方もいます。では、正社員の仕事はどのよう

営業コンサルタントの年収・給料はどのくらい?私の周りの相場や年収の決まり方を紹介します

「営業コンサルタント」。その言葉だけ聞くとどんな仕事か分からないですよね。営業なの?コンサルタントなの?どんな人が向いているの?給料は?今回は、そんな「営業コンサルタント」とは何かを考え、年収や給料形態、相場をご紹介します。気になる方は「営業コンサルタント」を職として見てみるのもいいかもしれません。営業コンサルタントとは?さて、まずは「営業コンサルタント」について触れましょう。「営業コンサルタント」とは、顧客の営業を支援するコンサルタントのことを指します。要するに、”営業力を上げたい!”と思っている人に対して、新規顧客開拓・リピート率向上・人脈紹介・プレゼンテーションの資料作成・営業組織の構築

シール貼りバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の5つの特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

シール貼りのバイトと言えば昔は内職をイメージされる方が多いですが、現在は工場で行うのが主流ですね。内職という言葉をあまり聞かなくなっているかもしれませんが、今でも普通にシール貼りのバイトはありますよ。どちらかというと、内職よりも工場でバイトする方が多いようです。今回は在宅ワーク、工場で行うシール貼りについてお伝えしていきましょう。シール貼りのバイトはどんな仕事?シール貼りの仕事は一般的に商品にバーコードを貼っていくものや、書籍や元々のバーコードの上に貼る訂正シールなどを貼っていく仕事です。それ以外にはパッケージにシールを貼っていくものもあり、商品によってはしわが入ってしまうとアウトになるものも

警察官の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

警察は、日々、地域や国家の平和維持のために色々な仕事をしています。みなさんも何かしら警察官と話す機会があるかもしれません。小さい頃に刑事ドラマなどを見て、警察ってかっこいいと憧れた人は少なくないかと思います。そのまま、憧れを仕事にしたくて今、警察官になるべく努力している人もいることでしょう。警察官の仕事は、どんな仕事があるか意外と細かくは知らないものです。刑事ドラマの影響で刑事が警察ということは理解していますが、あとは、白バイや麻薬取り締まりをしているイメージがあるかもしれません。警察の仕事は、他にも色々ありますし、警察と一言で言っても国家公務員と地方公務員に分かれます。どんな警察官になりたい

街コンの仕事はどんな人に向いているの?婚活イベント企画担当者が仕事内容から仕事の向き不向きなど詳しく解説

今全国的に注目され、話題の街コン!一度は「街コン」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。様々な業種や趣味などに合わせて企画され、街コンがきっかけで出会う方も沢山います。自分が求める人と出会える確率が高い、それが街コンです。また街コンを通してこんなお店があったんだ!と知るきっかけにもなりますので、参加頂く飲食店にとっても地域活性化に繋がります。地域を盛り上げる事を目標に行っている地域も多くあります。今回は参加する側ではなく、企画運営する側の街コンの仕事はどのようなことをしているのかをポイントに、詳しく解説していきます。街コンの仕事はどんな仕事?街コンの仕事は参加者が楽しめる企画作り

ウェディングの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、やりがいについて解説します

知っているようであまり世間には知られていないウェディング業界の仕事について紹介します。一般的には、自身の結婚以外ではあまり具体的に触れる機会も少ないと思います。ただ内情を見てみれば、仕事内容や将来のキャリアアップを見ても非常に魅力的でおすすめしたい業界です。そのウェディング業界で、どのような仕事があるのか、どういった人に向いた仕事なのかを、簡単に書いていきます。ウェディングの仕事にはどんな種類があるの?ウェディングの仕事=ウエディングプランナー、という認識の方も少なくないのではないでしょうか。ただ実際には、結婚式を作り上げるためには、多くの専門分野のスタッフが関わっています。料理を提供するスタ

保健師の仕事はどんな人に向いている?得意な人の5つの特徴やキャリアについて解説します

現代日本はストレス社会と言われており、心身に不調をきたす方が少なくない世の中です。テレビをはじめとするメディアでは連日健康についての情報が流れ、人々の関心が高いことがうかがわれます。今回は人々の関心が高い健康を保つお手伝いをするスペシャリストである保健師の仕事について書いていきます。保健師の仕事はどんな仕事?保健師の仕事の目的は全ての人が健康に生活できるように支援させて頂く仕事です。医師や看護師のように既に病気にかかっている人を治療するのではなく、地域に住んでいる人が病気にかからないよう予防したり、健康増進に努めることが主な仕事となります。関わる対象の方はすべての人になりますので、乳幼児から高

ハウスメーカー仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ハウスメーカーの仕事というと「家を案内する仕事?」「家を売ったら終わりなの?」と思う人が多いようです。ハウスメーカーでの仕事内容をしっかりと知っている人はどれくらいいるのでしょうか?実は様々な職種の人たちで成り立っているハウスメーカーについて、今回はご紹介していきたいと思います。ハウスメーカーの大まかな仕事内容ハウスメーカーは、戸建て住宅の設計から施工までを請け負う会社ですが、その中にはたくさんの工程があり、それによって家を建てることができるのです。まずは大まかな担当と仕事内容をご説明します。家を紹介してお客さんに売るという営業職は、土地紹介や実際にお客さんが家を建てる現場の確認、銀行や不動産

