「スタイリスト」と聞くと、何だかキラキラとした華やかな世界が思い浮かびますよね。

一般人の自分には縁がない……と思う方も多いかもしれません。

確かに、日常生活の中ではなかなか見かけることのないレアな職業。

どんなところでどんな人が活躍しているのか、また、どんな人がスタイリストになれるか、不明な点が多いですよね。

そこで今回は、「スタイリスト」という職業について解説いたします!

スタイリストを目指している方、単純に仕事内容を知りたいという方、必見です。

「スタイリスト」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スタイリストってどんな仕事?

「スタイリスト」というと、“洋服をコーディネートする人”をイメージする人が多いかもしれませんね。

しかし、スタイリストがコーディネートするのは洋服だけではありません。

食品に携わるフードスタイリスト、インテリアに関わるインテリアスタイリストなど、様々なスタイリストがいます。

では、それぞれどのようなところで活躍しているのでしょうか。

今回はファッションスタイリスト、フードスタイリスト、インテリアスタイリストの3つに絞ってご紹介します。

ファッションスタイリスト

「スタイリスト」という言葉から連想されがちなのが、ファッションのスタイリスト。

みなさんのイメージ通り、洋服のコーディネートを考えるのが仕事です。

ファッション誌やテレビドラマに出演するモデルさんや女優さんのコーディネートを考えます。

フードスタイリスト

レシピ本や料理番組で、きれいに盛り付けられた完成品がオシャレなテーブルに乗っているシーンをよく目にしませんか?

そのきれいな盛り付けやテーブルコーディネートを行うのが、フードスタイリストの仕事。

つまり、書籍や雑誌、料理番組などで活躍します。

紹介するメインの料理に合うような付け合わせを考えたり、レシピを考案するのもフードスタイリストの仕事のひとつ。

また、料理が映えるような食器やテーブルクロスの用意など、テーブルコーディネートもフードスタイリストが考えます。

インテリアスタイリスト

インテリアスタイリストは、その名の通りインテリアをコーディネートする人。

インテリア雑誌やテレビドラマの撮影で使われる家のコーディネートなど、幅広い場所で活躍します。

また、住宅展示場やショールームのインテリアコーディネートを手がけることもあります。

「スタイリスト」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スタイリストの仕事は大きく4個の役割に分けられる

打ち合わせ

まずは仕事の依頼があったクライアントの元へ出向き、制作物の内容やイメージについて打ち合わせをします。

テレビ制作会社、出版社など、スタイリストへ仕事を依頼してくる人は様々です。

また、依頼内容もクライアントによって大きく異なります。

そのため、仕事の依頼があればその会社へ出向き、依頼内容について打ち合わせするのは必須です。

ファッション誌であれば、どんなモデルにどんな服を着せて欲しいか、また読者にどんなイメージを抱かせたいかについて話し合います。

料理番組であれば、どんな料理を作るのか、何か年中行事やイベントに合わせて作るのか、テーブルコーディネートはどのようなイメージかについてを話し合います。

そしてこの打ち合わせで決めたイメージに沿って、スタイリストは小道具を集めるため、ここでは入念な打ち合わせが必須です。

小道具集め

打ち合わせの結果を元に、撮影時に必要な小道具を集めます。

洋服はもちろん、お皿や家具も全てスタイリストが用意します。

食品などの消耗品であれば、自ら買いに行くのもスタイリストの仕事のひとつ。

私物でいいものがあれば私物を持ち込むこともありますし、必要なものを持っていなければ専門のレンタル屋さんにレンタルに行く必要があります。

そこで撮影に必要な小道具を選び、撮影当日に撮影場所へ届くように手配します。

これがスタイリストの業務の中で一番重要な業務と言っても過言ではありません。

現場でのコーディネート

撮影当日は、スタイリストも現場へ出向きます。

打ち合わせですり合わせたイメージを実現するために、自分で事前に集めた小道具を使い、モデルや撮影現場をコーディネートするのもスタイリストの役目。

ファッション誌であれば、自分が集めた小道具や依頼された洋服が綺麗に見えるようにモデルさんに着せるのがスタイリストの仕事です。

レシピ本や料理番組であれば、「美味しそう!作りたい!」と思ってもらえるようなテーブルコーディネート&盛り付けをするのが仕事です。

小物集めはもちろん、現場での対応能力やコーディネートのクオリティがそのまま評価になります。

一番綺麗に見えるように並べたり着せたりするテクニックが重要です。

トレンドなどの情報収集

日々の業務やコーディネートがマンネリ化しないよう、トレンドに敏感でいるものスタイリストの仕事。

雑誌やテレビなどで他のスタイリストのコーディネートを見たり、街ゆく人を見ながらトレンドを勉強します。

また、スタイリストや業界関係者限定のショー・展示会に出向く事でも、トレンドなどに関する情報収拾を行います。

スタイリストの仕事はどんな人に向いている?向いている人の5個の特徴とは?

