「プログラマー」という響きが好きで、漠然とプログラマーを目指してみたいと考える方は多いでしょう。

でもプログラマーとは、具体的にどのような仕事なのでしょうか。

この記事では、プログラマーに関する様々な知識をお伝えします。

プログラマーはどんな仕事?

プログラマーは、プログラミングによって開発を行う仕事です。

自社の商品を作るための開発を行うこともあれば、客先から依頼を受けて機能の開発を行う場合もあります。

ITの中でも直接開発に関わる仕事ですので、技術面で頼られる機会が多くなるでしょう。

専門的な知識を、日頃から取り入れることが重要となる仕事です。

プログラマーの大まかな仕事内容

まずは仕事の全体像を把握しておきましょう。

設計

どのような機能を作成するか、計画を立てる工程です。

プログラマーは、まず機能の完成形をイメージしながら設計書を作成します。

設計書を確認しながら機能を作っていくことになるため、参考とすべき設計書の内容が崩れてしまっていては、開発作業全体が滞ってしまうでしょう。

開発の根幹に関わる工程であるため、プログラマーの中でも熟練した人が担当することが多いです。

一人前のプログラマーになるためにも、設計に関わることができる人材になることを目指しましょう。

開発

設計書に基づいて実際に開発を行う工程です。

「製造」と呼ばれることもあります。

コーディングなどを経て機能を作り上げていく工程であるため、プログラマーにとっては最もやりがいがある工程であると言えるでしょう。

バグなどと戦いながら、いかに設計書通りの機能を作ることができるか、日々試行錯誤することになります。

テスト

開発した機能をデバッグし、動作のテストを行う工程です。

単体テスト・結合テストなど、テストの中でも幾つか種類があります。

テスト工程でバグが見つかった場合、開発者が修正対応することになります。

既に完成している機能の確認作業であるため、スキルの低い新人に任される仕事として位置づけられることが多いです。

新人にテストをさせて開発現場での経験を積ませる傍ら、ベテランは開発の続きや修正を並行して行うというのが、大手企業に多く見られる流れです。

ただし、忙しい現場では設計からテストまでの全ての工程を一人で行う場合もあるため、一概には言えません。

仕事上の役割とは?

プログラマーの役割は、コーディングによって商品を開発することです。

開発は工程ごとに分かれており、工程ごとに担当するプログラマーが変わる場合もあれば、全ての工程を一人のプログラマーが担う場合もあります。

機能に関して最も詳しいのは、実際にその機能を作ったプログラマーであるため、機能について聞かれた際に詳しい説明を行うことも、プログラマーの役目となります。

プログラマーの仕事はどんな人に向いている?

プログラマーの仕事はどのような人に向いているのでしょうか。

向いているであろう人の特徴をご紹介します。

我慢強い人

我慢強い人がプログラマーに向いています。

プログラマーの仕事は、ただコーディングすればよいというものではありません。

開発のみではなく、設計やテストといった各工程に関わる必要がありますし、バグが発生した場合に対処することも必要となります。

仕事内容が多岐に渡る上、中々思うように作業が進まないことも多いでしょう。

一歩ずつ、辛抱強くコツコツと作業する必要があるため、我慢が苦手な人には向いていないでしょう。

漫画などではプログラマーはスマートなイメージがありますが、漫画のようにスムーズに仕事が進むことは稀です。

冷静な人

開発作業は、とにかく不測の事態が発生することが多い仕事です。

未知のバグに出会うこともあれば、マウス操作を少し誤っただけで大きなトラブルが発生してしまう可能性もあります。

非常にデリケートな作業となるため、冷静に着実に作業できる人が望ましいでしょう。

熱くなってしまいやすい人は、パソコンに向かう前にリラックスしてから臨むようにしてください。

一つのミスが発生したからといって慌ててしまうと、連鎖的にミスを発生させてしまう可能性もあります。

気遣いができる人

接客が無いプログラマーの仕事において、気遣いができる人が向いているということについて、意外に感じる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、プログラマーは気遣いが必要となる場面が非常に多い仕事です。

