ここでは看護師を辞めてよかったと思う理由と、今度また仕事を始めるならどんな職場が良いかおすすめを紹介します。

看護師を辞めたいと思ってしまうことは働いている人なら何回も経験していますよね。

しかし、辞めたいからすぐに辞められないのも現実です。

結局そのまま辞められずに、心身ともに疲れてしまい休職に追いやられるまでにいたってしまうケースを私は何度も見てきました。

疲れても、踏ん張って乗り越えられる状況なら話は別ですが、心身ともに壊れてしまうくらいならいっそのこと辞めてしまったほうが良いです。

もしいまこの記事を読んでいる人で、同じような気持ちを持っているとしたらどうか最後まで読んでほしいです。

「看護師」が自分に向いているか診断したい人はこちら →

看護師の仕事を辞めたいと思うほど大変だと感じるのは、ここ!

先ほど、看護師の仕事を辞めたいと感じることは誰でもあると述べました。

かくいう私も実際に何回も、いえ何百回も辞めたいと感じていましたし、看護師ならよくあることでしょう。

ではどんな時に辞めたいと思うのか、いくつか紹介していきます。

残業がかなり多い

看護師の始業時間は8:30、もしくは9:00が基本です。

ただ看護師は始業時間前に患者の情報を収集するので30分~1時間前にはナースステーションにいます。

ただでさえ看護師は始業時間が早いのに、終業時間ギリギリになって〝入院〟や〝急患〟が来てしまうと終業時間を5時間以上超えてしまうこともよくあります。

部署によっては終業時間ぴったりに帰れるところもありますが、そんな良い部署は稀です…。

「夜勤の看護師に任せることはできないの?」と思うかもしれませんが、夜勤の看護師にはたくさんの業務があるので任せることはできないでしょう。

結果として終業時間を超えても仕事をすることになります。

~自分の職場は変わってる?~

上司の機嫌に左右されること

先ほど述べた〝残業がかなり多い〟という件に関しては大変ではあるものの、残業代がもらえればなんとか我慢できる人もいます。

ただ〝上司の機嫌の良し悪しに左右されること〟に関しては残業の件とはまったく違う大変さを持っているのです。

上司も人間なので、日によって気分が違うのは当然です。

実際に私も日によって調子の良し悪しがありました。

ただこの機嫌や調子の良し悪しに1番左右されてしまうのは、他でもなく後輩や部下になります。

たとえば、日勤のリーダーの機嫌がわけもわからず悪かったとします。

すると特に新人看護師は、当日のリーダーの機嫌が悪いだけで「いま報告すると余計だと思われて怒られるかもしれない…」と感じてしまうでしょうし、ナースステーション全体の空気も一気に悪くなります。

一気に悪くなってしまった空気をよくすることはかなり難しいと考えてください。

看護師同士の人間関係

仕事をするうえで「この人とは合わないな…」と感じることやその逆もあることでしょう。

そんな人と出会ったとき、この記事をいま読んでくださっているあなたならどのように対処しますか?

看護師に多いのは〝陰口〟〝陰湿な嫌がらせ〟なんです。

本当に多いんです。

私の経験上ですが、陰口や陰湿な嫌がらせをしているのは中堅レベルの看護師が多かったですし、そういう人はナースステーションの裏のボスのような人ばかりでした。

私がいた部署では特に、ママさん看護師に対する陰口が多かったように思えます。

「あの人は時短(時間短縮勤務の看護師)だから仕方ないんだけどさ、大きな仕事だけ残していかないでほしいし、少しくらい残ってやっていけるでしょ。」「尻ぬぐいは私たちがやってあげてるのにお礼の一つもないのね。」のようなセリフは当たり前でした。(もっとひどい悪口があるのですが、ここでは書けません…)

「好きで時短にあったわけじゃないだろうし、大きな仕事を残してしまうくらい大変な受け持ちをつけてしまったのはあなたでしょうに」と言いたくなることはありましたが、そんなことを言えば次の標的にされてしまう怖さがあったので言えませんでした。

