ゲーム会社で働くのは、けっして特殊なことではありません。

実際に働いていた筆者の感覚としては、作るものがゲームというだけで、他のビジネスとそう変わらないのではないかな、と思っています。

好きなゲームや有名タイトルに携わって、エンドロールに名前が出るという嬉しさはありますが、それだけを目標にしても就職は難しいので、必要とされるものを知っておきましょう。

ゲーム会社ってどんな仕事をしているの?

ゲームを作っています。

そりゃそうだって話ですよね。

ゲームと一括りにしても、家庭用ゲーム機の開発、そのソフトの開発、ゲームセンターなどのアーケードゲーム、スマホゲーム、PC用オンラインゲームなどさまざまあって、それぞれに必要な知識やスキルがあります。

大手メーカーであれば部署ごとに担当が違いますが、外部の開発会社だと、同じチームでオンラインもソフト用も携わります。

ゲーム会社にはどんな職種があるの?

専門性の高い話になるので、要点だけサクッと説明します。

今の自分の知識やスキルが近しいものを探してみましょう。

プロデューサー

ゲームの方向性を決める人です。

予算や座組み、マーケティング結果の分析なども行います。

プロジェクトの長で、チーム全体を統括する役割を担っています。

発想力、分析力、全体を見渡せる視野、客観的・俯瞰的な位置に立てること、外部内部との折衝におけるコミュニケーション能力など、多方面でのスキルが求められます。

ディレクター

ゲーム全体の監督です。

プロデューサーと同列の立場で動くことも多いですが、現場よりのポジションといえます。

プロデューサーが決めた方向性をさらに具体化し、面白いゲームにするために、要素を付け足して構成していきます。

クオリティやテイストの管理はディレクターの腕にかかっているのです。

また、全体のスケジュールを組むことも仕事であるため、ちゃんと予定通りに進められるかも監督します。

プランナー

プランナーはディレクターが決めたことに対して、実作業に移せるよう形にしていく人です。

たとえば「このステージは毒にしよう。四方八方から狙われる危機感を持たせよう」といった指示があっても、実作業者が「わかりました!」と言ってくれるわけではありません。

プランナーは「では毒を噴射するキャラクターを配置しましょう」「地面から毒ガスが吹き出る演出にしましょう」と詳しいことを決めていきます。

コンセプトへの理解力と、具体化する発想力、それを的確な言葉に起こせる力が求められます。

進行管理、プロジェクトマネージャー、コーディネーター

会社によって呼び名が様々あるのですが、ゲーム作りの進行全般を管理する仕事です。

ゲームはたくさんの工程があるため、誰かが細かいところまで統括管理していないと、遅延していきます。

周囲に目を光らせ、話を聞く力が必要です。

協力会社さんと一緒に仕事をするときは連絡窓口を請け負い、予算の細かな配分やスケジュールの提案を行ったりもします。

プロデューサー候補が担う役割でもあります。

CGデザイナー

モデラー、アニメーター、モーションデザイナー、リガー、エフェクターなどがあります。

詳細は別の記事で記載しますが、要するにゲームの絵を作る人です。

ディレクターなどが作ったコンセプトアートを基に作り上げていきます。

それぞれのチームリーダーは、プログラマーとも話をしながら「ゲームの環境で作動できるデータを考える」というのも仕事の1つです。

たとえばですが、スマホゲームなのに家庭用ゲーム機並の重いデータにすると、スマホの処理速度が追いつかずに落ちてしまいますよね。

それらのことを考慮して、データの重さの制限の中でいかに素敵なビジュアルにするかを考えるのも、デザイナーの大切な仕事です。

UI、UXデザイナー

全くの未経験者にはピンとこないかもしれませんが、ゲームにはヒットポイントゲージや画面上のボタン配置、リザルト画面(勝敗結果など)がありますよね。

UI、UXデザイナーはそれらをデザインする人です。

どんなにゲームの絵が素晴らしくてプレイが爽快であっても、このUI、UXのデザインが悪いと操作性に欠け、ユーザーの心地よさが下がってしまいます。

たとえば、スマホゲームは画面が小さいので、プレイで指を滑らせるところに「ホームに戻る」ボタンがあったら最悪ですよね。

そういったことをしっかり設計していきます。

2Dデザイナー

CGを使うゲームでも、キャラ選択画面の絵や、そもそものコンセプトアート、キャラデザイン、背景デザインなどを起こす仕事もあります。

また、UI、UXデザインチームが2Dデザイナーチーム内にあることも少なくありません。

新卒採用時は大体2Dデザイン部配属となり、そこからキャラデザイン、背景デザイン、UI、UXデザインに分かれていきます。

プログラマー、エンジニア

ゲームのキャラクターやエフェクトの制御といった開発から、ゲームエンジンの開発、ソフトの品質管理、デバイス周りの開発、サーバーやインフラの開発や管理など多岐にわたるため、概要を説明するのは難しいです。

