看護師を辞める

きっと、看護師さんのほとんどが、一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

そこで実際に辞めてしまった人、思いとどまって現在も看護師を続けている人、今はまったくそんなことは思っていない人、様々だと思います。

もちろん私もその一人です。

私も過去に何度か看護師を辞めたいと悩んだことがありますが、現在も看護師を続けています。

この記事をご覧になっているあなたは、「看護師辞たいと思っている人」でしょうか。

ではその理由はなんでしょう。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護師を辞めるよくある理由や、それを改善するために考えられる方法

毎年多くの看護学生さんが国家試験を受け看護師になっています。

看護師になりたいと強い希望を持ち、つらい臨床実習やレポート、卒業課題、国家試験の勉強に打ち込み、やっとの思いで手にする資格です。

ですが現状として、看護師不足は続いています。

どうしてでしょうか。

看護師を辞めるよくある理由1:勤務時間が長く体力的にしんどい

仮に日勤で8時30分が始業時間だとして、8時30分に出社する人はいませんよね。

これはどんな仕事でも同じだと思います。

病棟勤務の場合、業務を開始するにあたり、自分がその日受け持つ患者さんのその日の予定やそれまでの経過の情報収集であったり、点滴や検査等の準備であったり、始業前にやらなくてはいけないこと、やっておきたいことはたくさんあります。

汗だくになりながら何人もの患者さんの入浴介助をする日もあります。

昼の休憩時間は、12時~13時までと必ずしも決まっているわけではなく、業務の合間に他スタッフと交代しながらとります。

状況によっては休憩をとれないこともあります。

終業時刻間際に急患や急変などがあった場合は残業確定です。

一日中ずっと走り回っていることだってあります。

二交代勤務制のところは夜勤がとっても長いですし、三交代勤務制のところはなかなか休息がとれないまま次の勤務へ、ということもあります。

自分で書いていても、ハードだなあと思ってしまうのですが、やはり看護師という職業は体力的にきつい仕事だと思います。

改善方法

これはもうやはり自分の中でストレス発散法を見つけることしかないかと思います。

仕事は仕事、プライベートはプライベート、としっかりオンオフを切り替え、業務が終了したら仕事のことは一切考えない、くらいの気持ちを持ちましょう。

私はお酒が好きなので、(独身の頃の話ですが)、準夜勤務が終わるとそのまま飲みに行ったり、深夜勤務明けは次の日が準夜勤務というシフトだったので、やはり深夜明けの日の夜は飲みに行ったりしていました。

また、不規則な仕事であるということは、お休みも固定されていないので、平日に連休をとって一泊で温泉に行ったりもしていました。

看護師を辞めるよくある理由2:上司や先輩との人間関係がうまくいかなくてストレス

10人いれば、その10人全員とうまくやっていける、なんてことはありません。

ありませんが、やはり関係がうまくいかないのはストレスです。

一緒に仕事をしていて腹立たしく思うことがある同僚や、毎回きつくあたってくる先輩など、それぞれかとは思います。

こういうストレスは本当に涙が出てきますよね。

どうして仕事以外のことでこんなに悩まなくてはいけないのかと思うかもしれません。

改善方法

うまくいかない上司や先輩がいるとはいっても、その人とこれから一生付き合っていくわけではありません。

せいぜい顔を合わせるのは業務中の数時間ですし、総合病院などであれば人事異動もあります。

その人との付き合いは仕事中だけ、と割り切って、逆に「こういう言動や行動は相手に不快感を与えるんだな」「嫌な人だけど、この業務はこういうふうにするといいんだ」など、悪いところも良いところも学ばせていただきましょう。