スタイリストというと専門的なイメージが強いですが、一体どのような人に向いている職業なのでしょうか。

ここでご紹介するものが全てではありませんが、一例を下記にまとめます。

トレンドに敏感な人

スタイリストとして誰かに見られるものをコーディネートする以上、常に新しく新鮮さのあるものを提供する必要があります。

毎回同じようなインテリアだったり、いつまでも古臭いコーディネートが乗っている雑誌じゃ見ようと思いませんよね。

テレビであれば番組の雰囲気や女優さんの役、雑誌であれば読者層やテーマに合わせたコーディネートをすることが必須。

そこへいかに自分らしさやトレンドを取り入れられるかが腕として問われます。

センスのいい人

見るからにダサいファッションや、誰も憧れないようなテーブルコーディネートしかできない人は、残念ながらスタイリストには向いていません。

読者や視聴者が離れてしまいますから、当然ですよね。

生まれ持ったセンスもありますが、ざまざまなものに触れることで磨かれていくものでもありますから、センスがないからといってすぐに諦める必要はありません。

でも、苦労するかもしれないということだけは念頭に置いておいてください。

担当する商材が好きな人

ファッションが嫌いなファッションスタイリスト、インテリアが嫌いなインテリアスタイリスト、料理嫌いなフードスタイリスト……

わざわざ想像しなくてもお分りいただけるかと思いますが、担当する商材に興味がない人はスタイリストに向いていません。

好きで好きでたくさんその商材に触れるからこそ、新しいことを思いついたり、素敵に見える見せ方に気付くもの。

「好きこそ物の上手なれ」というくらいですから、嫌いな人よりはセンスのない人の方がまだマシと言えるでしょう。

手先が器用な人

スタイリストの仕事は、コーディネートをすることだけではありません。

撮影の際などに飾りつけたり盛り付けたりするのも仕事のひとつ。

いいものをイメージしてコーディネートができるだけではダメなのです。

自分のイメージをしっかりと再現できるまでが仕事。

特にフードスタイリストは見栄えを考えて麺の1本や具の1つまで配置にこだわらなければなりません。

したがって、手先を器用に使える人の方が向いていると言えるでしょう。

コミュニケーション能力が高い人

スタイリストには、コミュニケーション能力も必須。

なぜなら、一人で活動することはほとんどないからです。

撮影に行けば必ず大勢の撮影スタッフがいますし、撮影に到るまでもたくさんの打ち合わせをしなければなりません。

また、打ち合わせの場では意見を求められることも多くあります。

その時にしっかりと意見が言える人、そしてたくさんの人とコミュニケーションを取ることが好きという方は向いていると言えるでしょう。

逆にスタイリストの仕事に向いていない人の特徴は?

基本的に、スタイリストは特別な資格がいらない職業。

とはいえ、誰でもなれる訳ではありません。

向いている人もいれば、当然向いていない人もいます。

では、どのような人はスタイリストに向いていないのでしょうか。

その特徴について、一例を下記にまとめます。

こだわりがない人

何に対しても「これでいいか」と適当に終わらせてしまう人は、スタイリストに向いていないと言えます。

まず、こだわりがなければ素敵なスタイリングを行うことができるわけありませんよね。

ひとつひとつのビジュアルを綺麗に見せるためには、本当に細かい部分にまでこだわって作り込まなければなりません。

ファッションであれば小物の色や形、インテリアであれば家具の向きや色合い、料理であれば食品の照り具合やお皿とテーブルクロスの色合いまで。

このような細部にまでこだわることができず、適当に流しがちな人は向いていないでしょう。

トレンドに無頓着な人

こだわりがあっても、トレンドに無頓着であれば向いていない可能性があります。

なぜなら、スタイリストの仕事は自分の趣味を発表する場ではないからです。

スタイリストはスタイリングをお願いされるとき、クライアントから何らかのテーマや条件を提示されます。

そのテーマに沿ってスタイリングをしなければなりませんが、工夫がなければ面白みがありませんよね。

テーマに沿ったコーディネートをしつつも上手く自分らしさ、そしてトレンドを取り入れる必要があります。

したがって、トレンドに無頓着な人には向いていないでしょう。

美意識に欠ける人

スタイリストは、対象とする人が魅力的だと思うようにコーディネートをしなければなりません。

ファッションであれば「真似したい!」と思えるようなコーディネートが必要ですし、料理であれば「食べてみたい!」「作ってみたい!」と思われるような盛り付けが必要です。

したがって、常に何かを美しく魅力的に見せるような心がけが必要。

そのような美意識に欠ける人は、スタイリストには向いていないと言えるでしょう。

コミュニケーション能力のない人

上記でも説明した通り、スタイリストは日々多くの人と携わります。

撮影現場のスタッフ、出版社やテレビ局のスタッフ、モデル、女優、カメラマンなど、性別も年齢も職種も様々。

その中で上手く仕事をしていかなければならないため、コミュニケーション能力は必須です。

人と話をするのが苦手であったり、自己開示をするのが苦手であったりする方は向いていないかもしれません。

「スタイリスト」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スタイリストの仕事のやりがいとは?

