IT系の仕事というと、皆さんが真っ先にイメージするのが「システムエンジニア」ではないでしょうか。

しかし、IT系と呼ばれる業界の中には、多くの職種が存在しています。

「ITコンサルタント」、「プログラマー」、「サポート・ヘルプデスク」、「サーバー管理」など、様々な職種が存在しています。

「システムエンジニア」や「ITコンサルタント」などの職種は、クライアントと直接顔を合わせるので、比較的表舞台に出ている職種ですが、「サーバー管理」という職種はほぼ内勤である為、中々表舞台には出ない職種です。

その為、「サーバー管理」という職種を聞いても、いまいちピンと来ない方も多いのではないでしょうか。

しかし、見えない所でクライアントの業務を支えている為、縁の下の力持ちの存在とも言えます。

そんな縁の下の力持ちの「サーバー管理」の仕事にスポットを当て、どんな人に向いているのか、その後のキャリアなどについて紹介していきます。

「サーバー管理の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

サーバー管理ってどんな仕事?

サーバー管理の仕事を簡単に説明すると、クライアントが業務で使用するサーバーの構築から設置、運用、監視や保守といったことが主な仕事内容となります。

サーバーとは、利用者からの処理要求に対し、データや処理結果を提供する役割を果たす物となります。

企業では、業務で使用するシステムやデータベースの照会などを、サーバーを稼働させて利用しています。

セキュリティの面から自社にサーバーを置かずに、アウトソーシングでデータセンターに設置、運用、監視や保守をしてもらうという企業が多く、クライアントであるその企業のサーバーを管理しているのです。

サーバー管理の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

サーバー管理の仕事はどんな人に向いている?

クライアントの業務システムや大切な情報を保有しているサーバーを、クライアントに代わり管理することがサーバー管理の仕事です。

では、サーバー管理はどんな人に向いている仕事なのでしょうか。

詳しく説明をしていきます。

責任感の強い人

サーバー管理の仕事は、責任感の強い人に向いています。

向いているというよりは、責任感の強い人でなければ務まらないかもしれません。

なぜならば、サーバーは企業の情報が集積されている心臓部の様なものであり、一つの手違いで大事になってしまう可能性があるからです。

例えば、昼間に企業が業務を行っているさなか、誤ってその企業のサーバーの電源を切ってしまったら、どのような事態になるでしょうか。

企業側とすれば、システムを使用して仕事をしている途中に、急に仕事ができなくなってしまった、処理していたデータが抹消されてしまった、などといった緊急事態が考えられます。

その企業の業務だけが止まってしまったのであればまだ軽い方ですが、その企業のエンドユーザーの業務まで止まってしまう、被害を被ってしまうということになれば、かなりの大事となります。