開発は複数人で行う場合も多く、他のプログラマーがコードを見た時に、すぐに見て分かるように作る必要があります。

また、機能のことを一番よく理解しているのは実際に作った自分自身であるため、機能の概要を他の人に分かりやすく説明してあげる必要もあります。

こういったことから、プログラマーに求められるスキルは単純な開発能力のみではなく、他人に分かりやすく伝える説明能力なども含まれるということが、お分かりいただけると思います。

プログラマーの仕事をするために活かせる、今までの経験は?

プログラマーの仕事をするために活かせる経験は、どのようなものでしょうか。

プログラマーを目指す方は参考にしてみてください。

ネットサーフィン

誰もが経験するであろう、最も基本的な経験が、ネットサーフィンであると言えるでしょう。

ネットで何かを検索するという当たり前の経験も、プログラマーを目指すにあたっては大きく役立ちます。

プログラマーは、プログラミング言語を丸暗記しているわけではありません。

使い方だけ覚えておき、細かい記述方法などは検索を駆使しながら進める場合がほとんどです。

検索力さえ磨いておけば、プログラマーとして最低限の活躍をすることは可能でしょう。

パズルゲーム

パズルを筆頭に、推理や駆け引きが必要となるゲームの経験も、プログラマーの仕事で活かすことができます。

問題を解くために段階的に物事を考える論理能力は、プログラミングにおいて必須となります。

あるバグが見つかった際に、根本的な問題に辿り着くためには、要素を一つ一つ分解して順を追って考える必要があるでしょう。

日頃からパズルゲームなどに慣れている人は、問題解決のために頭を働かせるクセがついていますので、非常にプログラマーの仕事に向いています。

ゲーム製作

ゲームをやることも有効ですが、さらに有効となる経験は、ゲームを自分で製作することです。

プログラマーの中でも、ゲーム製作に携わるためには高いスキルが求められます。

どのようなプログラマーを目指すにしろ、ゲームを作っておいて損はありません。

趣味の一環としてゲームを作ってみると良いでしょう。

一つでもゲームを完成させれば、大きな自信となります。

まずは簡単なプログラミングで作れるゲームから試してみることをオススメします。

プログラマーで働くメリットとは?

