今回の記事は嫌われやすいナースの特徴というタイトルで、自分自身が看護師として働いてきた経験の中で「こういう看護師は嫌い、苦手、嫌われる」というものを紹介していきます。

かなり自分の独断や偏見が入っていると思いますが「あーいるいる!こういう看護師」など、楽しんで読んでいただければ幸いです。

「看護師」が自分に向いているか診断したい人はこちら →

この看護師嫌い!と思われてしまうナースの7個の特徴

まずは、嫌われやすい看護師の特徴を挙げていきたいと思います。

人の手伝いをしない、自分の枠を超えた仕事はしない

例えば、自分が担当している患者さんがある人に誰にでも対応できる用事を頼まれたとします。

それをわざわざ担当に言いに行く看護師を時々みかけます。

確かに自分の担当ではないのに用事を行うのは自分の負担となってしまいますが、「それくらいやってあげてもいいのでは」と思ってしまいます。

そういう方は、仕事を手伝いません。

さっさと自分の仕事だけ終わらせて帰ってしまいます。

すべてを手伝って、みんなが終わるまで帰れない環境になるのもどうかと思いますが、少しは手伝おう、協力しようという気持ちになってもいいのではと思ってしまいます。

自分のミスを謝るどころか人のせいにする

これも最悪ですよね。

看護師は何かとあら探しすることが好きです。

「この薬、誰が飲ませたのか」「誰が患者さんにこんな言葉を言ったのか」など責任転嫁することが好きです。

自分のミスならミスできちんと報告なり、謝罪なりすればいいのに、何かと人のせい、物のせいにしたりする看護師がいます。

とても面倒くさいです。

プチドクター

仕事はすごくできます。

知識や技術も確かです。

しかし、医師であるかのように診断名や必要な処置、治療を次々と提案します。

その能力に妙に誇りを思っています。

悪く言えば自分に酔っている人です。

たいていこういう看護師は、患者さんを下に見ている人も多いため、言葉使いが悪かったり、偉そうな態度を取ったりします。

ICUだったり、救急外来だったりそういう病棟に存在していることが多いですね。

後、男性看護師に多かったりします。

知識や技術を持っていたり、またそれを得ようと研修に積極的に参加したりすることはとてもいいことだと思いますが、それを露見することなく、少しは控えめにしてくれるといいなと思います。

人の悪口ばっかり言っている

中堅のおばさん看護師、または若くてもおばさんみたいな人に多いでしょうか。

新人看護師、同僚看護師、上司、医師、患者さんなどとにかく人の噂ばかり気にして、休憩室やナースステーションなど口を開けば悪口ばかり言うのが好きな看護師がいます。

悪質になると悪口だけではなく、周りの人を巻き込んで陰湿な嫌がらせをします。

そんな人が同じシフトだったり、夜勤が一緒だったりすると憂鬱になります。

上司に対する態度と後輩に対する態度が180度違う

パッと見は明るく人当たりがいいため、患者さんやご家族はじめ、上司や他職種からは悪い評判は聞きません。

しかし、後輩に対しては人が変わったようになります。

畳みかけるように物を言い、無視をしたり、細かいミスをちまちまと指摘してきます。

大変なのは、つらくて上司に相談しても、理解してもらえないところでしょうか。

男性医療者に対して態度が変わる

看護師には厳しかったり、愚痴ばかりだったりしますが、医師とコミュニケーションを取るとなると急に女性らしくなったりします。

見ていて気持ちのいいものではありません。

これも年配看護師や独身看護師に多いですね。

同じ現場で働いている看護師にもその態度を取れればいいのにと思ってしまいます。

異常に厳しい

大学病院や看護学校が付属している病院に多い看護師のタイプです。

後輩に対して「そこまで言わなくてもいいのに」という位に厳しい看護師がいます。

ほとんどいじめに近いくらいの冷たい態度や言葉をかけます。

看護学生に対してもそれは顕著に現れます。

学生は用事があって声をかけると

「は?」と冷たくあしらったり、無視をしたりします。

たぶん自分が思うにこういう看護師は「自分が学生や新人の頃はこういう対応をされてきたんだから、あなたたちもそれを身を持って知りなさい」ということなんでしょうが、正直バカバカしいですよね。