また、サーバーにエラーログが発生していたが、「大したものではないだろう」と勝手に判断して対処を怠った為に、サーバーダウンに繋がってしまうことも考えられます。

このように、「サーバーを管理する」という行為は、かなりの責任が必要となります。

「自分がこのサーバーを守るのだ」という強い意志を持ち、どんな些細な異変や違和感も拾い取り、報告を行うことが業務として重要となります。

体力に自信がある人

サーバー管理の仕事は内勤ではありますが、非常に体力を使います。

サーバーは24時間365日稼働をしています。

その為、昼夜問わずサーバーを運用・監視・管理しなければならないのです。

私が勤めていた会社では、3,4人の班を4グループ作り、工場の様に三交代制で勤務をしていました。

早朝から勤務の早番、午後から勤務の中番、夜から勤務の遅番という形でした。

勤務の時間帯が目まぐるしく変わっていく為、体力が無い人だと体がついていけなくなり、勤務不可能となってしまう恐れがあります。

実際、夜勤中は眠気との戦いということもありました。

また、夜勤から帰宅後に体を休めて寝ようとしても、中々眠れないといったこともありました。

サーバー管理の仕事は体力勝負でもある為、体力に自信のある人が好ましいと言えるでしょう。

トラブルに動じない人・落ち着いている人

サーバー管理の仕事は、トラブルやイレギュラーな事態が多発します。

その為、トラブルが発生しても動じず、冷静に対処できる人が向いています。

昼間にサーバーやシステム処理でトラブルが発生した場合は、担当のシステムエンジニアに報告を行えば、トラブル対応をしてもらえます。

しかしサーバーは、企業の業務が終了している深夜の時間帯にも稼働し、処理を行っています。

この際にトラブルが発生した場合、深夜であってもまずは担当のシステムエンジニアへ電話にて報告を行います。

しかし、担当のシステムエンジニアは会社には居ない為、自分で状況を確認し、担当のシステムエンジニアへ的確に状況報告を行わなければなりません。

また、どういった処理をすれば良いのか電話で指示を受ける為、指示内容を的確に遂行できる力が必要となります。

深夜にトラブルが発生して「どうしよう」とうろたえている様では、トラブルは一向に解決しません。

トラブルに動じず、落ち着いて対処できる力が必要とされるのです。

コンピューターを触るのが好きな人

サーバー管理の仕事は、対人間ではなく対コンピューターが主な仕事となります。

ですから、コンピューターを触るのが好きという人にはうってつけの仕事と言えるでしょう。

サーバーに触れる機会は、サーバー管理者という職種でなければ中々ありません。

自宅のパソコンを触っているだけでは経験できないような、もっとマニアックな経験をすることが可能となるでしょう。

「サーバー管理の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

逆にサーバー管理の仕事に向いていない人の特徴は?

責任感が必要でとてもやりがいのあるサーバー管理の仕事ですが、向かない人にはとことん向かない仕事であると言えそうです。

どんな人がサーバー管理の仕事に向かないのでしょうか。

紹介していきます。

目標達成をモチベーションに仕事をしている人

サーバーの監視や運用業務がメインとなる為、営業職の様に目標達成によるインセンティブの発生といったことはありません。

目標を達成するという意識が無い為、各社員の上司からの評価は目標達成を基準にはしていません。

目標を達成することで上司からの評価を高め、他人より上へ行きたいと考えている人や、目標達成の為に仕事をしている、目標を達成することがモチベーションとなって毎日仕事をしている、という人には向かない仕事です。

