ここでは看護師になりたいと考えている未来の有望な看護学生達に向けて、必要な資格や勉強、適正の見分け方、働き先の見つけ方を解説します!

すでに看護師になりたいと思っているだけで「合格」にしてあげたいです(笑)でもそれは無理なので、そんな志の高い人に少しでも看護師への道のりを楽にする方法を教えます。

万人にあった方法ではありませんが、努力さえ怠らなければ看護師の国家試験はそんなに難しく感じないでしょう。

私の学生生活のエピソードも交えながら解説していきますね。

肩の力を抜いて、深呼吸してからご覧ください。

看護師になるには?

看護師になりたいと考える人ならお分かりかと思いますが、看護師になるには合格しないといけないことが3つあります。

  • 1.看護学校もしくは看護学部のある大学に合格する
  • 2.学校の卒業試験に合格する(ない場合もあります)
  • 3.看護師国家試験に合格する

ことです。

どれもかなり大変な試験に見えますよね。

確かに1つ目は大変です…正直3つの中で私はここが1番しんどかったです。

理由は〝問題でなにをどのくらいのレベルで問われるのかわからなかったから〟というもの。

それと比べると看護師国家試験なんかは分野が「看護」なのでつながりが見えてやりやすかったですね。

看護師になるために必要な資格は?

看護師になるために必要な資格はもちろん〝看護師免許〟です。

まずはこれがないと就職できません。

看護師試験の受験資格

厚生労働省のホームページにだらだらと長く書かれていますが、正直長くて読みたくなくなります(笑)

すごく簡単にしたところ、以下のようになりました。

文部科学大臣が指定した大学(短大は除く)と3年制以上の学校の学業を修了した人(準看護師の資格を持っている人は2年制度の学校でも受験資格もらえます)

外国人国籍を持っている人はまた別に受験資格があるので、詳しくは厚生労働省のホームページを見てくださいね。

参考:厚生労働省

看護師の資格取得ルート

看護師の資格を手に入れる方法には大きく分けて2通りあります。

  • 1.4年制の大学に通う方法
  • 2.専門学校に通う方法(ちなみに専門学校も3年制の学校と4年制の学校、高等専門学校に分かれます)

では順番にどのような流れになるのか紹介しますね。

資格取得ルート1:4年制の大学に通う方法

大学にも寄るのですが、看護学部の4年目は就職活動+国家試験の勉強が中心です。

臨地実習などは3年目までに終わらせてしまうところが多いでしょう。

そのため、国家試験までに充分勉強ができるということになります。

ただ…あまりにも期間が長すぎてだらけてしまうというデメリットもあるので、個人の根気の強さが求められます。

また就職活動も長引いてしまう人がいるので、卒業資格を取ってからは個人の力量にかかっていることが多いのが特徴です。

資格取得ルート2:専門学校に通う方法

専門学校も4年制の場合は大学とほぼ同じと考えていただいて構いません。

しかし3年制の場合は全く違う生活を送ることになります。

私が経験したのは3年制度の学校でした…いま考えるとすごく頑張ったなと褒めたいくらいです。

まず違うところとして挙げられることは国家試験の4か月前(11月)までは実習があるというところ。

そのため実習をこなしながら国家試験の勉強をしなければなりません。

「夏休みもあるし余裕じゃないんですか?」なんて思うことなかれです。

何回も挫折しかけました。

合格率はどれくらい?

看護師の合格率は学校によって違うのですが、全国平均は平成30年度で91.0%、平成29年度で88.6%となっています。

確か平成29年度に看護師国家試験の問題形式が変わったらしく「厚労省くたばれ」という言葉が話題になった年度ですね。

ただ、しっかり勉強していれば比較的受かりやすい国家試験でしょう。

学校を選ぶ際は、国家試験合格率95%以上のところを選ぶようにすると安心かもしれませんね。

看護師試験に合格するために必要な勉強は?