普通は、自分が味わった経験をさせないように後輩を育てたり、対応したりするものなんですけどね。

厳しさと後輩を思う愛情を兼ね備えた看護師が理想的ですね。

~悩みは早めに相談・解決して、ストレスフリーになりましょう~

「看護師」が自分に向いているか診断したい人はこちら →

医師に嫌われやすい看護師の特徴

次に視点を変えて、医師側が嫌う看護師の特徴を挙げていきます。

実際に知り合いの医師に聞いた話です。

異常に厳しい看護師

新人看護師や看護学生に対して、「そこまで言わなくてもいいのに」と思ってしまうことがあるそうです。

ほとんど、いじめに近いような態度を取っているとその看護師がとてもかわいそうに思うとのことです。

医師の世界では、このような風潮はなく、むしろ医学生や新人の医師が入ってくると歓迎されるそうです。

恐いというより、余裕がない人なんだなと思われやすく、話しかけるのもままならないそうです。

電話が多い

とにかく1つ1つ確認や何か起こるたびに電話してくる看護師が嫌だそうです。

1人の医師に相談したいことや依頼をすればいいのにまとめて報告せず、お互いの手間を増やしてしまいます。

よくあるのが、電話があり数分前に対応したばかりなのに、再び電話があり、呼び戻されるパターンです。

これは看護師よりは、病棟単位で考えていかなければならないことですね。

電話の意図がわからない

これは先生に聞いてなるほどと思った点でもあります。

特に忙しい時にかかってくる電話で、医師側としては要件を早く知って、現在やっている仕事より優先度が高いか低いか判断したい所ですが、「Aさんという名前の〇〇歳の方で、既往歴に〇〇があり、普段のADLは・・」などとやたらと前置きが長く、どうしたのかと聞いてみると「意識がなくて、SPO2が80%台でして」など「それを先に言ってくれ!!!」というようなパターンが非常に困るそうです。

いつからか、血圧は、今の状態は、などと聞き返すと、看護師も要領の得ない会話となってしまうとのことでした。

確かに看護師は、「誰が?いつ?既往は?」など新人の頃から根拠をすごく求められるような教育と報告・連絡・相談を叩き込まれています。

看護師歴が長くなってくると、「これでもか!」という位に報告を入れてきます。

まるで、自分はきちんと看ていますと言っているかのように。

逆に前置きが長い割に要件は「明日の点滴がない、薬がない」というパターンもあるそうです。

カルテをきちんと読んでいない

意識してカルテを書いているのにも関わらず、カルテを読まない看護師には不満を感じるようです。

例えば、理由を記載して「〇〇の内服を中止する」と書いたにも関わらず「明日からの内服がないので、処方してくれませんか」などと連絡が来ると、きちんとカルテを読んだうえで連絡しているのか?と思ってしまうそうです。

