大量求人も多く、よく募集を見かけるのがテレアポのお仕事です。

時給や月給面で好条件のところもあり、気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

テレアポはどんなお仕事なのか、どんな人が向いているのかなど詳しく解説します。

「テレアポの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

テレアポはどんな仕事?

テレアポはテレフォンアポインターの略ですから、電話でアポイントを取るというのがおおまかなお仕事です。

アポイントの内容は企業によって様々になりますし、電話をかける先が個人なのか法人なのか、また企業の顧客なのか顧客でないのかなどもばらばらです。

テレアポの大まかな仕事内容

大まかな仕事内容としては、電話をかけるお仕事になります。

多いのが、パソコンなどで「電話をかけて欲しい相手のリスト」を見ながら順番に電話をしていくというもの。

繋がったらセールスまで持っていくこともあります。

仕事上の役割とは?

テレアポに求められるのはお客さんと会話することです。

相手が既に企業の顧客である場合は新しい商品を紹介することが主になります。

顧客でなく新規の方に電話をするのであれば、まずは企業の紹介から入らなければなりません。

どちらにしても商品を知って貰ったり、商品の新しいお客さんになってもらうのが目的です。

この目的を達成してお客さんを獲得するのが役割ですから、営業職の一種だと捉えると分かりやすいでしょう。

初めてのお客さんにもコンタクトするので、会社の最初の顔としての役割も持っています。

テレアポの仕事はどんな人に向いている?

テレアポの仕事はどんな人に向いているのでしょうか。

次のような人は特に向いている傾向にありますのでチェックしてみてください。

電話を架けるのが苦でない人

テレアポのお仕事はなんと言っても電話を架けること。

知らない人に電話を架けるのが苦にならない人は向いています。

最近では電話が苦手な人もいますから、電話をするのが平気という人はそれだけでも適性があります。

コツコツしたお仕事が好きな人

実はコツコツ・黙々が好きな人も向いています。

テレアポのお仕事は会社にもよりますが繋がらない・話せない時間も長いお仕事です。

特に個人の方に電話をする職場であれば、時には一日の中で数件しか会話しないなんていうこともあります。

繋がらなくともめげずにコツコツとたくさん電話を架けられる人は向いているでしょう。

ひとと話すのが好きな人

直接顔を合わせることはないとは言え、相手と会話するのがお仕事です。

楽しくお話できる人、相手の話を聞いたり、相手とお話しするのが好きな人は向いている傾向にあります。

電話であってもにこにこ元気に話せる人は重宝されやすいようです。

ほとんどの会社では、マニュアルやある程度話をする内容は決まっていますが、相手は人間ですからその通りにはいきません。

柔軟にお話ができる人が求められます。

ストレス耐性のある人

テレアポは時には嫌がられるお仕事です。

クレームもあります。

また、突然電話を架けて商品を買ってください、というのはそれだけでもストレスに感じる人もいるでしょう。

営業であるため成績を求められたり、ずっと座ってのお仕事というのもあって精神的に疲れてしまう人が多いのは事実です。

ストレス耐性のある人の方が向いているといえるでしょう。

「テレアポの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

テレアポの仕事をするために活かせる、今までの経験は?

テレアポのお仕事をするに当たって活かせる経験はあるでしょうか。

テレアポはたくさん活かせることがあるお仕事ですが、主には次のようなものがあります。

接客の経験

テレアポは初めてでも、接客の経験があるとお仕事のスタートがスムーズになりやすいです。

お客さんと話すという点では同じですし、気を遣う場面も似ています。

アルバイトや学園祭などで接客の経験をしたことがあったら、きっと上手に生かすことができるでしょう。

パソコン操作・タイピングのスキル

パソコンをよく使っている人やタイピングのスキルがある人も経験を活かせることが多いでしょう。

多くの企業ではテレアポのお仕事にパソコンを取り入れています。

相手の情報をパソコンで見ながら話をしたり、会話の中で知ったことを新たに入力したりします。

電話をしながらタイピングをするというところもあり、その場合早さが必要になることも多いです。

販売・営業の経験

テレアポは商品を勧めるのが目的ですから、何かを売ったり勧めたりした経験も活かせます。

営業に活かせる文言というのは案外似通ったところがあるものです。

また、相手がどうやったら気持ちよく話を聞いてくれるかなども普遍的なところがあります。

販売や営業の経験があるなら十分生かすことができるでしょう。

心理学の知識

もしも大学や独学で心理学を学んだ経験があれば、それも活かしやすいです。

テレアポは電話の向こうの人間を相手にするお仕事です。

話を聞いてもらったり購買意欲を高めるために心理学の知識を使うことはよくあります。

テレアポで働くメリットとは?

