看護師は何科がおすすめかについての写真

消化器内科、呼吸器内科、循環器内科、神経内科などの内科系、消化器外科、呼吸器外科、心臓血管外科、整形外科などの外科系、さらには小児科や精神科など、病院には様々な科が存在しており、働く場を選択する上でとても迷うかもしれません。

それぞれどのような人が向いているのでしょうか。

今回は、筆者の看護師経験をもとに、それぞれの診療科の良いところ・大変なところとオススメポイントを紹介します。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護師は何科がおすすめ?

それぞれ興味のある分野、得意な分野があると思いますが、ここでは整形外科看護をやりたくて看護師を目指した私が、なぜ整形外科看護なのか、ということも含めて、整形外科の魅力をお伝えしたいと思います。

1.整形外科

看護師でおすすめの科の整形外科で働く女性

整形外科の対象となるのは運動器疾患です。例えば、手がしびれる、腰が痛い、足が痛い、などの症状です。

整形外科の特徴とは?

外傷も治療の対象となりますので、整形外科には赤ちゃんから高齢者まで、幅広い年齢層の患者さんがいらっしゃいます。

若い患者さんが多いことに加え、内科的な疾患ではない分、他の科よりも活気があるのではないでしょうか。

また、安静加療から周手術期の看護、またリハビリテーションなど、様々な看護を学ぶことができます。

そして患者さんの回復過程が「目に見えて」わかるのが整形外科の特徴と言えます。

整形外科の良いところ

例えば膝が痛くて歩けなかった患者さんが歩けるようになって退院するなど、患者さんの回復が目に見えてわかるので、とてもやりがいが感じられます。

腰が痛い、膝が痛い、などの症状は加齢と共に誰にでも起こりうることです。

そして日常生活に支障が出てきます。

それが自分たちの関わりによって改善されるとしたら、とても嬉しいことです。

内科的な疾患ではないので、患者さんも比較的明るいです。

コミュニケーションがとりやすく、活気もあります。

他科に比べ死亡退院もとても少ないです。

整形外科の大変なところ

動けない患者さん、患部を動かせない患者さんなどが多いため、車椅子での介助や体位変換など、身体的な介助がとても多いです。

清潔ケアや排泄ケアも必要不可欠です。

寝たきりではないけれど、一人ではトイレに行けないという患者さんも多いので、つまりナースコールも頻回です。

消灯前と起床時間は病室とトイレの往復でかなり時間を使うこととなります。

とても体力を使う科ですので、好きでなければかなり大変に感じるかもしれません。

整形外科のおすすめポイント

先述しましたように、お話のできる患者さんが多いので、患者さんといろいろなお話をするのが好きな方にはお勧めです。

清潔ケア、排泄ケア、移送介助やリハビリテーションのお手伝い、退院指導など、患者さんと関わる時間が多いので、より患者さんに密接した看護ができます。

整形外科の病棟と外来での違いは?

外来には、「通院で対応できる治療」「術後のフォロー、リハビリ」目的の患者さん、病棟には主に手術を目的とした患者さんがいらっしゃいます。

外来での業務内容は、注射・処置の介助、病棟では身の回りのお世話から周手術期の看護、リハビリや退院指導などを行います。

整形外科の外来は、他の科に比べて処置が多く、また診察、レントゲン、診察などのように一人の患者さんが何度も診察室に出入りしますので、いかに効率よく動けるかが重要になってきます。

注射の準備、注射の介助、処置の介助、レントゲンの他CTやMRIなどの手配や説明など、次から次へと動かなければなりません。

注射や処置の場合は衣服の着脱の介助も必要です。

常にバタバタと動いているイメージです。

病棟では、外来よりは時間に追われずに済むでしょう。

先述したように、患者さんに関わる時間が多いため、一人一人の患者さんにじっくりと向き合うことができます。

ただ、それだけ一人の患者さんに時間をとられるということですので、その日の業務を自分で組み立てて動かないと、勤務内にすべてを終えることが難しくなってしまいます。

整形外科では退院後の生活指導も重要ですので、入院時から患者さんの生活背景を知る必要があります。

必要に応じて外来と病棟で情報を共有して、患者さんの看護に役立てたいものです。

実際に整形外科の看護師求人を探すときは、こちらの記事を参考に!