~悩みは早めに相談・解決して、ストレスフリーになりましょう~

もしかして私も?嫌われる新人看護師の特徴

続いて新人看護師についてです。

自分も長年新人看護師の教育をしてきました。

ここに書いてあるような人は、必ず先輩看護師から愚痴が出るタイプです。

プライドだけは高い

看護学校では優秀な学生だったかもしれませんが、臨床の場ではただ国家試験に受かって、資格を得ただけの人に過ぎません。

先輩看護師も自分の仕事があるのに、新人看護師に時間を割いてくれているわけですから「教えて頂いている」ということを忘れてはいけません。

社会人からナースになった人に多い傾向です。

いくら年齢は年下でも、ナースとしての経験は上なので、プライドは捨ててください。

あいさつをしない

言うまでもなく、社会人として基本中の基本です。

基本の挨拶ができない。

患者さんから特に嫌がられるタイプですね。

特に新人看護師の時は、積極的に挨拶をしましょうね。

すぐに「でも~」と言い訳をする

誰しも仕事で怒られることは嫌なことだと思います。

そして、その嫌なことを避けるためにどうしても言い訳したくなる気持ちもわかります。

しかし、言い訳したところで怒られる事実は変わりありません。

むしろ、言い訳することでより悪い印象を与えてしまいます。

新人のうちは、怒られるのを覚悟のうえでまず謝罪をして素直に受け入れましょう。

「教えてもらってません」が口癖

教えてもらっていないのはわかりますが、それだけで片付けてしまうのはどうかと思います。

「予測していなかったので、勉強していません」「教えてもらったけど忘れてしまった」のほうがまだマシです。

新人のうちは、覚えることが多すぎて、新しいことをやるのもしんどいかもしれませんが、年数を重ねるにつれて、聞きたいことも聞けなくなってしまいます。

「色々教えてください」「これだけ勉強してきたので、やらせてください」の新人の方が可愛がられますよ。

知識や技術が確かではないのに、ケアを実施してしまう

初めて行う処置やケアについては、先輩看護師に一度ついてもらって確認をしてもらってから一人で行うことが基本です。

なんとなくわかる、勉強したからなどの理由で勝手に行ってしまうのはいけません。

事故が起きてからでは遅いですし、みんなに迷惑をかけてしまいます。

忙しい中、先輩看護師に声をかけずらかったりもしますが・・・

すぐに泣く

看護師という仕事は、つらい仕事でもあり、時には感情が表に出てしまう事は誰にでもあります。

「こっちだって泣きたくて泣いているわけではない」そんな気持ちもわかります。

しかし、仕事ですから患者さんの前、仕事場ですぐ泣いてしまうのは困ってしまいます。

教えるにも教えられません。

せめてプライベートで泣くとか、仕事中ならば休憩室やトイレで泣きましょう。

看護助手さんにはえらい態度がでかい

自分はこのタイプの新人看護師は一番嫌いです。

新人看護師なのに、長年勤めている看護助手に対してきつい態度を取る新人看護師がいます。

上司や先輩看護師、医師などには自分の立場をわきまえて接することができるのに、どうして看護助手に対してそんな態度を取るのかいつも疑問に思います。

確かに知識も資格も持っていないかもしれませんが、看護助手がいるからこそ安心して仕事ができる部分もありますし、看護師よりもうまくこなせる部分もたくさんあります。

お互いに支えあう気持ちで働かなければいけないと自分は思うのですが。

こういう新人看護師が上の立場に立ったら・・といつも思っています。

リアル看護師嫌われエピソード

最近のことですが、ある看護師長が異動を言い渡されました。

実質のクビのようなものです。

現在は病院を辞めています。

この看護師長は、昔から評判が悪く、報告したことに対して必ず文句をつけてくる師長でした。

話しかけてもとにかく冷たい。

一切笑うこともなく、自分もとにかく話しかけるのがつらかったです。

休み希望を出せば「なんでこの日に休み取るの?」なんて言われます。

連休なんかとんでもないです。

残業届なんか出した日には「あなたそれだけの仕事をきちんとしたの?」なんて言われる始末です。

とにかくすべてのスタッフに嫌われていました。

病棟のスタッフも何度か「師長を変えてください」と上にも掛け合いましたがなかなか受け入れてもらえない日々が続いていました。

そんな看護師長がどうして、クビを言い渡されたかということですが、この師長には、病棟内で数人本当に気に入らないスタッフがいて、その看護師には容赦ない罵声を放っていました。

端から聞いてもかなり理不尽な理由でも罵声を浴びせられていたので、相当きつかったと思います。

その罵声を浴びせられている看護師の数人がなんと動画撮影をして上に掛け合ったのです。

それをみた看護部長は、師長がそういう対応をしていたということを知らなかったらしく、異動にしたとのことでした。

そこまでの行動力で病棟を変えるなんてすごいなーと思ったエピソードでした。

ちなみに代わりに入った師長のおかげで現在はすごく働きやすい環境になったとのことでした。

「看護師」が自分に向いているか診断したい人はこちら →

まとめ

いかがだったでしょうか?

看護師の退職理由には必ずと言っていいほど人間関係の理由があります。

今回挙げたタイプはどこの病院・病棟に行っても、必ず存在します。

重要なのは、こういうタイプといかにうまく付き合っていくかということだと思います。

知らず知らず自分も当てはまっているかもしれませんね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト
関東・関西・東海専門!高時給求人・保育園等のレア求人が多数! 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

皮膚科看護師求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

今回は皮膚科での仕事内容や求人について視点をおいてみました!好条件な求人内容や就職活動で参考になるポイントについてもお話をしていきたいと思います。看護師としてのスキルや好感を持たれやすい人柄などについてもご紹介していきたいと思います。皮膚科看護師のおおまかな仕事内容皮膚科は総合病院などでも外来での診察や日帰り手術などが多いです。手術の必要な疾患であっても内科や耳鼻科や泌尿器科などと混合病棟であることが多いです。そのため、個人病院やクリニックの皮膚科外来で主に診療を行い、手術や精査が必要な患者さんが総合病院へ紹介され受診するという流れとなっています。皮膚科の看護師の主な仕事内容は外来での仕事です

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方がいるので、一人一人にあった、オペ後ケアを行う必要があります。ま

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです。ですが患者さんへの投薬、食事や生活についてのアドバイス、

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把握していきます。精神疾患の患者さんは、自分の状態を直接表現


看護師求人に関するコラム

看護師が苦労する7つのこと。経験者が紹介します!