テレアポで働くメリットにはどんなものがあるでしょうか。

テレアポは人気の職業だけあってメリットも多いです。

作業環境が整っている

テレアポの一番のメリットとしてよく挙げられるのが職場環境が良いということ。

冷暖房完備の室内で座り仕事、というのが基本の形であまり外れがありません。

自分のデスクとパソコンと電話、という作業スペースが個人に割り当てられていることが多く、飲み物の持ち込みが自由で休憩も個人の判断で取れる職場がよく見られます。

また、制服やスーツ着用不要で私服の職場が多いのも特徴で、リラックスして仕事に取り組むことができます。

顧客と対面しない

お話はしますがお客さんと直接顔を合わせることがないというのも大きなポイントです。

一般的な営業職は対面ですし一人~二人でお客さんのところに飛び込むため逃げ道も少ないですが、電話であればすぐに上司と代わることもできます。

接客業と比べても気が楽です。

人と話すのが得意でないという人も仕事に慣れやすく、これをステップにして対面での会話が得意になるという人も見られます。

がんばりが評価される

会社によるところもありますが、テレアポは自分のがんばりが評価されやすいお仕事です。

営業職の一種ですからどれだけ電話したか、どれだけのお客さんと話せたかや、また実績についても詳細に記録されることが多いです。

頑張って成績を上げれば評価が上がったり、中には成績によって給与が変わるところもあります。

仕事ができる人は評価されるべき、と考えている人には大きなメリットが得られる可能性があります。

教育制度がしっかりしている

テレアポはお客さんとの窓口であったり、会社の顔にもなりますから教育制度がしっかりしているところが多いです。

敬語の使い方や対応の仕方を学びたいという人は基礎からしっかり教えてもらうことができるでしょう。

実践に入ってもフィードバックがあるところがほとんどです。

これまで経験がなく自信がないという人には特にメリットになります。

「テレアポの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

テレアポの仕事についた後キャリアアップなどは可能でしょうか。

どのような仕事に経験を活かせるのか見てみましょう。

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

テレアポのお仕事からのキャリアアップでよく見られるのが、コールセンター内で働いている場合は同じコールセンター内の教育係や本社でのお仕事などに変更するというものです。

テレアポは大規模な会社のコールセンター内で仕事をすることが多いので、同じ会社の中でより給与や待遇のいいお仕事へのステップアップが目指せます。

転職をするのであればよりよいコールセンターのお仕事か、あるいは経験を活かして営業職もよく選ばれます。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

活かしやすいのが電話を使ったお仕事です。

お客様対応をするコールセンターのお仕事などですね。

他には営業職にも経験を活かせますし、たくさんのお客さんと会話したという経験があるので接客業などにも転向しやすいです。

たくさん人と話してコミュニケーション能力が鍛えられるお仕事ですから、どんなお仕事に就いても経験は活かしやすいでしょう。

自分にあったテレアポの求人の選び方や注意点

テレアポのお仕事をしようと考えている方は、以下のような探し方をすると自分にあった求人に辿り着きやすくなります。

注意点も記載しますのでぜひチェックしてみてくださいね。

【選び方①】雇用形態から探す

テレアポはパートや契約社員、派遣、正社員と様々な雇用形態で募集されています。

目指す雇用形態があるのであればまずは雇用形態で絞り込みましょう。

ただし、正社員を目指す場合であれば派遣から探すのも一つの手段です。

大手の会社の場合は派遣で大量募集をかけて、そこから正社員を採用しているところも多いです。

正社員の募集をしていなくともそうやって採っているところもありますから確認してみて損はないでしょう。

【選び方②】職種から探す

テレアポは色々な会社が募集していますから、おおまかにどのような職種の会社を選ぶか決めてもいいでしょう。

テレアポのお仕事は商品案内が主になりますから、まったく興味のない職種で仕事を選ぶと、商品を勧める際に問題が生じる場合があります。

営業は自信を持って勧められる方が楽しくストレスになりにくいです。

自分が興味のないものを買って欲しいと言うのはストレスになりがちですし、商品知識も暗記が大変です。

できれば興味のある職種か、興味の持てそうな会社を選ぶようにしましょう。

【選び方③】会社の業態から考える

テレアポのお仕事は基本的には朝始まって夕方終わるスタイルです。

ただ、コールセンター内でお仕事をする場合、他の仕事が24時間受付である場合があります。

そちらもお手伝いをする会社だともしかするとシフト制になるかもしれません。

また、部署異動も考えられます。

自分の働きたい時間にマッチするかどうかはきちんと確認しておくと安心です。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

給与はやはり重要です。

また、同時に福利厚生やボーナスの支払い歴についても確認しておきましょう。

テレアポは比較的給与のいいところが多いですが、福利厚生がしっかりしていないところだと無用な心労を受ける可能性があります。

【選び方⑤】エリアから考える

通える範囲であるかはもちろん重要ですが、通勤時間が長いと仕事のモチベーションに関わりますので、どの程度までの範囲で仕事をしたいのかは考えておくといいでしょう。

電車通勤の場合は最寄り駅はもちろん駅から近いかどうかも確認します。

車通勤を考えているのであれば駐車可能かどうかも見ておきましょう。

コールセンターは駅近に位置していることも多く、中には車通勤禁止の会社も見られます。

他にも昼食を購入したり食べたりできる場所はあるのかなど、エリアの状況も踏まえましょう。

【選び方⑥】好きなブランドから考える

好きなブランドからも求人が出ている場合は優先するのもいいでしょう。

好きなブランドについては少なからず知識があるでしょうから、商品を勧める際にきっと役に立ちます。

また、好きなものに携わっているという事実はモチベーションアップに役立ちます。

テレアポは電話越しの営業ですからストレスもかかるお仕事です。

好きなものを扱っているという事実は心の支えにもなるかもしれません。

【選び方⑦】電話を架ける相手から考える

テレアポの仕事で重要なのがどんな相手に電話をするかです。

商品にも寄りますが、実際のところまったく新規の個人のところに電話をするのは大変な場合が多いです。

急に知らない番号で契約もしていない会社から電話がかかってきてもなかなか話を聞いてもらえません。

電話を架ける相手は、フランクに話したいタイプであれば契約済みの個人に新商品を勧めるパターンか、礼儀正しい話し方が得意であれば企業を相手にする方が電話しやすく感じる人が多いでしょう。

まとめ

テレアポのお仕事についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

テレアポは向いている人というのも確かにいますが、自分には無理かもと思った人が意外と続けられるという仕事でもあります。

電話をたくさん掛けたことがある人というのは少ないので、向き不向きを理解していない人が多いのです。

向いているかもしれないと思った方もそうでない方で待遇に惹かれた方も、もしも興味があるのであればぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。