2.総合病院の外来

私はこれまで二つの総合病院の外来業務を経験しました。

一つの科に所属していた時期と、全体にお手伝いに行かなくてはならない時期がありましたので、それぞれについてお話していきたいと思います。

総合病院の特徴とは?

許可病床数は、100床以上あり、内科や外科といった主要な診療科に加え、産婦人科や眼科といったいくつもの診療科が総合病院にはあります。

総合病院の良いところ

いくつもの診療科がありますので、様々な科の看護を学ぶことができます。

また、クリニックでは対応しきれないような検査や処置を経験することもできるでしょう。

総合病院の大変なところ

私がこれまでに勤務した病院では、いずれも「中央処置室」という主に外来患者さんの採血を行う部署がありましたが、そこに所属していると、しばしば各科へ応援に行かなくてはならないことがありました。

お休みのスタッフの代わりです。

その日によって違う科での業務というのは、予想以上に精神的にも身体的にも疲弊するものです。

総合病院のおすすめポイント

やはり一つの科ではなく様々な科の看護を経験したいという方におすすめです。

もちろん一つの科に所属してじっくりと学ぶこともできます。

3.総合病院の救急外来

総合病院ですと、たいてい救急外来が設けられています。

救急外来では、一般外来の受付時間外もしくは診療時間外に緊急性のある患者さんの診療を行ったり、救急車の受け入れを行います。

救急外来の特徴とは?

一般外来と違い、今まさに具合の悪い患者さんが対象です。

出血などで処置が必要な場合や、生死に関わる状態の場合もあります。

まずは短い時間で患者さんの状態を把握しなければなりません。

緊急度の高い患者さんを見極め、すみやかに治療に入れるようにします。

また、患者さん本人だけでなく、突然の状況にご家族が動揺していることもありますので、不安にさせないための丁寧な説明や、安心していただくような言葉かけも重要です。

救急外来の良いところ

交通事故などによる外傷の患者さんから、心筋梗塞や脳卒中の患者さん、そして生まれたばかりの赤ちゃんから高齢者まで、実にあらゆる状態の患者さんが受診されるので、一つの現場にいながらあらゆる看護を学ぶことができます。

救急外来の大変なところ

一般外来は診療は平日の日中なので、日勤のみということが多いですが、救急外来は24時間365日なので交代勤務となります。

また、患者さんの状態によっては、医師へからの指示を仰ぐ前に、自ら判断して対処しなければならない場合もあり、より高度な知識と経験が求められます。

救急外来のおすすめポイント

救急処置が必要な現場は、なにも救急外来だけではありません。

病棟や一般外来であっても、患者さんが突然急変することは多々ありますし、日常生活の中でもそのような場面に遭遇することもあるかもしれません。

そのような時に救急処置が行えるということはとても強みになります。

あらゆる疾患の救急処置を学びたい方におすすめです。

実際に救急外来の求人を探す時は、こちらの記事を参考に!

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護師の働き先を選ぶ上での注意点とは?

何科で働くかを選ぶ上での注意点を教えてくれるベテラン看護師

看護師と一言で言っても、その働く場は様々です。

病院であったり施設であったりということもそうですが、同じ病院であっても、病棟か外来か、また診療科が違うだけでもその業務内容は大きく異なってきます。

内科系の特徴と、働く上での注意点

消化器内科や循環器内科、呼吸器内科など、細かく専門分野が分かれていますが、患者さんが「頭が痛い」「おなかが痛い」など体調に変化を感じたらまず受診するのが内科になります。

