整形外科は、病院によっては高齢者ばかりではなく、小さい子どもや学生、働き盛りの成人の方なども入院しており、とても活気のある職場です。

自分が働いていた職場の看護師も活気があって、楽しく働くことができました。

整形外科に興味を持っている看護師の方にどんな仕事内容なのか。

働いてよかった所や悪かったことなどを中心にご紹介します。

整形外科の看護師はどんな仕事?

骨から関節、神経の疾患を治療して自宅へ帰るために医師やリハビリスタッフなどと協力しながらサポートしていくのが整形外科の看護師の仕事となります。

「整形外科看護師」が自分に向いているか診断したい人はこちら →

整形外科の看護師の役割とは?

急性期病院の整形外科での役割は、術前、術後の管理が中心となります。

同時に離床への援助や疼痛コントロール、リハビリに取り組めるような精神的なケア、日常生活動作の援助や移動の介助が看護師の役割となります。

回復期病院の整形外科での役割は、リハビリが中心です。

なかなかリハビリが進まない方へのリハビリの援助や指導、転倒転落予防、日常生活動作の介助や拡大への援助、移動の介助等が役割となります。

同じ整形外科でも、病院によって役割は異なります。

整形外科の看護師はどういう人と仕事で関わるの?

医師を始めとして、理学療法士、作業療法士などのリハビリスタッフ、自宅に帰った時の生活を見据えて、ケアマネージャや医療ソーシャルワーカーなどとも関わりをもつことが多いです。

様々な職種でカンファレンスを開催されることも多く、積極的に連携を図る必要性もあります。

整形外科の看護師の良い面

整形外科の看護師として働いていて良かった所を紹介します。

骨格、神経、筋肉の解剖学や外科的処置が得意になる

整形外科で働いていると骨格や神経、筋肉の解剖学が得意になります。

高齢者になるとほとんどの人が「腰が痛い」「足がしびれる」「膝が痛い」など訴えるようになります。

そういったときに整形外科で学んでいると、メカニズムもわかるようになり、アセスメント能力が深まります。

外科的処置も毎日のように行われるケアです。

テーピングの仕方、包帯やギプスの巻き方、骨折した場合の良肢位の保持なども習得できるのでとても役に立ちます。

患者さんの回復具合が成果として見え、やりがいを感じることができる

「レントゲンの結果がよくなっている」や「採血のデータがよくなった」と言われても回復具合が見た目にわからずあまり実感は湧かないかったりします。

整形外科は「車いすしか乗れなかった人が歩けるようになった」とか「松葉杖をついていた人が退院の時歩いて帰って行った」など見た目から治療の成果がわかります。

特によく担当した患者さんや大変だった患者さんが元気な姿で帰ると、お世話してよかったなと思えたりして仕事のモチベーションを高める一つの要素となります。

感染予防対策、転倒予防対策に強くなれる

整形外科で一番問題視されるのは、転倒・転落、創部の感染です。

どこの病院も色々な対策を持って事故を起こさないような対策や対応を行っています。

転倒・転落に関しては認知障害のため、安静が守られなかったり、見守りなく歩き出してしまったりなど転倒のリスクが非常に高くなっています。

そういった方にはどのように対応していったらよいかということを知識として吸収することができます。

~自分もこのスキル・経験を身に付けたいと思ったら~

「整形外科看護師」が自分に向いているか診断したい人はこちら →

整形外科の看護師の悪い面

次に整形外科で働いていて、辛かった面も紹介します。

ナースコールが非常に多い

特に高齢の方や女性に多いですが、トイレに行く頻度が多く、自分で移動できない方はナースコールを押して依頼してきます。

オムツを履きたがらない方も多いので、病室とトイレを行ったり来たりということも多々あります。

その他には痛み止めがほしいとか、湿布を貼ってほしいなどの痛みに対する訴えも多く、整形外科で働いていた時が一番ナースコール対応が多かったなという印象を今でも持っています。

体力を使う

上記で書いたようにナースコールが多く、患者さんの元に直接出向くことが多かったり、お風呂介助や処置、排泄のケアなどの直接的な患者さんのケアも多くあるため、ずっと動きっぱなしなことも多いです。

体重が重い方の車いす移動や体位変換などは力も要求されるので、仕事中に腰を悪くしてしまったという看護師も少なくありません。

あまりアクティブに動き回るのがつらいという方には、とても大変に感じるかと思います。

整形外科の看護師のその後のキャリア

将来的に老人施設などで働きたいと考えている方には整形外科に一度でも触れておくととても役立つと思います。

移動の介助だったり、体位交換だったり、転倒予防だったり、整形外科で働くとそのあたりの知識がたくさん身につきます。

老年期のケアを極めていきたいなという方にはキャリアアップのためにもおすすめです。

~自分にはどの看護師の仕事が向いているか?~

「整形外科看護師」が自分に向いているか診断したい人はこちら →

病棟の作りが特徴的

整形外科は環境整備が非常に特徴的です。

廊下に手すりがついていて、障害物がまったくなかったり、洗面所やトイレ、浴室などもとても広く作られ、車椅子でも余裕で入るスペースが存在していたり、他の患者さんとのベットの距離が非常に広く取られていたりと面白い作りになっていたりします。

ボタンを押すと便座の位置が上がったり、下がったりするトイレや寝たままお風呂に入れて、洗車機みたいな装置に患者さんが入ってからだを洗ってくれる機械があったりと他の診療科にはないものもあります。

整形外科の看護師に興味がある方へ

自分は新人から3年間、整形外科病棟でお世話になりました。

看護師の世界はいまだに女性が多く、仕事に溶け込めるか不安もありましたが、いい意味で男っぽい女性の方も多くいて、とても働きやすかったです。

細かい愚痴を言われたり、陰口を叩かれたりすることもなく、ストレートにダメなところは指摘してくれたので、そのあたりは非常に良かったと感じています。

仕事の面でも、これまで何度か言ってる通り、目に見えて元気に帰っていく姿は見ていてもうれしいですし、高齢者だけではなく、幅広い年齢層の方と会話できることは自分の励みにもなりました。

これを読んで興味の湧いた方は是非整形外科看護に進んでみたらいかがでしょうか。

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
年間2万人以上が利用!業界最大級の病院件数なので自分にピッタリの職場が見つかりやすい。 公式サイト 公式サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

看護師求人

▼記事をスキップして見たい人向け▼
整形外科の仕事を見るにはこちら >