外に出て仕事をしたい人

サーバー管理の仕事は、ほぼ100パーセント内勤であると言えるでしょう。

現場での作業中に外に出ることは、ほぼあり得ません。

外にでて業務を行うには、ある程度のキャリアアップが必要となります。

外に出てお客様と直接やりとりをしたい、外の空気を吸いたい、そういった願望を持っている人には向いていない仕事と言えそうです。

常に新しいことをしたい人

サーバー管理の仕事は、どうしてもルーチンワークになりがちです。

毎日決まった時間にサーバーをチェックしたり、サーバーに入っている記録媒体の交換を行ったりします。

現場作業に従事している間は、ほぼルーチンワークの業務に従事することになります。

その為、常に新しいことをして仕事をしたいという人には向かない仕事です。

サーバー管理の仕事に活かせる経験

サーバー管理の仕事はあまり表舞台に出ない仕事の為、どういった経験を活かすことができるのかが、未知の部分である方が多いと思います。

「こんな経験が活かせるんだ!」と驚く方もいらっしゃるかもしれませんが、意外な経験がサーバー管理の仕事には活かせるのです。

学生時代にプログラミングを学習したことがある

これはどのIT系の職種でも当てはまることですが、学生時代にプログラミングを学習していた人は、すんなり業務に携わることができます。

仕事をしていると、素人では訳のわからない暗号の様な横文字ばかりが目につきます。

プログラミングを学習していた人は、専門的な横文字に耐性ができていますが、全くの素人だと耐性ができておらず、拒絶反応を起こす人がいます。

皆勤賞を取ったことがある

先にも説明をさせていただいたように、サーバー管理の仕事は体力が必要な仕事でもあります。

小学校や中学校、または高校で皆勤賞を取ったことがあるということは、体力がある人の証拠でもあります。

皆勤賞を取ったことがある人は、サーバー管理の仕事に向いていると言えるでしょう。

国語の成績が良かった

深夜や早朝にエラーやトラブルが発生した際、担当のシステムエンジニアは社内には居ませんから、電話にて報告を行うことになります。

その為、自分で状況を確実、正確に把握し、間違えのないよう的確に報告を行わなければなりません。

国語力がないと、論理立てて担当者に分かりやすく説明することが難しいかもしれません。

電話を受けている担当者からしてみると、分かりにくい説明をされてしまうとエラーやトラブルの内容が把握できなかったり、問題解決までに時間を費やしてしまう可能性があります。

また、言い方一つとっても、説明をする際のニュアンスが少し違うだけで、自分と担当者のイメージや考えていることがリンクせず、問題解決に時間が掛かる可能性もあります。

意外かもしれませんが、サーバー管理の仕事には国語力が非常に重要となるのです。

サッカーやバスケットボールなどの、常に選手の動きがあるチーム競技をしていたことがある

これも意外と思えることかもしれません。

サッカーやバスケットボールは、常に選手が動いて試合が流れています。

どのタイミングでパスを出せばよいか、どのタイミングでパスを要求すれば良いか、どこにフォローにいけば良いか、誰をフォローに行けば良いかなど、常に周りを見て確認しながらゲームを進め、全ての事柄を的確なタイミングで行動に移さねばなりません。

それはサーバー管理の仕事も一緒なのです。

サーバー管理の仕事は、班員が同時刻に全員同じ業務をしているわけではなく、異なった業務を行わなければならないことが多いです。

自分のことだけではなく常に周りを気にして、誰かが困っていればフォローしなければならないし、手が空きそうな人がいれば仕事をお願いする必要があります。

常に周りの状況を把握しながら業務を行う必要があるのです。

「サーバー管理の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

まずは、班のリーダーとなることが第一のキャリアアップへの道となります。

現場で作業を行う班員を上手にまとめ、業務がスムーズに滞りなく行われるようにしなければなりません。

次に、現場作業から抜け、現場班の全体をまとめる中堅社員となります。

上司と現場班との架け橋となり、現場班がストレス無くスムーズに業務が行えるような潤滑油となる存在となります。

また、現場作業では行わなかった、サーバー構築業務を担うこととなります。

最後に、課長クラスとなり、システムエンジニアと連携を取りながらクライアントと直接交渉を行います。

主な業務はクライアントとの交渉ですが、サーバーの構築作業も行います。

サーバーについてのかなりの知識が必要となります。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

コンサルタントとして活躍することができます。

現場作業の段階では、サーバーを導入することの企業のメリットやコストなど、踏み込んだ内容までは把握することはできません。

しかし、現場作業を抜け中堅社員以上になってくると、サーバーの踏み込んだ内容まで詳細に把握することが可能です。

お客様へサーバーを導入することのメリットを説明し、現在の業務をより効率化させる為のお手伝いをすることが可能となります。

また、システムエンジニアの経験も重ねることで、より良い提案を行うことができるコンサルタントとして活躍できるでしょう。

まとめ

普段あまり表舞台に出ない「サーバー管理」の仕事について紹介をさせていただきました。

他のIT系の職種と比較すると、どういった仕事内容なのか、どんなキャリアを描けるのか、分からなかった方も多かったと思います。

IT化が進んだ現代では、企業がサーバーを設置して業務を行うことはごく当たり前のこととなっています。

そんなサーバーの深い知識が得られ、お客様にも提案を行うことができる「サーバー管理者」という職種に魅力を感じた方は、是非挑戦をしてみてはいかがでしょうか。