そこで診療をし、内科的治療を行っていくのか、外科的治療が必要なため外科に紹介になるのか、と方向が決まります。

確定診断のためにあらゆる検査を行ったり、主に投薬治療を行いますので、幅広い検査や薬剤の知識が必要となります。

また患者さんの入院期間は長期になることも多く、ターミナル期の看護を行うこともあります。

比較的年齢層が高めであり、終末期や寝たきりの患者さんが多いため、吸引や体位交換、清潔ケアなどが多くなる一方で、処置の介助などというようなことは少なくなります。

呼吸器や心電図などには強くなるでしょう。

外科系の特徴と働く上での注意点

外科系のイメージというと「とにかく大変だけどやりがいがある」ということではないでしょうか。

「周手術期の看護を学びたい」「様々な処置の介助を学びたい」と思っている方におすすめです。

急性期の看護ですので、内科系よりは一人の患者さんと関わる期間は短くなります。

その短い期間で患者さんの状態が大きく変化することもあるため、細かな観察と判断が必要です。

手術への送り出しや術後患者の受け入れ、あらゆる処置の準備など、とにかくやるべきことがたくさんあります。

限られた時間でてきぱきと動くのが得意な方、気持ちの切り替えが早い方、とにかくいろいろな技術を学びたい方に向いているでしょう。

~自分にはどの看護師の仕事が向いているか?~

タイプ別のおすすめ診療科の例

自分にはどの診療科が向いているのかわからない、と思っているあなたのために、タイプ別にいくつかご紹介したいと思います。

子供が好きでコミュニケーション能力が高い=「小児科看護師」

とにかく子供が好きというあなた。

小さい子とも難なくコミュニケーションが取れるというあなた。

診療の対象が小さい子である小児科では、そのような人材が求められます。

問診ひとつ、注射の介助ひとつとっても、大人相手とは全く異なるアプローチが必要です。

診察室の壁をかわいく装飾したり、絆創膏に工夫をしたりと、子ども目線で考えることが得意な方におすすめです。

観察力があり、体力に自信がある=「整形外科看護師」

整形外科は手術をする患者さんが多くいらっしゃいます。

輸液やドレーンの管理をしたり、術後寝たきりの患者さんの清潔ケアや、移送介助、リハビリ介助など、体力も使う業務が多いです。

また、牽引に必要なセットを組んだり、CPMなどの機械をベッドサイドに運んだりということもあります。

体力に自信のある方でないと大変かもしれません。

下積みをしてスキルを磨きたい=循環器科看護師

よく苦手分野として挙げられるのが「心電図」ではないでしょうか。

救急や術後など、モニターを装着する機会は多いです。

心電図が読めるということはあらゆる場面で強みとなります。

循環器でしっかりと心電図の知識を身に着けるのも良いのではないでしょうか。

性格が明るく失敗を引きずらない=産科看護師

病気の治療、終末期の看取りなどをしなくてはならない現場の中で、唯一「出産」という生命の誕生の場に立ち会えるのが産科です。

お母さんと赤ちゃん、どちらの看護も必要なので、成人看護と新生児看護のどちらも学ぶことができます。

授乳がうまくいかないなど、とてもナーバスになっている患者さんもいるため、最初は誰でもうまくいかないものよ、と失敗を認めてあげたり、その患者さんに合わせたアドバイスや傾聴などといった精神的ケアも必要となります。

明るい性格で、患者さんの心に寄り添った看護を得意とする方に向いているでしょう。

バリバリ楽しく働きたい=眼科看護師

処置や手術の介助など、バリバリ働きたいとは思うけど、生死に関わるような緊張感は少し苦手・・・と思っている方におすすめしたいのが眼科です。

眼科は生死に関わるような疾患ではないため、比較的重圧を感じずに勤務することができる一方、手術件数の多い診療科です。

日帰り手術など、入院期間がとても短いこと、目以外は健康な患者さんが多いのが特徴です。

手術件数は1日に何件もあることもあり、オペ出しや処置、入退院の対応など常に忙しいので、明るい雰囲気の中でとてもやりがいを感じながら働ける環境だと思います。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

私の経験をもとにご紹介をしましたので、やや偏った内容にはなってしまいましたが、内科系と外科系の特徴や役割などをご紹介しました。

私はどちらかというと短い期間でてきぱきと仕事を行うのが向いているようで、整形外科や救急外来などで勤務をしてきました。

とてもやりがいを感じています。

しかし、「私はこういう性格だから、あんまり向いていないかも・・・」と思っていても、実際働いてみると自分の中の新たな面に気付いたり、それまで興味のなかった分野への発見があったりします。

あまり先入観を持たずに、いろいろなことに挑戦してみるのもいいかもしれません。

せっかく看護師というとてもやりがいの持てる仕事に就いたのですから、日々向上心を持って働いていきたいものですね。

一緒に更なるスキルアップを目指していきましょう。

あなたの現場での活躍を心から期待いたします。

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
年間2万人以上が利用!業界最大級の病院件数なので自分にピッタリの職場が見つかりやすい。 公式サイト 公式サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。「泌尿器科の看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方が

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。「精神科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。「精神科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把

看護師の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

今回の記事は、看護師の年収や相場、給料をアップするには転職術についての記事をご紹介していきます。看護師は比較的給与の高い職種ですが、できることなら今までよりも給料アップできたらいいなと思うのが本音ですよね。転職する際に、確認しない人はいないくらい大切な条件である給料。具体的な看護師の給料の相場感などご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →看護師の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入職した場合病院や地方によって異なりますが、都心部のケースで紹介すると、手当込で年収350~400万円という所が妥当のようです。大学病院や総合病院などの急性


看護師求人に関するコラム

看護師が苦労する7つのこと。経験者が紹介します!