看護師とイメージすると色々なイメージがありますよね。優しい印象、やりがいがある印象、人のためになる仕事など好感を持つイメージも多いです。また、それとは反対に危険、大変、体力的にも辛いなどマイナスな印象もあります。私も実際に自分の職業を話す機会があると、「看護師さんなんだ!大変だね」とほぼ9割近くの人に言われます。一般的なイメージからも看護師と聞くと大変な仕事という印象があるようですね。今回は看護師ならではの苦労した話についてご紹介します。一言に大変な仕事と言ってもどんな苦労があるかはなかなか体験してみないと実感できませんよね。イメージできる具体的な場面やその苦労の乗り越え方について私なりに分か

看護師採用はどんな会社がしてる?3つの病院タイプや人手が足りない科・看護師が求められている役割とは

看護師といえば病院やクリニックで働いているイメージですよね。約9割の看護師は医療や介護の現場で働いています。しかし、看護師免許は医療現場以外でもその資格を活かすことが可能なのです。全体の1割の看護師はどんな職場で働いているのでしょうか?今回は医療現場以外で看護師採用をしている会社に視点をあてて説明を行っていきたいと思います。また、病院や企業など看護師として働く現場の特徴についてもご紹介していきたいと思います。看護師採用はどんな会社がしてる?看護師としての仕事内容は幅広く、医療や介護以外で活躍している看護師は多く存在しています。では、実際にどのようなところで働いているのでしょうか?医療や介護以外

看護師在宅ワークにおすすめな仕事とは?おすすめやメリットデメリットを経験者が教えます。

ここ最近、SNSの普及が充実しておりその中で様々な情報が飛び交うようになりました。その中でも現在注目されているのが「在宅ワーク」です。在宅ワークってどういったことをするのだろうとお思いになる方がほとんどかと思います。ここでは、看護師にオススメな在宅ワークをご紹介していきたいと思います。看護師の在宅ワークにおすすめな仕事とは?そもそも看護師に在宅ワークが必要なのでしょうか?看護師といえば、給料が高いというイメージが多いかと思います。実際私も看護師として働く傍ら、在宅ワークをしている身でもあります。私の場合、現役で働いている時はそこまで在宅ワークに時間をかけることができなかったのですが、妊娠をして

看護師が50代で転職する時に気をつけたい5つのこと。経験者が解説します!

看護師の転職なんていくらでもあります。現在看護師という職業は本当に人手不足で年代問わず優遇される事が多いのです。資格があった方が有利とは言われますが、看護師ほど有利な職業はないでしょうね。今回は50代の看護師が転職する際に注意して頂きたい事をお伝えしていきましょう。私も元医療事務でしたので、気が付いた事を全てお話致します。看護師が50代で転職する人は多い?看護師が50代で転職される方というのはそこそこかもしれませんね。病院勤めをされているか、クリニックで働いてきたかのどちらかになります。30代、40代で転職される方はおりますが、50代となると正直厳しいものがあると思って下さい。確かに看護師とい

耳鼻科看護師の仕事内容6個の業務。経験者が教えます!

耳鼻科の看護師の役割とは何か?また他の科と何がどう違うのか?と気になる方もいるようです。多くの科がある中で、もっとも季節によって左右されると言われている耳鼻科。実は他の科以上に人気があるとされています。今回は耳鼻咽喉科看護師の仕事内容についてお伝えしていきましょう!耳鼻科看護師の仕事は大きく2個の役割に分けられる耳鼻咽喉科の仕事というのは、実際看護助手と仕事内容は変わりません。注射、手当などをする程度くらいでしょうか?私は3年ほど耳鼻咽喉科の看護助手として看護師と共に働いていましたが、いざという時に頼りになるという事でしょうか?点滴、注射などの処置耳鼻咽喉科に来院される患者というのは、結構多い

今がチャンス!非公開求人あります
マイナビ看護師で確認 >