ここまでで、スタイリストの仕事内容についてはご理解いただけたと思います。

続いては、上記でご紹介した業務内容の中のどの部分にどのようなやりがいがあるのかについてまとめます。

自分の仕事がビジュアル化されたとき

スタイリストの仕事は、テレビや雑誌など何らかの形でビジュアル化されます。

自分のクリエイティブを自らメディアを通して見ることができたり、または多くの人の目に触れたりするということは、大変やりがいのあること。

目にした友人や家族から感想をもらえるというのも、やりがいのひとつ。

また、仕事に携わった媒体には必ずと言っていいほどクレジットとして自分の名前が入ります。

それを見ると何だか誇らしい気持ちになると同時に、「また頑張ろう」と仕事に責任を感じることも。

このように、仕事の結果がビジュアル化されることで、常にやる気とやりがいを感じるとができます。

クリエイティブの評判がよかったとき

上記でも述べましたが、スタイリストの仕事は自分の知らない人を含む多くの人の目に触れます。

テレビドラマや雑誌を担当するのであれば、なおさら。

したがって、様々なところから評判も聞こえてくるのです。

その評判が良ければ良いほど、スタイリングという仕事にやりがいを感じます。

小道具を選んでいるとき

撮影に使用する小道具を選んでいるときにやりがいを感じるというスタイリストも多くいます。

自分の好きなものに囲まれているわけですから、そのやりがいはひとしおですよね。

ご自身が好きなものに囲まれて仕事をしているところをご想像いただければ、何となくそのやりがいをイメージできるのではないでしょうか。

スタイリストの仕事の面白いポイントとは?

主な業務内容は、コーディネートをすること。

では、その中のどこに面白みがあるのでしょうか。

感じる瞬間は人それぞれだと思いますが、いくつかご紹介いたします。

全て自分のセンスで作り上げられる!

クライアントによってテーマや条件はあるものの、クリエイティブは全て自分で考え作り上げます。

テーマを上手く取り込みながら、どのように自分らしくアレンジできるかを考えるのは面白いもの。

その結果いいものができれば仕事は増えますし、ウケが悪ければ仕事が減るというのも面白みのひとつ。

自分の好きなものを扱いながら自分の実力を試して行けるなんて、大変ですが充実した毎日を送ることができそうですよね。

自分のセンスをさらに磨くことができる!

数をこなせば、当然スキルも上がります。

自分の好きなものを好きなようにコーディネートするだけではなく、与えられたテーマに沿ってクライアントの要望を聞きながら仕事をするわけですから、一人で好きに活動するよりも、仕事として活動した方が断然様々なセンスを身に付けることができます。

また、センスに磨きがかかれば仕事はどんどん増えるもの。

自分のクリエイティブの幅も目に見えて広がっていくため、毎日面白みを感じることができるでしょう。

たくさんの物品を扱える!

洋服、食べ物、インテリアなど、自分の好きなものであればいろんなものに触れてみたいという気持ちが湧いてきますよね。

スタイリストとして活動していれば、それが叶います。

自分の好きなものに年中触れていられる上、伝統的なものや珍しいものに出会うなんてことも。

好きであればあるほど面白みを感じると思います。

多くの人に出会える!

ここまでで何度か説明してきましたが、スタイリストは本当に多くの人と関わる職業。

撮影スタッフ、カメラマン、ヘアメイク、テレビ局の人、出版社の人などその数は数え切れません。

仕事を重ねれば重ねるほど多くの人と出会うことができます。

人と関わることが好きであれば、大変面白みのある毎日ですよね。

スタイリストの仕事に活かせる経験

現在一般的なサラリーマンとして働いている人にとって、今の業務内容をスタイリストとして活かすのは不可能な話のように感じますよね。

一般社会で生きている人にとっては、「スタイリスト」という存在自体がはっきりしませんから、それも当然のこと。

しかし、みなさんの何気ない経験がスタイリストとしての仕事ぶりに生きることもあります。

この項目では、スタイリストの仕事に活かせる経験についてご紹介いたします。

日々のこだわり

“こだわりがない人はスタイリストに向いていない”というお話を上記でしましたが、逆に何かにこだわりがある人は、そのこだわりをスタイリングにも活かせる可能性があります。

「着痩せするにはどう着こなしたらいいか」「美味しそうに見せるにはどう盛り付けたらいいか」「部屋を広く見せるにはどのようなインテリアを置けばいいか」

そんな毎日のこだわりが、仕事に生きる日がくるかもしれません。

もちろん、こだわりが強すぎてそれ一色になってしまっては意味がありませんので、そこはご注意ください。

接客or営業経験

毎日多くの人と関わるスタイリストは、コミュニケーション能力が必須。

したがって、接客業や営業を経験した人はそのトークスキルなどをスタイリストとしても活かすことができるかもしれません。

また、スタイリストはクライアントへの提案も必要不可欠な職業。

どのようなコーディネートが必要か、それに対してこんなコーディネートはどうかと提案しながら仕事を進めていきます。

ですから、提案営業などの経験がある人はその経験を大いに活かすことができます。

SNS等への投稿

洋服のコーディネートや今日食べたものをSNSに投稿するとき、「どうしたらよく見えるかな?」と色々考えたりしませんか?

