クリニックから総合病院へ転職しようと考えている人もいると思います。

今回の記事は、仕事内容の違いや役割について、総合病院の仕事で働くのに向いている人、向いていない人をまとめてみました。

「総合病院の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

総合病院の仕事はどんな仕事?

クリニックでは、訪れた患者さんを医師が診察する際に補助する仕事が大きな割合を示しています。

総合病院では、看護師自らが行う業務が多く、直接的に患者さんに関わることがクリニックに比べて多くなることが特徴です。

総合病院の仕事の大まかな仕事内容

勤務する病院だったり、様々な診療科によって仕事内容は大きく変わります。

一般的な仕事内容を紹介すると、体温や血圧、脈拍などのバイタルサイン測定を行う、食事介助や入浴介助など身の回りのお世話をする、カルテに記録を残す、注射や点滴、採血が一般的な業務かと思います。

これにプラスして診療科独自の専門性のある看護ケアが加わります。

仕事上の役割とは?

医師の診察や診療を補助して、患者さんや家族の助けになるという役割はクリニックと変わりありません。

その他に勉強会を開催したり、研修に参加して自分の知識やスキルを磨いたり、後輩看護師の指導といった役割も任せられます。

「総合病院の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

クリニックなどとの違いは?

総合病院についての質問や疑問を少しまとめてみました。

病院内での異動はよくある?

体制が整っている病院であれば、自分が希望しない限りは異動はありません。

離職が多く、職員が安定していなかったり、看護師がギリギリの人数だったりすると、異動することもあります。

逆に働いている部署が嫌だったりすれば、病院は辞めずに他の所で働けるメリットもあったりします。

福利厚生は手厚い?

クリニックに比べると、福利厚生は手厚い所が多く、夜勤があるためか給料も高いです。

加えて賞与も必ずもらえる所が多いため年収もその分上がることは間違いありません。

在籍している看護師数が圧倒的に多い

大学病院クラスになると何百、何千と看護師がたくさん在籍しています。

看護師以外にも事務や検査技師など様々な職種の方もたくさん在籍しているので、クリニックのように幅広い業務をこなす必要性はありません。

看護業務に集中することが可能です。

看護師がたくさんいるから人間関係って面倒ではないの?

クリニックも総合病院も大差ないと思います。

逆にクリニックのほうが、院長の意見も絶対ですし、仮に合わない人がいるとその人と毎日顔を合わせなければいけなくなります。

総合病院ならば、仮に嫌な人がいても、働く勤務帯も違かったり、休みだったりすると顔を合わせる機会が少なくなります。

たくさん看護師がいれば、その中で必ず気の合う人もいると思いますので、私は総合病院のほうが人間関係は楽なように感じます。

総合病院の仕事はどんな人に向いている?

総合病院で働く人はこんな人が向いていると思ったことをまとめてみました。

より多くの臨床経験を積みたい人

スキルを身につけようと思っている人ならば、総合病院をおすすめします。

クリニックであれば、軽度の患者さんや安定されている患者さんが多いため、処置のパターンも決まっていますし、知識も最低限で済みます。

しかし、総合病院となると重症の患者さんが入院してきますし、処置も複雑で知識も必要とされます。

また、勉強会も頻繁に開催されていたり、外のセミナーにも参加するように促されますので知識や技術は向上します。

医療機器も比較的新しいものに触れる機会も多いです。

組織の中で働くのが苦にならない人

組織では、必ずマニュアルというものが存在しており、把握していれば誰でも質を落とさずに看護ができます。

クリニックになると、マニュアルが存在していないためにある意味自己流というものである程度は通用してしまいますが、総合病院ではそうはいきません。

そういった環境でも苦にならない方や自分が行っていた看護ケアを見直したいと思う方にはいいと思います。

子供がいるけど働きたい

クリニックにもあるところはあると思いますが、総合病院では院内保育も充実しています。

24時間体制でみてくれて、何かあれば病院に電話をくれたり、多少勤務時間が伸びたとしても、何も言われないことが多いです。

院内保育がない病院もあるので、入職する際に必ず確認しましょう。

また、育児休暇や産休なども充実しています。

逆に総合病院の仕事に向いていない人の特徴は?

逆に総合病院の仕事が向いていないと思われる人はどんな人でしょうか?

まとめてみました。

定時で勤務を終えたい方

総合病院では、患者さんの状態が急変したり、急患が入ってきたりなどイレギュラーな事がたくさん存在します。

自分でやろうとしている仕事が終わっていなくても、そちらに時間が取られてしまい、結果自分の仕事を終えるのに定刻の時間をすぎてしまうことが多々あります。

まったく残業がないという病院もありますが、比較的総合病院は残業時間が長い傾向にあるようです。

一人の患者さんとの時間を多く取りたい人

看護師1人あたり、5~7人。

多い所では、10人以上受け持つことになります。

患者さんにもそれぞれに検査があったり、看護ケアがあったりするので、1人1人に時間をかけられることはできなくなります。

のんびり看護をしたい方や患者さんと雑談したりしたいという方は、総合病院で働くことは避けたほうがよいかと思います。

勤務年数を重ねるほど、責任が重くなる

入職したばかりの時は、業務を覚えることに必死ですが、仕事はそれだけです。

ある程度仕事ができるようになれば楽になるかというと、そんなことはありません。

委員会活動を任されたり、看護学生の指導を任されたりと責任と仕事量が比例して増えていきます。

実際に総合病院で働いている方で、仕事以外の業務が多忙で辞める方は多いです。

「総合病院の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

最後によくある質問ですが、「新人看護師はクリニックと総合病院どちらがいいの?」ということですが、絶対に総合病院をおすすめします。

クリニックだとスキルも身に付きませんし、これからの看護師としての選択の幅が非常に狭くなってしまいます。

のちのち総合病院で働くという選択肢もありますが、間違いなく環境が違いすぎて嫌になってしまいますので、新人から数年は総合病院でがんばってみましょう。

総合病院で働いてみたいという方は、こちらの記事も参考に!

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。