看護師国家試験に合格するための勉強方法はたくさんあります。

少し前の看護師国家試験であれば「問題も暗記してしまえば大丈夫」というものだったのですがいまは違います。

看護師国家試験の問題の形式、内容が変わりつつあるのです。

そんなの勉強方法とどう関係あるの?と思う人がいるかもしれません。

はっきり言うと、どう変わったかを知っておかないと看護師国家試験当日に汗をたくさんかきます。

この変化を早めに知るか知らないかで勉強の仕方も試験対策もガラッと変わるので、これから国家試験を受けるという人はぜひ知っておいてほしいです。

では実際にどう変わったのでしょう。

簡潔に述べると〝暗記問題 → 理屈を理解した上での問題〟に変わってきているのです。

たとえば心臓にある4つの部屋の名前と弁の名前を覚えたとしましょう。

以前はそこまでで良かったのですが、昨今は各部屋の拍動と波形の位置、そこに疾患を混ぜてどのような波形になるとどのような疾患が考えられ、症状と治療はどのようなものになるのかというところまで把握したうえでの問題が増えています。

疾患と症状を覚えるだけでは駄目です、波形と疾患名を覚えるだけでも駄目です。

看護師国家試験を作っている人が求めているのは、新人時代から即戦力として働ける人材です。

これが看護師国家試験が少しずつ変わってきている理由なのです。

今後はこれに合わせた勉強をしないといけません。

実際に私がやった勉強法

先ほど、覚えるだけでは駄目と述べました。

ここで勘違いしほしくないのは、〝覚えること=駄目〟というわけではないということです。

医療用語を覚えることは必須です。

ただそこだけで終わらないでほしいということ。

それを踏まえたうえで、以下のように勉強してみるとよいかもしれません。

1つの単語を覚えたらなにと関連しているのか、とりあえずつなげてみる

看護の勉強で1番はまってしまう落とし穴は〝単語は覚えたけれど、なにと関連しているのかわからない〟という状態になってしまうこと。

心臓の部屋の名前を覚えて血流も覚えたとしましょう。

では腎臓と心臓の関係性はどんなことがあげられますか?という問題に答えられる人は少ないかもしれません。

実際にこの知識を使うのは看護師になってからですし、むしろ看護師になってから勉強すれば十分間に合う内容だったのですが、これを看護師国家試験ではさりげなく問われます。

この関係性を知っておかないと解けない問題が〝状況設定問題〟に含まれてしまうのです。

そのため、心臓のしくみや疾患をその枠だけで覚えるのではなく他の臓器や細胞と関連付けて勉強すると良いです。

友人に説明してみる、声に出してみる

これはすべての勉強に使える方法なのですが、知識はインプット(取り入れる)だけではその知識の習得率は70%ほどしかできないといわれています。

ただ、インプットされた知識や情報は誰かにアウトプットすることで習得率の割合が増えるともいわれています。

私が行なっていたことは目で覚えたことは必ず声に出すという方法です。

一見、全然効果がないように思えますが、英語を話せるようになるときと同じで実際に声に出してみる、耳で聞いてみる、つまり視覚だけでなく聴覚も使うことは覚えるスピードに歴然の差が生まれます(個人差があります)

自分が勉強している分野で「わからない」と言っている人がいれば積極的にアウトプットしにいきましょう。

そのうえで間違えて覚えていたところがあれば気づくことができますし、実際に間違えたと実感したところというのは忘れづらくなります。

なんで間違えたのかを理解する

定期試験や模試などで点数ばかり気にする人がいますが、あまり意味がありません。

その人の得意分野が多く出れば点数は高くなりますし、逆であれば低くなります。

問題はなぜその問題を間違えたのか、しっかり考えて把握することです。

間違えた理由が〝問題文を見間違えたのか〟〝理屈がわからず間違えたのか〟〝初めて聞いた内容だったのか〟〝勘違いだったのか〟に気づくだけでその問題に対する勉強方法が変わります。

もし間違えた理由が〝理屈がわからなかった場合〟は理屈をおさらいすればいいだけの話ですし、〝初めて聞いた内容〟であれば新しく覚えればいいだけの話です。

余裕があれば、問題を解くときにもその問題の答えに対して〝理屈もしっかりわかったうえで答えられたのか〟〝2択までは絞れるけど勘で答えたのか〟〝まったくわからないから当てずっぽうなのか〟を明記しておくと良いでしょう。

そうすれば、答えが返ってきたときに自分の傾向がわかりやすくなります。

以上が私が主に大事にしていた勉強方法です。

すごく面倒くさいやり方だと思いますよね?