ここまでひどい人間関係はよくあることですし、これよりもっとひどい嫌がらせを受けている看護師もいます。

患者のために働いているはずなのに看護師同士の人間関係で大変だと感じてしまい、疲れてしまうのは本当にもったいないことですよね。

~自分の職場は変わってる?~

患者の死の経験を克服すること

入院施設のある病院で働いている人なら1度は経験したことがある〝患者さんの死〟。

入院日数が長い患者であればあるほど看護師との信頼関係は深まっているでしょうし、思い出も募ります。

また、抗がん剤を投与している患者であれば、入院サイクルがあるので1回ではなく数回入院することが多いです。

そのような患者さんが急変し、万が一亡くなってしまうようなことがあると看護師も辛くなってしまいます。

ただ、看護師は原則として患者が亡くなった時に泣いてはいけないので、辛さを泣くことで軽減させることはできません。

私の同期がCCUに勤めていた時、次々と患者が急変し亡くなっていくことに耐えきれず、死後処置などのすべての業務が終わったあと休憩室で涙がでてしまったことがあるそうなのですが、そのとき上司に「あなたが泣いてなにか変わるの?泣いて乗り越えようとするのはやめなさい」と言われたそうです。

その上司の言いたいことはすごくよくわかるのですが…「少しくらい泣かせてくれよ」という気持ちだったそうです。

このような上司もいるので自分なりの克服の仕方、乗り越え方を見つけておく必要がありますね。

このようにいくつか大変だと感じる瞬間を紹介しましたが、特徴として肉体的な大変さよりも精神的な大変さのほうが勝っているようです。

看護師の仕事は人と接することがほかの業種と比べてはるかに多いのでそれだけ心にかかる負担やストレスが多いことがわかりますね。

実際に看護師を辞めてしまった人の理由には〝職場の人間関係〟はほぼ必ずと言っていいほど含まれています…。

「看護師」が自分に向いているか診断したい人はこちら →

看護師を辞めて良かったと思う5個の理由   

ここからは実際に看護師を辞めて良かったと思う理由を紹介します。

よく看護師を辞めると一般企業には勤められなくなると聞きますが、誰がそんなこと決めたの?と聞きたくなるくらいの嘘ですよね。

ただ現実問題、看護師自体を辞めてしまうと発生するデメリットも存在します。

ほぼ確実に感じることは〝もらえる給与が低くなる〟ということ。

これは覚悟しないといけないことかもしれませんが、それと同じくらい辞めて良かったと思えることもあります。

ではどんなことが辞めてよかった理由になるのでしょう?

規則的な生活を送れるようになったから

看護師の勤務はシフト制で組まれていることがほとんどです。

そのため、月の休みの数は守られていても日にちがバラバラになってしまいます。

さらに入院棟で働いている看護師なら〝夜勤〟〝遅番(準夜勤)〟〝早番〟などがあるので、生活はより不規則になります。

このような不規則な生活を送ると、体はもちろん心の乱れもおきやすくなってしまうことがあり、看護師を続けていくには心と体のリズムを整える自分なりの技術が求められるのです。

ただ、看護師を辞めてシフト制ではない企業に勤めると生活が不規則ではなくなります。

一般企業は土日が休みかもしくは平日のどこかと日曜日が休みという固定になっているところがほとんど。

看護師自体を辞めた経験者からするとかなり楽ではあります。

もともと目標に向かってどのように進んでいくか計画を立てたりすることは看護師という仕事柄たくさん考えてきたことですし、固定の休みであれば余計に計画が立てやすいでしょう。