あの人とは合わないから嫌だなとマイナスに捉えるのではなく、これも仕事のうちと考え、言葉は悪いですが「利用させてもらう」のです。

どんなに嫌な人であっても、自分の見方を変えるだけで見習うところが発見できたりします。

どんどん周りを「利用」して、自身をスキルアップさせていきましょう。

~自分の職場は変わってる?~

看護師を辞めるよくある理由3:やりがいを感じられない

これは看護師を続けるにあたり、一番深刻な問題ではないでしょうか。

いくら生活のためには働かなくてはならないと言ったところで、その仕事に対してのやりがいを感じられない場合、モチベーションも上がりません。

何より私たちは人相手の仕事ですから、自分のテンションというのはとても大事になってきます。

またひとつの間違いが重大な事故につながったりしますので、仕事にはひとつひとつ集中して取り組まなくてはなりません。

改善方法

やりがいを感じられないという理由もそれぞれあると思いますが、私の場合は部署の異動で解決しました。

新卒で就職後しばらく整形外科の病棟で働いたあと、ほとんどが寝たきりの患者さんの療養病棟での勤務になったとき、これまでは毎日患者さんとおもしろおかしく話をしながら働いていた環境が180度変わってしまい、また病院自体も変わっていたので覚えることも多く、その環境の変化についていけなかったのです。

一切笑うことができなくなっている自分に気づき、上司に相談し、そのときは外来へ異動させてもらうことで、なんとか続けることができました。

自分がなぜやりがいを感じられないのか、まずはそれを考え、上司や先輩、同僚に相談してみましょう。

部署を異動することで解決できるかもしれませんし、思い切って転職することで何かが変わるかもしれません。

看護師を辞めるよくある理由4:仕事に対しての給料が見合わない

最初に述べたとおり、看護師はとてもハードな仕事です。

なので正直もっともらってもいいのになあと思うことはあります。

残業したときも正直5分単位くらいで残業代をいただきたいところです。

休憩がとれないときはその分もいただきたいというのが本音です。

しかし実際はそうもいきませんよね。

改善方法

これは大規模病院等であれば、経験年数などに応じて基本給があらかじめ決まっていますので、あまり改善方法はないかと思います。

給料を上げる方法として、昇給や、役付きを目指す、新たな資格を取得する、などが挙げられますが、よほど現状に不満があるのであれば、自分の望む給料のところに転職するのも方法の一つだと思います。

~自分だったら本当はいくら貰える?~

看護師を辞めるよくある理由5:自分は看護師に向いていないのではと感じる

これももしかしたら一生ついてまわる悩みではないでしょうか。

一度解決しても、また新たな問題にぶつかると、やはり自分は向いていないんじゃないかと考えてしまいます。

改善方法

そう思って働いている人はあなた以外にもたくさんいます! 思い切って上司や先輩、同僚に話を聞いてもらいましょう。

意外と同じことで悩んでいて、でもあなたから見れば「この人こんなことで悩む必要なんてないのに」と思うようなことが多かったりします。

ですので、あなたが悩んでいることも、第三者から見ればまったく違う意見をもらえて、すっきりすることもあります。

同じ職種の人に相談するのもいいですし、家族や友人など、まったく医療に関係ない人に話してみるのもいいですよ。

看護師を辞めるよくある理由6:自分のイメージしていた仕事内容と違う

先ほど述べた「やりがいを感じられない」というところにもつながることかと思います。

やはり働き始める前は、「こんなふうに仕事をしていきたい」「こういう場所で経験を積んで、いずれはこういうことをしたい」など、いろいろな想像を膨らませると思います。

ただ、そういう思いが強ければ強いほど、自分の思い描いていた理想と現実のギャップに、とてつもない衝撃を受けてしまうものです。

私も何度も同じ思いをしました。

改善方法

まずは就職前に、これでもかというほどの情報収集をすること。

ただやはり実際に働いてみなければ、現場の状況を100%把握することはできません。

ただ、現在働いているところの仕事内容が自分のイメージと違っていた、イコールそれが看護師の仕事の全てではないということです。

看護師といっても働く場所は様々ですので、たまたまそこが合わなかっただけで、自分に合った部署、職場があるかもしれません。

仕事内容がイメージと違ったからといって看護師を辞める選択をするのではなく、まずは職場を考えてみるところから始めてみませんか。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

現役看護師の経験談!あの時辞めなくてよかったこと

私がこれまでで一番強く看護師を辞めたいと思ったのは、自身の子を亡くした時です。

やはり病気の人や、終末に向かっていく人を相手にする職業ですので、その時の自分にはそのような仕事は無理だと思いました。

忌引きなんてあっという間に終わってしまいますし、有給にも限りがあります。

でも生活のためには働かない選択肢はありませんでしたので、よっぽど違う職種に転職することを考えたのですが、結局は総合病院からクリニックへの転職という形に納まりました。