その「どうしたら魅力的に見えるか」という観点は、スタイリストとして非常に大切なもの。

日常の何気ない行動が役に立つこともあるのです。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

スタイリストとしてのキャリアアップは、仕事量やギャランティーに反映されることがほとんど。

多くのスタイリストがフリーランスとして活動していますから、役職につくことがキャリアアップとされることはほぼありません。

有名な雑誌やドラマからスタイリング依頼が来る、ギャランティーが上がるなどがキャリアアップと言えるでしょう。

また、スタイリングの仕事の他に、スタイリストとしての経験を生かした商品開発の仕事依頼などがくれば、それもキャリアアップのひとつ。

結論、仕事の幅が広がることがスタイリストのキャリアアップです。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

洋服しかり、インテリアしかり、スタイリストはたくさんの商品を扱います。

担当する商品に関してはプロといっても過言ではありません。

ですから、スタイリングを行う商品の販売に携われば、スタイリストとしての経験を大いに活かすことができます。

販売員としてはもちろん、商品開発として活躍することも可能。

また、日々提案を行うスタイリストですから、提案営業のような職種にも経験を活かすことができるでしょう。

スタイリストに関する疑問にお答えします!

スタイリストという仕事についてご紹介いたしましたが、まだ転職するには勇気がいりますよね。

そこで、気になる疑問についてお答えします。

どのように活動するの?

どこにも所属せず、フリーランスとして活動する人がほとんど。

インテリアのスタイリストはたまにショールームや家具屋さんに所属できることがありますが、そのほかのスタイリストが企業に所属することは稀です。

専門的な資格はいるの?

実は、スタイリストには専門的な資格はありません。

実力で活動する世界です。

実力を証明するものとして、自身のクリエイティブをポートフォリオとして公開したり持ち歩いたりします。

道具は自分で用意するの?

撮影で使用するアイテムは、全て自分で用意します。

とはいえ、実費で全て購入するわけではありません。

専門のリース屋さんから必要なアイテムを借りて、撮影現場へと持ち込みます。

必要があれば自分の私物を持ち込んだり、タレントさんの私物を使用することもあります。

活動時間はどんな感じ?

活動時間はほとんどと言っていいほど不定期です。

撮影があれば朝早くや夜遅くから立ち会うこともありますし、仕事がなければ終日休みという日が続くこともあります。

活動時間だけでなく休日も不定期、もしくは自分次第ですので、覚えておいてください。

休みはあるの?

フリーランスとして活動する場合、休みは自分次第。

仕事を入れなければその日はお休みになりますので、自由度は高いです。

しかし、仕事がなければ強制的にお休みという日も。

個人の裁量次第です。

どんなことが大変なの?

大変なことかどうかは人によって異なるとは思いますが、まずは仕事や収入に安定性がないことが一番大変なことかもしれません。

先ほども説明した通り、スタイリストはフリーランスとして活動することがほとんど。

仕事があればいいですが、仕事がないということだってあります。

また、仕事の時間が不規則であることも大変なことのひとつ。

朝9時に出勤し、18時に退勤するということはほぼありません。

撮影があれば集合時間はだいたい深夜か朝早くです。

撮影場所や打ち合わせ場所もその時々によって異なるため、毎日たくさんの移動も伴います。

かなりタフな体力と精神力が求められます。

給料はどれくらいなの?

給料はピンキリ。

仕事がなければ0円ですし、売れっ子になれば日給何十万円ということもしばしば。

こちらも実力次第です。

また、仕事内容やコーディネート数、拘束時間などによっても異なります。

定年退職はあるの?

企業に所属するわけではありませんので、定年退職はありません。

自分が引退しようと決めた時が定年です。

まとめ

以上、スタイリストの仕事内容や働き方についてまとめました。

みなさん、少しはスタイリストという仕事についてご理解いただけましたでしょうか?

“実は資格がいらない仕事である”ということに驚いたという方も多いかもしれませんね。

誰でも始められる仕事ではありますが、トントン拍子では行かないのがスタイリストの仕事。

まずは自分の実力を証明するものがなくては仕事がきません。

それなりのコネクションも必要なため、まずは有名なスタイリストさんに弟子入りして様々な現場に出向く機会を作る人も多くいます。

しかし、今はInstagramやFacebookといったSNSも発達している時代ですから、自分から地道に配信を続けることで誰かから声がかかるなんていうことも。

希望は捨てず、興味があるという方はぜひ目指してみてくださいね。




その他の職業についてもっと深堀りした情報を見る

水産関係の仕事にはどんなものがある?色々な仕事を詳しくご紹介!

水産関係の仕事というとどんな仕事を思い浮かべますか?この記事では、水産関係の仕事にはどのようなものがあるのかご紹介していきます。水産関係の仕事とは?水産関係の仕事は様々ですが、大きなくくりとしては1次産業、2次産業、3次産業の3つに分けられます。みなさんはこれらの言葉を知っていますか?それぞれの仕事がどのカテゴリーに属するかで消費者との距離が微妙に変わります。まずは1次~3次産業の内容をおさらいしてみましょう。第1次産業経済の流れの中で「生産」を担う業種のことです。林業や農業、漁業といった「自然界に働きかけて直接に富を取得する産業」と定義されています。「生産者」といえばわかりやすいでしょうか。

健康保険組合仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、身につく力について解説します

日本に住んでいる大半の方は健康保険証を持っています。この健康保険証を発行しているのは、皆さんが保険料を支払って加入している団体です。健康保険証は生活の中でとても大切で身近なものですが、一般企業とはちょっと違う、あまり聞き慣れないこの「健康保険組合」という団体についてや、そこで働く人は一体どんなことをしているのかについてはあまり知られていないと思います。ここでは、「健康保険組合」で働く職員のことや仕事内容について、そしてどんな人に向いているのかをお伝えしたいと思います。健康保険組合ではどんな仕事をするの?まずは健康保険組合の仕事について知っておきましょう。大企業であれば一つの企業が単独で、また同