プログラマーとして働くメリットはあるのでしょうか。

考えられるメリットをご紹介します。

自分のペースで作業できる

自分なりのペースで作業を進めることができる点が、プログラマーの大きなメリットでしょう。

もちろん、開発の締め切りまでに機能を完成させる必要はありますが、締め切りまでに問題無く完成さえさせていれば、文句を言われることはありません。

自分が集中して作業ができるスタイルを作りやすいため、最もパフォーマンスを発揮できる作業スタイルを追究することができます。

しかし、現場によってルールの厳しさは異なるため、自由の利かない所も多いです。

マイペースに仕事がしたい方は、できるだけ自由の利く職場を探すと良いでしょう。

ステップアップを実感しやすい

プログラマーとしてのスキルを磨く程、自分のステップアップを実感できるという点も魅力的です。

スキルの上昇に伴い任される仕事のレベルも上がり、収入も増えます。

また、スキルの高いプログラマーは発言力も高くなるため、自分の思い通りに作業を進めることができるようにもなります。

頑張れば頑張るほど報われやすいのが、プログラマーという仕事でしょう。

起業しやすい

プログラマーは、スキル次第で一人でもシステムを作ることができます。

労力さえ惜しまなければ、たった一人で起業することも夢ではないでしょう。

起業しないとしても、フリーランスとして活躍することも十分に可能です。

会社に属することをやめ、自分の力で社会に羽ばたきたいと考える方にとっては、プログラマーの経験は大きな武器となるでしょう。

その後のキャリアについて

プログラマーになった後のキャリアに関する情報をお伝えします。

プログラマーになった後に、具体的に経験を活かす方法を確認してみましょう。

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

プログラマーの仕事にも種類があり、会社も様々ですので、間違いなく出世できるかは運に左右される面もあります。

自分のスキルを磨いて実績を作りながら、会社での立ち位置を確認すると良いでしょう。

自分のレベル上昇に合わせて次々と案件をくれる所は、キャリアアップの手助けとなってくれる可能性もありますが、いくら頑張っても引き上げてくれない所もあります。

自分のスキルにある程度自信が持てるようになったら、転職も辞さない覚悟をしておくと、自分に見合った職場に身を置きやすくなります。

自分のスキルと待遇が見合っているかは常に気にしておくと良いでしょう。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

プログラマーはパソコンを扱う仕事ですので、プログラマーとして活躍した人は、どこに行っても潰しが利くようになります。

例え他の業界に移ったとしても、エクセルなどを扱う職場は多いです。

プログラマーがエクセルの関数やVBAを使うことができても大きく評価されることはありませんが、他業界に移った後で重宝される可能性は高いです。

プログラマーとして活躍したということは、先進的な業界の知識を多く得ているということですので、どこに行っても有利に立ち回ることができるでしょう。

自分にあったプログラマーの求人の選び方や注意点

自分に合ったプログラマーの求人を選ぶ方法や、注意点についてご紹介します。

求人探しの参考にしてみてください。

【選び方①】雇用形態から探す

雇用形態は会社によって様々です。

まずは自分がどのようにキャリアアップしていきたいかを考えてみましょう。

様々な現場を転々として幅広いスキルを身につけたいのであれば、契約社員などを目指すことをオススメします。

現場を移るたびに新しい知識を得ることができて新鮮ではありますが、特化したスキルを身につけることができずに中途半端となるリスクはあります。

腰を据えて同じ会社で頑張りたい場合は、自社開発を行っている企業の社員を目指しましょう。

自社開発を行っている企業に入社できた場合、自社商品のみに精通すればよいため、勉強すべきことが減って楽に仕事ができます。

しかし、自社開発商品は会社の命運に関わるため、会社側は優秀な人材を採用したいと考えるのが自然です。

腰を据えて社員として活躍したい場合は、積極的に自分を売り込む努力をする必要があるでしょう。

【選び方②】職種から探す

一口にプログラマーと言っても、その種類は様々です。

WEB系のプログラマーになりたいのか、ゲーム開発のプログラマーとなりたいのかなど、自分がなりたいプログラマー像を明確にしておきましょう。

そして、プログラマーが関わる業界の種類を知る所から始めましょう。

プログラマーの種類によって扱うべきプログラミング言語も変わるため、先にゴールを設定できた人ほど有利に立ち回ることができます。

【選び方③】エリアから考える

自分が通いやすいエリアから働く場所を決めるのも良いでしょう。

しかし、IT関連の主要な企業は、ほぼ都内に集中しています。

プログラマーとして活躍したいと考える場合、都内での仕事を避けて通ることは中々難しいです。

特にゲーム関連の仕事がある会社は、ほとんど都内でしか見つけることができません。

自分にとって通いやすいエリアから会社を探すよりも、いっそのこと自分が都内に引っ越してくる方が、プログラマーとしてキャリアを積むためには最適な手段であると言えるでしょう。

止むを得ない事情がある場合は仕方がありませんが、都内で仕事に就くことができないということは、プログラマーとして生活するにあたっては大きなハンデとなりかねません。

可能な限り、都内への通勤ができるような環境を構築することを考えてみてください。

まとめ

プログラマーを目指す方のために様々な情報をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

プログラマーはどこも人手不足の状態ですので、多少転職を繰り返しても引き取ってくれるところはあります。

小さくまとまらずに、思い切ってキャリアアップのために冒険してみるくらいの気持ちで良いでしょう。

一つでも多くの現場を経験して、自分が目指したいプログラマー像を探してみてください。