次にまた真剣に看護師を辞めようと思った時期があります。

上に述べたクリニックへの転職後、ある程度の年月が経ち、心の傷もだいぶ癒え、また大きな病院で働きたいと思うようになりました。

そこで実際に近所の総合病院へ転職をしたのですが、自分にとって「この転職は絶対に成功させなければならない」「自分で決めて転職をするのだから、絶対に弱音を吐くわけにいはいかない」と、自らかなりのプレッシャーをかけてしまっていたのだと思います。

新たな職場、最初の子を妊娠してから約5年振りの三交代勤務、子育てをしながらは初めての不規則なシフトでの仕事、このタイミングで主人の仕事が忙しくなりワンオペ育児状態、配属された部署が激務だったこと、そして何より、配属先が終末期の患者さんが多かったことが、もう大丈夫だと思っていた心の傷をどんどん悪化させていきました。

相当な覚悟を持って転職したのだから、弱音を吐くことは許されない・・・と言い聞かせて働いていましたが、やはり限界がきてしまい、まずは休職させていただくことにしました。

この時は心身ともに疲弊しきってしまっていて、心療内科のお世話にもなりましたが、結果としてはここでも部署の異動とともに復職ということになりました。

あれほど「もう自分に看護師は無理だ」と思っていたのに、結局のところ現在も看護師を続けています。

今はそれで良かったと思っています。

なぜなら、もちろんつらい思いもしましたが、やはり看護師としてのやりがい、喜びも知っていますし、何よりある程度安定した収入が見込めます。

たくさんの人に迷惑もかけましたが、忙しく働いていると、そこに自分の存在意義、みたいなことを感じることができます。

「自分なんて必要とされていない」と散々落ち込んだ日々もあった中で、そう思えるようになったことはとても大きいと自覚しています。

ただ、これまでのことで、自分ができること、できないことが明確になりましたし、それを伝えて、自分が働けるところで、働ける範囲内で働くという選択肢もあるのだということがわかりました。

今までは、看護師として勤める以上、上から言われたこと(配属部署であったり、業務内容であったり)は絶対で、それには従わなければならない。

それができないのであれば働けない、というような考えだったのですが、自分で働ける条件を探して、その中で働くこともできるのだということを知った今は、素直にその事実を受け止めて、なるべくストレスなく働くことができています。

~看護師を辞めるべきか、答えを知りたい人は~

今、辞めようかと悩んでいる方へ(まとめ)

日々働いていると様々なことがありますし、想像もしていなかったことが起きたりします。

仕事内容が合わなかったり、人間関係がうまくいっていなかったり、給料に不満があったり、仕事にやりがいを感じられなかったり・・・。

ですが、看護師を辞めることはいつでもできます。

辞めてしまう前に、自分がどうして看護師になりたいと思ったのか、看護師になるまでどんな努力をしてきたのか、看護師になってから経験した嬉しいこと、今一度思い起こしてみてください。

医療の現場は日々進歩しています。

私の周りにも結婚や出産で一度仕事を離れ、久しぶりに看護師に復帰したという人はたくさんいますが、やはりブランクあっての復職は相当大変だったようです。

私自身、産休育休や病休などで数か月間離れていただけで、採血が不安になったり、前はわかっていたことなのに忘れてしまっていることがあったりと苦労しました。

ですので、看護師自体を辞めてしまうのではなく、異動や休職、転職などで解決できないか、誰かに相談することで解決できないか、もう少し踏みとどまってみてください。

せっかく努力して手に入れた資格なのですから、活用していく方法を考えてみませんか。

新人看護師が辞めたいと思う瞬間についても、こちらの記事を参考に!

