今回の記事は心臓血管外科の看護師について、自分が働いていた経験を交えながらご紹介していきます。

始めに言っておきますが、仕事の内容はとてもきついです。

果たしてどんな所がきついのでしょうか。

心臓血管外科で働くことの良い面や悪い面も合わせてご紹介します。

「心臓血管外科の看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

心臓血管外科の看護師はどんな仕事?

心臓血管外科とは、循環器系の診療科に属します。

主に心臓や血管の手術で、虚血性心疾患や大動脈瘤、弁膜症、静脈瘤などの疾患となります。

ここで働く看護師の仕事内容は、手術前の管理から始まり、手術後の身体管理や胸腔ドレーンや心嚢ドレーンなどのドレーン管理、手術創の観察、心電図異常の早期発見や心臓リハビリテーションや自宅に帰る際の生活指導・支援など幅広い分野に渡ります。

心臓血管外科の看護師の役割とは?

看護師の役割の中で最も重要なのは、身体異常の早期発見です。

心臓の手術の後は、急変が起こるリスクが非常に高いため、不整脈や出血、その他の急変リスクが診療科の中でもトップクラスです。

常に患者さんを観察し、少しの変化も見逃さない必要があります。

また、手術から退院までの期間も現在は短くなってきているため、早期回復のためにリハビリを早い段階で進めていきます。

患者さんの状態を見ながら、医師やセラピストと連携して、段階的に離床やADL回復を進めていかなければなりません。

そのため、心臓血管外科での看護師の役割は非常に重要な立ち位置にあるのは確かです。

心臓血管外科の看護師の給料事情は?

総合病院だと診療科で給料の相場が変わるわけではないので、どこの診療科で働いても一緒です。

給料だけで考えると割に合わないのではないかと思うほどです。

~自分だったら本当はいくら貰える?~

「心臓血管外科の看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

心臓血管外科の看護師の良い面

心臓血管外科の看護師として働くメリットをいくつか紹介していきます。

おもに自分のスキルアップの面が強いです。

急変に強くなる

患者さんにとっていいことではありませんが、心臓血管外科で働いていれば、必ず急変に当たります。

初めて急変にあたった場合は、周りの人たちもピリピリとした張り詰めてますし、何をしていいのか分からず、正直言って泣きそうになります。

しかし、何度も経験していると自分がやるべきことを冷静に考えることができ、多少の急変では動揺しなくなります。

この経験はとても貴重ですし、急変対応ができる人ならばどこの病院・場所で働いても看護師として通用します。

心電図が読めるようになる

看護師の方でも心電図がまったく読めないという方は大勢いると思います。

自分の経験上、心電図はどんなに研修を受けようが、勉強しようが、実践を積まないと読めるようになりません。

逆にいうと、毎日心電図の観察をしていれば、勉強しなくても頭に入ってきます。

心電図を読める看護師になりたいと考えている方はぜひ心臓血管外科で働いてみてください。

術後管理の知識が身につく

心臓血管外科の手術は、大手術になることが多いです。

そのため、この診療科で術後管理が身に付けば外科系の手術の対応は一通りできるといって間違いないです。

それと同時に看護ケアの知識や技術も身に付きます。

心臓血管外科の看護師で働いていると医療機器に強くなる

心臓血管外科で使われる医療機器もたくさんあります。

人工呼吸器、シリンジポンプ、輸液ポンプ、人工透析器、ベットサイドモニター、12誘導心電図、除細動器など集中治療室で使われる機器も多数使われます。

これらの機器を看護師は管理していかなければならないために医療機器の知識も身についてきます。

これだけの医療機器を使う診療科も多くないですよね。

「心臓血管外科の看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

心臓血管外科の看護師の悪い面

次に悪い面についてもご紹介していきます。

勉強会や研修が多い

心臓血管外科は、循環器や心電図の知識はもちろんのこと、その他の臓器や薬のことや終末期看護のことなどたくさん学ぶことがあります。

逆にあまり勉強したり、研修に参加することが嫌いな方はおそらく仕事についていけなくなると思いますし、やりがいも感じられません。

慣れるまでは大変だと思いますが、コツコツと学んでいける方なら問題なく仕事はこなせるかとは思います。

命に直結する診療科ですから、先輩ナースも業務に厳しい方が多い気がします。

夜勤が大変

経験上、日中よりも夜間や朝方に急変したり、亡くなられる人の割合が高かったです。

スタッフも人数が少ない中で緊急の対応をしながら、他の患者さんにも目を向けなくてはいけないため、とても忙しくなります。

心電図もアラームがなったりするので精神的にも休まることはなく、夜勤帯の勤務はストレスフルで明けで帰るときには疲れ果ててしまいます。

休憩時間や仮眠の時間も取れないことも多くありましたし、なかなか家に帰れないこともありました。

なので、夜勤の勤務に耐えられそうにない方にはおすすめできないかもしれません。

心臓血管外科の看護師に興味がある方へ

ここまで紹介してきた内容だけ読むと、とても大変そうというイメージが強いかと思います。

実際に自分も4年半くらい働いてきましたが、楽しいことより辛いことばかりでした。

しかしながら、この期間はとても重要だった時期だったと思っています。

肉体的にも精神的にもハードな診療科だとは思いますが、看護師としてのスキルは学べば学んだだけステップアップできますし、様々な経験ができる診療科だと思います。

待遇などだけ見てみると、はっきりいって割に合わないので、給料や休みを重視する方はやめておいたほうが無難です。

逆に仕事に時間や労力を使える人ならば、一度は経験しておいたほうがいい科目でもあります。

自分が一番おすすめどこのしたい方は、これから看護師になる新人の方です。

どこの病棟に配属されても、新人のうちは苦労すると思います。

なのでどうせ苦労するなら、心臓血管外科はどうですかと勧めたいです。

最初に苦労しておけば、その後に他の診療科に行っても、慢性期や療養型の病院に行っても問題なく働けると思います。

若いうちならば、知識や技術の吸収も早いですし、よっぽどの気力ややる気がないと経験年数が上がれば上がるほどつらいと続かなくなってしまいますからね。

もしよければ、心臓血管外科で働いてみてはどうでしょうか。

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
年間2万人以上が利用!業界最大級の病院件数なので自分にピッタリの職場が見つかりやすい。 公式サイト 公式サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

皮膚科看護師求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

今回は皮膚科での仕事内容や求人について視点をおいてみました!好条件な求人内容や就職活動で参考になるポイントについてもお話をしていきたいと思います。看護師としてのスキルや好感を持たれやすい人柄などについてもご紹介していきたいと思います。皮膚科看護師のおおまかな仕事内容皮膚科は総合病院などでも外来での診察や日帰り手術などが多いです。手術の必要な疾患であっても内科や耳鼻科や泌尿器科などと混合病棟であることが多いです。そのため、個人病院やクリニックの皮膚科外来で主に診療を行い、手術や精査が必要な患者さんが総合病院へ紹介され受診するという流れとなっています。皮膚科の看護師の主な仕事内容は外来での仕事です

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方がいるので、一人一人にあった、オペ後ケアを行う必要があります。ま

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです。ですが患者さんへの投薬、食事や生活についてのアドバイス、

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把握していきます。精神疾患の患者さんは、自分の状態を直接表現