企画の仕事はいつの時代でも、人気のある仕事の上位に入っています。

なんとなくクリエイティブなことをしているイメージはあるけれど、普段はどのような仕事をしているのか見えてこないかもしれません。

ここではそんな企画の仕事内容について、日常の業務を紹介しながら「企画」について解き明かしていきます。

企画の大まかな仕事内容

市場を分析し情報を集め、アイデアを形にし、どのように営業が販売していくのか。

新しい商品やサービスを一から生み出すことから始まり、お客様に届くまでのマーケティングまでを担います。

また販売後の結果を検証し、リニューアルを行ったり、次回の新商品の開発に反映していきます。

過去に販売した販売が落ち込んでしまった商品に、再びスポットライトが当たるようにすることができるのも企画の仕事です。

いろいろな要因はありますが、自分が考え出した商品や販促案によって、商品の売り上げが左右される仕事とも言えます。

企画の仕事は大きく3個の役割に分けられる

商品企画

「企画の仕事」と聞くと多くの人がまず思い浮かべるものは、「商品企画」という仕事かもしれません。

お客様のニーズや要望を捉え、新しい商品を企画、開発して、それぞれの形にして世の中に提供する仕事です。

ただ新しい商品を作るだけなく、既存の商品をリニューアルする仕事も行います。

工業製品であれば、既存製品をさらに改良し性能を向上させるなどして顧客の要望に応える製品をつくりだしたり、食料品で言えば、近年の健康志向に合わせて味はそのままにカロリーや塩分などを抑えた製品を作ることなど、会社によっては新商品開発より、リニューアルの割合が高いこともあるでしょう。

営業企画

「どうしたらこの商品が売れるかな?」「サービスが受け入れられるのか?」

営業が売る商品・サービスを作り、その商品・サービスをどのように売るかを考えます。

営業企画は実際に営業をするわけではなく、営業のサポートがメインの業務です。

商品がより多く販売できるための仕掛けを考えます。

会社によっては、営業自身がこの役割を兼ねていることがあります。

企画営業については、こちらの記事も参考に!

広告・宣伝

様々なメディアを操り、自社の商品やサービスを消費者に広く知ってもらう仕組みを作る「マーケティング」を行い、商品やサービスのブランドイメージをどのように印象付けていくか、ブランドの価値をどう高めるかなどの戦略を立て、それに基づいて動きます。

商品によっては形にないサービスも含まれますので、伝えるために様々な工夫が必要になります。

近年では従来の広告媒体の効果が大幅に減り、ソーシャルメディア広告やアフェリエイト広告など新たな広告が生まれ続けています。

使用するメディアによって属性が異なりますので、日々学ぶことが多い分野です。

商品企画の5個の業務

市場調査

世の中で流行しているものはなにか。

売れている商品はあるのか。

競合商品になりそうな商品は?

新しい商品、サービスを生み出す上でまず必要なのが、情報を集めることです。

常にありとあらゆるところにチェックしながら、アンテナを張って情報を集めます。

取引先様、お客様へのアンケートなどを行う場合もあれば、営業に同行して直接、商品への評価や要望などを聞き取りを行うこともあります。

お客様の生の声を聞くために、実際に足を運んで訪問することもありますが。

意外にも新商品のアイデアのきっかけが、お客様からのご意見・クレームなどにも多くヒントが隠れています。

新しいものだけでなく、過去の商品から流行からアイデアの種を集めることがあります。

新商品開発

市場調査などを踏まえて、多数のアイデアの中から優良なものを絞り込んだり、いくつかのアイデアを組み合わせることで、商品やサービスのイメージを固めていきます。

市場調査を行った中で類似商品や競合する商品があるのか、差別化をすることができるのか、価格に見合った商品価値であるのかなど何度も検討を繰り返し企画書を製作していきます。

競合他社製品を複数購入するなどして、実際に使用するなどして比較・分析することもあります。

プレゼンテーション

社内の各部門長や経営幹部を呼び会議の中で企画をプレゼンします。

商品の製造・販売コストを算出、検討し、商品化に向けて様々な課題・問題点をあぶり出します。

会議にて商品化が決定されたら、商品化へ動き出します。

場合によっては試作した製品などを営業に託し、ヒアリングなどを行う場合があります。

プレゼンテーションの場で発表するまでは自信を持って提案をするわけですが、質問から要望、それまで気がつかなった問題点など、とても細かい部分まで追求されます。

会議の中で揉まれることでより完成度の高い企画へとまとめていきます。

製品化

採用された企画を実際に生産ラインにのせていきます。

開発、製造部門とスケジュール、予算を調整しながら商品やサービスを形にしていきます。

商品のパッケージが必要なものがあれば、商品にあった包装形態から、ダンボールなどにどのように梱包するかなどの仕様を決定することがあります。

実際に製造する際に現場から上がった問題点などがあれば、検討し改善を行います。

場合によっては新しい工場ラインなど設備投資を行うこともあります。

無事に生産が始まり、サービスが運用されるところにくるとあとは、商品の成功を祈ります。

リニューアル

現代では目まぐるしく世の中が移り変わっていきます。

新商品として発売した際にたくさん売れていたものも、なにもしなければ販売量が減ってきてしまいます。

実はロングセラーと言われている商品は時代に応じて改善を重ねています。

商品の根本は変えず、必要があれば適宜改良を加えているのです。

商品の中身、形態、パッケージなどを少しずつ変えながら飽きられないように、また新たなお客様に購入していただけるように工夫を凝らしています。

一から企画をして商品作り上げる仕事以上に、既存の商品に手を加える仕事も大切な業務です。

営業企画の3個の業務

リサーチ

市場のマーケティングを行い、戦略、目標を立てて営業計画を作成するために情報を集めます。

自社の商品をどのような経路で流通させるのか、アプローチしていくのか戦術を考えていきます。

既存の顧客層に向けて提案していくのか、これまで取り込めていなかった顧客層に大々的にアピールしていくのかなど、有効な戦略を練っていきます。

販売戦略の立案

ただ販売するだけでなく、その商品を販売することで、取引先の企業にも実績を上がるような魅力的な提案をしなければなりません。

例えばある健康食品を売るために、その製品がどれだけ優れているのか、他社の競合商品に比べてどれだけの栄養素が含まれているのかなどを数値化することで訴求力を高めます。