でも闇雲に暗記してもつながりが見えないと、いずれ勉強が面白くなくなります。

勉強はつながりが見えて初めて理解できるもの。

しっかり〝つながり〟を見つけてください!

看護師の就職先や募集状況は?

看護師の就職先や募集状況について紹介します。

看護師の就職先はどんなところがあるのでしょう?

看護師の主な就職先

ここでは看護学生が看護師になった場合の主な就職先を紹介します。

入院施設のある病院

看護学生の多くがまず最初に就職するのは、大学病院や総合病院などの入院施設がある病院でしょう。

そこで数年間、臨床の経験を積んでから外来や訪問看護ステーションへ転職するという流れが基本です。

訪問看護ステーション

これは例外なのですが、たまに訪問看護ステーションに新卒で入職する人もいます。

訪問看護ステーションによっては新卒でも可能なところも増えてきていますし、後期高齢者の増加により在宅看護の需要自体もかなりあるので新卒でも人員を増やしたいのでしょう。

看護師の働き口はどの程度あるの?

看護師の働き口は今後も増えるでしょう。

高齢化が進んでいることからもこれからは病院だけでなく特別養護老人ホームなどの施設専門の看護師が増えてくることが予想されています。

看護師の転職事情

入職した病院によってしまうのが正直なところです。

転職率や離職率が多い病院はそれだけ業務が大変だったり、人間関係が複雑だったりといろいろな柵を抱えていることが多いでしょう。

また給料が割に合わないと感じる中堅看護師の転職も最近目立ち始めました。

看護師は3kと呼ばれている仕事なので、転職率は他の職種よりも転職率は多いかもしれません。

働き先の見つけ方

看護学生は最終学年になると必ず就職活動をしますよね。

そこで働き先を見つける人がほとんどだと思いますが、なかには私のように入学したときにすでに就職先が決まる人もいます。

そのような人は病院付属の学校であることがほとんどなので、自分の条件とマッチしていれば働き先を見つけるうえでかなり楽でしょう。

働き先を見つけるときに注意したいポイントは?

働き先を見つけるポイント=就職活動のポイントといっても良いでしょう。

どんなところに気を付ければよいのでしょう?

志望理由と希望の配属先は明確に

これ大事です。

特に希望の配属先は明確にしておきましょう!

私は面接時に「どこでもいい」と言ってしまったがゆえに、人間関係の最悪なところに配属されました(笑)

企業研究はできる範囲で構わないのでしておく

企業研究はわかる範囲でよいのでしておきましょう。

せめて病院長の名前や創設者の名前、病院の理念ぐらいは知っておくべきですしそれを踏まえたうえで志望理由を述べることができれば100点です。

現役看護師の私が考える看護師としての適性とは?

看護師の適正は主に1つです。

人を思いやれる

これは患者だけに向けた言葉ではなく、看護師や他の医療従事者にも向けてた言葉です。

とくに看護師が思いやりをもてないのは看護助手さんに対してでしょう。

あの方たちは雑用ではありませんし、下に見ていい人たちではありません。

これから就職する人はそれをぜひ心に刻んでほしいです。

新卒で就職する人は、とりあえず思いやりだけは忘れずにいてくれればそれで充分です。

まとめ

以上が看護師になりたい人のための必要な資格や勉強方法の紹介、適正の見分け方、働き先の見つけ方の解説になります!

冒頭でも述べましたが、〝看護師になりたい〟と考えている時点でもうほぼ看護師に向いていますし、合格でいいと思います。

ただ社会はそんなに甘くないのが現実。

そしてあなたが看護師になりたいという思いも事実です。

その思いを形にできるようにぜひ頑張ってください!


関連キーワード

看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。「泌尿器科の看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方が

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。「精神科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。「精神科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把

看護師の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

今回の記事は、看護師の年収や相場、給料をアップするには転職術についての記事をご紹介していきます。看護師は比較的給与の高い職種ですが、できることなら今までよりも給料アップできたらいいなと思うのが本音ですよね。転職する際に、確認しない人はいないくらい大切な条件である給料。具体的な看護師の給料の相場感などご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →看護師の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入職した場合病院や地方によって異なりますが、都心部のケースで紹介すると、手当込で年収350~400万円という所が妥当のようです。大学病院や総合病院などの急性


看護師求人に関するコラム

看護師が苦労する7つのこと。経験者が紹介します!