看護師とイメージすると色々なイメージがありますよね。優しい印象、やりがいがある印象、人のためになる仕事など好感を持つイメージも多いです。また、それとは反対に危険、大変、体力的にも辛いなどマイナスな印象もあります。私も実際に自分の職業を話す機会があると、「看護師さんなんだ!大変だね」とほぼ9割近くの人に言われます。一般的なイメージからも看護師と聞くと大変な仕事という印象があるようですね。今回は看護師ならではの苦労した話についてご紹介します。一言に大変な仕事と言ってもどんな苦労があるかはなかなか体験してみないと実感できませんよね。イメージできる具体的な場面やその苦労の乗り越え方について私なりに分か

看護師採用はどんな会社がしてる?3つの病院タイプや人手が足りない科・看護師が求められている役割とは

看護師といえば病院やクリニックで働いているイメージですよね。約9割の看護師は医療や介護の現場で働いています。しかし、看護師免許は医療現場以外でもその資格を活かすことが可能なのです。全体の1割の看護師はどんな職場で働いているのでしょうか?今回は医療現場以外で看護師採用をしている会社に視点をあてて説明を行っていきたいと思います。また、病院や企業など看護師として働く現場の特徴についてもご紹介していきたいと思います。看護師採用はどんな会社がしてる?看護師としての仕事内容は幅広く、医療や介護以外で活躍している看護師は多く存在しています。では、実際にどのようなところで働いているのでしょうか?医療や介護以外

看護師在宅ワークにおすすめな仕事とは?おすすめやメリットデメリットを経験者が教えます。

ここ最近、SNSの普及が充実しておりその中で様々な情報が飛び交うようになりました。その中でも現在注目されているのが「在宅ワーク」です。在宅ワークってどういったことをするのだろうとお思いになる方がほとんどかと思います。ここでは、看護師にオススメな在宅ワークをご紹介していきたいと思います。看護師の在宅ワークにおすすめな仕事とは?そもそも看護師に在宅ワークが必要なのでしょうか?看護師といえば、給料が高いというイメージが多いかと思います。実際私も看護師として働く傍ら、在宅ワークをしている身でもあります。私の場合、現役で働いている時はそこまで在宅ワークに時間をかけることができなかったのですが、妊娠をして

看護師が50代で転職する時に気をつけたい5つのこと。経験者が解説します!

看護師の転職なんていくらでもあります。現在看護師という職業は本当に人手不足で年代問わず優遇される事が多いのです。資格があった方が有利とは言われますが、看護師ほど有利な職業はないでしょうね。今回は50代の看護師が転職する際に注意して頂きたい事をお伝えしていきましょう。私も元医療事務でしたので、気が付いた事を全てお話致します。看護師が50代で転職する人は多い?看護師が50代で転職される方というのはそこそこかもしれませんね。病院勤めをされているか、クリニックで働いてきたかのどちらかになります。30代、40代で転職される方はおりますが、50代となると正直厳しいものがあると思って下さい。確かに看護師とい

耳鼻科看護師の仕事内容6個の業務。経験者が教えます!

耳鼻科の看護師の役割とは何か?また他の科と何がどう違うのか?と気になる方もいるようです。多くの科がある中で、もっとも季節によって左右されると言われている耳鼻科。実は他の科以上に人気があるとされています。今回は耳鼻咽喉科看護師の仕事内容についてお伝えしていきましょう!耳鼻科看護師の仕事は大きく2個の役割に分けられる耳鼻咽喉科の仕事というのは、実際看護助手と仕事内容は変わりません。注射、手当などをする程度くらいでしょうか?私は3年ほど耳鼻咽喉科の看護助手として看護師と共に働いていましたが、いざという時に頼りになるという事でしょうか?点滴、注射などの処置耳鼻咽喉科に来院される患者というのは、結構多い