看護師とはいっても、それぞれの診療科での特性がありますが、その中でも特徴的な整形外科看護師の仕事について、今回はご紹介したいと思います。

整形外科はいったいどんな仕事内容なの?どんな経験を活かせるの?などの疑問にも答えます。

「整形外科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

整形外科看護師はどんな仕事?

整形外科とは、骨折や捻挫、打撲、断裂などの外傷的疾患、関節の慢性変性疾患、脊髄疾患、脊椎疾患、ヘルニア、骨粗しょう症などの症状の完治や改善を目的に治療をします。

けがや疾病を抱えた患者さんが回復していくことをサポートすることが看護師の仕事内容となってきます。

~「整形外科看護師」が自分に向いているか不安な人は~

整形外科看護師の大まかな仕事内容

基本的な看護技術であるバイタルサイン測定や点滴、採血、注射などはもちろんあります。

整形外科特有のケアと言えば、包帯やギブスの交換などの処置や外科処置等が他の科に比べても多いです。

その他、自由に動けない人が多いため、移動の介助だったり、清拭やシャワー浴、入浴介助等は他の診療科と比べても多いです。

整形外科の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

整形外科看護師の仕事はどんな人に向いている?

それでは、整形外科看護師はどんな人に向いているのかをご紹介したいと思います。

骨や筋肉などの体のつくりに興味がある人

解剖学が苦手な方でも、骨や筋肉の解剖は得意だという人には、整形外科はおすすめです。

内科などは、幅広く解剖や疾患を理解しなければなりませんが、整形外科の場合は、その部位だけ覚えれば仕事をこなしていけるかと思います。

内科のような細かい知識もあまり必要としないように感じます。

リハビリなどを通じて人をサポートすることにやりがいを感じる人

患者さんの回復具合は、自分で起きられるようになった、車いすに移乗できるようになった、歩けるようになった、痛みがなくなったなど目に見えて分かりやすいです。

特にリハビリを頑張っている姿を見て、回復していく具合は看護してよかったと思えます。

そのあたりにやりがいを感じられます。

人の死を看るのがつらい人

整形外科という科は、命に直結する疾患がほとんどないです。

そのため、急変患者も少ない傾向にあります。

病院の専門としている疾患にもよりますが、終末期ケアはほとんどないと言ってもいいです。

いままで、救急や人の死ばかりで看護師をしていくのに疲れてしまった方は、また新たなやりがいの感じられる整形外科はおすすめします。

「整形外科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

逆に整形外科看護師の仕事に向いていない人の特徴は?

次に整形外科には向いていないんじゃないかと思う人の特徴を挙げていきます。

見守ることが苦手な人

ついつい困っていると患者さんを助けたくなる気持ちはわかりますが、これから自宅に帰って自分でやっていかなければいけないと思うと、動作が緩慢でも見守ることも看護の一つです。

患者さんと話すのが好きではない人

患者さんは、腰が痛いや膝が痛いという人が多く、他の病気はあまりないという方がほとんどで、意思疎通できるひとばかりです。

比較的年齢層も若い方も多く、女性の患者さんが多いです。

患者さんとの雑談だったり、話をすることが苦手もしくは好きではないという方にはあまり向いていないかもしれません。

もちろん元気なだけに看護師に対してのクレームなども多いです。

男性看護師

仕事に向いていないという訳ではありませんが、自分の経験上のことを紹介させてもらいます。

確かに整形外科は、患者さんの移動や支えなどの力仕事が多い診療科ですが、同時に女性の患者さんが多く、排泄介助やシャワー浴介助もとても多いです。

小児期や成人期の方の場合、男性にやってもらうことに抵抗を示す方が多いです。

そのためか、病院によっては男性は整形外科で働けないというところもありますので、もしも男性の方で整形外科で働きたいと考えている方は、病院に確認してみてください。

~自分の場合は「向いてない人の特徴」に当てはまる?~

整形外科看護師の仕事で活かせる経験

看護師として経験があれば、なんでも仕事に活かせるとは思いますが、その中でも一部ですが経験していると役に立つものをピックアップしていきます。

小児から高齢者まで対応できる看護の知識

整形外科は、小児期、成人期、老年期と幅広い方が入院してきます。

年齢によって、病気の理解度も違うので、指導の方法も違いますし、治療の経過や既往も違うので、ケアや観察の方法も変わってきます。

いままで学んできた知識は必ず役に立つと思います。

術後管理や在宅支援の知識を持っている

整形外科は、ほとんどの患者さんが手術を目的として入院してきます。

疾患は違えど、手術後の観察やケアはどの診療科も共通している部分があると思います。

また、手術後リハビリが順調に進む人ならばいいですが、高齢の方になると継続してリハビリを行っていかなければならなかったり、自宅で生活するうえで一人では難しく、退院後に介護サービスを使用していかないといけない方もいます。

そのあたりの知識を持っている人ならば、入院から退院までスムーズに進められると思います。

「整形外科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

日本運動器看護学会が認定している「運動器看護師」という資格があります。

実務経験5年以上、運動器領域での3年以上の実務経験があり、講習会に参加して。

書類審査と試験を受けて合格すると認定されます。

認定看護師や専門看護師には、現状残念ながら、整形外科分野の資格は存在していません。

今後に期待ですね。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

整形外科で勤務されていた方のほとんどは周術期看護を経験している方が多いと思います。

その経験は、他の外科病棟でも同様に活かせます。

また、整形外科は外科処置的な介助も多いため、他の科に行っても、外科的な処置介助の能力を十分に活かせると思います。

後は、転倒予防に関する意識や移動、移乗の介助なども経験を存分に活かせます。

~経験を活かして、「整形外科看護師」以外の仕事を見てみたい人は~

まとめ

整形外科看護師がどういうものなのか、少しは参考になりましたでしょうか。

とにかく整形外科は、患者さんと接する機会も多く、入院から退院まで目に見えて経過がわかるのでとてもやりがいを感じやすい領域なように自分は感じます。

整形外科で働きたいと感じている方には、是非ともそのやりがいを実感してもらいたいです。

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト
関東・関西・東海専門!高時給求人・保育園等のレア求人が多数! 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

整形外科看護師求人