パソコンインストラクターの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、やりがいについて解説します

皆さんはパソコンを始める時にどう始めたら良いのか不安になることはないでしょうか。人によっては独学でもできる!という方もいるかとは思いますが、大抵は何から始めたら良いのか分からないのではないかと思います。そんな人たちのために寄り添うのが「パソコンインストラクター」です。インストラクターというと知識が沢山なくてはならない…そんな印象があると思いますが、インストラクターにも様々な場面でのお仕事があります。働く場所によっては難易度も変わってきますので、参考にしてみてください。パソコンインストラクターの大まかな仕事内容職場によりますが、大まかな仕事内容をご紹介します。生徒さんへのカリキュラムやテキストを

整形外科パート求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

「整形外科のパートってどんな仕事をするの?」と、疑問に思っている方は多いのではないでしょうか?整形外科のパートは、主に「リハビリ助手」「医療事務」の2種類の求人があります。それぞれどのような仕事をするのか、求人を見てもなかなかイメージが沸かないですよね。例えパートの求人であっても、長く勤めるためには、仕事内容を理解しておくことや求人の選び方が大切です。今回は、整形外科のパートの求人に興味がある方の疑問や不安を解決します。是非この記事を読んでご自分に合った求人を選びの参考にしてくださいね。整形外科パートの仕事はどんな仕事?整形外科のパートは、前述したように「リハビリ助手」と「医療事務」の2種類の

機械メンテナンスの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

「機械メンテナンスの仕事」と聞くと、皆さんはどんな仕事をイメージしますか?「油まみれ」「機械の専門知識が必要」「男の仕事」と、人それぞれイメージするものは違うかと思われます。今回は身近にありそうで、実はなかなかお目にかかる機会のない、メンテナンスの仕事についてご紹介していきましょう。機械メンテナンスはどんな仕事?機械メンテナンスの仕事は、ズバリ言ってしまうと、大体が皆さんが想像する通りの仕事です。車や大型機械の不具合の原因を発見し、パーツの交換や改造によって不具合を解消するのが主な仕事です。メンテナンスには灯油やグリスといった油を頻繁に使う為、手には油汚れが染みてなかなか取れない事も。ただし、

保健師の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

保健師は現在少しずつ認知されつつはありますが、まだまだ保険の先生?という認識程度でしか判断されていないようですね。実際間違ってはいないのですが、保健師だけではなくそんな職業しらないという方も多いのです。今回は知られざる保健師の年収についてご紹介していきましょう。保健師の給料の相場はどのくらい?保健師の給料って正直全く分からないですよね。平均年収は550万前後になります。給料は年齢によって、またどれだけ経験があるかによって大きく異なります。新卒、転職・パート・アルバイト、また給料が高い人は何が違うのか?また給料が高い人は何が違うのかもチェックしていきましょう。正社員で新卒入社した場合新卒で保健師

校正の仕事はどんな人に向いている?得意な人の6個の特徴やキャリアについて解説します

皆さんは「校正」という言葉を聞いて何を連想されますか。「校正・校閲」とセットになっていることも多いので、石原さとみ主演でドラマ化もされた小説『校閲ガール』を思い浮かべる人も少なくないと思います。ヒロイン・河野悦子が本の中身に熱中するあまり、表紙のスペル間違いに気づかず印刷にまわしてしまい、訂正シールを貼る事態に……なんていうエピソードもありました。では、校正と校閲は何が違うのか、そもそもどんな仕事なのか、具体的に見ていきましょう。校正はどんな仕事?「校正」を辞書(『大辞林』)でひいてみると、① 文字・文章を比べ合わせ、誤りを正すこと。校合 (きょうごう) 。② 印刷物の仮刷りと原稿を照合し、誤

病院受付の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

病院に行くと必ず最初に案内されるのが受付です。自身の身分を証明できるものを提示し、そこから何科を受診したいのかを確認します。病院受診をしたことのある方なら、誰しも経験があるのではないでしょうか?ここで気になるのは「病院の受付ってどんなお仕事をしているの?」ということです。そこで病院の受付についてお話ししていきたいと思います。病院受付はどんな仕事?病院受診をしたことのある方なら大体想像はつくかと思いますが、病院の受付の仕事を大まかに説明すると「来院した患者さんの身分を確認して、これから受診する際の案内を行う場所」であることが言えるかと思います。風邪なら内科、怪我なら外科といったようにふるい分けを

ビルメンテナンスの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

どんな人がビルメンテナンスの仕事に向いているのでしょう。ビルメンテナンスの仕事はどんな内容なのか、求められるスキルや資格などもあわせて解説していきます。さらに、ビルメンテナンスの仕事で得たキャリアの活かし方も必見です。ビルメンテナンスとはどんな仕事?建築物管理、ビル管理ともいいます。ものすごく簡単にいうと、ビルのメンテナンスを請け負う仕事、ということになります。ではビルのメンテナンスには、一体どんなことが含まれているのでしょうか?その内容は多岐にわたり、一口にビルメンテナンスとはいっても職種も実に多様なものがあります。次項でその簡単な分類を見ていきたいと思います。ビルメンテナンスの仕事の大まか

