整形外科は、病院によっては高齢者ばかりではなく、小さい子どもや学生、働き盛りの成人の方なども入院しており、とても活気のある職場です。

自分が働いていた職場の看護師も活気があって、楽しく働くことができました。

整形外科に興味を持っている看護師の方にどんな仕事内容なのか。

働いてよかった所や悪かったことなどを中心にご紹介します。

整形外科の看護師はどんな仕事?

骨から関節、神経の疾患を治療して自宅へ帰るために医師やリハビリスタッフなどと協力しながらサポートしていくのが整形外科の看護師の仕事となります。

「整形外科看護師」が自分に向いているか診断したい人はこちら →

整形外科の看護師の役割とは?

急性期病院の整形外科での役割は、術前、術後の管理が中心となります。

同時に離床への援助や疼痛コントロール、リハビリに取り組めるような精神的なケア、日常生活動作の援助や移動の介助が看護師の役割となります。

回復期病院の整形外科での役割は、リハビリが中心です。

なかなかリハビリが進まない方へのリハビリの援助や指導、転倒転落予防、日常生活動作の介助や拡大への援助、移動の介助等が役割となります。

同じ整形外科でも、病院によって役割は異なります。

整形外科の看護師はどういう人と仕事で関わるの?

医師を始めとして、理学療法士、作業療法士などのリハビリスタッフ、自宅に帰った時の生活を見据えて、ケアマネージャや医療ソーシャルワーカーなどとも関わりをもつことが多いです。

様々な職種でカンファレンスを開催されることも多く、積極的に連携を図る必要性もあります。

整形外科の看護師の良い面

整形外科の看護師として働いていて良かった所を紹介します。

骨格、神経、筋肉の解剖学や外科的処置が得意になる

整形外科で働いていると骨格や神経、筋肉の解剖学が得意になります。

高齢者になるとほとんどの人が「腰が痛い」「足がしびれる」「膝が痛い」など訴えるようになります。

そういったときに整形外科で学んでいると、メカニズムもわかるようになり、アセスメント能力が深まります。

外科的処置も毎日のように行われるケアです。

テーピングの仕方、包帯やギプスの巻き方、骨折した場合の良肢位の保持なども習得できるのでとても役に立ちます。

患者さんの回復具合が成果として見え、やりがいを感じることができる

「レントゲンの結果がよくなっている」や「採血のデータがよくなった」と言われても回復具合が見た目にわからずあまり実感は湧かないかったりします。

整形外科は「車いすしか乗れなかった人が歩けるようになった」とか「松葉杖をついていた人が退院の時歩いて帰って行った」など見た目から治療の成果がわかります。

特によく担当した患者さんや大変だった患者さんが元気な姿で帰ると、お世話してよかったなと思えたりして仕事のモチベーションを高める一つの要素となります。

感染予防対策、転倒予防対策に強くなれる

整形外科で一番問題視されるのは、転倒・転落、創部の感染です。

どこの病院も色々な対策を持って事故を起こさないような対策や対応を行っています。

転倒・転落に関しては認知障害のため、安静が守られなかったり、見守りなく歩き出してしまったりなど転倒のリスクが非常に高くなっています。

そういった方にはどのように対応していったらよいかということを知識として吸収することができます。

~自分もこのスキル・経験を身に付けたいと思ったら~

「整形外科看護師」が自分に向いているか診断したい人はこちら →

整形外科の看護師の悪い面

次に整形外科で働いていて、辛かった面も紹介します。

ナースコールが非常に多い

特に高齢の方や女性に多いですが、トイレに行く頻度が多く、自分で移動できない方はナースコールを押して依頼してきます。

オムツを履きたがらない方も多いので、病室とトイレを行ったり来たりということも多々あります。

その他には痛み止めがほしいとか、湿布を貼ってほしいなどの痛みに対する訴えも多く、整形外科で働いていた時が一番ナースコール対応が多かったなという印象を今でも持っています。

体力を使う

上記で書いたようにナースコールが多く、患者さんの元に直接出向くことが多かったり、お風呂介助や処置、排泄のケアなどの直接的な患者さんのケアも多くあるため、ずっと動きっぱなしなことも多いです。

体重が重い方の車いす移動や体位変換などは力も要求されるので、仕事中に腰を悪くしてしまったという看護師も少なくありません。

あまりアクティブに動き回るのがつらいという方には、とても大変に感じるかと思います。

整形外科の看護師のその後のキャリア

将来的に老人施設などで働きたいと考えている方には整形外科に一度でも触れておくととても役立つと思います。

移動の介助だったり、体位交換だったり、転倒予防だったり、整形外科で働くとそのあたりの知識がたくさん身につきます。

老年期のケアを極めていきたいなという方にはキャリアアップのためにもおすすめです。

~自分にはどの看護師の仕事が向いているか?~

「整形外科看護師」が自分に向いているか診断したい人はこちら →

病棟の作りが特徴的

整形外科は環境整備が非常に特徴的です。

廊下に手すりがついていて、障害物がまったくなかったり、洗面所やトイレ、浴室などもとても広く作られ、車椅子でも余裕で入るスペースが存在していたり、他の患者さんとのベットの距離が非常に広く取られていたりと面白い作りになっていたりします。

ボタンを押すと便座の位置が上がったり、下がったりするトイレや寝たままお風呂に入れて、洗車機みたいな装置に患者さんが入ってからだを洗ってくれる機械があったりと他の診療科にはないものもあります。

整形外科の看護師に興味がある方へ

自分は新人から3年間、整形外科病棟でお世話になりました。

看護師の世界はいまだに女性が多く、仕事に溶け込めるか不安もありましたが、いい意味で男っぽい女性の方も多くいて、とても働きやすかったです。

細かい愚痴を言われたり、陰口を叩かれたりすることもなく、ストレートにダメなところは指摘してくれたので、そのあたりは非常に良かったと感じています。

仕事の面でも、これまで何度か言ってる通り、目に見えて元気に帰っていく姿は見ていてもうれしいですし、高齢者だけではなく、幅広い年齢層の方と会話できることは自分の励みにもなりました。

これを読んで興味の湧いた方は是非整形外科看護に進んでみたらいかがでしょうか。

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
年間2万人以上が利用!業界最大級の病院件数なので自分にピッタリの職場が見つかりやすい。 公式サイト 公式サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。「泌尿器科の看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方が

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。「精神科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。「精神科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把

看護師の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

今回の記事は、看護師の年収や相場、給料をアップするには転職術についての記事をご紹介していきます。看護師は比較的給与の高い職種ですが、できることなら今までよりも給料アップできたらいいなと思うのが本音ですよね。転職する際に、確認しない人はいないくらい大切な条件である給料。具体的な看護師の給料の相場感などご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →看護師の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入職した場合病院や地方によって異なりますが、都心部のケースで紹介すると、手当込で年収350~400万円という所が妥当のようです。大学病院や総合病院などの急性

▼記事をスキップして見たい人向け▼
整形外科の仕事を見るにはこちら >