人の死を目の当たりにしなくなったから

辞めてよかったと思える理由になるというより、辞めてほっとしたと思えることといったほうがニュアンスは近いでしょう。

誰かの死を目の当たりにしたいと思う人はいませんよね。

ただ看護師の仕事を続けていれば、嫌でも患者の死を目の当たりにすることがあるでしょう。

それが耐え切れずに辞めてしまった人にとっては、人の死を目の当たりにしなくなって良かったと思えます。

人間関係に悩まされなくて済んだから

この理由は、看護師を辞めたあと起業をしたりノマドワーカーやフリーランスになった人が良く思うことです。

実際に私も人間関係に悩まされ、現状フリーのライターとして働かせてもらっていますが、看護師時代と比べると明らかに人間関係の悩みは減りました。

もちろんフリーのライターになったからといって人間関係の構築がなくなることはありませんし、私も人間関係の構築は好きです。

ただ、看護師時代に比べると圧倒的に〝聞かなくてもいい話を聞く機会〟は減りました。

これはですね、私にとって本当にうれしいことの1つでした。

そのぶんストレスも減り、心も疲れる前の状態にまで回復したので、こうしてフリーのライターとしていろいろな記事を執筆させてもらえています。

人間関係でストレスがまったくないことはありえませんが、余計なしがらみや機会に悩まされる必要はないでしょう。

腰痛が軽減したから

看護師の仕事は肉体的な大変さよりも精神的な大変さのほうが勝っていると先ほど述べましたが、肉体的な大変さがまったくないわけではありません。

看護師の肉体的疲労でもっとも共通するのは、〝腰〟です。

看護師の仕事は頭も使えば心も使います。

しかし1番使うのは体です。

夜勤などの拘束時間が長いときに万歩計をつけてみると、数万歩カウントされていることがほとんど。

また、患者の搬送や清潔ケア、移乗時には腰をかなり使うので、慢性の腰痛を訴える人はかなり多いでしょう。

看護師を辞めれば確実に腰痛が治るとはい言いづらいのですが、少なくとも少しは軽減するでしょう。

自分の趣味の時間を増やせるようになったから

新人看護師やまだ経験の浅い看護師のほとんどは、家に帰ってもゆっくりはできません。

今日習ったことやわからなかったことなどを復習し、追記で学ぶ時間を確保するためでしょう。

若い看護師はそのように時間を削って仕事の続きをしているのです。

看護師自体を辞めてしまえば、自分の趣味に時間を費やせるようになるので、仕事と趣味を両立させることは看護師でいるときよりも楽かもしれません。

以上のことより看護師を辞めると良かったと思える理由に共通しているのは、〝自分の生活スタイルが楽になった〟という点でしょう。

生活スタイルを犠牲にして給料をがっぽりもらうか、自分の体を大事にするかはその人次第なのですが、究極なのは両者のバランスがよくなることが1番でしょう。

~看護師を辞めるべきか、答えを知りたい人は~

また看護師をやるなら、こんな職場がお勧め!

看護師を辞めたけど、どうしてもまた看護師をやりたいと考えている人もいますよね。

私は考えられませんでしたが、お世辞抜きですごく尊敬します。

そんな方にどんな職場が良いかおすすめを紹介します。

辛い経験をまた繰り返さないでほしい、今度こそ素敵な看護師として活躍してほしいので確認の意味も込めてぜひご覧ください。

「看護師」が自分に向いているか診断したい人はこちら →

不規則な生活がNGな人は病院の外来、クリニックがおすすめ

不規則な生活が続く入院棟で働いて、体を壊してしまった人は、次は必ず外来かクリニックで働きましょう。

よく「入院棟で働いてもクリニックや外来は別世界だから」と聞きますが、これもまた誰は決めたんでしょうかね?(笑)