人材コンサルタントの年収・給料はどのくらい?私の周りの相場や年収の決まり方を紹介します

「コンサルタント」聞くと、カッコいいイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれません。今回は、そんなコンサルタントの中から「人材コンサルタント」について、実際に仕事をし転職も経験した私から、主にその給与面に迫って解説していきます!人材コンサルタントとはまず最初に、人材コンサルタントの仕事内容から簡単に説明します。人材コンサルタントの業務は「企業が人事面で困っている事をサポートする」ことです。例えば採用から教育や人事制度など、内容は多岐にわたります。企業によって取り扱う業務が異なり、平均年収も変わります。自分がどのような仕事をしたいのか、予め確認が必要です。人材コンサルタントの年収の相場はどのく

カウンセリングの仕事に就くにはどうすればいい?就職の仕方や必要な知識などについて紹介します

カウンセラーの仕事は特殊であり、何の準備もせずに就ける仕事ではありません。しっかりと就職活動に向けて準備をし、目的の職種に絞った上で挑まなければ、なかなか就く事が出来ない仕事です。今回は、年々需要を高めているカウンセラーの仕事に就く為の下準備や方法について、ご紹介していきましょう。カウンセリングの仕事に就くにはどうすればいい?カウンセラーは特殊な仕事の為、普通の方法ではなかなか採用してもらう事はできません。では、どんな下準備をして、どんな心構えを持てば、カウンセラーの仕事に就く事ができるのでしょうか。詳しくご紹介していきましょう。就職の仕方は?カウンセラーの就職方法はいくつかに分かれます。最も

サンプリングの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

街中でよく見かけるビラ配りやティッシュ配り。これらの仕事は、お店や商品の宣伝のために行われるサンプリングという仕事です。サンプリングの仕事は求人でもよく見かけますが、サンプリングの仕事を経験するとその後のキャリアはどうなるのでしょうか。今回はサンプリングの仕事を経験した筆者が、仕事内容や向き不向き、サンプリングの仕事をした後のキャリアなどについて解説していきます。サンプリングの仕事内容とは?街中で見かけることもあるサンプリングの仕事ですが、実際にはどのような仕事をしているのでしょうか。チラシやティッシュなど配るものは、自分で選べるのでしょうか。この章では、筆者の経験に基づいてサンプリングの仕事

ベッドメイクの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、やりがいについて解説します

例えば、出張でホテルを利用する場合、狭いながらも綺麗に整頓された部屋だと気持ちがいいものですよね。仲間や家族と遊びに行くリゾートホテルもしかり。そこには裏方のスタッフの力が欠かせません。部屋を綺麗に掃除をするスタッフが、ごみ捨てやベッドまわりや洗面所の掃除をはじめ、ベッドメイクをし、アメニティなどの備品を整え、お客様に気持ち良く過ごしてもらうために奮起しています。このベッドメイクのお仕事について、具体的に仕事内容や適した人材などについて解説していきます。ベッドメイクの仕事はどんな仕事?ベッドメイクの仕事は、お客様が使いやすく心地よく滞在できるように、主にホテルの客室を綺麗にすることです。ホテル

街コンバイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ここ数年街コンブームで街のあちこちだけでなくピクニックやビーチ、アウトドアなど様々な企画の街コンがあり、婚活をしている方々にとっては出会うチャンスの場となっています。積極的に街コンに参加している人や人に勧められて初めて参加する人など様々ですが、街コンを運営する側は、街コンに参加する男女比を合わせたり、企画を考えたり、イベントを実行するにあたり会場の手配は当日の運営など様々な業務をこなさなければなりません。今回は、街コンバイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて紹介します。街コンバイト求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容街コンバイトの仕事は、多岐に渡ります。当日の会場セッ

ペットショップ正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

今や家族としてさまざまな種類のペットを飼育されている方も多いと思います。そんな家族をお迎えに行く時に、皆さんはどんな場所を想像しますか?大抵の方は「ペットショップ」を思い浮かべるのではないでしょうか。可愛いワンちゃん、猫ちゃんと毎日触れ合えるペットショップ。動物好きな人は誰しも憧れる職業だと思います。たくさんの動物に囲まれて仕事ができる、ペットショップの正社員の求人について今回は詳しくお伝えします。ペットショップ正社員の仕事内容とは?実はペットショップで働いている正社員の仕事は皆同じなのかというと、そうではありません。資格を持って働いている方、そうでない方もいます。では、正社員の仕事はどのよう

営業コンサルタントの年収・給料はどのくらい?私の周りの相場や年収の決まり方を紹介します

「営業コンサルタント」。その言葉だけ聞くとどんな仕事か分からないですよね。営業なの?コンサルタントなの?どんな人が向いているの?給料は?今回は、そんな「営業コンサルタント」とは何かを考え、年収や給料形態、相場をご紹介します。気になる方は「営業コンサルタント」を職として見てみるのもいいかもしれません。営業コンサルタントとは?さて、まずは「営業コンサルタント」について触れましょう。「営業コンサルタント」とは、顧客の営業を支援するコンサルタントのことを指します。要するに、”営業力を上げたい!”と思っている人に対して、新規顧客開拓・リピート率向上・人脈紹介・プレゼンテーションの資料作成・営業組織の構築