ただ、ゲームを作動させる要の仕事ですから、ここで処理が重かったりサーバーが落ちたり、不具合が出ないようにしなければなりません。

順調に進むこともあれば、謎の不具合が出てデスマーチに突入している光景もよく見ました…。

サウンド

外部の会社に委託することもありますが、サウンドの仕事も重要です。

音ゲーに限らず、ボタンを押したときの「ポン」とか「カシッ」などの小さな音、エフェクトの効果音、BGM、その他もろもろの音は、ゲームを盛り上げるのには絶対に必要です。

この音が優れているだけでも、ゲームのクオリティが素晴らしく感じられることまであります。

その他社内業務も盛りだくさん

ゲーム開発周りは概ね上記の通りですが、会社ですから他の仕事もたくさんあります。

社内SE、総務、人事、経理、広報、広告といった業務から、ゲーム業界に携わってみるというのも手です。

ゲーム会社で働くために、勉強しておくべきことは?

職種に関係なく、ゲーム会社の一員として勉強しておいてほしいことが3つあります。

この知識があるとないとでは、働きやすさが変わってくるので、ゲーム会社に興味がある人は是非参考にしてみてください。

未経験者でもゲーム制作の流れや役割くらいは知っておこう

ゲームは1人では作れません。

プロデューサーがゲームの方向性を決め、ディレクターが具体化し、プランナーが詳細を考え、そしてデザイナーやプログラマーが知識を持ち寄ってゲームを制作し、途中でプランナーやディレクター、プロデューサーがチェックしながら制作を進めます。

制作現場の中でもたくさんの工程があって、他分野の人とも相談しながら進めていかなければならないため、流れを知っておく必要があります。

流れを知らないままだと、今自分が何をやっているのか、他の人たちにどんな影響が出るのかがわからず、気が緩んでしまうでしょう。

その緩みの積み重ねが、大幅な納品遅延を引き起こします。

知的財産権

某スマホゲームが、配信からわずか半日でサービスを終了したという珍事件がありました。

配信開始直後から「キャラクターが有名タイトルの丸パクリである」という指摘が相次ぎ、著作権侵害であることが明らかだったため、終了となってしまったのです。

これは大きな事件でしたが、細かな著作権侵害の報告事例はたくさんあります。

一部のゲーム画面の2D背景がモロに写真の盗用であることが判明したり、キャラクターのテクスチャーが不正にダウンロードされたものであったり…とにかく作業者と監視者の中に1人でもモラルが欠如している人がいると、せっかく作ったのに回収返金、配信終了になってしまうため、大問題です。

知的財産権についてはよく勉強しておいた方が良いでしょう。

さまざまな作品のこと

ゲーム会社に入りたいという人の多くは、ゲームが好きな人です。

でも、その「好き」が偏っている人だと、仕事をスムーズに行うのは難しくなっていきます。

ゲーム会社はたしかに夢をお届けする仕事を担っていますが、それは「多くの消費者」に届けるためのもので、コア層だけを狙っても収益にはつながりません。

トップに立たない限り、方向性が決められたものを作っていくことになります。

昔なら、趣味嗜好が合致した仲間たちだけで作ったゲームが、爆発的にヒットすることもあったようですが、今はマーケティングを行い「多くの人に面白いと思ってもらえそうなもの」を作る、という流れが一般的になってきました。

そのため「自分が作りたいもの以外にはやる気が出ない」などと言ってしまう人は、役立たずになってしまいます。

自分の趣味嗜好とは違うゲームや映画、ドラマ、漫画、小説など、分野を決めずヒットしているものについて「何が面白いのか」を分析してみてください。

ゲーム会社で働くために必要なスキルは?

専門的なスキルについては個別に勉強して欲しいので、あえて記載しません。

全職にわたって力を発揮できるスキルについてご紹介します。

時間の管理、物事の優先度づけが出来ること

ゲームの多くは完成期日を決めて開発をします。

また、開発がある程度軌道に乗ると、完了日も見えてくるので「来年3月に解禁予定!」などと発表されることもあります。

アメリカなどの莫大な資金を投資して開発されるものであれば、納得のいくクオリティになるまで5年~10年も開発を続けるものがありますが、日本にそのような体力(資金)はありません。

悠長にやってはいられないのです。

だからデスマーチにもなります。

期日が決まっている以上、時間管理ができない人、タスクに優先度をつけられない人は足を引っ張り始めます。

優秀な管理者の下でしか仕事ができないとなると、その管理者の負荷も増大しますから、意識的に取り組めるようにしましょう。

コミュニケーション能力があること

言われたことをやれば良い新人の内は、あまり気にならないかもしれませんが、ある程度経験を積んでくると、チームをまとめる役目を担ったり、他部署や協力会社との連携で会議に出席したりします。

相手の言葉をよく理解し、できるだけ分かりやすく伝えるというコミュニケーション能力は必須です。

これがないと、自分だけ皆と違う方向に進んでしまいかねません。

ゲーム会社に就職するには?