確かにやることは違うかもしれませんが、外来で働いている人たちは全員最初から外来勤務だったわけではないですよね。

絶対に入院棟での経験があるはずです。

最初は慣れないかもしれませんが、安心して外来やクリニックで働いてみましょう。

休みも固定ですし、残業も入院棟ほどではないはずです。

人間関係に悩んで辞めてしまった人は訪問看護ステーションなどがおすすめ

人間関係で悩んでしまった人は、看護師同士の関わりが必要最低限で済む訪問看護ステーションなどをおすすめします。

訪問看護ステーションの場合、在籍人数も少ないためお互いをよく知っている者同士で働いているところが多いです。

また勤務している看護師も同じような境遇で病棟看護師を辞めた人もいます。

さらにほとんどのステーションの看護師がベテランなので、人間関係のゴタゴタが面倒くさいことを知っています。

もう1つ加えるのであれば、訪問看護のため看護師同士の関わりよりも利用者との関わりのほうが多いです。

ステーションに戻ってくることも少ないので人間関係も良い意味でさっぱりしていますよ。

肉体的に厳しい人は治験コーディネーターなどがおすすめ

患者さんや在宅看護の利用者を看護することが肉体的に厳しい人には、治験コーディネーターなどがおすすめです。

この仕事は〝治験〟という臨床検査が滞りなく行われているかどうか、看護師の目線で見て報告書を提出したり管理について治験所の担当者と調整をすることがメインの仕事です。

接する対象は患者ではなく健康な人が多いので、移乗の補助や清潔ケアなどの体に負担のかかる労働はほとんどありません。

しかし、看護師の業務である患者との関わりが少なくなるのでそこだけは覚悟しておきましょう。

入職してみないとわからないこともある

ここまでおすすめの職場を紹介してきましたが、これらすべてがどの職場にも当てはまるとは限りません。

また同じような悩みを抱えてしまうことも0%ではないということだけは覚えておいてほしいです。

もし同じ過ちを繰り返したくない人は面接でしっかりと退職した経緯と希望を伝えましょう。

そして気になることはしっかりと聞きましょう。

また看護師として戻る場所を決めるのは、ほかでもない自分です(急に突き放すような言葉を述べましたが、事実です)

しっかりと見定めて新しい看護師人生を歩んでくださいね。

退職を申し出てから後悔しないためにしておきたいこと

退職を申し出てから、または実際に退職してからは後悔することが多いかもしれません。

「なんであの時我慢できなかったのか…」「今ならできるのに」なんて思いがちになってしまいますが、正直いうと〝後の祭り〟です。

そうならないためにも退職を申し出る前にしておくべきことも紹介しておきますね。

金銭的な後悔をしないために次の就職先を決めておこう

退職を申し出てから次の仕事を探すなんてことはしないように!

退職してからかかるお金って意外と大金です。

そして退職してから入職するまでの期間に空白ができると税金が絡んできます…今まで会社に任せていたことを、自分でやらないといけなくなることも。

フリーランスとして働くことを選ばないのであれば絶対に次の就職先を見つけてから退職を申し出ましょう。

感謝すべき人にはしっかりとあいさつをする

これは私は感じたことです。

私は休職ののちに退職をしたので、最後の最後までお世話になった先輩に感謝を伝えることができませんでした。

後日、その先輩が心配していたということを知り「ちゃんと感謝の気持ちを伝えれば良かった」と今でも後悔しています。

そうならないように感謝の気持ちはしっかり伝えておきましょう。

まとめ

以上が看護師を辞めて良かったと思う5個の理由の紹介と、また看護師として働き始めるときのおすすめな職場を紹介しました。

冒頭でも述べましたが、本記事は決して看護師を辞めることをすすめる記事ではありません。

本当に辛いなら違う選択肢もあるのだということを再確認してほしいという思いで、書かせていただきました。

これを読んだあなたが新しい道でたくさん輝けますように。

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト
関東・関西・東海専門!高時給求人・保育園等のレア求人が多数! 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

皮膚科看護師求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

今回は皮膚科での仕事内容や求人について視点をおいてみました!好条件な求人内容や就職活動で参考になるポイントについてもお話をしていきたいと思います。看護師としてのスキルや好感を持たれやすい人柄などについてもご紹介していきたいと思います。皮膚科看護師のおおまかな仕事内容皮膚科は総合病院などでも外来での診察や日帰り手術などが多いです。手術の必要な疾患であっても内科や耳鼻科や泌尿器科などと混合病棟であることが多いです。そのため、個人病院やクリニックの皮膚科外来で主に診療を行い、手術や精査が必要な患者さんが総合病院へ紹介され受診するという流れとなっています。皮膚科の看護師の主な仕事内容は外来での仕事です

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方がいるので、一人一人にあった、オペ後ケアを行う必要があります。ま

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです。ですが患者さんへの投薬、食事や生活についてのアドバイス、

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把握していきます。精神疾患の患者さんは、自分の状態を直接表現


看護師求人に関するコラム

訪問看護師とはどんな仕事?仕事内容や看護においての役割、なり方など詳しく解説します!