シール貼りバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の5つの特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

シール貼りのバイトと言えば昔は内職をイメージされる方が多いですが、現在は工場で行うのが主流ですね。内職という言葉をあまり聞かなくなっているかもしれませんが、今でも普通にシール貼りのバイトはありますよ。どちらかというと、内職よりも工場でバイトする方が多いようです。今回は在宅ワーク、工場で行うシール貼りについてお伝えしていきましょう。シール貼りのバイトはどんな仕事?シール貼りの仕事は一般的に商品にバーコードを貼っていくものや、書籍や元々のバーコードの上に貼る訂正シールなどを貼っていく仕事です。それ以外にはパッケージにシールを貼っていくものもあり、商品によってはしわが入ってしまうとアウトになるものも

警察官の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

警察は、日々、地域や国家の平和維持のために色々な仕事をしています。みなさんも何かしら警察官と話す機会があるかもしれません。小さい頃に刑事ドラマなどを見て、警察ってかっこいいと憧れた人は少なくないかと思います。そのまま、憧れを仕事にしたくて今、警察官になるべく努力している人もいることでしょう。警察官の仕事は、どんな仕事があるか意外と細かくは知らないものです。刑事ドラマの影響で刑事が警察ということは理解していますが、あとは、白バイや麻薬取り締まりをしているイメージがあるかもしれません。警察の仕事は、他にも色々ありますし、警察と一言で言っても国家公務員と地方公務員に分かれます。どんな警察官になりたい

街コンの仕事はどんな人に向いているの?婚活イベント企画担当者が仕事内容から仕事の向き不向きなど詳しく解説

今全国的に注目され、話題の街コン!一度は「街コン」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。様々な業種や趣味などに合わせて企画され、街コンがきっかけで出会う方も沢山います。自分が求める人と出会える確率が高い、それが街コンです。また街コンを通してこんなお店があったんだ!と知るきっかけにもなりますので、参加頂く飲食店にとっても地域活性化に繋がります。地域を盛り上げる事を目標に行っている地域も多くあります。今回は参加する側ではなく、企画運営する側の街コンの仕事はどのようなことをしているのかをポイントに、詳しく解説していきます。街コンの仕事はどんな仕事?街コンの仕事は参加者が楽しめる企画作り

ウェディングの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、やりがいについて解説します

知っているようであまり世間には知られていないウェディング業界の仕事について紹介します。一般的には、自身の結婚以外ではあまり具体的に触れる機会も少ないと思います。ただ内情を見てみれば、仕事内容や将来のキャリアアップを見ても非常に魅力的でおすすめしたい業界です。そのウェディング業界で、どのような仕事があるのか、どういった人に向いた仕事なのかを、簡単に書いていきます。ウェディングの仕事にはどんな種類があるの?ウェディングの仕事=ウエディングプランナー、という認識の方も少なくないのではないでしょうか。ただ実際には、結婚式を作り上げるためには、多くの専門分野のスタッフが関わっています。料理を提供するスタ

保健師の仕事はどんな人に向いている?得意な人の5つの特徴やキャリアについて解説します

現代日本はストレス社会と言われており、心身に不調をきたす方が少なくない世の中です。テレビをはじめとするメディアでは連日健康についての情報が流れ、人々の関心が高いことがうかがわれます。今回は人々の関心が高い健康を保つお手伝いをするスペシャリストである保健師の仕事について書いていきます。保健師の仕事はどんな仕事?保健師の仕事の目的は全ての人が健康に生活できるように支援させて頂く仕事です。医師や看護師のように既に病気にかかっている人を治療するのではなく、地域に住んでいる人が病気にかからないよう予防したり、健康増進に努めることが主な仕事となります。関わる対象の方はすべての人になりますので、乳幼児から高

ハウスメーカー仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ハウスメーカーの仕事というと「家を案内する仕事?」「家を売ったら終わりなの?」と思う人が多いようです。ハウスメーカーでの仕事内容をしっかりと知っている人はどれくらいいるのでしょうか?実は様々な職種の人たちで成り立っているハウスメーカーについて、今回はご紹介していきたいと思います。ハウスメーカーの大まかな仕事内容ハウスメーカーは、戸建て住宅の設計から施工までを請け負う会社ですが、その中にはたくさんの工程があり、それによって家を建てることができるのです。まずは大まかな担当と仕事内容をご説明します。家を紹介してお客さんに売るという営業職は、土地紹介や実際にお客さんが家を建てる現場の確認、銀行や不動産

駄菓子屋バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

駄菓子屋でバイトしてみたいけど「駄菓子屋のバイトってなにをするんだろう?」「仕事内容や面接内容がわからないから怖い」などと思われる方も多いと思います。そこで、これから駄菓子屋でバイトしたいという方や、駄菓子屋のバイトに興味がある方のために、ショッピングモールにテナントとして入っている店舗で働いていた私の経験を基に、駄菓子屋バイトについて、解説していきたいと思います。駄菓子屋バイトのおおまかな仕事内容基本的に、バイトがすることは限られおり、大きく分けて5つあります。それぞれ解説します。レジの立ち上げ他のレジ打ちのバイトと同じように、仕事を始める前にレジにお金を入れ、機械を立ち上げる必要があります