実際にお客様が使用した場合にどのような効果があわられているのか、ただ食べるだけでなく様々なシーンで利用している事例をなどをまとめて提案します。

大きなプロジェクトになると、商品のプロモーションのためにイベントに参加・運営を行うことがあります。

その際のブースの設置、各種パンフレットの手配を行います。

販促ツールの作成

量販店、スーパーなどの店頭に並んでいる商品の周りを見ていると、様々な販促物に囲まれていることに気がつきます。

とても身近なものでは商品の特徴やポイントを強調したPOPやチラシが商品のそばに掲示されているのが当たり前になっています。

食品売り場などでは商品を実際に使ったレシピが備えられていたり、キャンペーンに応募するためのハガキが備えられています。

家電売り場にいくと、従来製品と比較したグラフやデータが強調されていたり、実際に使用している映像を流しています。

商品によっては専用の販売什器(商品を陳列する小型の台や棚)を利用し、人々の動線のある場所に陳列されています。

ただたくさん作ればいいわけでなく、販売コストがかかりますので、与えられた予算の中で最大限の効果が出るように知恵を絞ります。

どうすれば自社の商品に視線がいくのか、継続して手にとってもらえるかなどを想像しながら効果のあるツールを制作します。

広告・宣伝の3個の業務

マーケティング

まずは、ユーザーのニーズを探るために情報収集を行います。

また市場調査を行いながらどの層にどうアピールすれば効果が高いのかなど、データを分析していきます。

自社の商品の特徴、強みなどを合わせて分析することでポジションを明らかにします。

分析した結果を踏まえて、いくつかの仮説を設定し社内で検討を重ねた上で、戦略を練りあげて実行していきます。

広告、宣伝媒体を選択する

新聞、ラジオ、TV、Web、SNSなどから、どの媒体を通じて情報を発信するのか。

また複数の媒体を組み合わせる場合もあります。

大企業では自社で企画立案をした後に業務を広告代理店に一任する場合や、予算をかけて、タレントやキャラクターを起用をすることがあります。

近年では同業種間、異業種間問わず、コラボレーションすることで今までになかった顧客層にアプローチをすることも増えてきました。

広告・宣伝をスタートするタイミングに合わせて、営業部と連携しながら売り込み攻勢をかけたり、製造部門には反響を見越してあらかじめ生産計画を立ててもらうことで、商品を適正に供給できるような体制を構築するなど関係部署と密に連携していきます。

検証・改善

定期的に実行した戦略に対しての検証を行います。

当初予測していた結果が出ているのか、また出ていなければどのような改善を加えていくのかを検討していきます。

効果があまり見えなければ戦略の練り直しをしたり、結果が出ていれば継続して宣伝を行ったり、さらに第2段、第3段と売り上げを最大化させるために追加のアプローチしていきます。

企画の仕事の良いところ

企画の仕事は一人では行えません。

大きな企業であれば数人のチームとして一つの商品を担当する場合もありますし、一人で一つの商品を担当する場合と様々です。

どの企画を進める上でも他の部署との連携が必要になります。

企画の仕事を通じて、多くの部署の方々と仕事をすることになるので自ずとコミュニケーションが磨かれていきます。

営業部との打ち合わせでは、商品の販促方法や、営業が商品を売りやすくするにはどうしたらいいかを検討します。

商品の販売量が増えることによって、開発担当には自信を与えることあるでしょう。

また、他部署がどのような仕事をしているのかなど広い視野で物事を見れるようになります。

一つの企画が世の中に出るまでの仕事を通じて、多くの方が関わります。

会社内の他の部署と一緒に仕事を進めていくので責任も重大ですが、多くのことを学びながら成長できるでしょう。

やりがいを感じるポイント

自分のアイデアが実際に形になりお客様に手にとっていただけることが最大の魅力です。

働く人によっては、勤務時間外でもいつの間でも新企画のことを考えていて、ある日突然ひらめいたり、アイデアの面白い組み合わせを発見したりすることができるようになります。

形になったものが世に出て、様々な方に購入していただける。

その作り出したものによって、便利になったり、喜んでいただけることができるのです。

自分で考えた案が採用されて企画が立ち上がると「形にするために会社の仲間が動いてくれる」とも言えるので、責任とともにやりがいと言えるのではないでしょうか。

面白いポイント

社内や商品やサービスはとても良くできている。

しかしなかなか売れない!ということもあります。

その逆に、商品を作った時には気がつかなかった部分をお客様が発見して、思いもよらぬところでヒットすることもあります。

商品の原材料や機能を少しだけ変えただけで、急に売り上げが伸びた!ということも往々にしてあります。

良くも悪くも、始めに思い浮かべた通りにいかないこともあるのが企画の仕事の面白い部分ではないでしょうか。

まとめ

企画の仕事は新商品を生み出すと同時に、会社勤める方が働くための「新しい仕事」を作り出すともいえるのでプレッシャーを感じることもあるかもしれません。

しかし自分が企画し作り出したものが日常の生活を便利にしたり、楽しみを与えたりすることでき、さらには幸せにすることもできる仕事です。

企画の仕事に就きたい、関心のある方への参考になればと思います。


関連キーワード

企画仕事