看護師というと、病院やクリニックなど施設で働いているイメージが強いと思いますが、看護師の働く場所は病院ばかりではありません。それは、全ての患者さんが入院している訳ではないからです。病気や障害を抱えながら、自宅で生活している患者さんもたくさんいます。そんな地域にいる患者さんの元に出向いて看護をするのが訪問看護師です。ここでは、訪問看護師の仕事内容から必要な経験、なり方までまるっとご紹介いたします。訪問看護師とはどんな仕事?訪問看護とは地域で生活している、看護が必要な人のところに出向いて看護をするお仕事です。ここでいう地域とは、自宅やグループホームなど、病院などの施設以外を指します。現在、国の方針

小児科看護師の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

小児科には0歳~15歳の子ども達が受診する病院です。受診される患者さんは、産まれたばかりの赤ちゃん(乳児)、小さな子ども(幼児)、また小学生~高校生(青年期・思春期)の子ども達がメインとなります。子ども好きな人にとっては憧れる診療科のひとつでもありますよね。可愛い子ども達と関わることができる診療科という以外にも看護師としてさまざまな経験できる診療科でもあるのです。小児科外来の看護師として働いた経験を元に、仕事内容ややりがいについて今回お話をしていきたいと思います。小児科看護師の仕事は大きく4個の役割に分けられる小児科での看護師の役割りとはどんなことがあるのでしょうか。さまざまな役割がありますが

看護師のチームワークを強化するためにやるべき4つのこと

看護師として働いているとチームワークについて考える機会はとても多いです。患者さんの治療を行う上ではチーム医療というのはとても重要視されています。なぜそんなにチームワークが大切なのでしょうか?医療現場では様々な職種が連携し、業務を行っています。看護師だけでなく医師、看護師、薬剤師、栄養士、事務、作業療法士、理学療法、看護助手など多くの人が関わっています。このような環境で質の高い看護や治療を行うためにはチームワークは必須なのです。今回はチームワークの重要性とそこから得ることができるもの、またチームワークが不十分であるがために起こりやすいことについてもお話をしていきたいと思います。看護師の仕事ってど

看護師で稼ぎたい!稼ぐのにオススメな働き方や勤務場所などをご紹介

看護師として働いていて、こんなに働いているのに給料と労働力が見合っていないと感じることありますよね。国立病院などで働いていると給与は良いと思います。しかし、総合病院などは忙しいわりに給料が見合っていないと感じている看護師は少なくありません。では、どうやったら看護師の資格を活かして稼ぐことができるのでしょうか?今回は看護師の資格や経験を活かして稼ぐことができる方法についてお話していきたいと思います。どのような場所で働くと高収入を得ることができるのか?看護師として働きながら副業を行うにはどのようなことができるのか?このような内容についてお話していきたいと思います。看護師の仕事で稼ぐにはどうすればい

看護師が苦労する7つのこと。経験者が紹介します!

看護師とイメージすると色々なイメージがありますよね。優しい印象、やりがいがある印象、人のためになる仕事など好感を持つイメージも多いです。また、それとは反対に危険、大変、体力的にも辛いなどマイナスな印象もあります。私も実際に自分の職業を話す機会があると、「看護師さんなんだ!大変だね」とほぼ9割近くの人に言われます。一般的なイメージからも看護師と聞くと大変な仕事という印象があるようですね。今回は看護師ならではの苦労した話についてご紹介します。一言に大変な仕事と言ってもどんな苦労があるかはなかなか体験してみないと実感できませんよね。イメージできる具体的な場面やその苦労の乗り越え方について私なりに分か