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト
関東・関西・東海専門!高時給求人・保育園等のレア求人が多数! 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

皮膚科看護師求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

今回は皮膚科での仕事内容や求人について視点をおいてみました!好条件な求人内容や就職活動で参考になるポイントについてもお話をしていきたいと思います。看護師としてのスキルや好感を持たれやすい人柄などについてもご紹介していきたいと思います。皮膚科看護師のおおまかな仕事内容皮膚科は総合病院などでも外来での診察や日帰り手術などが多いです。手術の必要な疾患であっても内科や耳鼻科や泌尿器科などと混合病棟であることが多いです。そのため、個人病院やクリニックの皮膚科外来で主に診療を行い、手術や精査が必要な患者さんが総合病院へ紹介され受診するという流れとなっています。皮膚科の看護師の主な仕事内容は外来での仕事です

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方がいるので、一人一人にあった、オペ後ケアを行う必要があります。ま

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです。ですが患者さんへの投薬、食事や生活についてのアドバイス、

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把握していきます。精神疾患の患者さんは、自分の状態を直接表現


看護師求人に関するコラム

訪問看護師とはどんな仕事?仕事内容や看護においての役割、なり方など詳しく解説します!

看護師というと、病院やクリニックなど施設で働いているイメージが強いと思いますが、看護師の働く場所は病院ばかりではありません。それは、全ての患者さんが入院している訳ではないからです。病気や障害を抱えながら、自宅で生活している患者さんもたくさんいます。そんな地域にいる患者さんの元に出向いて看護をするのが訪問看護師です。ここでは、訪問看護師の仕事内容から必要な経験、なり方までまるっとご紹介いたします。訪問看護師とはどんな仕事?訪問看護とは地域で生活している、看護が必要な人のところに出向いて看護をするお仕事です。ここでいう地域とは、自宅やグループホームなど、病院などの施設以外を指します。現在、国の方針

小児科看護師の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

小児科には0歳~15歳の子ども達が受診する病院です。受診される患者さんは、産まれたばかりの赤ちゃん(乳児)、小さな子ども(幼児)、また小学生~高校生(青年期・思春期)の子ども達がメインとなります。子ども好きな人にとっては憧れる診療科のひとつでもありますよね。可愛い子ども達と関わることができる診療科という以外にも看護師としてさまざまな経験できる診療科でもあるのです。小児科外来の看護師として働いた経験を元に、仕事内容ややりがいについて今回お話をしていきたいと思います。小児科看護師の仕事は大きく4個の役割に分けられる小児科での看護師の役割りとはどんなことがあるのでしょうか。さまざまな役割がありますが

看護師のチームワークを強化するためにやるべき4つのこと

看護師として働いているとチームワークについて考える機会はとても多いです。患者さんの治療を行う上ではチーム医療というのはとても重要視されています。なぜそんなにチームワークが大切なのでしょうか?医療現場では様々な職種が連携し、業務を行っています。看護師だけでなく医師、看護師、薬剤師、栄養士、事務、作業療法士、理学療法、看護助手など多くの人が関わっています。このような環境で質の高い看護や治療を行うためにはチームワークは必須なのです。今回はチームワークの重要性とそこから得ることができるもの、またチームワークが不十分であるがために起こりやすいことについてもお話をしていきたいと思います。看護師の仕事ってど

看護師で稼ぎたい!稼ぐのにオススメな働き方や勤務場所などをご紹介

看護師として働いていて、こんなに働いているのに給料と労働力が見合っていないと感じることありますよね。国立病院などで働いていると給与は良いと思います。しかし、総合病院などは忙しいわりに給料が見合っていないと感じている看護師は少なくありません。では、どうやったら看護師の資格を活かして稼ぐことができるのでしょうか?今回は看護師の資格や経験を活かして稼ぐことができる方法についてお話していきたいと思います。どのような場所で働くと高収入を得ることができるのか?看護師として働きながら副業を行うにはどのようなことができるのか?このような内容についてお話していきたいと思います。看護師の仕事で稼ぐにはどうすればい

看護師が苦労する7つのこと。経験者が紹介します!

看護師とイメージすると色々なイメージがありますよね。優しい印象、やりがいがある印象、人のためになる仕事など好感を持つイメージも多いです。また、それとは反対に危険、大変、体力的にも辛いなどマイナスな印象もあります。私も実際に自分の職業を話す機会があると、「看護師さんなんだ!大変だね」とほぼ9割近くの人に言われます。一般的なイメージからも看護師と聞くと大変な仕事という印象があるようですね。今回は看護師ならではの苦労した話についてご紹介します。一言に大変な仕事と言ってもどんな苦労があるかはなかなか体験してみないと実感できませんよね。イメージできる具体的な場面やその苦労の乗り越え方について私なりに分か