眼科の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

眼科といえばどんな印象を皆さんはお持ちですか?怖い・痛い・待ち時間が長い・先生が恐いなどなど、基本的に医療機関とは楽しいイメージの場所ではありませんよね。しかし視点を変えて、働く場所として考えてみてはどうでしょうか?清潔感がある・重労働はなさそう・制服が可愛いなど、良いイメージはありませんか?もちろん、覚えることが多そう・夜は終わるのが遅そう・手術は恐いなどなど、マイナスな面も考えられるかと思います。この記事では、眼科で働いた経験のある筆者が、分からないために遠ざけてしまいがちな眼科の仕事や、眼科で働くとはどういうことなのかについて、書いていきたいと思います。患者側で見ているだけでは分からない

マネージャーの仕事はどんな人に向いている?仕事内容や向き不向き、やりがいなどを紹介します

今回は、会社組織においてのマネージャー職の仕事について、ご紹介させて頂きます。マネージャーって聞くと、芸能マネージャーであったり、学生部の運動部マネージャーを良く聞くと思いますが、ここでは、会社組織においてのマネージャーについて、ご紹介します。マネージャーと言う役職は、一般的には課長クラスの管理職です。マネージャーの仕事の内容は様々で、最近よく耳にするプレイイングマネージャー、管理職で有りながらもプレーヤーとしての業務もあるポジションと、認識して頂ければと思います。常に、率先垂範し、課(チーム)を引っ張っていく重要なポジションです。また、任されている課(チーム)を管理する重要なミッションもあり

ペットショップの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、やりがいについて解説します

可愛い子犬や子猫がいて、たくさんのペットグッズがあるペットショップ。ペットを飼っていなくても、ついつい寄りたくなってしまう方もいるのではないでしょうか?そんな風に動物が好きな方、ペットショップで働きたい方に向けて、より具体的にペットショップで働くイメージが出来るよう、仕事内容や向き、不向き、やりがいなどを経験者目線でご紹介します。ペットショップの店員はどんな仕事をするの?ペットショップの店員は、大きく2つの仕事に分けられます。まずは、犬や猫の生体販売管理スタッフ、そして二つ目は、犬猫の首輪やおもちゃ、おやつ、ドッグフードなどの仕入れから納品、商品として店頭に出す販売員の仕事です。ペットショップ

劇場バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

よく聞く言葉で「舞台は生もの」というものがあります。舞台上演中にアクシデントがあればその場で対応しなければいけませんし、全てが人の手によって進められていくので、毎日同じ公演にはならないことからそう言われているようです。舞台に出演している出演者だけではなく、たくさんの劇場スタッフがそれぞれの役割をこなし、一つの作品を作り上げることで舞台は成り立っています。このように作品を陰から支える劇場スタッフのアルバイトについて解説していきます。劇場バイト求人の大まかな仕事内容劇場でのアルバイトには大きく分けると2種類あります。舞台上演をかげで支える裏方のお仕事と、舞台観劇のために劇場へ来たお客様のご案内をす

ビアガーデンバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の4個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

ビアガーデンバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の4個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!ビアガーデンのバイトの時給や募集はどんな内容?ビアガーデンのアルバイトのおすすめ求人の特徴から適性まで、色々解説していきます。夏に向けて、ビアガーデンでバイトがしたいと考えている人は必見です!ビアガーデンはどんな仕事?ビアガーデンは夏にビールなどのお酒を飲むのに美味しい季節になると、野外や室内で行われます。ビアガーデンの仕事は、ビール運びや料理の提供、テーブルの案内や片付けなど色々あります。バイトの大まかな仕事内容バイトの大まかな仕事内容は、お客様の席への案内や注文取り、ビールや料理運び、料理

年賀状仕分けバイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

年末といえば、年賀状ですよね。郵便局では、郵便局に集荷された年賀状を仕分けるバイトを短期で募集しています。年賀状仕分けバイトは、12月20日頃〜1月5日頃という短期で働くことができます。そのため普段は忙しくてなかなかバイトできない人でも、年末年始に集中してお金を稼ぐことができます。今回はそんな年賀状仕分けバイトについて紹介していきます。年賀状仕分けバイトを経験したことのある筆者が、仕事内容、募集内容、よくある疑問など年賀状仕分けバイトを検討するにあたって知りたい内容を紹介します。年賀状仕分けバイトってどんな仕事?年賀状仕分けバイトは、年末年始(12月20日頃〜1月5日頃)に郵便局に集荷された年

バイク屋バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

いつの時代も若者のあこがれであるバイク。そんなバイクを修理したり販売したりするバイク屋にも、バイト募集があるんです。バイク屋のバイトは何をする仕事なのでしょうか?気になりますよね。今回は、バイク屋でバイト経験がある私が、バイク屋のバイトに関するみなさんの気になることを、一挙まとめてご紹介します!バイク屋バイトはどんな仕事?バイク屋のバイトは、整備と事務の2つに分かれます。整備は、そのバイク屋の整備士がバイクの修理や点検をする際の補佐をする仕事です。事務は、バイクの購入にかかわる書類の作成や、行政手続きの代行、HPの管理を行う仕事です。バイク屋バイトの大まかな仕事内容整備と事務に分かれます。整備