正直なところ、筆者もなぜ採用されたのかよくわかっていません。

新卒でゲーム業界に入りましたが、就職を希望するライバルたちは、専門学校でゲームアプリを開発した経験があったり、資格をたくさん持っているなど、どう見ても私よりレベルが高かったからです。

強いて言えば、グループ面接で、他の人が好きなゲームについて語りつくしていた反面、私はマーケティング的な話や今後メジャーになりそうな媒体の話をしたところだったのかなぁ、とぼんやり思っています。

きっとそれが会社の展望と合致していたのでしょう。

メーカーにしろ開発会社にしろ、ゲームに関係する会社は採用人数が少ないため、倍率がかなり高くなりますし、採用される人たちの性格や趣味嗜好もバラバラなので「何かをやっていれば必ず就職できる」という安心材料はありません。

当たって砕けろとしか言えないのが本音です。

未経験からの就職

新卒入社であれば誰でも応募できます。

一般的な大学を卒業した人も総合職(進行管理などになる)なら入社できますし、専門学校でスキルを身につけて卒業したのであれば、デザイナーやプログラマーとして採用されます。

ただし、口だけで「できます」と言っても信憑性がないため、デザイナーならポートフォリオ、プログラマーなら学校で何をしたかなどが問われます。

実際にゲームを作ったことのある人などが面接に来るため、ライバルのレベルは高いです。

倍率もハンパじゃありませんしね…。

その他、広報や人事、経理、総務などの採用もあるため、未経験でもゲーム会社に入ることはできます。

他業界からの転職

全く違った分野から転職した人も多くいます。

デザイナーやプログラマーになるには、一度専門学校などで学んでくる人が多いですが、プロデューサーなどの管理職は出版業界、配信・IT業界、物流の営業職など、さまざまな人たちがそのキャリアをもって転職してきます。

今はゲーム業界といっても、しっかりビジネスとして構築されているため、あらゆるビジネスの知識が必要とされているからです。

また、近い業種からの転職も多く見られます。

映画業界のCG制作部からの転職、開発会社からゲームメーカーへの転職などです。

ゲーム会社で働いた後のキャリアは?

社内で出世していく以外のキャリアプランについて、軽くご紹介しておきます。

ゲーム会社は特殊な業界と思われるかもしれませんが、ビジネスであることには変わりありません。

他業種に行くにも役立つ知識は得られます。

総合職はどこにでも行ける

プロデューサーは、言ってみればビジネスマンの極みですから、そこで得た知識やトークスキルは、さまざまな会社に活かすことができます。

ただし、プランナーや進行管理の場合は、ゲーム業界でのみ通用する知識によるところも大きいため、プロデューサー候補などになって予算や契約、マーケティングなどもある程度学んだ方が良いでしょう。

技術を活かしたい場合は、専門性が高いため限られる

開発会社やCGスタジオからゲームのメーカーに入ったり、専門知識を活かしてIT分野に転職する人もいます。

ただ、専門性が高い技術であるため、それを活かそうとなると、職場が限られることは確かです。

また、社内で身につけたつもりのことも、他の会社に行くと上手くいかなかったりします。

それは、所属していた会社が独自の開発環境をもっていて、それが極めて優秀に構築されている場合です。

他社に行ったときに不都合を感じたり、時間が倍以上かかって見積や時間配分を間違えてしまったりします。

でも本気になったら誰でもどこにでも行ける

ゲーム業界で培った知識や、その時の給与をひっさげて転職したいというのは無理がありますが、それら全てに関係なく転職しようと思えば、なんだってできます。

実際、体力的にデスマーチがしんどくなったエンジニアが、営業職に転向することもありましたし、独立して会社経営を始めた人もいます。

本気になったら際限はありません。

人材派遣会社の転職事情

転職専門エージェントではなく、派遣会社の登録社員としてのゲーム制作の場合、繁忙期のみ採用されることが多く、プロジェクト内の短期間(3カ月など)だけ携わる傾向にあります。

その面接官を担当してきた経験を基に話しますと、履歴書に携わったタイトルがびっしり記載されている派遣登録社員の人がたくさんいました。

しかし、よく聞いてみると、多くのタイトルに関われる一方、いつも似たような仕事を任され、それが終わると離れてしまうということでした。

スキルアップや今後の展望を考える人にとっては、厳しいところもありそうです。

ゲーム会社の仕事に興味がある方へ(まとめ)

専門的な知識や技術については学校で学んだり、未経験者でも採用してくれる会社に入って身につけていくしかありません。

しかし、ゲーム業界といっても出世やキャリアプランを考えるなら、一般のビジネスマンにも必要とされるスキルを持っていることが鍵となります。

ただゲームが好きなだけでは続かないので、社会人という自覚を持つようにしましょう。