看護師とイメージすると色々なイメージがありますよね。優しい印象、やりがいがある印象、人のためになる仕事など好感を持つイメージも多いです。また、それとは反対に危険、大変、体力的にも辛いなどマイナスな印象もあります。私も実際に自分の職業を話す機会があると、「看護師さんなんだ!大変だね」とほぼ9割近くの人に言われます。一般的なイメージからも看護師と聞くと大変な仕事という印象があるようですね。今回は看護師ならではの苦労した話についてご紹介します。一言に大変な仕事と言ってもどんな苦労があるかはなかなか体験してみないと実感できませんよね。イメージできる具体的な場面やその苦労の乗り越え方について私なりに分か

看護師採用はどんな会社がしてる?3つの病院タイプや人手が足りない科・看護師が求められている役割とは

看護師といえば病院やクリニックで働いているイメージですよね。約9割の看護師は医療や介護の現場で働いています。しかし、看護師免許は医療現場以外でもその資格を活かすことが可能なのです。全体の1割の看護師はどんな職場で働いているのでしょうか?今回は医療現場以外で看護師採用をしている会社に視点をあてて説明を行っていきたいと思います。また、病院や企業など看護師として働く現場の特徴についてもご紹介していきたいと思います。看護師採用はどんな会社がしてる?看護師としての仕事内容は幅広く、医療や介護以外で活躍している看護師は多く存在しています。では、実際にどのようなところで働いているのでしょうか?医療や介護以外

看護師在宅ワークにおすすめな仕事とは?おすすめやメリットデメリットを経験者が教えます。

ここ最近、SNSの普及が充実しておりその中で様々な情報が飛び交うようになりました。その中でも現在注目されているのが「在宅ワーク」です。在宅ワークってどういったことをするのだろうとお思いになる方がほとんどかと思います。ここでは、看護師にオススメな在宅ワークをご紹介していきたいと思います。看護師の在宅ワークにおすすめな仕事とは?そもそも看護師に在宅ワークが必要なのでしょうか?看護師といえば、給料が高いというイメージが多いかと思います。実際私も看護師として働く傍ら、在宅ワークをしている身でもあります。私の場合、現役で働いている時はそこまで在宅ワークに時間をかけることができなかったのですが、妊娠をして

看護師が50代で転職する時に気をつけたい5つのこと。経験者が解説します!

看護師の転職なんていくらでもあります。現在看護師という職業は本当に人手不足で年代問わず優遇される事が多いのです。資格があった方が有利とは言われますが、看護師ほど有利な職業はないでしょうね。今回は50代の看護師が転職する際に注意して頂きたい事をお伝えしていきましょう。私も元医療事務でしたので、気が付いた事を全てお話致します。看護師が50代で転職する人は多い?看護師が50代で転職される方というのはそこそこかもしれませんね。病院勤めをされているか、クリニックで働いてきたかのどちらかになります。30代、40代で転職される方はおりますが、50代となると正直厳しいものがあると思って下さい。確かに看護師とい

耳鼻科看護師の仕事内容6個の業務。経験者が教えます!

耳鼻科の看護師の役割とは何か?また他の科と何がどう違うのか?と気になる方もいるようです。多くの科がある中で、もっとも季節によって左右されると言われている耳鼻科。実は他の科以上に人気があるとされています。今回は耳鼻咽喉科看護師の仕事内容についてお伝えしていきましょう!耳鼻科看護師の仕事は大きく2個の役割に分けられる耳鼻咽喉科の仕事というのは、実際看護助手と仕事内容は変わりません。注射、手当などをする程度くらいでしょうか?私は3年ほど耳鼻咽喉科の看護助手として看護師と共に働いていましたが、いざという時に頼りになるという事でしょうか?点滴、注射などの処置耳鼻咽喉科に来院される患者というのは、結構多い