駄菓子屋バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

駄菓子屋でバイトしてみたいけど「駄菓子屋のバイトってなにをするんだろう?」「仕事内容や面接内容がわからないから怖い」などと思われる方も多いと思います。そこで、これから駄菓子屋でバイトしたいという方や、駄菓子屋のバイトに興味がある方のために、ショッピングモールにテナントとして入っている店舗で働いていた私の経験を基に、駄菓子屋バイトについて、解説していきたいと思います。駄菓子屋バイトのおおまかな仕事内容基本的に、バイトがすることは限られおり、大きく分けて5つあります。それぞれ解説します。レジの立ち上げ他のレジ打ちのバイトと同じように、仕事を始める前にレジにお金を入れ、機械を立ち上げる必要があります

眼科の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

眼科といえばどんな印象を皆さんはお持ちですか?怖い・痛い・待ち時間が長い・先生が恐いなどなど、基本的に医療機関とは楽しいイメージの場所ではありませんよね。しかし視点を変えて、働く場所として考えてみてはどうでしょうか?清潔感がある・重労働はなさそう・制服が可愛いなど、良いイメージはありませんか?もちろん、覚えることが多そう・夜は終わるのが遅そう・手術は恐いなどなど、マイナスな面も考えられるかと思います。この記事では、眼科で働いた経験のある筆者が、分からないために遠ざけてしまいがちな眼科の仕事や、眼科で働くとはどういうことなのかについて、書いていきたいと思います。患者側で見ているだけでは分からない

マネージャーの仕事はどんな人に向いている?仕事内容や向き不向き、やりがいなどを紹介します

今回は、会社組織においてのマネージャー職の仕事について、ご紹介させて頂きます。マネージャーって聞くと、芸能マネージャーであったり、学生部の運動部マネージャーを良く聞くと思いますが、ここでは、会社組織においてのマネージャーについて、ご紹介します。マネージャーと言う役職は、一般的には課長クラスの管理職です。マネージャーの仕事の内容は様々で、最近よく耳にするプレイイングマネージャー、管理職で有りながらもプレーヤーとしての業務もあるポジションと、認識して頂ければと思います。常に、率先垂範し、課(チーム)を引っ張っていく重要なポジションです。また、任されている課(チーム)を管理する重要なミッションもあり

ペットショップの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、やりがいについて解説します

可愛い子犬や子猫がいて、たくさんのペットグッズがあるペットショップ。ペットを飼っていなくても、ついつい寄りたくなってしまう方もいるのではないでしょうか?そんな風に動物が好きな方、ペットショップで働きたい方に向けて、より具体的にペットショップで働くイメージが出来るよう、仕事内容や向き、不向き、やりがいなどを経験者目線でご紹介します。ペットショップの店員はどんな仕事をするの?ペットショップの店員は、大きく2つの仕事に分けられます。まずは、犬や猫の生体販売管理スタッフ、そして二つ目は、犬猫の首輪やおもちゃ、おやつ、ドッグフードなどの仕入れから納品、商品として店頭に出す販売員の仕事です。ペットショップ

劇場バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

よく聞く言葉で「舞台は生もの」というものがあります。舞台上演中にアクシデントがあればその場で対応しなければいけませんし、全てが人の手によって進められていくので、毎日同じ公演にはならないことからそう言われているようです。舞台に出演している出演者だけではなく、たくさんの劇場スタッフがそれぞれの役割をこなし、一つの作品を作り上げることで舞台は成り立っています。このように作品を陰から支える劇場スタッフのアルバイトについて解説していきます。劇場バイト求人の大まかな仕事内容劇場でのアルバイトには大きく分けると2種類あります。舞台上演をかげで支える裏方のお仕事と、舞台観劇のために劇場へ来たお客様のご案内をす

ビアガーデンバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の4個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

ビアガーデンバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の4個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!ビアガーデンのバイトの時給や募集はどんな内容?ビアガーデンのアルバイトのおすすめ求人の特徴から適性まで、色々解説していきます。夏に向けて、ビアガーデンでバイトがしたいと考えている人は必見です!ビアガーデンはどんな仕事?ビアガーデンは夏にビールなどのお酒を飲むのに美味しい季節になると、野外や室内で行われます。ビアガーデンの仕事は、ビール運びや料理の提供、テーブルの案内や片付けなど色々あります。バイトの大まかな仕事内容バイトの大まかな仕事内容は、お客様の席への案内や注文取り、ビールや料理運び、料理

年賀状仕分けバイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

年末といえば、年賀状ですよね。郵便局では、郵便局に集荷された年賀状を仕分けるバイトを短期で募集しています。年賀状仕分けバイトは、12月20日頃〜1月5日頃という短期で働くことができます。そのため普段は忙しくてなかなかバイトできない人でも、年末年始に集中してお金を稼ぐことができます。今回はそんな年賀状仕分けバイトについて紹介していきます。年賀状仕分けバイトを経験したことのある筆者が、仕事内容、募集内容、よくある疑問など年賀状仕分けバイトを検討するにあたって知りたい内容を紹介します。年賀状仕分けバイトってどんな仕事?年賀状仕分けバイトは、年末年始(12月20日頃〜1月5日頃)に郵便局に集荷された年

バイク屋バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

いつの時代も若者のあこがれであるバイク。そんなバイクを修理したり販売したりするバイク屋にも、バイト募集があるんです。バイク屋のバイトは何をする仕事なのでしょうか?気になりますよね。今回は、バイク屋でバイト経験がある私が、バイク屋のバイトに関するみなさんの気になることを、一挙まとめてご紹介します!バイク屋バイトはどんな仕事?バイク屋のバイトは、整備と事務の2つに分かれます。整備は、そのバイク屋の整備士がバイクの修理や点検をする際の補佐をする仕事です。事務は、バイクの購入にかかわる書類の作成や、行政手続きの代行、HPの管理を行う仕事です。バイク屋バイトの大まかな仕事内容整備と事務に分かれます。整備